慢性鼻炎まんせいびえん

カテゴリ
子どもの病気
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

慢性鼻炎とは

慢性鼻炎は、慢性的に鼻の内部の粘膜が赤く腫れ、炎症を起こし続けている状態を指します。鼻水や鼻づまりなどの症状が現れます。

慢性鼻炎の症状

主な症状は、鼻詰まりと鼻水です。鼻水は鼻漏(びろう)とも呼ばれ、鼻内部の粘膜からでる分泌液と鼻の血管から出た血しょうが含まれたものが、流れ出てきます。

鼻詰まりに伴い、においがわからず味覚が鈍くなることや頭痛、口呼吸による喉の渇き、口臭なども発症します。

鼻炎の症状が一時的なものであれば、ウイルスが原因の急性鼻炎である可能性が高いです。鼻詰まりや鼻水が長く続くものは、慢性鼻炎に含まれます。

慢性鼻炎の原因

慢性鼻炎は、急性鼻炎を長引かせてしまうことや、繰り返すことが原因で慢性化していきます。

他にも衣料用洗剤などにも含まれる化学物質、ハウスダスト、ダニ、花粉、食品、薬などがきっかけとなり、体内でアレルギーを引き起こすことでも発症します。その他、空気の乾燥や冷気、刺激のあるものを食べることがきっかけで慢性化することもあります。

また、市販の点鼻薬を長期に使用すると、鼻内部の血管が収縮しすぎて粘膜が厚くなり、慢性肥厚性鼻炎を起こすため注意が必要です。

慢性鼻炎の治療

慢性鼻炎の治療には、主に鼻や咽頭の通りをよくする薬や、ステロイドの点鼻薬、抗ヒスタミン薬などが処方されます。薬物療法で症状が改善しない場合は、レーザー治療や手術が検討されます。

慢性鼻炎の予防

花粉やダニやホコリなど、外部刺激によるアレルギーによる慢性鼻炎の場合は、室内を清潔に保つようにしましょう。室内に加湿器を置き、空気を乾燥させないことも予防になります。乾燥が気になる際は、マスクの着用も効果的です。

鼻詰まりや鼻水の症状があるときは、市販の点鼻薬を頻繁に使用すると慢性鼻炎を引き起こしかねません。なかなか症状が改善しない場合は、医療機関を受診することが重要です。

慢性鼻炎の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
鼻の内部の粘膜が赤く腫れ上がり、慢性的に炎症を起こしている状態を慢性鼻炎と呼び、鼻漏や鼻づまりが主な症状となります。ですので、個々人の状況に合わせて薬を選択し、炎症を出来るだけ早く取ってあげることが大切です。その際の薬の選び方は、症状や年齢等によって異なります。

鼻づまりの症状が強い場合には、非ステロイドの点鼻薬を用います。それでも効果が不十分な場合は、ステロイド点鼻薬を使いますが、長期使用は避け、1か月以内の使用にとどめます。鼻漏の症状が強い場合で、小児と高齢者以外の方は第二世代抗ヒスタミン剤を服用し、効果が不十分な場合は漢方や生薬を服用します。鼻漏を抑えたい、高齢者の方で、緑内障や前立腺障害がなく、眠くなる副作用が問題なければ第一世代抗ヒスタミン剤を服用し、緑内障や前立腺障害があったり、第一世代抗ヒスタミン剤を服用しても効果が出ない場合は、漢方や生薬を試します。

これらの薬を飲んでも症状が収まらない場合は、早めに耳鼻咽喉科へ受診することをおすすめします。病院では鼻の通りをよくする薬や、抗生剤、抗アレルギー剤が、患者さんの症状に応じて選択され、処方されます。現在は様々な薬の種類があるため、自分の症状によりピッタリな薬を選んでもらうためにも、医師や薬剤師に細かなことであっても、状態をしっかりと伝えることが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください