慢性鼻炎まんせいびえん

カテゴリ
子どもの病気
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

慢性鼻炎とは

慢性鼻炎は、慢性的に鼻の内部の粘膜が赤く腫れ炎症を起こし続けている状態を指します。炎症が続くと粘膜の腫れが続き、周囲が厚くなってしまうことがあるので早めに炎症をとってあげることが必要です。
アレルギー性鼻炎と呼ばれるものも慢性鼻炎のひとつです。

慢性鼻炎の症状

主な症状は鼻詰まりと鼻水です。この鼻水は鼻漏(びろう)とも呼ばれ、鼻内部の粘膜からでる分泌液と鼻の血管から出た血しょうが含まれたものが合わさり、流れ出てきます。鼻のつまり方にも鼻炎の種類により異なり、単純性鼻炎と呼ばれるものの症状は片方の鼻がつまるか交互につまります。一方、常に両側の鼻がつまっている状態は肥厚性鼻炎の特徴の一つです。
鼻詰まりに伴い、においが分からず味覚が鈍くなる事や頭痛や口呼吸による喉の渇き、口臭なども発症します。
一時的なものであれば風邪などウイルスが起因の急性鼻炎である可能性が高いですが、常に状態が緩和せず鼻詰まりや鼻水が続くものは慢性鼻炎に含まれます。
急性鼻炎と慢性鼻炎の症状はほぼ同じで判断し難いですが、急性鼻炎の場合は短期間で完治することが最大の違いです。

慢性鼻炎の原因

慢性鼻炎の原因は、急性鼻炎を長引かせてしまうことや、繰り返すことで慢性化していくものです。
鼻腔内の粘膜が腫れあがり、炎症を起こす事で鼻炎は発生する為、市販のスプレー式鼻薬を多く使用する事で、鼻内部の血管が収縮しすぎ、粘膜が厚くなり誇大化します。その後、誇大化した粘膜が炎症を起こし、慢性肥厚性鼻炎の原因になる事もあります。
他にも衣料用洗剤などにも含まれる化学物質、ハウスダスト、ダニ、花粉、食品、投薬による副作用などがきっかけとなり体内でアレルギーを引き起こした事でも発症します。アレルギーは生まれつきのものもあれば、成人してから突然引き起こす事もあるので突然鼻炎を発症する患者も多いです。
その他、空気の乾燥や冷気、刺激のあるものを食べることがきっかけで慢性化することもあります。

慢性鼻炎の治療法

慢性鼻炎の予防法として重要な事は急性鼻炎を発症させないことです。発症した場合は長引かせないことが慢性化を防ぐことに繋がります。
急性鼻炎は、慢性鼻炎の原因にもなる空気の乾燥や冷気、刺激のある食べ物を食す事でも引き起こしますので、室内に加湿器を置き乾燥させないことも予防になります。同時にマスクの着用も効果的です。
また、アレルギー性鼻炎になりうるアレルゲンの侵入を防ぐ事も予防になります。花粉やダニやホコリなど外部刺激によるアレルギーの場合は、室内を清潔に保つことで防ぎます。
鼻詰まりや鼻水が出る症状を感じた場合には、市販の鼻薬を頻繁に使用する事は慢性鼻炎を引き起こしかねない為、必ず医療機関を受診することが重要です。
医療機関での鼻炎の治療には、主に鼻や咽頭の通りをよくする薬や、程度によっては抗生剤やアレルギーの内服薬が処方されるでしょう。受診先の医師の指示に従い、内服や外用(点鼻など)の治療を受けることで、症状を悪化させず、長引かせずに回復することができるでしょう。

慢性鼻炎の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
鼻の内部の粘膜が赤く腫れ上がり、慢性的に炎症を起こしている状態を慢性鼻炎と呼び、鼻漏や鼻づまりが主な症状となります。ですので、個々人の状況に合わせて薬を選択し、炎症を出来るだけ早く取ってあげることが大切です。その際の薬の選び方は、症状や年齢等によって異なります。

鼻づまりの症状が強い場合には、非ステロイドの点鼻薬を用います。それでも効果が不十分な場合は、ステロイド点鼻薬を使いますが、長期使用は避け、1か月以内の使用にとどめます。鼻漏の症状が強い場合で、小児と高齢者以外の方は第二世代抗ヒスタミン剤を服用し、効果が不十分な場合は漢方や生薬を服用します。鼻漏を抑えたい、高齢者の方で、緑内障や前立腺障害がなく、眠くなる副作用が問題なければ第一世代抗ヒスタミン剤を服用し、緑内障や前立腺障害があったり、第一世代抗ヒスタミン剤を服用しても効果が出ない場合は、漢方や生薬を試します。

これらの薬を飲んでも症状が収まらない場合は、早めに耳鼻咽喉科へ受診することをおすすめします。病院では鼻の通りをよくする薬や、抗生剤、抗アレルギー剤が、患者さんの症状に応じて選択され、処方されます。現在は様々な薬の種類があるため、自分の症状によりピッタリな薬を選んでもらうためにも、医師や薬剤師に細かなことであっても、状態をしっかりと伝えることが大切です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

慢性鼻炎の相談

慢性鼻炎の体験談

  • なかなか治らない鼻炎を改善

    Doctors Me 鼻炎験談

    私の父は、長年鼻炎に悩まされています。一年を通していつも鼻水がでている印象があります。なかなか治らないようで、薬を飲んだりしているようです。一年中鼻水が出ていると自分でも気になりますよね。父は、鼻炎歴が長いためかもう辛いとは思わなくなってきているようです。うまく鼻炎と付き合っているのかもしれません。鼻炎に加えて、花粉が飛ぶ時期は花粉症になるので二重になってその時はさすがに辛そうです。 でも、自分…続きをみる
  • 辛い秋ごろの鼻炎

    Doctors Me 鼻炎験談

    私が花粉症になったのは15才の時でした。両親は花粉症とは無縁なので、私も花粉症の事なんて興味もなく、よく知りませんでした。 ところが15才になった春、通学中に異常な鼻水の量と目のかゆみに襲われました。でも、それが花粉症だとは思いもしていなかった私は、ただの風邪だろうと思い風邪薬を飲みましたが、全く治まるわけもなくひたすら症状に耐え続けました。 見かねた母がそれは花粉症による鼻炎だから耳鼻科に行く…続きをみる
  • 鼻炎が原因による腫れ

    Doctors Me 鼻炎験談

    鼻炎持ちの友人から聞いた話です。 友人はアレルギー性鼻炎にかかっていて、くしゃみ、鼻水もひどく、毎日本当に辛いそうです。 鼻炎の症状が出てくると、目や鼻の痒みが出てきて、ついつい目をこすってしまい、こすりすぎで瞼が腫れてしまうそうです。目が腫れてる状態ですと、目が重たい感じになり、目も見えにくくなるようです。目が腫れてる状態が続いていましたので、病院を受診することと、毎日外から帰った時に目を軽く…続きをみる
  • 鼻炎に食事療法は効果あり?

    Doctors Me 鼻炎験談

    わたしは昔からずっとアレルギー性の鼻炎に悩まされています。ひどい時には眠っていても鼻のかゆみやくしゃみが出たりして目が覚めてしまいます。そのうえ年中鼻声で自分の本当の声を忘れてしまうほどです。もはや病院で処方してもらう薬がないと仕事中も鼻水がズルズルとたれてきてしまうので困っています。 鼻炎の薬は多少は効果がありますが、飲むとやはり眠くなってしまったり、鼻水が止まる代わりに詰まってしまったり唾液…続きをみる

慢性鼻炎に関するコラム