爪白癬(爪水虫)つめはくせん(つめみずむし)

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

爪白癬(爪水虫)とは

爪白癬(爪水虫)とは、爪に水虫の原因菌である「白癬菌」が繁殖した状態のことです。足の裏の水虫と原因菌は同じですが、かゆみがあまりないことも特徴です。しかし、ほかの人に感染を広げてしまうのは同様です。爪白癬は、やや治りにくく、根気のいる治療になることも多いです。

爪白癬(爪水虫)の症状

爪白癬は、足の爪にも手の爪にも発症する可能性があります。爪の先端部から異変が出ることが多いです。

爪白癬では、以下のような症状が見られます。

・爪の先端部が黄色く濁る
・爪の下の角質部分が厚くなる
・変色した部分がぼろぼろと欠け落ちやすくなる
・爪の表面が白くなる
・爪の付け根部分が分厚くなり、爪の色が濁っていく


足の水虫とは異なり、かゆみなどの自覚症状はほとんどありません。そのため発見が遅くなり、気づいたときには悪化していることも少なくありません。また、白癬菌自体は臭いません。しかし、高温多湿な状態にすると、臭いを発生させる雑菌が繁殖しやすい状態になるため、臭くなることがあります。

爪白癬を放置した場合、時間が経つにつれ症状は悪化していきます。爪白癬にかかった爪には縦線が入ることもあり、先端からボロボロと崩れてくる症状が出る場合もあります。爪の変形が重度になると、歩きにくくなったり、靴が入りにくくなったりということにもなりかねません。

糖尿病などの持病がある人では、患部から細菌が侵入して化膿する場合があります。爪水虫は放置せずに、なるべく早く治療を始めることが肝心です。

爪白癬(爪水虫)の原因

爪水虫の原因は、白癬菌です。これはカビの一種で、ケラチンを主食として繁殖していきます。ケラチンは皮膚の角質や爪、髪などの成分となっているタンパク質であるため、白癬は人間の体のどこにでも発症します。高温多湿の環境は、白癬菌の繁殖を促します。
  
爪白癬は、白癬菌が爪に侵入した状態のことです。ほとんどの場合、足白癬や手白癬の悪化から爪白癬を発症します。また、タオルやバスマットを介して、ほかの人から感染することもあります。

爪白癬(爪水虫)の治療

爪白癬の可能性がある場合は、皮膚科を受診してください。爪白癬の場合は、内服薬を使用します。爪に薬を塗るだけでは、完治が難しいためです。爪白癬の内服薬は、肝機能に負担がかかることがあります。そのため、定期的に血液検査をしながら治療を進めていきます。

見た目がよくなったからと自己判断で治療を止めてしまうと、爪に残った白癬菌がまた増殖してしまいます。爪が完全に生え替わるには、手の爪で半年、足の爪で1年程度かかるため、治療には時間がかかります。医師の指示通り治療を続けましょう。

爪白癬(爪水虫)の予防

爪白癬の予防策としては、足の水虫と同じように清潔に保つことです。

具体的には、以下のような対策をしましょう。
・タオルやバスマットなどを共有しない
・通気性のよい靴を履く
・足をシャワーなどで趾間も含めてよく洗い、よく拭いて乾燥させる

足や手が水虫に感染してしまった場合に早期に治療し、爪にまで白癬菌を侵入させないことが重要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください