医師監修

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎とは

花粉症とは、アレルギー疾患の一種です。
植物などの花粉が原因で発症します。季節性のアレルギー疾患ともよばれており、抗原(アレルギーの原因)となる花粉が飛ぶ季節に限って症状が起こります。日本では、花粉症の原因となる植物としてスギやヒノキ、ブタクサなどが知られています。

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の症状

マスクをする女子高生
花粉症の症状として挙げられているのは、主に以下の症状です。

・くしゃみ
・鼻水
・鼻づまり
・喉の痛み
・目のかゆみ
・充血


また、人によっては皮膚のかゆみや下痢、微熱などを伴う場合もあります。
花粉症の主な症状は、目のかゆみや鼻づまり、そして鼻水であり風邪の諸症状に類似しています。しかし、花粉症であるにもかかわらず風邪の薬を使ってしまうと、副作用といった悪影響が起こる危険があります。そのため、両者を判断する基準を知り、どちらの疾患にかかっているかを確認する必要があります。

<<花粉の飛散時期と初期療法>>
スギの花
スギ花粉は、一般的に西日本では1月下旬で、東日本では2月上旬から飛び始めます。それゆえ、1月から2月にかけて発症し、花粉の減少とともに症状が治まれば風邪ではなく花粉症の可能性が高いといえます。また、花粉の飛散時期を利用して花粉症の症状をやわらげる初期療法という方法があります。これは、花粉が飛び始める1ヵ月前から抗アレルギー剤を服用することで症状の発症を遅らせ、早期回復を目指す方法です。症状を早期に改善することが出来れば、結果的に服用する薬の量を減らすことが出来るので、副作用のリスクも軽減するというメリットがあります。花粉症の薬は眠気やのどの渇きなど様々な副作用を生じるものがあり、副作用の大きさも人それぞれであるため、自分の体質とライフスタイルにあった薬を見つけることも重要な花粉症対策の1つであるといえます。

<<花粉症と風邪を見分ける基準>>
鼻をかむ
鼻水の性質と症状の継続時間があげられます。花粉症による鼻水はさらさらとした水っぽい鼻水であり、一方で風邪による鼻水は粘性があり、青や黄色がかった色を呈しています。また、花粉症は花粉が飛んでいる間ずっと症状が継続しますが、それに対して風邪は長くても10日で症状が治まるといった違いも見られます。目のかゆみや充血のみの場合には花粉症以外の可能性もあるので、続く場合には眼科を受診しましょう。
二次的な症状として、頭が重く感じ、気怠さを感じる全身症状が現れる場合もあります。


症状がひどく日常生活に支障をきたす場合は、早めに医療機関に行くようにしましょう。受診する科は症状によって決めるのが適切です。すなわち、くしゃみや鼻水がひどいときは耳鼻科、目のかゆみや目やにが多いときは眼科というように、ひどい症状が出ている箇所の専門科にあたるのが有効であるといえます。また、同じ花粉症でもスギ花粉によるものとヒノキ花粉によるものとでは処方される薬が異なります。それゆえ、より適切な治療を受けるために病院でアレルギー検査を受けて、どのタイプの花粉症にかかっているかを調べることが必要です。



医師からのアドバイス


さらに詳しく花粉症の治療方法を紹介しています!これからの治療の計画に役立ててみてはいかがでしょうか?
今年こそ花粉症に苦しみたくない! 先手必勝の治療法は?


花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の原因

花粉症を発症する原因は、IgE抗体です。花粉という異物に対して体内では対抗するための物質であるIgE抗体がつくられます。

IgE抗体は、体内の肥満細胞の表面に付着して、次の異物の侵入に備えるのです。
再び体内に侵入した花粉がIgE抗体と結びつくことによって、肥満細胞からヒスタミンなどの生理活性物質が分泌されます。その分泌によって、くしゃみや鼻水などの症状となって表れます。

人によって症状の違いがあります。その違いについては、さまざまな説があります。
突然、花粉症を発症した場合でも、適切な治療を行えばある程度症状を軽減することもできます。

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の予防/治療法

予防


マスクとメガネをした女性
花粉症の発症を予防するには、アレルゲンへの接触を減らすことが大切です。
特に日本人に多いスギ花粉症を防ぐためには、花粉の多い時期にはマスクやメガネなどで花粉の体内への侵入を防いだり、花粉を家に持ち込む原因となる静電気を防ぐため、静電気防止効果のある柔軟剤を衣服に用いることなどが有効と考えられています。

花粉症の特有の症状が、決まった季節に起こるようでしたら、植物特異的なIgE抗体を検査することで、ある程度原因の花粉が特定できます。

<<予防に効く食べ物・飲み物>>

● 梅肉エキス
梅干し
鼻炎などのアレルギー症状は、体に入ってきたアレルゲンを排出しようとヒスタミン物質がたくさん出るため、くしゃみや鼻水が止まらなくなってしまいます。この過剰反応を止めるのが抗ヒスタミン剤の薬で、それと同様の働きを持つ食べ物に梅肉エキスがあります。ヒスタミン抑制率の実験では抗ヒスタミ ン剤が87.9%のところ、梅肉エキスは57.3%という結果が出ました。

● ビフィズス菌
ヨーグルト
ビフィズス菌の摂取も免疫担当細胞の過剰反応の抑制につながります。 ヨーグルトの場合、毎日200gと、あわせて野菜も摂る方が望ましいでしょう。

● 野菜やお茶
トマト
・レンコン・・・アレルギー症状を抑制し免疫機能を高める成分が発見されており、レンコンの粉末と乳酸菌を合わせた製品も開発されています。
・トマト・・・トマト由来のカロテノイド(特にリコピン)にも抗アレルギー効果が見つかっています。生よりもリコピン量が増える缶詰やジュースで摂取する方がいいでしょう。
・甜茶・・・花粉症に効果のあるお茶として有名なのが甜茶です。バラ科のテンヨウケンコウシに含まれるGODポリフェノールが有効なので、他の植物で作られた甜茶には注意が必要です。

治療法


錠剤
花粉症で辛いと感じてらっしゃる場合、まず対処方法を検討すべきです。近年は花粉症の患者さんがとても多く、様々な薬が開発されているため、即効性がある花粉症の薬も多々あります。まず症状にあった薬を使用することが重要になるため、耳鼻科など専門医のところへ行き、診察してもらった方が良いでしょう。花粉症の薬として代表的なものは、アレグラやアレジオンなど有名ですが、サジテンは効果抜群ですが、眠気がとても強いため、仕事や運転前には使用するのを控えた方が良いです。花粉症についてある程度、メカニズムを理解しておくと良いでしょう。体内に入った花粉がヒスタミンという物質を作り、血管や神経、粘膜など刺激を与えることによりクシャミや目のかゆみなど症状が出てきます。またこの症状を抑えるために使用される薬は3種類あります。

1)抗アレルギー薬
花粉症シーズンになる前に使用される抗アレルギー薬は、ヒスタミンの発生と体内に広がるのを防ぐ効果が期待できます。

2)抗ヒスタミン薬
市販や処方薬などよく利用さ、種類も沢山あります。ヒスタミンの働きに直接的に作用するため、花粉症の症状がで始めた時に使用することで、効果があるようです。目のかゆみなど自然と引いていきます。

3)ステロイド剤
抗ヒスタミン薬を使用して、あまり効果が出ない場合、病院で処方されることが多いです。これは体内で分泌される副腎皮膚ホルモンを人口的に精製した薬で、即効性がありますし、鼻や喉の粘膜の炎症を抑える働きがあるため、短期間で効果を期待できますし、集中的に症状を改善したい場合にはよく用いられる薬です。またこちらのステロイド剤は薬のタイプも様々で、内服や点眼薬、軟膏など種類も多いため、症状が出ている部位に合わせて処方されることになります。試用期間も一時的で、長期間使用する薬ではないため、きちんと医師の指導に基づき、正しい服用を心がけ、回数を守り使用していくことが大切です。



※ また、近年少量の花粉エキスを舌下投与することで、治療期間は長くかかるものの、花粉症体質自体を治す減感作療法という治療法が広まりつつまります。

花粉症の方は要チェック!桜による花粉症について




Doctors Me医師コラムから



スギ、ブタクサだけじゃない…桜も花粉症の原因に?
だんだんと暖かくなり、花粉症の症状が出始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。花粉症の原因として、スギやブタクサなどが有名ですが、桜による花粉症もあるということをご存知でしょうか?

医師に聞いてみました。

Q1 桜の花粉による花粉症はあるのでしょうか?
桜の花粉症は存在します。お花見に行くとくしゃみが止まらなくなるという症状があれば、疑った方がいいでしょう。
ただ、スギなどの風媒花と異なり、桜は虫媒花であり、桜の花びらに触れた手で、目や鼻をこすったりすると発症する可能性は高まりますが、実際桜で花粉症が発症する可能性は少ないです。

Q2 普通の花粉症との違いはあるのでしょうか?
スギなどの花粉症と同じく、主な症状は、下記などです。
・くしゃみ
・鼻水
・目のかゆみ

その他にも咳が出る、息が苦しい・ぜいぜいする、耳がつまった感じがする、だるい、疲れやすい、あくびが出る、頭が痛い・重たい、発熱、悪寒などの症状も出ることがあり、風邪と間違える場合も多いです。

Q3 花粉症の原因となる植物は何があるのでしょうか?
下記等が挙げられます。

スギ(2月~4月)
ヒノキ(3月~4月)
シラカンバ(4月~6月)
ハンノキ(1月~4月)
クリ(5月~7月)
コナラ(4月~5月)
ウメ(2月~3月)
ヨモギ(9月~10月)
ブタクサ(8月~10月)
カモガヤ(5月~6月)
オオアワガエリ(6月~8月)
ススキ(9月~10月)

他にもここにあげていない植物による花粉症も数多くあります。

Q4 花粉症の人は、お花見等しない方が良いのでしょうか?
窓越しに、桜を眺めて食事ができるところも数多くありますし、屋内から眺める桜も素敵なものです。また、電車や、バスから桜の景色を楽しんでもいいですね。

人によってはアナフィラキシーショックで倒れるような症状が出ることもあるらしいので、桜アレルギーの人が桜の近くに寄ることは症状の悪化の可能性があるので、おすすめはできませんが、どうしても近くへ行くときはマスクをするとよいでしょう。

また、桜が咲くとアレルギー症状が出るという人の多くは、実はヒノキ花粉症である可能性もあります。ヒノキの花粉飛散シーズンと桜の開花シーズンが一致するためです。
つい目に入りやすい桜を見て、桜が咲いてるときに酷くなるから桜花粉症だと思い込んでしまっていることもありますので、一度アレルギー検査を受けるといいでしょう。

Q5 花粉症の人が花見をする際の注意事項は?
お花見や、桜を眺める際は、下記などに気をつけてみてください。
・マスクをする
・小まめに手を洗う
・ウェットティッシュを持ち歩いて小まめに手を拭いたりする
・花には触らない


花粉症の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
花粉症の薬と一言にいっても、症状にあった薬を選ばないと十分な効果が得られない事があります。花粉症のメカニズムは、体内に入ってきた花粉がヒスタミンという物質を作り出し、血管や神経、粘膜などを刺激してくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状を引き起こします。

花粉症に効果のある薬は、大きく分けて3種類に分けられます。1つ目は、抗アレルギー薬のタイプのものです。これは、ヒスタミンの発生と体内で広がる事を防ぐ事によって、症状を抑える効果が期待があります。あまり花粉症の症状がひどくない人や、花粉症のシーズン前に飲む事で効果を発揮する薬です。

2つ目は、抗ヒスタミン薬です。市販薬や処方箋ともに昔からよく使われる薬で、種類も多いです。これは、ヒスタミンの働きに直接的に作用し、目のかゆみや鼻水、くしゃみなどの症状がつらい人に適している薬です。また、すでに始まってしまった花粉症の症状に対しても効果があります。

3つ目は、ステロイド剤です。この薬は、体内で分泌される副腎皮質ホルモンを人工的に精製した薬のことで、ヒスタミンによって症状のでた目や鼻、喉の粘膜の炎症を抑える効果があります。内服タイプ、点眼タイプ、軟膏タイプと症状の出ている部分に適したタイプの薬がある事も特徴です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の相談

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の体験談

  • コーヒーはブラックでミルクや砂糖は花粉症に逆効果。

    花粉症 コーヒー

    出来れば私は普段だったらコーヒーを飲むっていう時にはお砂糖とミルクをたくさん入れて飲むっていうのが好きだったのですけれども、花粉症になっているっていう時にはこれらは絶対に入れて飲むのはよくないと母から強く言われました。 母も実は過去に花粉症になってしまったっていう時に、少量ではあったけれどもコーヒーの中にミルク遠さというを入れて飲んだのですが効果という効果が全然出てこなくて無意味だったらしくよく…続きをみる
  • 花粉症の血液抗体検査にかかった費用

    花粉症 検査 費用

    1年程前、鼻水が止まらなくなり、花粉症になったのかと思い病院で検査を受けることにしました。血液抗体検査、パッチテスト、鼻の粘膜の3種類がありました。血液抗体は血液の採取、パッチテストは皮膚をひっかいて薬品を乗せ、肌が赤くなる範囲で判断し、鼻の粘膜は鼻の中に綿棒を突っ込むという痛そうなものでした。なので、一番無難な方法の血液抗体検査を受けることにしました。 採取される血液の量も少なくて、痛みもない…続きをみる
  • 花粉症で口の中がかゆいと感じました。

    花粉症 口 かゆい

    私はの花粉症の症状は主に目がかゆいと感じることと、鼻水がたらたらとたれることです。以前友達と花粉による被害の話をしていて、その子は耳がかゆくなったり口の中がかゆくなったりすることがあると言っていました。その話を聞いてとてもびっくりしたのを覚えています。 今年の4月にスギ花粉が舞っている頃、とうとう私も口の中がかゆいと思うことがありました。その時に以前友達が同じことを言っていたと思いだし、とても懐…続きをみる
  • 花粉症で口の中が乾く

    花粉症 口の中

    わたしは春先になると花粉症の症状が出てきますが、その際に口の中がカラカラに乾いてしまいます。鼻が詰まっていることと薬のせいもあると思うのですが、喉が渇くのと口がカラカラになるのとで、しょっちゅう水分を摂っています。外出時には水筒が欠かせないです。またのど飴やトローチも、常に持ち歩いて舐めるようにしています。 また口の中があまり乾きすぎると、口臭も気になります。花粉症以外のときは口臭なんてしません…続きをみる
  • 口の上がかゆい!花粉症で最も被害を受ける箇所

    花粉症 口の上 かゆい

    20代後半から花粉症の症状が出るようになりました。私の場合は目のかゆみや鼻水といった典型的なものに加えて、口の上がかゆいという独特の症状が出ます。かゆくてかゆくて仕方ないので、気を抜くとついつい口の上を擦ってしまうのですが、これによって荒れてしまった肌に鼻水が垂れてくると、さらに荒れがひどくなってヒリヒリと痛んでしまいます。また端から見ても真っ赤に腫れあがってしまうため、大変みっともない見た目に…続きをみる
  • 花粉症による唇の荒れ対策!

    花粉症 唇

    ひどい花粉症のために、しょっちゅう鼻をかんでいます。自宅にいる時だけではなく、仕事中も頻繁に鼻をかみ続けています。 おかげで、唇がすっかり荒れてしまいました。鼻をかむたびに、ティッシュに触れるからだと思います。また、マスクを常に装着していることも原因の一つかもしれません。 ピリピリと表面が痛むので、思い切って医療機関を訪れました。どこで治療を受ければよいのか分からず、皮膚科と内科の治療を行ってい…続きをみる
  • 秋の花粉症で目が痒い!毎年眼科へ駆け込んでいます。

    花粉症 眼科

    花粉症のシーズンが近づくと、憂うつな気持ちになります。なぜなら、目が痒くてたまらなくなり、ついうっかりゴシゴシこすってしまうからです。そのために、目が赤くなる上に、まぶたが腫れますので、みっともなくて落ち込みます。 仕事中も気になってたまりませんから、思い切って眼科に相談してみることにしました。医療機関の口コミサイトを調べて、花粉症の治療に定評がある眼科を訪れてみたのですが、丁寧に診察をしてもら…続きをみる
  • お風呂の時だけ軽くなる花粉症の症状

    花粉症 お風呂

    花粉症を治すには、お風呂に入ればよいというような話を聞くことがあります。 そこで、私は、花粉で悩まされている時に、お風呂に入ってみることにしました。そうすると、確かに花粉症の症状が軽減されていることを感じて、なるほどと思ったことはありました。おそらく、風呂に入ることによって体についていた花粉が洗い落とされ、その結果、鼻水が出にくくなったり、目がすっきりしたりしたのだと思います。 でも、これはその…続きをみる
  • 悪寒を感じたならば花粉症の可能性を考慮して

    花粉症 悪寒

    春先の花粉が頻繁に飛ぶシーズンになってくると、原因不明の悪寒が出てくる事が多くなりました。最初は風邪だと思って病院に行って診てもらい処方薬などをもらって治療していたのですが、薬を飲んでも一向に良くなる気配がありませんでした。 なぜ薬が効かないのか原因を調べてみると、花粉症が原因で悪寒などの風邪に似た症状が出現することがあるということを知りました。病院に行きアレルギー検査をしてみると私は花粉症であ…続きをみる
  • 花粉症に梅干しがお勧めです

    花粉症 梅干し

    5年ぐらい前から、ずっと花粉症に悩まされていました。目がしょぼしょぼし、鼻水が止まらず、化粧もできず、見た目も体調もボロボロの状態でした。しかし、薬を飲むと症状は改善するものの、眠くなってしまうので、仕事中もぼーっとすることが多く、何か良い方法はないかと探していました。 そんな時、テレビの情報番組を見ていたら、花粉症には梅干しエキスが効くと紹介していました。動物実験でも、効果が証明されているとの…続きをみる

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎に関するコラム