医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎かふんしょう/きせつせいあれるぎーせいびえん

カテゴリ
アレルギー疾患
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎とは

花粉症とは、植物の花粉が原因で発症するアレルギー疾患の1つです。
季節性アレルギーとも呼ばれており、抗原(アレルギーの原因)となる花粉が飛ぶ季節に限って症状が起こります。日本では、花粉症の原因となる主な植物としてスギやヒノキ、ブタクサなどが知られています。

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の症状

花粉症の症状


マスクをする女子高生
花粉症の症状として挙げられるのは、主に以下の症状です。

・くしゃみ
・鼻水
・鼻づまり
・喉の痛み
・目のかゆみ
・目の充血


人によっては、皮膚のかゆみや下痢、微熱などを伴うこともあります。二次的な症状として、頭が重く感じる、だるいなど、全身症状が現れる場合もあります。

花粉症の主な症状は、風邪の諸症状に似ています。しかし、花粉症であるにもかかわらず風邪の薬を使ってしまうと、副作用など悪影響が出る可能性があります。

そのため、両者を判断する基準を知り、どちらの疾患にかかっているかを確認する必要があります。

花粉症と風邪を見分ける基準


鼻をかむ
花粉症と風邪の症状の違いには、鼻水の性質と症状の継続時間があげられます。

花粉症による鼻水はさらさらとした水っぽい鼻水である一方で、風邪による鼻水は粘性があり、青や黄色がかった色をしています。

また、花粉症は基本的に花粉が飛んでいる間はずっと症状が継続しますが、風邪は長くても10日ほどで症状が治まるといった違いも見られます。

例年スギ花粉の飛散量が多くなるのは、東日本では2月上旬から、西日本では2月下旬からです。そのため、1~2月にかけて発症し、花粉の減少とともに症状が治まれば、風邪ではなく花粉症の可能性が高いと言えます。

症状が重いとき



症状がひどく日常生活に支障をきたしている場合は、早めに医療機関に受診するようにしましょう。受診する科は、症状によって決めるのが適切です。

くしゃみや鼻水がひどいときは耳鼻科、目のかゆみや目やにが気になるときは眼科というように、ひどい症状が出ている箇所の専門科に行きましょう。また、複数の症状が出ている場合は、アレルギー疾患全般を診てくれるアレルギー科を受診してもよいでしょう。

同じ花粉症でも、アレルゲンとなる植物は人によって異なります。より適切な治療を受けるために、病院でアレルギー検査を受けて、どのタイプの花粉症にかかっているかを調べることも必要です。

医師からのアドバイス


さらに詳しく花粉症の治療方法を紹介しています!これからの治療の計画に役立ててみてはいかがでしょうか?
今年こそ花粉症に苦しみたくない! 先手必勝の治療法は?


花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の原因

花粉症の原因となる植物


主に以下の植物が挙げられます。

・スギ(2月~4月)
・ヒノキ(3月~4月)
・シラカンバ(4月~6月)
・ハンノキ(1月~4月)
・クリ(5月~7月)
・コナラ(4月~5月)
・ウメ(2月~3月)
・ヨモギ(9月~10月)
・ブタクサ(8月~10月)
・カモガヤ(5月~6月)
・オオアワガエリ(6月~8月)
・ススキ(9月~10月)

他にも、ここに挙げていない植物による花粉症も数多くあります。

花粉症を発症する原因


花粉症を発症する原因は、IgE抗体です。花粉という異物に対して、体内では対抗するための物質であるIgE抗体が作られます。

IgE抗体は、体内の肥満細胞の表面に付着して、次の異物の侵入に備えるのです。
再び体内に侵入した花粉がIgE抗体と結びつくことによって、肥満細胞からヒスタミンなどの生理活性物質が分泌されます。この分泌によって、くしゃみや鼻水などの症状が起こります。

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の治療

錠剤
花粉症の治療には、大きく分けて症状を抑える対症療法と、花粉症自体を治す根治療法があります。

対症療法


●薬物療法
さまざまな薬が開発されているため、まず症状にあった薬を使用することが重要です。個人差があるものの、薬によっては眠気やのどの渇きなど、さまざまな副作用が生じることがあります。医師とよく相談して、自分の体質とライフスタイルにあった薬を見つけましょう。

花粉症の症状を抑えるために使用される薬は、以下の3種類です。

(1)抗アレルギー薬
抗アレルギー薬は、ヒスタミンの発生と体内に広がるのを防ぐ効果が期待できます。

(2)抗ヒスタミン薬
市販薬や処方薬などよく利用され、種類も沢山あります。抗ヒスタミン薬は、ヒスタミンの働きに直接的に作用するため効きが早く、花粉症の症状が出始めたときに使用することで、効果を得られます。

眠気が強く出て、仕事や運転前の使用は控えたほうがよい抗ヒスタミン剤もあるため、どの種類がよいのか、医師とよく相談しましょう。

(3)ステロイド剤
ステロイド剤は、体内で分泌される副腎皮膚ホルモンを人口的に精製した薬で、即効性が見込まれます。抗ヒスタミン薬を使用して、あまり効果が出ない場合や集中的に症状を改善したい場合などに病院で処方されることが多いです。

ステロイド剤のタイプには、内服薬や点眼薬、点鼻薬、軟膏などさまざまな種類があります。症状が出ている部位に合わせて、処方されます。

ステロイド剤は、一時的に使用する薬で、長期間使用する薬ではありません。医師の指導に基づき、正しい回数・正しい期間の服用を心がけ、きちんと使用していくことが大切です。

●レーザー治療
レーザーを鼻の粘膜に照射して、鼻づまりを和らげる治療法です。花粉が飛んでいない時期に行う治療法です。


根治療法


●減感作療法(アレルゲン免疫療法)
近年少量の花粉エキスを少しずつ投与することで、花粉症そのものを治す減感作療法(アレルゲン免疫療法)という治療法が広まりつつまります。

スギ花粉症の場合、スギのエキスを舌の下に入れて徐々に根治を目指していく「舌下免疫療法」という治療法もあります。時間がかかる治療法で、次の花粉症シーズンに向けて計画的に行っていきます。

初期療法


スギの花
花粉症の症状を和らげる「初期療法」という方法があります。花粉が飛び始める前の症状が軽いうちから抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤、鼻噴射用ステロイド薬を使用することで発症を遅らせたり、重症化を防いだりする目的で行います。

毎年つらい症状で悩んでいる方は、花粉飛散前に受診して初期療法を取り入れてみましょう。

花粉症/季節性アレルギー性鼻炎の予防

アレルゲンへの接触を減らす


マスクとメガネをした女性
花粉症の発症を予防するには、アレルゲンへの接触を減らすことが大切です。

花粉の飛散時期には、マスクやメガネなどで花粉の体内への侵入を防ぐことが大切です。

また、花粉を家に持ち込む原因となる静電気を防ぐため、静電気防止効果のある柔軟剤を衣服に用いることなどが有効と考えられています。

予防効果が見込まれる食べ物・飲み物


● ビフィズス菌
ヨーグルト
ビフィズス菌の摂取で、腸内環境を整えることも症状の抑制につながります。継続的にヨーグルトを食べるとよいでしょう。

● 野菜
トマト
・れんこん
れんこんには、アレルギー症状を抑制し免疫機能を高める成分が発見されています。花粉の時期は、いつもの料理にれんこんを取り入れてみましょう。

・トマト
トマト由来のカロテノイド(特にリコピン)にも抗アレルギー効果が見つかっています。生で食べるよりも、リコピンを多く摂れる缶詰やジュースで摂取するほうがよいでしょう。

● 甜茶
花粉症に効果のあるお茶として有名なのが甜茶です。バラ科のテンヨウケンコウシに含まれるGODポリフェノールが有効なため、他の植物で作られた甜茶には注意が必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「花粉症度」チェック

日本人の3人に1人が発症!花粉症の可能性をチェック!

花粉症とは、主に植物の花粉に対して過剰なアレルギー反応を起こしてしまうことで、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水などを引き起こす病気です。

花粉症を起こす代表的な植物としてスギがありますが、そのほか、ヒノキ、ブタクサ、イネ、ヨモギなども花粉症を起こします。花粉が飛ぶ時期が毎年決まっており、スギ花粉であれば2月末~5月初めにさまざまな症状が出ます。いまや日本人の3人に1人が花粉症といわれているくらい、患者数が多い病気です。

ご自身の花粉症についてチェックしましょう。

1 /15

春または秋に、目がかゆくなる

健康チェック画像

「花粉症度」チェック

日本人の3人に1人が発症!花粉症の可能性をチェック!
健康チェックする