医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症えこのみーくらすしょうこうぐん/じょうみゃくけっせんそくせんしょう

カテゴリ
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症とは

エコノミークラス症候群とは、飛行機のエコノミークラスなど、狭い空間に同じ体制で長時間過ごした時に生じやすいことから、このように呼ばれます。下腿(かたい※膝から下)などの細い静脈の中で、血のかたまりができ、それが移動して肺の血管に詰まって肺塞栓症を起こすことをいいます。

エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の症状

エコノミークラス症候群の場合、血栓ができても症状が無く、気が付かない場合もあります。
血の塊が小さくて完全に血管を塞がない場合には、特に症状は感じづらくなります。

深部静脈血栓症


下肢(足)などの細い血管の中で、血の塊ができて血管に詰まることを、深部静脈血栓症と呼びます。
≪深部静脈血栓症の症状≫
・下腿が赤くなり、はれ・痛みなどがあらわれる
・血栓周囲のだるさや、むくみが生じる


肺動脈血栓塞栓症


血栓や血塊が血流にのって移動し、肺の血管に詰まると肺動脈血栓塞栓症を引き起こします。
≪肺動脈血栓症の症状≫
激しい胸痛、失神、呼吸困難、心拍数の増加、意識消失を引き起こします。
肺動脈血栓塞栓症について詳しく見る

エコノミークラス症候群では飛行機を降りてゲートに向かう頃に出現します。肺動脈血栓症を空港で引き起こした場合、前記したような症状が急激に出現します。

血栓が小さく、軽症の場合は病院で血栓を溶かす処置を受けますが、重症の場合はその場ですぐに心停止に至り、AEDを使用して心肺蘇生を行っても、それだけの処置では詰まった血栓を取り除くことはできませんので、回復は難しいです。そのため、予防が非常に大切になります。

エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の原因

エコノミークラス症候群を発症する場合、多くはもともと血液が固まりやすい、つまり血塊ができやすい体質や遺伝的な要因が大きいです。
その場合、エコノミークラスで長時間過ごさなくても、普段から血栓ができやすかったり、流産を繰り返したりします。

血液が固まりやすくなる原因として、一番大きなものは、血液のうっ滞です。
血液は、常に流れて流動することで、固まることが防がれています。血液の流れを止めると、血液の中の血球表面のたんぱく質が反応し、血液が固まります。エコノミークラスなど、狭い空間でほとんど動かずに過ごすと、下肢の細い静脈の血液の流れが悪くなり、そこで血液の塊ができます。
遺伝的に血液が固まりやすい人は、血液の流れが緩慢になると、血栓を生じてしまいます。普通の人は、多少うっ滞したくらいでは血栓はできませんが、血液の流れが滞ると血液が固まるのはどの人にも共通ですので、油断はできません。

また、脱水で血液が濃くなることでも、血栓はできやすくなります。
飛行機に乗らなくても、病院で長時間寝たきりで過ごすと、足に血栓が生じてエコノミークラス症候群になる場合があります。

飛行機にかかわらず、長時間同じ姿勢で過ごして血液がうっ滞することが、発症の原因となります。
また骨粗しょう症のお薬の一部などは血栓ができやすくなるものもあるので主治医に相談しましょう。

エコノミークラス症候群/静脈血栓寒栓症の予防・治療法

エコノミークラス症候群は、ケアをすることで未然に防ぐことができます。

予防


≪足を動かす≫
とにかく、足を動かして血流を良好に保つことが必要です。
エコノミークラスで、8時間以上のフライトをした場合に発症する可能性が高まると言われています。
じっと同じ体勢で過ごすことが発症の原因になりますから、海外旅行などで長時間飛行機に乗る場合は、こまめにトイレに行って体を動かしたり、足を組み替えたりして下肢を動かすようにしましょう。靴を脱いで、自分の両方の足の指でじゃんけんをするように動かすと、血栓の予防に効果的であるとも言われています。

≪水分を意識して摂る≫
脱水で血液が濃くなると血栓を生じやすいため、機内では意識して水分をとるようにしましょう。
トイレが気になるからと水分を摂らないのは非常に危険です。キャビンアテンダントさんが飲み物を頻繁に配りに来るのは、エコノミークラス症候群を予防するためでもあります。飲み物を持ってきてくれたら、断らずにいただくといいですね。

≪血栓症を患っている場合≫
血栓症の既往のある人は、血液が固まりやすい体質の人です。
その場合、ふくらはぎをきつく締め付ける、弾性ストッキングというものを着用すると、静脈の血液が心臓に戻ってくるのを補助し、結果血流の滞りを防いで血栓を予防できます。血液が固まりやすい傾向にある、病院で長時間の安静が必要な人は、弾性ストッキングを着用して過ごしたり、脚を定期的に圧迫して血流を促進するマッサージ機のようなものを装着して深部静脈血栓症を予防します。




Doctors Meから、地震を機にお困りのみなさまへ


今回の地震を受け、Doctors Meの専門家への相談を一部無料で提供しています。
無料提供について、詳しくはコチラから。

  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「エコノミークラス症候群度」チェック

デスクワークや長時間移動が多い方、要チェックです!

急性肺血栓塞栓症、通称「エコノミークラス症候群」という病名を聞いたことはありますか?

一般に、飛行機での移動やデスクワークなどで長時間イスに座って足を動かさない状況下で起きるものとして、足の静脈にできた血栓がなんらかの拍子で血管からはがれてしまい、血液の流れで肺の動脈を閉塞してしまう疾患を指します。また、場合によっては死に至ってしまう、とても怖い疾患でもあります。

あなたにもそのリスクがあるのでしょうか? 早速、セルフチェックしてみましょう!

1 /15

点滴や輸血をするための管を、長期間入れていたことがある

健康チェック画像

「エコノミークラス症候群度」チェック

デスクワークや長時間移動が多い方、要チェックです!
健康チェックする