結膜炎けつまくえん

カテゴリ
眼の病気
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

結膜炎とは

結膜炎は、まぶたの裏と白目の部分をカバーしている結膜が、細菌やウイルス感染、アレルギーなどが原因で炎症を起こしたものを指します。

結膜炎の症状

結膜炎の主な症状には、結膜の充血、目やに、目のかゆみ、瞼の腫れ、瞼の裏側に発疹ができる、目がゴロゴロする、眩しいなどです。

淋菌による結膜炎は、進行すると角膜に影響が及び、視力が低下することがあります。

結膜炎の原因

結膜は目を開けているときは、常に外部にさらされており、刺激を受けやすい状況下にあります。更に、いつでも涙によって濡れているため、水分・栄養・温度があり、細菌やウイルスが繁殖しやすい環境でもあります。このような背景から、結膜は感染やアレルギーが起こりやすいです。

アレルギー性結膜炎


アレルギー性結膜炎は、花粉やカビ、ダニ、ペットの毛などのアレルゲンが原因で発症します。人に感染はしません。

ウイルス性結膜炎


ウイルス性結膜炎は、さまざまなウイルスが原因となって起こります。エンテロウイルスやアデノウイルスなどが挙げられます。ウイルス性結膜炎は人に感染するため、目を触った手や使用したタオル、寝具、プールやお風呂の水を介して人にうつることがあります。

細菌性結膜炎


細菌性結膜炎は、さまざまな細菌が原因となって起こります。淋菌やインフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、肺炎球菌などが挙げられます。人にうつることはあまりありませんが、抵抗力の弱い子どもや高齢者は注意が必要です。

結膜炎の治療

抗菌作用や、抗炎症作用のある点眼薬を使用します。アレルギー性の場合は、抗ヒスタミン薬が入った点眼薬を用います。

目薬をさすときは、患眼だけにさすようにします。例えば、患眼のまつ毛が目薬の先についてしまうと、その薬液が健康なもう片方の目に入るとうつってしまうからです。

結膜炎の予防

石鹸を使ってこまめに手を洗います。布タオルではなくペーパータオルを使用するようにしましょう。

アレルギーがある場合は、できるだけアレルゲンを生活の中に取り入れないように、こまめに掃除をしたり、動物から離れたり、花粉を除去したり、気をつけましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください