ドライマウス/口腔乾燥症ドライマウス/こうくうかんそうしょう

カテゴリ
口・あごの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ドライマウス/口腔乾燥症とは

ドライマウスとは、何らかの原因で分泌される唾液の量が減少し、口の中が乾燥してしまう症状を指します。唾液には口の中を正常に保つ作用があるため、ドライマウスになると虫歯や歯周病が発症しやすい環境になります。そのため、唾液の分泌を増やす治療と、虫歯治療や歯石除去などの口の中の衛生管理を行います。

ドライマウス/口腔乾燥症の症状

口腔乾燥症の症状としては、以下が挙げられます。

・口の中が乾く
・口の中がネバネバする
・しゃべりにくい
・舌が痛い
・口臭がある
・唇がひび割れる
・乾いた食べ物を食べづらい など

唾液の分泌が悪くなることで、虫歯や歯周病が進行している可能性もあります。口腔乾燥症の症状が進むと、咀嚼や発音などを妨げるようになります。

ドライマウス/口腔乾燥症の原因

ドライマウスの原因はさまざまです。加齢やストレスの他に、糖尿病や腎障害、貧血、シェーグレン症候群などの全身性の病気が原因となっていることがあります。また、抗うつ薬や抗ヒスタミン薬など、薬物の副作用でも口腔乾燥症は起こります。

ドライマウス/口腔乾燥症の治療

糖尿病などの全身疾患がドライマウスの原因となっている場合は、その治療を行います。薬物の副作用が原因であれば、その薬を減らすか、薬を変えるかを検討します。

口の中の乾燥を防ぐ対症療法を行っていきます。口の中の唾液腺組織に問題がなければ薬で唾液の分泌量を増加させます。唾液腺組織に問題があり自力で唾液が増やせない場合は、唾液の補充のためにスプレー式の人口唾液などを使用する場合もあります。

寝ている間に口が乾くという人は、口呼吸やいびき、歯ぎしりをしている可能性があります。口を閉じて寝る必要があるため、マウスピースを作って装着することもあります。

ドライマウス/口腔乾燥症の予防

ドライマウスの予防には、ドライマウスを引き起こすとされる糖尿病やビタミンB欠乏症、貧血などにならないための食生活を心がけます。貧血の予防になる鉄分はビタミンCを同時に摂取したほうが吸収率が上がるため、鉄分を多く持つ肉や魚介類と一緒に野菜・果物も摂りましょう。また、唾液腺を刺激するために、ガムを噛むとよいでしょう。

まずはドライマウスチェックをしてみよう!
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「ドライマウス」チェック

口がパサパサしたことありませんか?

ドライマウスは分泌される唾液の量が減少し、口の中が乾燥してしまう症状です。
口の周りの筋力が衰えたり、唾液腺の分泌能力が低下したりすることで、加齢に伴い20歳ごろから徐々に唾液の分泌量は低下していきます。特に、日中や睡眠中などの食事をしていない時の唾液の分泌が減りやすく、口の渇きを感じやすくなります。
女性の場合、女性ホルモンの分泌量が低下することも、口が渇く原因のひとつです。
まずはご自分の症状をチェックしてみましょう。

1 /16

口の中がネバネバする。

健康チェック画像

「ドライマウス」チェック

口がパサパサしたことありませんか?
健康チェックする