発熱はつねつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

発熱とは

発熱とは、脇で体温を測ったときに37.5℃以上になることです。発熱の原因は、ウイルスや細菌などへの感染症、怪我、がん、ストレス、リウマチなどの自己免疫などさまざまです。

感染症が原因の発熱は、病原体の増殖を防ぐための免疫機能の正常な働きです。発熱時は、水分補給を普段以上に行う必要があります。

緊急で受診が必要な場合

以下のような場合は、緊急で受診が必要です。
・呼吸が苦しい
・意識がもうろうとしている
・起き上がることができない
・海外から帰国した直後


発熱の原因

発熱の原因としては、以下などが挙げられます。
・感染症
・がん
・ストレス
・膠原病(自己免疫疾患)
・ホルモン異常
・けが など


感染症


発熱の代表的な原因の1つは、ウイルスや細菌などへの感染です。発熱によって病原体の増殖を抑えたり、免疫機能を活発にさせたりします。

そのため、むやみに解熱剤などで体温を下げると、侵入した病原体の増殖を助けるため、控えましょう。一方、症状がつらく水分もとれない、ぐったりするなどの場合には解熱剤を使用してください。

ストレス


ストレスによって自律神経が正常に働かなくなり、体温調節中枢の機能が低下してしまうことが原因だと考えられています。いつも以上に休息をとり、睡眠時間をしっかりと確保するなどの対策が必要です。

発熱への対処法

発熱した場合は、まずは休養です。水分補給をしっかりして、適度な栄養を摂りましょう。

水分が摂れない、嘔吐ばかりしている、微熱が長く続いている場合などは、内科などに受診しましょう。

発熱の予防

手洗い・うがい・マスク


発熱は、風邪で発症すること多いです。ウイルスや細菌に感染しないために、家に帰ったらまず手洗い・うがいをして、普段からマスクをつけましょう。

疲労やストレスを溜めない


疲れやストレスが溜まると、熱だけに限らず体調を崩しやすくなります。日頃から無理はせず、規則正しい生活をし、定期的にリフレッシュすることも予防の1つです。

発熱の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
発熱を抑える薬を上手く選ぶポイントは解熱作用が入っているものを選ぶことです。解熱作用として有効な成分として挙げられるものは3つあります。まず一つ目はアセトアミノフェン、二つ目はイブプロフェン、三つ目はエテンザミドです。発熱を抑えたい場合には、これらの成分が含まれたものを選ぶことで、高い効果を得られる場合が多いでしょう。

発熱の薬以外のものでも共通して言えることですが、治療したい部分の成分が含まれていない場合にはどれだけ長い期間服用しても治まらない場合が生じてしまうこともあります。そのため成分を調べておくことは重要なのです。必ず自分の治療したいところの成分を含んでいるものを選びましょう。また成分の含まれている量は作用の大きさを表していると言っても過言ではありませんので、早く治したい場合には成分が多く含まれているものを購入して服用することがよいでしょう。

それ以外に選び方として挙げられるのは新薬を試してみるという方法です。新しい薬には新しく発見された成分が含まれていたり、より効能が強く結果として現れるように改良されていたりといった製作側の努力が形として出ている場合があり、治療に良い効果を生み出す可能性を秘めているからです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください