風邪/風邪症候群かぜ/かぜしょうこうぐん

カテゴリ
感染症
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

風邪/風邪症候群とは

風邪(かぜ症候群)は、一般的に発熱や咳、鼻づまり等の症状の総称を指します。
小児から老人まで、幅広くこの病気にかかります。原因となるウイルスによって、症状も治療薬も異なります。主な治療法は薬によって症状をなくしたり緩和する「対処療法」と、原因となる細菌に対して抗生剤を使うことです。

風邪/風邪症候群の症状

一般的に「風邪」といわれる「風邪症候群」の原因は、80~90%がウイルス感染です。その他、一般細菌、マイコプラズマなどによる感染があります。
コロナウイルスやRSウイルスなど、風邪症状を起こすウイルスの数は多く、原因を特定することは困難です。
ウイルスが上気道から感染すると、体の防御反応により発熱鼻水喉の痛みなどの症状がでます。鼻水くしゃみは、異物を外に出そうとする反応です。喉の痛みは、ウイルスと戦うために炎症が起こって腫れている状態です。

症状に効果的な薬


薬剤師
ウイルスに直接効果のある薬はありませんが、様々な症状に対応した薬があります。風邪薬はウイルスを撃退するわけではなく、つらい症状を和らげる薬です。症状をよく把握して、それぞれの症状に効果のある成分を含む薬を選択する必要があります。また、人によっては薬の内服で副作用がでることもあります。以前に風邪薬で副作用がでたことがある方は、薬剤師によく相談して薬を選ぶようにしましょう。

●急な発熱や頭痛・・・解熱鎮痛剤
●鼻水や鼻詰まり・・・抗ヒスタミン剤
●咳・・・咳止め

※ ぜんそくや心疾患等がある方、高熱や咳が長引く場合は医療機関を受診しましょう。
※ 通常、1週間程度で症状は無くなります。1週間以上何らかの症状が続く時は細菌等による二次感染の疑い(気管支炎肺炎中耳炎など)もあります。
※ 咳やくしゃみなどによって飛沫感染するので、他の人にうつさないようにするという認識も必要です。
※ 風邪に感染しないようにするには、うがい手洗いなどの衛生管理はもちろんですが、温度・湿度を適度に保つこと、体の免疫力を高める十分な栄養をとることなど、日常的にできることから習慣にしていくと良いでしょう。
※ 特異的な治療法は見つかっておらず、十分な休養と栄養を取れば、受診しなくても自然治癒することも多いです。

症状が現れた場合、特に乳幼児や高齢者は注意が必要です。他の病気を起こすことがあるので、気を付けて経過を観察してください。

鼻水の色で分かる風の状態


くしゃみをする人
鼻水のひきはじめは無色でサラサラな、水っぱなのようなものがでてきます。少し経つと黄色の粘っこい鼻水がでてきます。この鼻水がでてきたら、本格的に風邪をひいている証拠です。病院へ行って処方される薬を飲むのが効果的です。さらに悪化させないように、充分な睡眠や栄養バランスのよい食事を食べることで悪化を防ぎ風邪を治しやすくすることができます。そして、鼻水には風邪のウイルスが入っているので、鼻をかんでできるだけ鼻水を外に出しましょう。

悪寒はなぜ起こる?


悪寒がする人
風邪をひいてしまったときの発熱の初期に起きる、体中がゾクゾクしてガタガタ震えてしまう病的な寒気のことを、悪寒と言います。症状が強い悪寒の後には38℃以上の高熱が出てしまうこともあります。風邪をひいて原因となる感染ウイルスが増殖をしはじめると、体の免疫機能が活発に働いてウイルスに負けないように発熱します。免疫とウイルスが戦って、のどが炎症を起こしたり鼻水が出たりしますが、それでもウイルスが減らないときや、強毒性のときは、脳が体に指示を出してより体温を上げ、熱に弱いウイルスに対する攻撃力を上げるのです。脳が体温を上昇させようとして、熱を逃がさないように体の表面の血管が収縮させると、手足の表面温度が下がって冷たく感じ、また体温を上げるために筋肉が収縮して発熱させます。そのとき感じているのが、悪寒なのです。

こめかみの痛み


こめかみを抑える女性
風邪を引くと頭痛を伴うことはあります。特にこめかみが痛いという場合、風邪からくる高熱の影響ではなく、こめかみの辺りにあるリンパ腺に風邪の菌が侵入してしまったことで、腫れや痛みが出てしまっている可能性があります。リンパとは、全身に流れる組織液のことで、老廃物を流したり、ウイルスや細菌と戦う働きがあるのですが、こめかみが痛いのは風邪でウイルスと戦っているリンパ腺に炎症などが起きるためです。また、こめかみの周りには細菌などの異物を処理するリンパ節が多く存在しているため、痛むと考えられます。もし、風邪を引いてこめかみが痛くなったら、水分補給をしっかりしましょう。大半の場合、数日もすればこめかみの腫れや痛みは治まるようです。

風邪で歯が痛くなるメカニズム


歯が痛い男性
風邪で歯が痛い場合は、風邪ウイルスが鼻腔、喉の粘膜に感染して炎症を起こしている可能性があります。ウイルス感染で死んだ粘膜細胞から出されるいろいろな成分が炎症を引き起こし、痛みの物質が作られます。風邪をひいた時に、副鼻腔の上顎洞(じょうがくどう)というところの粘膜が細菌に攻撃されると、その周囲に痛み物質が多く放出されます。風邪で歯が痛くなる場合は、歯の深い根に細菌感染があって慢性炎症が起こっている可能性があります。この症状があると、風邪をひくたびに歯が痛くなる状態をを繰り返す可能性があります。ただし、歯の治療が必要な場合もあるので、風邪が治り痛みが治まってから歯科医院でも受診しておいた方が安心です。

風邪で関節が痛くなるメカニズム


関節痛
風邪を引いているとき、体内ではウイルスを撃退するために免疫細胞が働いています。そして、関節痛も免疫細胞がもたらす症状です。風邪のウイルスを撃退するために、体内の白血球が「サイトカイン」という物質を分泌します。しかし、サイトカインは量が多すぎると臓器に悪影響を及ぼすため、分泌量を調整する「PGE2」という物質が分泌されます。PGE2は、熱を出したり関節痛を起こしたりという働きも持ちあわせています。したがって、風邪を引いたときに、関節痛が生じることがあるのです。関節痛は、風邪ウイルスに対する免疫細胞の活動の影響であるため、風邪が治癒すれば自然に治まります。しかし、どうしても我慢できない痛みの場合は、医師に相談して痛み止めを処方してもらうなどの対応をしてもらいましょう。

風邪/風邪症候群の原因

●かぜ症候群の原因微生物
80〜90%・・・「インフルエンザウイルス」「アデノウイルス」「ライノウイルス」「RSウイルス」
10%・・・「マイコプラズマ」「クラミドフィラ(クラミジア)」などの一般細菌

これらの微生物が、喉や鼻の粘膜に感染したり、付着することで起こると言われています。
かぜの原因となるウイルス
主な原因はウイルスであると言われていますが、かぜ症候群を引き起こすウイルスは200種類以上いると言われています。そのため、原因となるウイルスを特定しようと検査を行っても、培養結果が出る1週間後には症状はなくなっていることがほとんどですので、原因の探求がされることは少ないです。
集団での感染予防が必要なインフルエンザやRSウイルスについては、短時間で判定できるキットが開発されています。

<< 免疫力が鍵!>>
かぜ症候群は、体の免疫力が低下することで発症しやすくなります。これは、免疫力が低下すると、ウイルスを吸収しやすくなったり、吸収したウイルスを排除する能力が低下する為です。体の免疫力が低下する原因には「生活習慣の乱れ」と「質の悪い生活環境」の二つがあります。

生活習慣の乱れ


ストレス、睡眠不足、運動不足、偏った食生活などから起こり、これらは免疫力の活性化を抑止します。ストレスは、食欲不振や免疫機能の元であるリンパ球の活性化を抑止するステロイドホルモンの放出を促します。睡眠不足は、身体の回復力の低下やストレスを招き、運動不足は体の代謝を悪くし、 体が栄養素を吸収する能力が低下させます。食生活では、冷たい食べ物の過剰な摂取が、免疫細胞が多く存在している腸内環境を悪化させます。

質の悪い生活環境


空気の乾燥や温度の変化などが該当します。空気の乾燥は、ホコリなどの菌やカビを飛散させやすくします。更に、空気の乾燥が体の粘液も乾燥させるため、ウイルスを吸い込みやすくなるだけでなく、それを体内に取り込みやすくしてしまいます。さらに温度の急激な変化は、体温の低下を促します。体温の低下はリンパ球の動きを鈍くすることから、体温が1℃下がると免疫力は30%低下してしまうのです。そのため、夏場や冬場など、外気温と室内温度の差が大きい環境では、体温が短時間で急激に変化し、免疫力が低下しがちになります。

※かぜとインフルエンザの違い
かぜとインフルエンザの違いについて

熱の出ない胃腸にくる風邪


胃腸の痛みを抱える女性
腹痛がある胃腸障害を主な症状とする風邪を感染性胃腸炎といいます。保育園や幼稚園などで発生する場合が多いので、幼児が感染することが多いです。感染性胃腸炎はウイルス性と細菌性に分けられます。ウイルス性の場合は冬場に発生することが多く、主な感染源はノロウイルス、ロタウイルスなどがあげられます。細菌性は、食中毒を起こす病原菌が原因となり、カンピロバクター、サルモネラ菌、腸炎ビブリオなどがあげられます。どちらも嘔吐や下痢などの胃腸障害が主な症状なので、熱が上がらない傾向にあります。対処方法としては、電解質を含む飲料をとることです。吐き気が強く、少量の水分を取っただけでも吐いてしまう場合は、吐き気止めや整腸剤を服用した後に水分の補給を行いましょう。感染性胃腸炎は、子どもや高齢者の場合、重症化しやすいので注意が必要です。
※参考:胃腸炎

風邪で血便が出た場合


洋式トイレ
風邪で下痢が酷くなると血便が出るケースがあります。血便の原因としてまず疑われるのが「感染性胃腸炎」です。ほかの症状として、吐き気、嘔吐、下痢や腹痛などがあります。感染性胃腸炎の原因には、ウイルス性のものと細菌性のものが考えられます。冬場にかかる風邪の場合、ウイルス性であるケースが多いです。特定のウイルスに対し、ウイルス検出の検査で確定されます。一般のウイルスの場合は、ウイルスの分離培養やウイルスに対する抗体量の検査などで診断します。また、風邪の治療に抗生剤を使っていた場合、抗生剤の副作用で発症する「偽膜性大腸炎(ぎまくせいだいちょうえん)」の可能性も考えられます。

風邪/風邪症候群の予防/治療法

主な感染経路は、「飛沫感染」「接触感染」です。
●飛沫感染
くしゃみをする女性
感染者のせきやくしゃみによってウイルスが飛沫したものが空気中に舞い、それを吸い込むことで感染します。

●接触感染
ドアノブ
感染者が触ったものについていたウイルスが自分の手につくことでウイルスが体内に入り感染するものがあります。

≪予防策≫
1)手洗いやうがい
一般的に、感染の予防として手洗いやうがいが広く勧められています。
これは、手に付いた細菌や喉に付いた細菌を外に出す為に行います。
かぜ予防に効果的な手洗いの順番
2)マスクをつける
空気感染を予防する為にマスクが大切です。
マスクは、自身の感染を防ぐ効果だけではなく、罹患してしまった時に相手に感染させてしまうことを防ぐ効果もあります。

3)湿度を高く保つ
また、喉や鼻の粘膜が乾燥すると細菌やウイルスが体内に侵入しやすくなります。
ですので、空気の乾燥をなるべく防ぎましょう。部屋の中に濡れたタオルを干したり、加湿器の利用が効果的です。

4)体力をつける
体力が無くなると、体の抵抗力が低くなってしまい、感染しやすくなります。また、感染してしまった際にも回復がおそくなってしまうのです。

≪治療法≫


熟睡する女性
● 食事と生活環境
1)まず充分な睡眠をとりましょう。風邪をひいている時は、免疫力が低下しています。風邪には安静が一番です。
2)栄養のあるものを食べるようにします。食欲のない時に無理に食べる必要はありませんが、食べられるようになったら、消化の良い、栄養バランスの整った食事をとることが大切です。その際、冷たいものではなく、温かいものを食べるようにしましょう。
3)水分をしっかり補いましょう。食欲の低下や発熱によって、水分が不足しがちです。体力の低下、脱水症状などを起こすこともあります。水分補給のポイントは、体を冷やさないよう常温または温かい飲み物を選ぶようにします。そして、水分は尿や汗などで排出されてしまうので、一度に大量摂取するのではなく、こまめに飲むことが肝心です。
4)ビタミンを多く取れるものを選びましょう。ビタミンCは、風邪の菌に対抗する免疫をサポートしてくれるため、風邪をひくとビタミンの消耗が激しくなります。野菜や果物などから摂るのが望ましいですが、サプリメントを上手に利用するのも良いでしょう。
5)体を冷やさない工夫も必要です。熱で体が熱いときは無理に温める必要はありませんが、寒気がする時は、体を温め冷やさないようにしましょう。

●風邪の治りを早めるためにできること
毛布で暖をとる女性
1.風邪の引き始め
自分で引き始めの風邪の治りを早めるには、体を温めることです。湯冷めに気をつけてお風呂につかり、温かい部屋で布団にくるまるというのもいいでしょう。また体の内側からはショウガなどを摂取して体温を上げるのもおすすめです。体を温めると代謝が活発になります。代謝が活発になると汗が出ていきます。代謝を高めたことで体はエネルギーを消耗しますので、ゆっくり休息を取ります。
2.一晩で治したいとき
風邪をひく原因は、風邪のウイルスにあります。また、人間の体には免疫機能があり、ウイルスを撃退するよう働きます。風邪を一晩で治すにはゆっくりと休養し、タンパク質やビタミン類など十分な栄養を摂取したうえで、免疫機能が最大限発揮されるようつとめることがポイントです。多くのウイルスは熱に弱く、体温が上昇すると免疫機能が活発化するため、風邪の発熱の症状はウイルスを撃退するための正常な現象です。総合感冒薬で熱は下がりますが治癒は必然的に遅くなるため、39度以上の高熱でもない限りは飲まない方が治癒は早まります。

●自宅で風邪を治すには
お粥
1.基本
病院へ行かずに風邪を治すのは、十分な休息をとるのが大前提です。人間の体に備わった自然の治癒力で風邪のウイルスを退治するには、必要以上に体力を消耗することは避けなければいけません。安静にするだけでも効果がありますが、しっかりと睡眠をとるといいでしょう。就寝中に体を冷やさないことも大切なので、冬は毛布などを用意し、夏はエアコンの温度設定に配慮しましょう。食事は消化しやすいものを選び、水分補給も忘れないでください。休息と体力の維持ができていれば、3日程度で症状が軽くなってくるでしょう。それでも症状が変わらない、あるいは悪化している場合は、医療機関で受診してください。
2.食事
風邪のときにとても重要なのが水分をたっぷりとって暖かくして安静にしていることです。食事は冷たいものを避け、消化の良い暖かいお粥やスープなどをとりましょう。温かいお茶や紅茶、牛乳なども水分の補給や消化促進に役立ち、発汗作用も期待できます。熱があるときなどは冷たい果汁を少し飲むと、熱に奪われたビタミンを補給できます。下痢やおう吐があるときは無理に栄養価の高いものを摂取しようとせず、食べたいと思う体に優しいものを、少量からとり始めましょう。

●風邪引き始めの対処法
・風邪の引き始めには、ゆっくり休息し十分な睡眠をとることが大切です。
・水分補給も大切なので、忘れないようにします。
・食事をとらないことは、免疫力をさげてしまうことにつながるので避けたいことです。食べやすい果物などをとりましょう。風邪はエネルギーを消耗するものなので、炭水化物もきちんととりたいものです。やわらかいうどんやおかゆで身体を温めながらとると効果的です。ネギや卵、柔らかく煮た野菜類も積極的にとりたい食材です。
・身体を温めるということでは、よく知られている生姜紅茶も力を発揮します。温かい紅茶に生姜を入れ、黒糖や蜂蜜などを入れると糖分もとることができます。

●喉が痛い風邪に効く食べ物
風邪をひいて喉が痛い時は、殺菌作用があり、抗炎症作用があって、のどの痛みを和らげてくれる食べ物がよいでしょう。
・蜂蜜は強い殺菌作用と抗炎症作用がありますので、のどの痛みや腫れなどの炎症を和らげてくれます。そのまま舐めても、お湯に溶かして飲んでもよいでしょう。
・玉ねぎの成分のアリル酸も殺菌作用がありますので、スライスにして口に入れてなめると、少し辛いですが効果があります。消炎作用のある大根も大根おろしなどにして食べるのがおすすめです。
・レモンもビタミンCが豊富で殺菌作用もありますので、お湯にはちみつとレモン汁を入れて飲むのもよいでしょう。レモンは刺激が強いので少しずつ試してください。
・咳や痰などののどの炎症に効くといわれている花梨や、のどの腫れや咳に効果のあるタンニンを含んだレンコンや、抗酸化作用などのあるアントシアニンを含んだ黒豆などもいいでしょう。

●赤ちゃんの風邪の対処法
風邪をひいた赤ちゃん
赤ちゃんが一番よくかかる風邪のほとんどは軽症で、咳や熱、鼻水や下痢などの全身症状がみられます。しかし、こじらせると気管支炎などにもなります。重症になる前に対策しましょう。ウイルスや細菌が鼻から入ると、体内で増加し、発熱します。その際に併発する症状に悪寒、だるさ、頭痛、食欲の減退、鼻水、咳などがあります。発熱のピークをすぎると段々と熱が下がり、諸症状も落ち着きます。病院で処方される薬なども効果がありますが、薬とともに、赤ちゃん自身の持つ治癒力の向上と風邪が治りやすい環境作りが大切です。

● 薬の活用方法
薬を持った男性
外出時のマスク着用や帰宅時の手洗いやうがいといった予防を心掛けていても、ウイルスの感染を完全に防ぐことは難しく、免疫力が低下した瞬間に風邪の症状に見舞われることは少なくありません。もし風邪になってしまったら、それぞれの症状に適した風邪薬を選ぶことが回復の近道となります。風邪の症状は、どれも発症すると苦しいものですが、その原因はウイルスや細菌によって異なります。そして風邪薬は、原因のウイルスに直接働きかけるものではなく、自然治癒の手助けをするものなのです。したがって、風邪から回復するために適した薬を選ぶには、抱えている症状を見極めることが大切です。

例えば、、、
鼻水や鼻詰まりには、抗コリン薬の含まれたものをチョイスすることが、症状の緩和に繋がり効果的です。
喉の痛みは、胃から肺への経路が炎症していることが原因のため、トラネキサム酸や消毒薬を使用しましょう。
・我慢できない頭痛や熱には、解熱鎮痛剤を用いるのも応急処置として適しています。

その他にも風邪薬の中には頭重感や寒気、咳といった症状に効果的なものが用意されているので、体が感じている辛い症状に合わせて薬を選ぶようにしましょう。もちろん高熱や長期症状の場合は、医療機関に行って適切な薬を処方してもらう必要があります。しかし軽い症状の場合は生活習慣や食生活を見直す機会として、適した風邪薬を使ったセルフケアで回復を目指すことも治療法のひとつでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「風邪予防の習慣」チェック

手洗い、うがい、しっかり習慣化できていますか?

手を洗わなくても、うがいをしなくても、体が強いし大丈夫!などと思って「風邪予防」を怠ってはいませんか?

毎日健康でいるためには、日頃からの意識が大切なのです。まずはしっかり風邪予防ができているか、チェックしてみましょう。

1 /11

外から帰ってきたら手を洗っている?

健康チェック画像

「風邪予防の習慣」チェック

手洗い、うがい、しっかり習慣化できていますか?
健康チェックする