風邪/風邪症候群かぜ/かぜしょうこうぐん

カテゴリ
感染症
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

風邪/風邪症候群とは

風邪は、一般的に発熱や咳、鼻づまり、喉の痛みなどの症状の総称を指します。小児から老人まで、幅広くかかる一般的な病気です。

主な原因はウイルス感染であるため、基本的に特効薬はありません。症状を緩和する対症療法を行い、ゆっくり休むことが何より大切です。

風邪の症状

上気道からウイルス感染すると、体の防御反応により以下のような症状がでます。

・発熱
・頭痛
・鼻水
・鼻づまり
・くしゃみ
・喉の痛み
・咳
・倦怠感 など


風邪は、十分な休養と栄養をとれば、基本的に受診しなくても自然治癒していきます。しかし、1週間以上何らかの強い症状が続くときは、細菌等による二次感染の疑いがあるため、受診しましょう。

乳幼児や高齢者、基礎疾患を持っている人などは、風邪をきっかけとして他の病気を起こすことがあります。気を付けて経過観察して、必要であれば早めに受診してください。

風邪の原因

ウイルス感染


かぜの原因となるウイルス
風邪の原因は、80%以上がウイルス感染です。その他に、マイコプラズマ、クラミドフィラなどによる細菌感染があります。

コロナウイルスやRSウイルス、アデノウイスル、ライノウイルスなど、風邪を起こすウイルスは200種類以上あると言われており、原因を特定することは困難です。集団での感染予防が必要なインフルエンザやRSウイルスについては、短時間で判定できるキットが開発されています。

感染経路


主な感染経路は、「飛沫感染」「接触感染」です。

●飛沫感染
感染者のせきやくしゃみによってウイルスが飛沫したものが空気中に舞い、それを吸い込むことで感染します。

●接触感染
感染者が触ったものについていたウイルスが、自分の手につくことでウイルスが体内に入って感染します。

風邪の治療

風邪は、主にウイルスが原因のため特効薬はありません。症状を和らげる薬を用いて、休養しましょう。また、細菌感染を起こしている場合を除き、抗菌薬を飲む必要はないです。

市販の風邪薬を使用する際は、薬剤師に相談の上、症状に合ったものを使用しましょう。また、水分が全くとれない、高熱が続いているなどの場合は、受診してください。

風邪の際のセルフケア


●十分な睡眠
風邪を治すには、十分な休息をとるのが大前提です。人間の体に備わった治癒力でウイルスを退治するには、必要以上に体力を消耗することは避けなければいけません。しっかりと睡眠をとりましょう。

●栄養のある食事
食欲のないときに無理に食べる必要はありません。食べられるようになったら、消化がよく、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。

風邪をひくとビタミンの消耗が激しくなります。野菜をよく煮たものや、果物などから摂るのが望ましいです。

●水分補給
風邪の際は、食欲の低下や発熱によって水分が不足しがちです。脱水症状を起こさないために、こまめに飲むことがポイントです。

●体を冷やさない
寒気がするときは、体を温めて冷やさないようにしましょう。湯冷めに気をつけてお風呂につかるのもよいでしょう。熱で体が熱いときは、無理に温める必要はありません。

風邪の予防

手洗い・うがい


一般的に、感染の予防として手洗いやうがいがすすめられています。手についたウイルスが体内に入らないように、喉についたウイルスを外に出すために行います。
かぜ予防に効果的な手洗いの順番

マスクの着用


空気感染を予防する為にマスクが大切です。
マスクは、自身の感染を防ぐ効果だけではなく、罹患してしまった時に相手に感染させてしまうことを防ぐ効果もあります。

湿度を高く保つ


喉や鼻の粘膜が乾燥すると細菌やウイルスが体内に侵入しやすくなります。空気の乾燥をなるべく防ぎましょう。

部屋の中に濡れたタオルを干したり、加湿器をつけたりすると効果的です。

生活習慣を整える


過労やストレス、睡眠不足、運動不足、偏った食生活などで、体力が低下すると、ウイルスへの抵抗力が弱くなり感染しやすくなります。また、感染した際も回復が遅くなってしまいます。

普段から体に無理をかけず、心身ともに休むようにしましょう。

風邪の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
風邪と呼ばれる疾病は、原因の異なる様々な病気の総称であって、咳を初めとして頭痛や発熱や悪寒や鼻水、さらには咽頭痛や下痢や嘔吐などの諸症状を呈するものを言います。風邪の原因は、ウイルスの場合が多く、細菌の場合も少しあります。原因ウイルスも原因細菌もそれぞれ多種類になり、簡単には特定できません。インフルエンザ・ウイルスおよび細菌を除き、これらの原因(各種ウイルス)に直接働き掛ける風邪薬はなく、風邪の諸症状を緩和させることを目的とします。市販の風邪薬は、対症療法の薬であり、根本原因に働き掛けるものではありませんが、苦しい風邪の諸症状を緩和してくれますので、仕事などを休めない事情がある時に役立ちます。ただし、風邪の回復は、一部を除き自然治癒に任せるものとなり、自然治癒を遅らせることになりかねない対処療法(特に解熱効果の強いもの)では、逆効果となることもあります。そのため、風邪薬を用いる場合は、解熱は別として、つらくて我慢できない症状だけに効く薬を選ぶことが望ましいと言えます。風邪の諸症状の殆ど全部に効くように調剤された総合感冒薬より、ピンポイント効果型の方が、風邪の治りが早くなる可能性があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「風邪予防の習慣」チェック

手洗い、うがい、しっかり習慣化できていますか?

手を洗わなくても、うがいをしなくても、体が強いし大丈夫!などと思って「風邪予防」を怠ってはいませんか?

毎日健康でいるためには、日頃からの意識が大切なのです。まずはしっかり風邪予防ができているか、チェックしてみましょう。

1 /11

外から帰ってきたら手を洗っている?

風邪/風邪症候群の相談

風邪/風邪症候群の体験談

  • 風邪の症状が出た時に運動するのはアリ?ナシ?

    風邪・運動

    私は小学生の頃、風邪をひいて運動したところ更に症状が悪化したケースがあります。治りかけでしたし、何より友達と一緒に運動する時間が楽しかったのでつい無理をしてしまいました。家に帰った時の体のだるさを察知し、ひどく後悔したものです。 なぜ風邪時の運動を避けなければならないかと言うと、疲弊している体を更に追い詰めてしまうからです。動いている時は、何となく病気のことを紛らわすことができるのですが、その後…続きをみる
  • 風邪をこじらせ病院に入院

    風邪 病院

    大学生の頃、自宅を離れ県外に一人暮らしをしていました。ある冬、朝から調子が悪く学校を休みアパートで寝ていました。夜になっても頭痛と寒気があり、咳が止まりませんでした。何とか翌朝まで我慢したのですが、さすがに我慢の限界を感じ病院に行くことにしました。 病院で診察を受けると風邪だと診断されたのですが、症状は重く、あと少しで肺炎になる可能性があったことを告げられました。その年の風邪はたちが悪いと聞いて…続きをみる
  • 風邪の初期症状には漢方風邪薬が効きました

    風邪・葛根湯

    風邪を引いた時には漢方風邪薬が効く、とは昔からよく聞いていたんですが、実際に風邪を引いた時に飲んでもうまく効かないことが多かったんです。この噂は迷信なのかなと思っていた時に正しい情報を知りたいと思って、自分なりに色々と調べてみたんです。そうすると、何日か経過してしまった体調不良には効果がないのですが、初期症状には漢方風邪薬が良く効くということを知りました。それからは「あれ喉の調子がおかしいな」「…続きをみる
  • 風邪の初期症状は関節痛から始まる!

    風邪・関節痛

    風邪をひいたな、と感じる目安は体中の関節痛が始まった時です。 普段あまり気にしていない肩こりが重く感じられたり、とにかく関節痛がしてダルい症状の時は高熱を伴う場合が多かったです。こうなると病院や市販の薬に頼らないとなかなか治らずこじらせてしまいそうになるので怖いです。 風邪で関節痛になってしまった時の対処方法は、とにかく体を温めて休むに限ります。私の経験だと、体中が痛むほどの症状が出る時はたいて…続きをみる
  • 風邪の時は肩こりが酷くなる

    風邪・肩こり

    肩こりがひどいときは、風邪をひきやすくなります。ものすごく肩がこっているなと思っていると、のどが痛くなってきます。そして、だんだん、体中が痛くなってきて、熱が出てきます。肩こりに気づいたときに、早めにうがいをしたり、体を温めたりし、早めに横になると、軽い風邪の症状くらいで治まります。一日我慢するだけで治まります。 ひどい時には、39度近い熱が出ることもあります。体中が痛くて寒気が出てから気づいた…続きをみる
  • 悪寒を始めとする風邪の症状と改善策

    風邪・悪寒

    風邪をひくと、ひどい場合は悪寒がします。私の場合は、前日まで何の症状もなく元気でいても、急に寒気がするようになる時もあります。また逆に、喉の痛みから始まり、軽いからすぐに治るだろうと何も対処しないでいると痛みがだんだんとひどくなり、それが咳へと変わり、最後には寒気がして熱が出るパターンの時もあります。 悪寒がするようになったら、とにかく首と名前がつく場所を温めるようにしています。場所は、首のほか…続きをみる
  • 風邪を引いたら!嘔吐の時の必需品

    風邪・嘔吐

    風邪を引いてしまってから吐き気を感じてしまい、嘔吐の症状が酷い状態でした。吐き気を感じたときに吐けば楽になるとは思いますが、できることなら吐きたくないので、吐きそうになるのをずっと我慢していました。吐き気を感じたときには、横になると良いとよく言いますが、右向きに横になると吐き気も治まってくるということがわかったので、吐き気を感じたときには、右向きに横になっていました。そうすると少しずつですが、吐…続きをみる
  • 風邪をひいたときには温泉に入ります

    風邪・温泉

    よく、風邪などを引くと「お風呂には入らないでください」という指示を医師の先生や他の医療職の方から受けることがあります。小さい頃から当たり前のように聞かされて育ったので、それについて疑いの念を持つことなどありませんでした。ところが、欧米ではこういう指導を受けることは無いようです。 調べてみるとやはり日本独自の考え方のようで、一昔前は家の中にお風呂がなく、庭先などにあるいわゆる「外風呂」の環境が多か…続きをみる
  • 風邪をひいている時のお酒で悲惨な目に

    風邪・お酒

    風邪をひいていたのに外せない飲み会があり、参加をしてしまったことがあります。 参加をしてもお酒を飲まなければ良かったのですが、ついついその場の雰囲気に流されて飲んでしまいました。 最初はジュースやお茶を飲んでいたのですが、元気そうだということでアルコールを勧められ、自分でも大丈夫そうだからと思い飲んでしまいました。 最初の一杯目が意外と平気でしたし、体が暖まってきて調子が良くなってきたと錯…続きをみる
  • 子供が風邪を引いたときにお風呂に入れるか、どうするか

    風邪・お風呂

    風邪の時にお風呂へ入ってはだめという概念を、2年ほど前の2013年冬に全く覆す事実を知りました。風邪の時でもお風呂に入っていいと言うことがわかったのです。 私は2年ほど前に風邪をひいた時、医者からぬるめのお風呂に入るといいと言われました。また、入浴時の注意点は体を冷やさないために脱衣所などを温めておくことや、入浴後はしっかりと水気を拭き取り、直ぐに布団に入ることも言われました。半信半疑で脱衣所を…続きをみる

風邪/風邪症候群に関するコラム

健康チェック画像

「風邪予防の習慣」チェック

手洗い、うがい、しっかり習慣化できていますか?
健康チェックする