知覚過敏ちかくかびん

カテゴリ
歯・歯肉の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

知覚過敏とは

知覚過敏とは、虫歯になっていないにも関わらず、冷たいものや酸味の強いものを食べると歯にしみるという症状です。
歯の表面はエナメル質で覆われていますが、この部分が削れてその下にある象牙質が露出すると発症し、特に歯の根元に痛みを感じることが多いです。なお、象牙質が露出しているからと言って必ず起きるわけではなく、唾液中に含まれるカルシウムの量やその時の体調などによっても左右されます。

アイスバーをかじることで痛みを感じたり、それを想像することで同じような感覚に陥ってしまうこともあります。

エナメル質が削れてしまう原因の中で最も多いのが、歯ブラシで強く歯を磨きすぎてしまうことです。また、研磨剤が含まれた歯磨き粉が原因になることもあります。

症状

知覚過敏の症状として大きな特徴は「一時的に歯がしみる」ということです。
知覚過敏の場合には冷たいものを食べたり、飲んだりしたときに一時的に歯が痛んだりしみたりする程度で継続的に痛みやしみがあるわけではありません。
虫歯の場合は慢性的な痛みを感じますが、知覚過敏は一時的なものである点が相違点です。

冷たいものを食べたりする以外にも、歯がしみることがあります。
・歯磨きのとき歯ブラシが当るとしみる
・甘酸っぱいものにしみる
・歯肉が下がって歯の根元が露出しているなど

症状が進むと風が当ったり、温かいものを食べたり、飲んだりした場合でも歯がしみるということがあります。

なぜ虫歯でも歯周病でもないのに歯がしみるのかは、なんらかの原因によって歯のエナメル質が傷つき削れ、象牙質が露出する、その露出した象牙質が冷たいものや歯ブラシなどにによって刺激を受け象牙細管を通じて歯髄神経から脳に伝わり歯がしみるという症状になります。

原因

知覚過敏の原因は様々あります。

●歯みがきでエナメル質を削っている
歯ブラシ(特に堅い歯ブラシ)でゴシゴシ力任せに歯磨きをすると、エナメル質が傷つき削られてしまいます。改善しなければ日々の積み重ねで強固なエナメル質が段々と削れます。研磨剤が含まれている歯磨き粉を電動歯ブラシで用いることも、エナメル質を傷つける原因になります。

●自分で歯のエナメル質を削っている
・歯ぎしり
ギリギリと歯をこする事でエナメル質が削れてしまいます。歯ぎしりの原因としては、不安・ストレス・疲れ等です。
・噛み合わせ
噛み合わせの悪さもエナメル質を傷つける事があります。

●食べ物が原因で知覚過敏
酸性の食べ物はたくさんあります。酸は歯のエナメル質を溶かす働きがあります。エナメル質は酸にとても弱いです。果物や酢などいろんな物に入っています。

●歯周病
歯周病は現代病と言われ、25歳以降の人の80%が掛かっていると言われています。歯肉が後退し象牙質が露出し知覚過敏になる事があります。

予防/治療法

≪予防≫
●歯みがきに気を使う
正しい方法で歯みがきをして、歯垢をきれいに取り除きながらも歯茎を傷つけないように歯みがきをするようにしましょう。

歯みがき粉選びも重要です。
強い研磨剤の含まれた歯みがき粉は歯をきれいにする一方でエナメル質を傷つけてしまう恐れがあります。
最近では、歯みがき粉に知覚過敏を防ぐことができるものがあります。普段の生活から知覚過敏の治療が可能であるために非常に注目されています。

市販で薬局等に販売されている「フッ素」は歯に優しく歯の作りを丈夫にする効果があるために、知覚過敏の予防に非常に効果があります。

●食べ物に気を付ける
エナメル質を溶かす作用のある酸や口の中で酸に変わる砂糖類を控えることや、ノンシュガーのガムを噛むことにも予防効果はあります。唾液が弱アルカリ性で酸を中和する働きがありますので、しっかりかむものを食べることで唾液を出すといいですね。


≪治療法≫
知覚過敏を発症してしまった場合には、歯科に行って治療するようにしましょう。
市販の薬で治療も行うことができますが、治療するスピードが遅くなかなか完治しません。

病院では、歯茎の痛みを防ぐために麻酔を塗って塗り薬を直接歯茎に塗る治療が行われます。。他にも、歯がスカスカになっていることが知覚過敏の原因の場合は歯を形成をするためにカルシウムを直接注入する事によって治療を行っていきます。

最近では歯科では家でも行うことができるように内服薬を処方する事が多く、服用するだけでかんたんに治療することができるために注目されています。病院の治療と併用して行うことによって、より完治が早くなるために併用して行うとよいです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「知覚過敏」チェック

歯がツーンとしみることはありませんか?それって知覚過敏かも…

冷たいものや熱いものを飲み食べしたときに歯がつーんとしみて痛い、という経験はありませんか? 歯科を受診しても虫歯ではないといわれた場合、「知覚過敏」であることが多いです。

歯の表面のエナメル質が部分的に薄くなっており、そのために冷たいもの、熱いもの、甘いものなどの刺激物を摂ると、しみるような痛みを感じます。また、エナメル質が薄くなるのは、虫歯の一歩手前の症状、強い歯ぎしり、研磨剤入りの歯磨き粉の使用などが原因だと考えられます。

そういえば…と思い当たるところがある方は、ご自身の歯が知覚過敏になっていないかチェックしてみましょう。

1 /15

冷たいものを食べると歯がしみる

健康チェック画像

「知覚過敏」チェック

歯がツーンとしみることはありませんか?それって知覚過敏かも…
健康チェックする