歯周病ししゅうびょう

カテゴリ
歯・歯肉の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

歯周病とは

歯周病とは、歯と歯茎の間に細菌が繁殖して感染することで、歯の周りに炎症が起こる病気です。進行すると、歯を支える歯茎やその下にある骨が壊されていってしまいます。

日本人の30歳以上の方の約80%が歯周病を患っているとされており、国民病と言える域に達しています。生活習慣病の1つであり、毎日の歯磨きや定期検診などである程度防ぐことができます。

歯周病の症状


《歯周病の流れ》
軽度(歯周ポケット3~4mm)
・歯茎が腫れ、歯を磨いた時に歯茎から血がでます。
・歯を支える骨が溶けてくる。

中度(歯周ポケット5~6mm)
・歯と歯茎の間から膿がでてきます。
・口臭が発生します。

重度(歯周ポケット7mm以上)
・歯を支える骨が更に溶けて歯の根が見えてきます。
・歯がグラつきがひどくなる。
・噛むと痛みを感じます。

歯周病にかかると歯茎やその周辺にさまざまな症状が現れてきます。
症状を放置しているとどんどん進行して行ってしまう、恐ろしい病気です歯周病にかかると、健康な時と比べて口の中が大きく変わります。

●歯茎の変化
・色が赤や赤紫色になる
・膨らんだように見え、厚みを持ち始める
・縮んできて、歯が長く見えてくる
・触った感じは腫れてブヨブヨしている
・歯茎が痩せて、歯がグラグラし始める

最初のころには歯茎から出血もあります。
歯磨きの際に軽く刺激してしまって出血することがある程度ですが、ひどくなると出血が多くなり、膿が出る場合もあります。
口の中がねばねばするのも特徴的な症状で、口臭も強いことが多くなっています。

症状が進むと、歯が抜け落ちてしまいます。さらに血流に乗り全身へ巡ることで心臓や肺へ歯周病菌が流れ、全身に疾患を引き起こすこともあります。

★ 歯周病と似ている症状
歯周病と似ている症状で原因が違うものがあります。歯ぎしりによって歯の根元に過度の力が加わり歯が砕けるように削れていきます。削れることで歯が短くなり、揺さぶられ続けることで歯と歯周組織に隙間ができ、しみるなどの歯周病と同じような症状がでます。歯ぎしりの場合はマウスピースで保護をするなどの対策が必要です。また、ぶつけるなどの外傷や神経をとって歯がもろくなっていると、歯が割れる事があり、割れた亀裂から細菌が侵入し歯茎の腫れを引き起こします。歯周病に似た症状ですが、割れた場合はその歯だけに症状がでます。部分的な割れであれば治療が可能ですが、大きく割れてしまうと抜歯をしなければなりません。歯の神経が死んでしまうと根の先に膿がたまり歯茎が腫れて痛みます。その場合は根の中の治療が必要です。歯の神経が死んでしまうと歯の寿命は短くなります。根の中の治療は個人差がありますが、時間がかかることが多いです。適切な根の治療を行う歯科医を受診することをおすすめします。歯に関わる症状はさまざまですが頭痛などの一因になっているともいわれています。しみたり痛みなどのサインを見逃さず、早めの治療と定期的なメンテナンスをすることで大事な歯を守っていきましょう。

歯周病の原因

歯周病の原因は、歯周病菌といわれる細菌です。
口腔内細菌が付着した部分の細菌により歯肉が炎症を起こします。そして、炎症のために歯肉が腫脹し、歯と歯茎の間にできた隙間「歯周ポケット」があります。歯周ポケットに溜まってしまった歯垢(プラーク)に含まれる細菌が原因となって歯周病は発症します。

歯垢(プラーク)の毒素によって起こる炎症
・歯茎が赤くブヨブヨする
・出血しやすくなる


歯垢(プラーク)は放っておくことで石灰化し、歯石へと変化します。
歯垢(プラーク)が発生する原因のひとつに、歯をきれいに磨けていないことが挙げられます。ほかにも歯並びや口呼吸、歯ぎしりなども原因とされます。

歯周病には生活習慣も大きく関係しているとされています。以下のような生活習慣が原因となり、歯周病が起こることがあります。
・喫煙
糖尿病
・ストレスフルな生活
・バランスの偏った食生活

歯垢の増殖を助ける甘いものや柔らかいものが原因となることがあります。柔らかいものは歯にくっつきやすいため、そのままにしておくと虫歯にも関係してくるので避けたほうが無難です。

歯周病の治療


●歯周病の治療の流れ
歯周病には、ボケットが1〜5mmの初期、5〜8mmの中期、8mm以上の重度と3段階があり、段階に応じて治療法が一部異なります。

まずはレントゲンや歯周ポケット検査などで、症状の段階を把握します。3段階ともに共通する基本治療は、歯磨き指導のほか、歯石・歯垢を取り除いて、炎症を鎮めることです。これだけで細菌が減り、歯ぐきが引き締まりますが、再発の可能性もあります。

歯垢がつきにくい歯にするため、適合の悪い修復物を除去したり、噛み合わせの調整や状態の悪い歯の抜歯をします。これで問題がなければ、日常的なメンテナンスに移りますが、重度で歯周ポケットが深すぎる場合は外科処置を行い、歯周ポケットを減らす治療も行います。


●歯周病の治し方
歯周病を治す上で最も重要なのが、原因となる歯石やプラークを丁寧に取り除くことです。これは歯科医院でのケアより重要なのは家庭での日常のブラッシングです。なぜなら、歯科医院でのブラッシングの効果は1週間程度しか持続しないからです。家庭でのブラッシングで、磨き残しのないように歯を一本ずつ磨くことが大切です。

●歯科医での対応
初期段階の場合は、プラークコントロールという口内のプラークを取り除くことや歯石を取り除く治療がおこなわれます。
また、歯周ポケットが形成されると嫌気性細菌が増殖し毒素や酵素あるいは歯周の炎症性細胞により歯周組織の崩壊がおこり、歯周ポケットは存続したままとなります。このとき、付着した細菌を取り除かなければ歯周炎症は治まりません。治療としては、口腔清掃指導・歯石除去・根面の平滑化・歯周ポケットの掻爬・歯肉切除や剥離掻爬などがあります。
歯ブラシや歯肉清掃用具の適切な使用も求められます。さらに、歯列不正などのため歯ブラシなどの清掃用具が適切に使用されない時には、矯正処置が必要となります。歯ブラシの使用方法の種類は、ローリング法・スティルマン改良法・チャーター法・バス法・フォーンズ法・スクラッピング法があります。このうち、バス法とスクラッピング法が多く用いられています。バス法では、歯ブラシは毛先が短いものを使用します。その他、歯ブラシの当て方・動かし方・移動・使用時間・歯間部清掃用具の使用・歯磨き剤の使用についてが指導のポイントとなります。


●外科的治療
症状が進んでいる場合、外科的治療が検討されます。麻酔をかけて歯茎を切り開き、中に溜まった歯垢を取り除きます。

歯周病が重症となり、歯茎が歯を支えることができなくなれば、歯を抜いたり歯を支えるための骨を移植するといった手術治療が必要になります。

●レーザー治療
歯周病治療の中で新しい治療法に分類されるものには、レーザーを使った治療法などが挙げられます。最近はレーザー治療を行っている医院が増えてきています。レーザー治療は出血を抑えられるので、ダメージも最小限です。また炎症を抑える事ができ、傷口の治癒を促進してくれるので、切開して治療をするより違和感なく治療できます。レーザー治療は早期の治療にとても適しており、痛みを伴う治療をする場合にすすめられることもあるでしょう。ただし、レーザー治療が保険適用外の所もあるので、確認をしてから治療を受けましょう。

●レーザー治療の詳細
ソフトレーザーを使用したレーザー治療では、レーザーの光・熱により、深く複雑な形態をした歯周ポケットにも治療を行うことができ、歯周病に伴って発生した細菌を減少させ、内毒素を無毒化する効果が期待できます。
さらに、炎症組織にレーザーをあてることで、歯茎の治癒を促し、歯根との再付着を促進するメカニズムの存在も知られています。レーザー治療では、痛みが少ない、出血や術後の腫れが少ないなど効果のほか、術後の回復が早い、骨の再生が期待できるなどのメリットもあります。また、レーザー治療に細菌検査を組み合わせた治療などが行われることもあります。

歯周病の予防


丁寧な歯磨き


ただやみくもにノコギリを引くようにごしごしと磨くのではなく、歯ブラシを軽く持ち、一本一本丁寧に磨くように心掛けましょう。

また、歯ブラシだけでは磨き残しが出てしまうため、日にちを決めてデンタルフロスを使い、歯と歯の間の歯垢を取り除くようにしましょう。

歯茎が腫れている場合は、デンタルフロスを使うと最初のうちは出血することもありますが、次第に歯茎が引き締まってきます。

生活習慣の見直し


●バランスの取れた食事を規則的に
食事が不規則だと全身状態に影響を及ぼし、糖尿病などの生活習慣病のリスクも上がります。歯周病予防の観点からも、できるだけ規則的にバランスのとれた食事をするとよいでしょう。

甘い物や柔らかい物は特に歯垢になりやすいので、だらだら食べることはやめましょう。

●ストレス解消
ストレスや疲れがたまって免疫機能が低下すると、歯周病のリスクが高まることがわかっています。体を動かすなどで自分に合ったストレス解消法を見つけておきましょう。

●禁煙
たばこは歯周病を悪化させるため、禁煙は必須です。

定期的な歯科検診


歯磨きやデンタルフロスでのセルフケアだけではなく、定期的に歯科検診やメンテナンスを受けるとよいでしょう。

歯医者で行う歯周病対策や治療には、歯周基本治療、歯周外来、メンテナンスなどがあります。歯周基本治療でプラークを取り除き、それで取り除けないほどの歯石は、歯周外科と言って次の段階の治療が必要になってしまいます。

歯周病は一度治療をしても、歯磨きなどケアを怠ると、またプラークがたまって歯周病を繰り返す可能性があります。

セルフケアと定期的な歯科受診で、口内環境を良好に保つことが大事です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「歯周病」チェック

歯がぐらぐら...もしかして歯周病?

歯ブラシや歯みがき粉のCMなどで「歯周病(歯槽膿漏)」という病名をよく目にすると思います。歯周病とは、歯を支えている骨を溶かしてしまい、歯が抜ける原因にもなってしまうといわれる怖い病気です。

痛みなどの自覚がなくても、あなたの生活習慣の中に歯周病になりやすい要素が隠れているかもしれません。リスクを把握するために、まずはセルフチェックしてみましょう。

1 /15

歯みがきを忘れることがある

健康チェック画像

「歯周病」チェック

歯がぐらぐら...もしかして歯周病?
健康チェックする