胃のむかつきの原因

胃のむかつきが出る原因には、以下が挙げられます。

急性胃炎


急性胃炎の症状は胃の不快感や食欲不振、むかつきや吐き気などです。主に食べ過ぎや飲み過ぎ、タバコなどの嗜好品やストレスにより日常的にかかることがあります。多くの場合は胃を休めると治りますが、症状が改善しない場合は受診してください。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍


上腹部、みぞおち周辺が強く痛む場合、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の可能性があるので早めの受診しましょう。一時的だからと痛みを我慢して放置してしまうと、出血や穿孔などの合併症を引き起こす原因にもなるため注意が必要です。

逆流性食道炎


胃のむかつきに加えて、呑酸、胸焼け、ゲップの症状も強い場合は、逆流性食道炎の可能性があります。生活習慣の改善と薬物治療で改善できます。

つわり


女性の場合は、妊娠時の症状のつわりであることも考えられます。妊娠すると、女性ホルモンのバランスが変わる影響で胃の働きが弱まります。胃のむかつきや吐き気、食欲不振などの症状も現れることがあります。

機能性ディスペプシア


内視鏡などで検査しても、器質的な問題は見られないものの、胃もたれや胃のきりきりとした痛みや不快感などを感じる病気です。

胃のむかつきへの対処法

症状が軽い場合は市販の胃薬でも十分なことがあります。選ぶ際は薬剤師に相談しましょう。市販薬でも改善が見られない場合は、消化器内科を受診してください。

胃もたれや胃のむかつきがあるときは、消化のよいおかゆやうどん、淡白な白身魚などを食べるように心がけます。肉や脂質の多い料理、ゴボウやキノコ類など食物繊維が多い食べものは消化が悪いため控えましょう。

カフェインを多く含むコーヒーやお茶などの飲み物やアルコールは胃を刺激し、胃酸の分泌を促してしまいます。胃が元気になるまでは控えましょう。唐辛子やスパイスなどの刺激物も避けて胃を休ませましょう。