逆流性食道炎ぎゃくりゅうせいしょくどうえん

カテゴリ
食道の病気
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

逆流性食道炎とは

通常胃から食道へは食べ物などが逆流しないように筋肉などでコントロールされていますが、これがうまく機能しなくなったり、胃酸過多などによっていったん胃に入った食物や胃液などが食道に逆流してしまうものが逆流性食道炎です。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状はみぞおちがから上が熱くなる「むねやけ」だけではなく、胸が締め付けられるように痛んだり、逆流した胃酸で喉に炎症が発生し痛みや違和感を覚えたりします。

他にも、酸っぱい液体が口の中までこみ上げてきたり(呑酸:どんさん)、胃の働きが弱くなり胃の中に食べ物が消化されずに残ったり(胃もたれ)します。何か飲む時に喉に引っかかったような感じもあったり、咳の原因になったりします。
胃から喉にかけてさまざまな症状が出てくるのが特徴的です。

病院で診察すると問診や内視鏡検査で診断が行われます。むねやけなどの体の症状はしっかりと医師に訴えましょう。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因は、食道から胃の入口に備わっている逆流防止装置がうまく働かなくなり、胃液が食道に逆流することで起こります。食道はぜん動運動で食べ物を胃に送り出します。胃の入口には下部食道括約筋という筋肉があり食道から食べ物が運ばれてくると開いて胃に食べ物を入れ、それ以外は閉じたままとなっています。そのため胃から食道への逆流はありえないのですが、ストレスなどで自律神経が乱れると胃酸の分泌が多くなり逆流が起こる可能性があります。習慣的にげっぷをして括約筋が緩くなったり、背中が曲がっているとお腹が圧迫されて胃が押された状態が続きます。これも逆流が起きやすいと言えるでしょう。

高齢者は背中が曲がってしまう姿勢を取ることが多いので気をつけましょう。妊婦や肥満体の人も、お腹が圧迫されているので胃酸の逆流が起こりやすくなります。数は少ないですが、ピロリ菌の除去治療を行った人が胃酸の分泌量回復に伴い、むねやけを訴えることもあります。

逆流性食道炎の予防/治療法

逆流性食道炎の予防には効果的なものはありません。生活習慣を整え、ストレスを溜めないことを心がけるのが大事です。脂っこいもの、肉や脂肪の多い食事や炭酸飲料は胃が刺激され胃酸の分泌も進みます。食べ過ぎや飲みすぎといった胃に負担をかける食事も当たり前ですがよくありません。普段の姿勢では前かがみ、猫背にならないように気をつけて過ごしましょう。背筋を伸ばすことを心がけます。寝るときは少しだけ上半身を高くすると逆流を防ぐ対策になります。服装もお腹を締め付けるベルトやガードルなどは避けましょう。着物の帯も姿勢は良くなるのですが、締め付けすぎると逆効果ですので気をつけましょう。

逆流性食道炎の治療を始めると、薬の使用でむねやけなどの不快な症状は簡単になくなります。しかし、食道の炎症などがすぐに治る訳ではないのと、胃からの逆流が止まないことには薬をずっと飲み続ける必要があります。そのため、自分の生活習慣は自分で整えて少しでも身体の機能がうまく働くようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「逆流性食道炎」チェック

胸やけが続く・・・そんな人は要チェック!

逆流性食道炎は、もともと日本人には少ない病気でした。ですが食生活の変化などによって、最近は患者さんが増えており、現在では5人に1人が逆流性食道炎の患者だと言われています。1か月以上続く胸焼けがあると要注意です。
まずは以下の設問に答え、自分でチェックしてみましょう。

1 /8

胸焼けがしますか?

健康チェック画像

「逆流性食道炎」チェック

胸やけが続く・・・そんな人は要チェック!
健康チェックする