逆流性食道炎ぎゃくりゅうせいしょくどうえん

カテゴリ
食道の病気
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

逆流性食道炎とは

通常胃から食道へは食べ物などが逆流しないように筋肉などでコントロールされていますが、これがうまく機能しなくなったり、胃酸過多などによっていったん胃に入った食物や胃液などが食道に逆流してしまうものが逆流性食道炎です。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状はみぞおちがから上が熱くなる「むねやけ」だけではなく、胸が締め付けられるように痛んだり、逆流した胃酸で喉に炎症が発生し痛みや違和感を覚えたりします。

他にも、酸っぱい液体が口の中までこみ上げてきたり(呑酸:どんさん)、胃の働きが弱くなり胃の中に食べ物が消化されずに残ったり(胃もたれ)します。何か飲む時に喉に引っかかったような感じもあったり、咳の原因になったりします。
胃から喉にかけてさまざまな症状が出てくるのが特徴的です。

病院で診察すると問診や内視鏡検査で診断が行われます。むねやけなどの体の症状はしっかりと医師に訴えましょう。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎の原因は、食道から胃の入口に備わっている逆流防止装置がうまく働かなくなり、胃液が食道に逆流することで起こります。食道はぜん動運動で食べ物を胃に送り出します。胃の入口には下部食道括約筋という筋肉があり食道から食べ物が運ばれてくると開いて胃に食べ物を入れ、それ以外は閉じたままとなっています。そのため胃から食道への逆流はありえないのですが、ストレスなどで自律神経が乱れると胃酸の分泌が多くなり逆流が起こる可能性があります。習慣的にげっぷをして括約筋が緩くなったり、背中が曲がっているとお腹が圧迫されて胃が押された状態が続きます。これも逆流が起きやすいと言えるでしょう。

高齢者は背中が曲がってしまう姿勢を取ることが多いので気をつけましょう。妊婦や肥満体の人も、お腹が圧迫されているので胃酸の逆流が起こりやすくなります。数は少ないですが、ピロリ菌の除去治療を行った人が胃酸の分泌量回復に伴い、むねやけを訴えることもあります。

逆流性食道炎の予防/治療法

逆流性食道炎の予防には効果的なものはありません。生活習慣を整え、ストレスを溜めないことを心がけるのが大事です。脂っこいもの、肉や脂肪の多い食事や炭酸飲料は胃が刺激され胃酸の分泌も進みます。食べ過ぎや飲みすぎといった胃に負担をかける食事も当たり前ですがよくありません。普段の姿勢では前かがみ、猫背にならないように気をつけて過ごしましょう。背筋を伸ばすことを心がけます。寝るときは少しだけ上半身を高くすると逆流を防ぐ対策になります。服装もお腹を締め付けるベルトやガードルなどは避けましょう。着物の帯も姿勢は良くなるのですが、締め付けすぎると逆効果ですので気をつけましょう。

逆流性食道炎の治療を始めると、薬の使用でむねやけなどの不快な症状は簡単になくなります。しかし、食道の炎症などがすぐに治る訳ではないのと、胃からの逆流が止まないことには薬をずっと飲み続ける必要があります。そのため、自分の生活習慣は自分で整えて少しでも身体の機能がうまく働くようにしましょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

逆流性食道炎の相談

逆流性食道炎の体験談

  • うつ伏せ寝は逆流性食道炎になる

    逆流性食道炎・うつ伏せ

    もともと胃腸が弱いせいか、本能的に臓器を守ろうと温めようとするせいで子供の頃からうつ伏せで寝ていました。 いつもよりも吐き気や嘔吐が酷くなったのでお腹の風邪でも引いたかなと思っていたら、医師から「下痢をしていないし胸やけを起こしているので腹下しではないですね」と言われました。念の為に内視鏡検査してみませんかと勧められ、検査すると胃酸の分泌が激しいのと食道が赤くなって炎症しているので逆流性食道炎と…続きをみる
  • ウォーキングで逆流性食道炎を改善させました

    逆流性食道炎・ウォーキング

    以前、仕事が忙しかったときに逆流性食道炎になりました。あの頃は、毎日夜遅くに自宅に帰り、食事をした後すぐに寝ていました。そのような生活が何か月か続いたころ、やたらと胸焼けがすることに気が付きました。 食べ過ぎたのかと思い食事の量を控えてみましたが、なかなか良くなりませんでした。胸焼けに加え、口の中が酸っぱくなったり吐きそうになったりと、新たな症状も出てきました。 病院に行ったところ逆流性食道炎と…続きをみる
  • 逆流性食道炎に梅干しが良い?

    逆流性食道炎・梅干し

    胸やけやげっぷが辛く受診すると「逆流性食道炎」と診断されました。 生活を改めるようにアドバイスされ、コーヒーや唐辛子の刺激物を避ける・酢やレモンなどの酸性食品も避ける・油っぽい脂質食品や消化の悪いたんぱく質を避ける・アルカリ食品を摂取する・消化酵素を多く含む大根おろしを食べるように言われました。 それと梅干しが良いから食べるように言われましたが、梅干しは酸っぱいから酸性食品では?と質問するとアル…続きをみる
  • 逆流性食道炎になると痛い!

    逆流性食道炎・痛い

    私は10代から逆流性食道炎になり症状がひどい時と、ましな時が続き胸焼けはマシになったけど20代になってからも胃酸があがってくるといった症状は続いていました。特に朝起きた時がひどかったです。 空腹時の時間が長いと更に酷くなりマメに間食をとりおさえていました。そして胃薬なんかも飲んでいたのでほとんど症状がおさまっていたある時食事中に胸の下辺り(みぞおち)が凄く痛いといった感覚になりました。今まで逆流…続きをみる
  • その胸焼けは逆流性食道炎かもしれません。原因は飲酒の仕方?

    逆流性食道炎・飲酒

    「胸焼け」の原因は、逆流性食道炎であることが多いです。胸焼けくらいと軽く考えていると、やがて食道炎が重症化して潰瘍が出来てしまい、定期的な内視鏡検査が必要になることもあります。 私がそうなった一人です。私は数年前から飲み会の後などにひどい胸焼けに悩まされていましたが、珍しくないことだと思い対策や治療はしませんでした。しかしある日突然耐え難いほどの胸の痛みに襲われ、内科に駆け込みました。 検査の後…続きをみる
  • 息苦しいのは逆流性食道炎のせい?

    逆流性食道炎・息苦しい

    胸やけや息苦しい時があり、何となくモヤモヤした感じがあったので「もしや心臓病では?」と思っていました。ただ受診するのは怖くて「もし心臓病と言われたら?」と思うと中々決心がつきませんでした。 ある日、テレビの番組で「こんな症状は逆流性食道炎の疑いアリ」と言う企画をしていて自分にピッタリ当てはまるので受診してみようと思いました。 内視鏡検査とX線検査を受けて、逆流性食道炎と確定診断されホッとしました…続きをみる
  • 逆流性食道炎と胃カメラの経験

    逆流性食道炎・胃カメラ

    胸やけがひどくなってしまい、病院を受診しました。かかりつけ医に診てもらい、逆流性食道炎であることが判明しました。後々のことも考えて、胃カメラの検査をすることにしました。 胃カメラの検査は、生まれて初めてのことでしたので、本当にビクビクしてしまいました。年齢的に考えたらおかしな話ですが、本当に怖かったのです。口から入れるタイプのものでした。検査の結果については、特に目立った箇所はなく、経過観察をす…続きをみる
  • 胃痛の原因、それは逆流性食道炎かも?

    逆流性食道炎・胃痛

    30代の頃から仕事を終えて自宅で夕食を食べ、ソファーでごろごろしていると胃痛がしたり、胸焼けやげっぷが出たりすることがよくありました。昔からよく、食事を食べた後すぐ横になったら牛になるよ、と親からも言われたもので、その生活スタイルを改めると胃痛はしなくなりました。 しかし最近仕事の疲れもひどいのでどうしても食事の後は横になりたくなります。そうするとまた胃痛が再燃してしまうので困っていました。 一…続きをみる
  • 逆流性食道炎による胸やけで、朝ごはんを食べるのがつらい…

    逆流性食道炎・朝ごはん

    仕事が忙しく、帰宅した後は食事をして寝るという生活が続いていた時のことです。目を覚ますために朝はシャワーを浴び、朝ごはんも必ずとるようにしていたのですが、寝起きの胸やけに悩まされるようになってしまいました。寝起きの食べ物が日に日に喉を通らなくなり、ついに朝ごはんを食べずに出勤する日もありました。 病院で診察を受けたところ、逆流性食道炎と言われ、食べてすぐ寝る生活が体の負担になっていると…。薬を処…続きをみる
  • 逆流性食道炎は安静にするのも大切です

    逆流性食道炎・安静

    父親もその症状があるのですが、その体質を受け継ぎ逆流性食道炎になりやすいです。脂っこいものを食べた時や食べ過ぎた時、疲れている時などに酸っぱい胃液が喉にまで上がってくるような不快感に襲われます。 さらに寝ている際に体勢が悪いとまた喉のあたりに刺激を感じて眠れなくなってしまいます。そうなった時は、枕を重ねて高くして安静にします。そうすると胃よりも喉の方が位置が高くなるので、苦しくありません。 逆流…続きをみる

逆流性食道炎に関するコラム