ものもらい/めばちこ/麦粒腫ものもらい/めばちこ/ばくりゅうしゅ

カテゴリ
眼の病気
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ものもらい/めばちこ/麦粒腫とは

麦粒腫は、まぶたにある汗腺やマイボーム腺等に細菌が感染して、腫れや傷みを生じる急性化膿性炎症です。俗に「ものもらい」と言われていますが、地方によって、「めばちこ」、「めいぼ」、「めっぱ」、「めもらい」などさまざまな呼び方があります。

ものもらい/めばちこ/麦粒腫の症状

ものもらいの初期段階では、腫れや赤みや傷みはあまり見られずに、軽いかゆみを感じる程度です。指で抑えると部分的に軽度の痛みを感じる場合もあります。
  
症状が進んでくると、まぶたが赤く腫れたり、ずきずきとした痛みを伴う炎症症状が次第に強くなってきます。目やにが増え、目がゴロゴロするような症状もあらわれます。炎症が波及すると、白目部分が充血したり、眼球結膜に浮腫が見られる場合もあります。
  
たいていの場合は、まぶたの皮膚面や内側(結膜面)に膿が溜まる点(膿点)ができ、自然に破れて膿が外部に出ていくと症状が治まり、徐々に治癒していきます。

ものもらい/めばちこ/麦粒腫の原因

ものもらいの原因は細菌感染です。どこにでもいる常在菌に感染して炎症を起こします。原因菌のほとんどは、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などのブドウ球菌です。
 
汗を出す腺やまつ毛の毛根にできるものを外麦粒腫、マイボーム腺(まつ毛の生え際の内側に整列している小さな腺、油分を分泌して涙の蒸発を防ぐ)の感染を内麦粒腫と呼びます。汗を出す腺やマイボーム腺が何らかの原因で詰まり、細菌が外に出られずに溜まってしまう場合もあります。アレルギー性結膜炎やアトピー性皮膚炎などが原因で目を擦ったり、抵抗力の低下している時などにも、細菌に感染しやすくなります。

ものもらい/めばちこ/麦粒腫の治療法

ものもらいの予防には目の周辺を清潔に保つことが大切です。
・目をこすらないようにする
・コンタクトレンズはきちんと消毒管理し、使用期限を守る
・マスカラやアイラインなどの化粧品の使用方法に注意し、アイメイクはしっかりと落とす
・前髪が目に入らないようにする
・免疫力の低下につながる過労や寝不足などに陥らないようにする
  
涙の分泌が減ると、細菌に感染しやすくなります。ドライアイにも注意し、目が乾燥する場合は目薬をさすなどして対処することも必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください