カンジダ腟炎(腟カンジダ症)かんじだちつえん(ちつかんじだしょう)

カテゴリ
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

カンジダ腟炎(腟カンジダ症)とは

カンジダ膣炎とは、カンジダという真菌が膣で増殖することで起こる膣の炎症です。カンジダは常在菌で、誰の膣にも存在するカビの一種です。

体力の低下時や月経前後、妊娠中、抗菌薬の服用、外陰部の蒸れや洗いすぎなどによって発症します。

カンジダ腟炎(腟カンジダ症)の症状

外陰部や膣のかゆみと、どろっとしたヨーグルト状・酒粕状のぽろぽろとしたおりものが出ます。白色や黄緑色をしており、においはあまりありません。

悪化した場合は、膣の中におりものが塊になって入っていたり、苔のようにびっしりと膣に付着したりする場合もあります。耐え難いかゆみや、焼けるような痛がゆさを生じるようになります。

外陰部と膣に発赤が見られ、腫れや熱感が生じることがあります。性交時には、痛みが生じることもあります。

カンジダ腟炎(腟カンジダ症)の原因

カンジダ膣炎の原因は、カンジダという真菌です。誰にでもいる常在菌で、女性によく見られます。
膣の中は、「デーデルライン桿菌」という菌の働きによって常に酸性に保たれています。酸性を保つことで、雑菌の侵入と増殖を防いでいるのです。

しかし、妊娠や生理前1週間などのホルモンバランスの変化、ストレス、糖尿病、抗菌薬の服用などでデーデルライン桿菌が減少すると、膣が中性に傾いてしまい、カンジダが増殖しやすくなります。

カンジダ腟炎(腟カンジダ症)の治療

カンジダ膣炎の治療は、まず膣を洗浄したあと、抗真菌作用のある膣錠を使用します。軟膏やクリームなど、塗り薬も並行して使います。

なかなか治らない、何度も繰り返す場合は、内服薬で治療を行うこともあります。

カンジダ腟炎(腟カンジダ症)の予防

生活習慣の改善


普段から規則正しい生活やバランスのとれた食事、適度な運動をするように心がけましょう。睡眠を十分にとり、ストレスを溜めないことも大切です。

糖尿病や肥満は、カンジダ膣炎を発症しやすくします。普段から暴飲暴食を避け、脂質や糖質の過度な摂取は控えるようにしましょう。

外陰部を湿らせない


カンジダは、湿った環境を好みます。生理中はこまめにナプキンを交換し、外陰部で雑菌が繁殖するのを防ぎましょう。おりものシートを使用する場合も、こまめに交換するようにしましょう。

締めつけの強い下着や服装ではなく、風通しの良いものを選ぶようにすることも大切です。

外陰部は清潔に


1日1回は、シャワーで外陰部を洗って清潔を保ちましょう。

ただし、石鹸で膣内を洗うと、石鹸のせいで膣内が中性に傾き、感染症や炎症の原因になります。石鹸で洗うのは外陰部にとどめ、膣内を洗浄するのは避けましょう。


Doctors Meから


Doctors Meは医師に相談ができるQAサービスも行っています。

ちょっと困っているけど病院に行くまでではない…そんなお悩み、一度Doctors Me医師に相談してみませんか?
【指名相談】婦人科系の陽子先生のプロフィールへ

  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「おりものの状態から分かる病気」チェック

あなたのおりものは大丈夫?

女性にとって、切っても切り離せない生理現象の一つであるおりもの。
おりものの形状や量、生理周期は、個人差が大きく、女性の中でも人知れず「自分のおりものはどこかおかしいんじゃないか」と悩んでいる方が意外と多くいらっしゃいます。
おりものに関するセルフチェックをしてみませんか?

1 /14

陰部にかゆみがある

健康チェック画像

「おりものの状態から分かる病気」チェック

あなたのおりものは大丈夫?
健康チェックする