尿漏れにょうもれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

尿漏れとは

尿漏れとは、自分の意思とは関係なく、尿が出てしまう症状です。例えばせきやくしゃみをした時や、笑った時、力を入れたりスポーツをしたりする時にも起こることが多い症状です。通常、排尿は脳によってコントロールされています。しかし排尿を抑える筋肉が弱くなると、咳やくしゃみなどの際に排尿を押さえられず尿が出てしまうことがあります。女性と男性では尿道の形や長さが異なり、尿道の長さが短い女性に多く見られます。。さらに、出産によっても尿道の周辺にある骨盤底筋が伸びて弱まってしまいますので、尿漏れに悩む産後の女性は少なくありません。前立腺肥大症などが原因で男性にも起こる症状です。男女共に起こる症状として悩んでいる方も非常に多い症状であると言えます。

尿漏れの症状

尿漏れの症状は、自分の意思とは関係なく、尿が出てしまうことです。
尿漏れはそのしくみによって主に2つに分けられます。

●腹圧性尿失禁
非常に重い物を無理やり持ち上げようとしたり、咳やくしゃみをしたりすることで起こる尿漏れです。ふとした時におなかに力を入れたときに起こります。
●切迫性尿失禁
突然強い尿意を感じ排尿がトイレに行くまでにまで間に合わず尿漏れしてしまうものです。

さらに、この2つを合わせた混合型尿失禁と呼ばれる症状も珍しくはありません。

排尿に関して何かしらの原因がある事で、尿道が開いている状態になっていて尿が溢れてしまう事もあります。さらに運動機能がいちじるしく低下していたり、あるいは認知症によって、トイレの場所が分からなくて我慢できずに漏れてしまうこと、排泄行為があったとしてもそれを認識していないことも存在しています。

★尿に関するあれこれ
排尿に関する身体の不具合は大きく分けて蓄尿障害と排尿障害に分ける事ができます。
尿漏れは排尿障害に分類されます。ほかに頻尿や、残尿感、排尿をする時の痛みなどがあります。

尿漏れの原因

尿漏れの原因は多岐に渡ります。代表的なものをここでお伝えします。

●腹圧性尿失禁
くしゃみをする女性
重い物を持ち上げたり、咳やくしゃみをした時に漏れてしまうケースは腹圧性尿失禁と言われます。骨盤底筋群という筋肉があるのですが、尿道括約筋を含む筋肉が縮む事によって起こる事が多い尿漏れです。
年齢が高くなったり、出産をする事によって現れはじめる症状です。

●切迫性尿失禁
脳のコントロールを上手くする事ができずに起こる尿漏れです。原因の1つとして脳血管障害等によってコントロールが出来無いケースもあるのですが中にはきちんとした原因が分からない場合もあります。原因等が無いのに膀胱がコントロールを離れて勝手に収縮する事によって起こるのです。

●男性の場合・・・
前立腺肥大症が切迫性尿失禁の原因になっていることがあります。
ほかにも男性に多い尿漏れに溢流性尿失禁があります。尿を出そうとすると少量しか出ないのに、尿が溜まると尿意に関わらず排尿してしまうこともあります。この原因としても前立腺肥大症が挙げられます。

●ほかにも・・・
機能性尿失禁は排尿機能には特に問題はありません。しかし、運動機能の低下や認知症によって排尿コントロールができないことが原因として挙げられます。

尿漏れの予防/治療法

≪予防≫
●トレーニングをする
ヨガする女性
腹圧性尿失禁の軽い尿漏れの場合、骨盤底筋を体操等で鍛える事によって改善をする事ができます。例えば外尿道括約筋、骨盤底筋を強化する事によってコントロールを取り戻します。
ヨガなどによって骨盤底筋を鍛える事が可能ですので、体力に合わせてトレーニングを行いましょう。

●ほかにも・・・
サプリメント
尿漏れに対して効果のある薬やサプリメントを飲む事によって予防をする事も出来るかもしれません。
タイトなパンツやガードルをすると腹部を圧迫することになり、尿漏れを誘発するケースもあります。心配な方はゆったりとした衣服を着用した方が良いでしょう。


≪治療法≫
治療法についてですが、それぞれの症状に合わせた方法を取る必要があります。
尿漏れは生命に影響は無いのですが、生活をする時には非常に不便になるので改善をしなければならないでしょう。

体操をしても改善が見られない場合は、手術も必要となります。例えばポリプロピレンメッシュのテープを尿道の下に通すような施術、TVT手術、あるいはTOT手術などが挙げられるでしょう。さらに切迫性尿失禁のケースですと抗コリン薬やベータスリーなどの受容体作動薬なども効果があります。



Doctors Me医師コラムから


頻繁に尿漏れしてしまう…そんな時の対策とは?



尿漏れに強い味方、グッズとは?
まず、最も手軽なものは『尿とりパッド』です。
私たちの下着が濡れたり、匂いがしたらどうしよう、という悩みに沿ったグッズだと思います。
特別な構造のパッドが、急な尿漏れにしっかり対応してニオイ対策もしてくれる製品が多いです。

尿漏れの量が少ないと思っているときや恥ずかしさから生理用のナプキンやおりもの用のパンティーライナーで代用しようとする方をときどき見かけます。気持ちはよく理解できるのですが、目的が違うので尿の漏れや尿臭は解決されません。
尿漏れが気になる場合は、目的に合わせて尿漏れ用のパッドを買いましょう。
軽い尿漏れ用からやや多めに漏れてしまう方まで、色々な商品があります。できるだけ薄く、目立たないように作られた商品も多いので、周囲の方に気づかれずに使えるかと思います。
近所のスーパーマーケットやドラッグストアで買うのに抵抗を感じる方は、オンラインで買うこともできます。

尿漏れの身体を鍛える…?
尿漏れは特に出産を経験した女性にも多く起こります。
この場合の原因は、骨盤底筋群のゆるみです。

骨盤底筋を鍛えるかんたんな体操が効果的といわれています。
尿道や膣、肛門にぎゅっと力を入れたり、緩めたりする運動をおこなうようにします。
即効性はありませんが、3か月以上継続して毎日行うことで、多くの方に改善傾向がみられるといわれています。

姿勢ややり方などについては何通りもあるようです。
本や雑誌、インターネットサイトなどを参考にして毎日5分~15分程度、続けてみるとよいでしょう。

皮下脂肪と異なり、内臓脂肪はホルモンをたくさん分泌します。 この内臓脂肪がたまった状態の肥満では、内臓脂肪の中で炎症が発症。それはやがて血管の老化である動脈硬化症や、 血糖値が高くなる糖尿病などの原因になり、さらにこの状態が続くと脳梗塞や心筋梗塞などの重症な疾患にさえつながります。
そして最近の研究では、この内臓脂肪内での炎症は、がんや喘息といった、免疫に関係した病気にも影響することが、明らかになってきているのです。

ほかにもある、尿漏れのときにするといいこと
ほかにも原因に合わせた対策を行うといいですね。

≪肥満が原因と考えられる場合≫
肥満は骨盤底筋に負担をかけて緩めてしまいます。お腹の余分な脂肪が膀胱を圧迫するとも考えられます。
尿失禁に悩む方で、肥満のある方は生活習慣を見直して肥満を解消することが大切です。

≪ひどい便秘が原因と考えられる場合≫
ひどい便秘も腸管に詰まった便が尿もれを起こしやすくしていることがありますので、水分や食物繊維を十分にとって便秘解消を図りましょう。

≪そのほかが原因と考えられる場合≫
尿漏れのある方は尿漏れを気にして水分を控えめにとったりする傾向があります。
実はこの行動も尿を濃くしてしまって、余計に膀胱を刺激したりしてしまうと考えられています。少し意外に感じるかもしれませんが、脱水や膀胱炎などの引き金にもなります。水分はしっかり摂りましょう。

医師からのアドバイス
いくつかグッズや対策をお伝えしました。
しかしどうしても尿漏れに改善傾向がない場合は、泌尿器科で原因をはっきりさせて治療をする必要があります。医師に相談のうえ、適切な治療を受けるようにしましょう。


  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

尿漏れの相談

尿漏れの体験談

  • 尿漏れをストレスで発症

    尿漏れ・ストレス

    社会人となってから私の場合は尿漏れをするようになり、その原因は会社でのストレスでした。二十代後半になった時に、初めて転職をしたのは良いのですが、その転職先の人間関係がうまくいかなくてかなりストレスを受け、それが原因で尿漏れをしたのです。 自分の意識ではその漏れをどうしても止めることが出来なかったので、最初はおしっこを吸収するパッドをパンツの中に入れて何とか過ごしていました。しかし、それでは根本的…続きをみる
  • 妊娠初期に尿漏れになりました

    尿漏れ・妊娠初期

    お腹が大きくなって膀胱を圧迫するということで、妊娠中期から後期にかけて尿漏れに悩む人も多いと聞きます。しかし、私の場合は妊娠初期によく尿漏れしてしまって困ったという経験があります。くしゃみをした時や急に立ち上がった時などに尿が少し漏れてしまう程度だったのですが、仕事は続けていたので臭い等が周りの人達に気付かれないかどうかヒヤヒヤの毎日でした。また、大量のおりものと勘違いしてしまうこともあって、切…続きをみる
  • 無意識に尿漏れが起きるように

    尿漏れ・無意識

    私は、4ヶ月前に初めての出産を経験しました。出産してからというもの、夜中に何度もトイレに行きたくなって起きてしまいます。しかし、あまり、量は出ません。ひどいときには、無意識に尿漏れしてしまうことがあり、とても困っています。安心して、ぐっすりと眠ることも出来ずにいます。 出産をするまで、ウォーキングくらいしか運動を行っていなかったので、筋力の低下が、原因かもしれないと思い、今では、毎日軽いストレッ…続きをみる
  • 若いのに尿漏れ?

    尿漏れ・若い

    まだ20代と若いにも関わらず、尿漏れが頻発した時には将来的にどうなってしまうのか不安になったものです。しかし骨盤底筋の緩みを改善するだけでも対処は可能だと知ってからというもの、今までやった事も無かった筋肉トレーニングを毎日頑張る様になりました。 私がやっていたのは股関節を開く角度を変えながらスクワットを行うというトレーニングで、この運動法のコツとしては同じ角度にばかり足を開いてしまわないという事…続きをみる

尿漏れに関するコラム