捻挫ねんざ

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

捻挫とは

捻挫とは、関節に許容範囲を超えた動きが加わった時に起こる損傷です。症状としては痛みや腫れ、熱感などが見られます。捻挫は多くの部位に起こりますが、捻挫だと思っていても骨折や靭帯の断裂などが隠れていることがあるため整形外科の受診を忘れないようにしましょう。

捻挫の症状


捻挫をすると、まず患部が赤く腫れあがります。例えば足首の捻挫の場合、床になどに足をつき体重をかけると激痛が走ります。

重度による3つのランク


捻挫はその重度によって3つのランクに分けられます。

  1. 靭帯がのびた状態で、靭帯の断裂はない
  2. 靭帯の部分断裂
  3. 靭帯の完全断裂。関節はとても不安定な状態

しかし、足首に関しては、単体の靭帯損傷の度合いだけで決定されません。いくつの靭帯が損傷したかによって怪我の重症度を判断する場合があります。

定義に違いはあっても度数が高ければひどい捻挫であることは間違いはありませんので、少しの痛みだからといって無理はせず早く医師の診断を受けるようにしましょう。

よくある捻挫の場所


捻挫のする身体の部位は下記の場所が多いです。無理をして運動を続けてしまうとどんどん症状は悪化し、回復までに時間がかかります。

・足首
・肘
・ひざ


●内出血の移動
捻挫をした時に内出血することは珍しくありません。捻挫は関節周辺の靭帯、腱、軟骨などが傷ついた状態です。傷ついた箇所の出血量が多いと内出血としてあらわれます。そして時間が経つと、内出血が実際捻挫した患部より下に移動する場合があります。例えば、足首の捻挫で生じていた内出血が、足の裏や甲などに移動し変色した状態であらわれるのです。捻挫していない箇所に内出血があらわれると驚いてしまうかもしれませんが、問題のない症状ですので心配はありません。


医師からのアドバイス


捻挫になってしまったけど、早く治す方法はないかと悩んでいませんか?医師が解説する方法をチェックしてみましょう!
突然の捻挫、早く治すにはどうすれば?捻挫のお悩みに医師が回答!


捻挫の原因


捻挫の主な原因は、動かせる範囲以上に関節や靭帯が動いてしまうことです。
捻挫を起こしてしまう行動のひとつとして、以下のようなことが挙げられます。

●ウォーミングアップが不十分
激しい運動前に十分なウォーミングアップをせずに運動を行うと、関節の柔軟性が運動についてこれずにバランスを崩してしまいます。捻挫は、不自然な形にひねってしまい関節の靭帯や腱、軟骨を痛めてしまうことで起こります。

また、ウォーミングアップのうちから全力をだしてしまっても、関節の柔軟性がついてこれずに怪我をしてしまうことがあるので要注意です。

●自分の身体を無理に動かす
自分の能力以上の運動量を身体に強いても関節や筋力はついてきません。捻挫のもととなりますので、自分の身体能力をきちんと自分で把握することも大切です。

また、その日の体調が優れず、無理をして運動を行なっても身体にはよくありません。スポーツ中など、他の選手との接触の場合、足を踏まれて転倒してしまった場合などに捻挫してしまうこともありますので、バスケットボールやサッカーなどの激しいスポーツほど注意が必要です。


Doctors Me編集部から


捻挫した時、すぐに処置できるようにケアできるようにしたいものですよね?捻挫のセルフケア方法を医師に聞いてみました!
捻挫したときの湿布はどうする?自分でできる捻挫のケア


捻挫の予防/治療法


予防


●運動の前にはウォーミングアップ!
筋肉を柔軟性を高めるストレッチをしましょう。ウォーミングアップをせずに急に激しい運動をすると捻挫をする危険性もとても高くなります。とくに足首などは捻挫をする可能性が高いので注意が必要です。またウェイトトレーニングなどで捻挫の起こりやすい関節の周りの筋肉を鍛えることも効果的です。

●まずは過去の捻挫を治す!
過去に一度捻挫をしてしまった関節は、きちんと筋肉を回復させないとまた、同じ関節を捻挫してしまう可能性があります。サポーターやテーピングをして、事前予防も効果的ですが、習慣的にエクササイズを行ったり、筋力や筋持久力を高めることがとても大切です。


治療法


捻挫をしたときは速やかに運動を中止しましょう。

応急処置として、氷などをビニール袋にいれ患部を20分間冷却しましょう。
★捻挫の応急処置:RICE処置
Rest(安静にする)
Ice(冷却する)
Compression(圧迫する)
Elevation(挙上、患部を心臓より高い位置に保つ)

病院では状態によって、患部を固定してさらに負荷をかけないように処置をすることがあります。
痛みが小さい場合は様子を見ることで回復する場合もありますが、痛みが強いときや長引く場合には医師に相談しましょう。

【医師からの回答】捻挫・打撲の傷を、早く治す方法はありますか?

●足首の捻挫
足首を捻挫してしまった場合、足首を心臓より高い位置に持ってくることで、感じる痛みを軽減できることがあります。炎症を抑えるためには、2~3時間おきに30分~1時間くらいの短時間、患部を冷やします。安静にして足を動かさないことが重要ですが、寝ている時は足首が下になり、重力で靭帯が伸びやすくなるので、注意が必要です。寝る時は布やサポーター、テーピングを使って足首をしっかり固定し、足首の下にタオルなど、やわらかいものを敷きましょう。足首の捻挫は、靭帯の損傷の程度によっては骨折につながる可能性もあるため、症状に適した対応が重要となります。

●手首の捻挫
手首の捻挫の対処法としては、RICEの4つが基本となっています

●捻挫したときの正座
足首を捻挫した時は、出来るだけ損傷部位に負担を与えないことが早期回復に繋がります。足首の捻挫は、通常に歩くだけでも損傷部位に体重がかかり負担となっています。そのため正座は、歩くよりも損傷部位に負担を増加させるので、完治するまでは控えるようにしましょう。痛みや腫れを感じなくなっていても、正座することで足首が伸びて損傷部分に負担がかかり、痛みや腫れが再発したり悪化する可能性も考えられます。捻挫直後や治療中は正座は避け、座り方にも注意して、足を伸ばして座ったり、体育座りといった足首に負担のかからない座り方を心掛けるといいでしょう。もしどうしても正座をしなければならない場面の時は、足の指を立てて正座をすると足首への負担が少なくなります。

●捻挫のリハビリ法
足首を捻挫してしまった場合、まずは安静・アイシング・テーピングなどによる圧迫固定・足の挙上などを行い、数日~1週間経過し、腫れと痛みが減ったところからリハビリを始めます

1.自転車
リハビリで、自転車を使う方法があります。しかし適当に乗ってしまうとかえって悪化させることがあります。きちんと段階を踏んで進めてゆきましょう。
・最初はペダルにかかとだけを乗せるようにすると、足首の動きが少ないために受傷個所への負担が軽くなります。
・次にペダルに土踏まずを乗せて漕ぎます。
・それでも痛みを生じなくなったら、最後につま先を乗せて漕いでみましょう。
リハビリの大切なことは、始める前には必ず軽いストレッチをすることと、痛みを感じたらそれ以上無理をせずに中断することです。順序を守って焦らずにリハビリを進めることが早く治すことへの近道になります。
2.水泳
水泳は、捻挫で激しい運動ができなくても筋肉が落ちることがない適度な運動量をこなすことができて、全身運動にもなり、リハビリにおすすめです。競泳のような激しい水泳は逆効果ですが、水に浸かっていると浮力のおかげで、体に負担がかからない運動ができます。プール内で意図的に柔軟体操をやるのもいいのですが、プール内での水中歩行、マッサージがリハビリには最適です。水に浸かっているだけで、水圧によって体へのマッサージ効果があります。温水プールは温かさにより、捻挫の回復力を早める効果が期待できます。

●捻挫したときのウォーキング
足首などを捻挫した場合、ウォーキングでさらに足に負担をかけてしまうと、痛みや腫れが強くなり症状が悪化します。捻挫直後や腫れや痛みがひいていない期間は、できるだけ歩き回らず安静にしてください。また、治りかけの状態や、痛みのない軽い捻挫でも、無理をして歩き回ると、長引いたり症状が悪化してしまう場合もあるので注意しましょう。完治するまでは安静にするだけでなく、負担のかかる姿勢を取らない、歩く時は松葉杖を使用するといったように、足を負担から守ることが大切です。

●サポーターの選び方
サポーターを選ぶポイントは、不自然な方向で固定されないよう、サイズがぴったりな物を選ぶことです。日常生活用とスポーツタイプのものでは、スポーツ科学に基づいて作られていて動きやすいスポーツタイプのサポーターを選ぶようにします。また痛みが強い場合は、筋や関節が傷ついているため、固定力の強いものを選びましょう。種類が多くてわからない場合は、柔整師などにアドバイスをもらって選ぶといいでしょう。あまり安価のものはオススメできません。

●足首のサポーターの巻き方
1.テープ式のサポーターはかぶれやすいため、アンダーラップを足首全体に巻きつけます。足首を地面に立ったときの角度になるよう固定しながら、足の甲から足首に向かって巻きつけます。少し引っ張りながら巻きますが、きつくなり過ぎないように注意します。
2.足首から足の踵を通り再び足首まで、テープがねじれないように少し引っ張り気味にテーピングを張ります。縦のテープでかかとの角度を固定するため、2〜3本、それぞれがかかとで交差するように貼り付けます。かかとの角度を固定したら、アキレス腱を保護するため土踏まずの側面あたりから、反対側の側面までぐるっとテープを巻きます。一旦テープを切り、少しずらして2巻、3巻と繰り返します。
3.足首とかかとの固定が完了したら、最初に貼り付けた縦のテープが剥がれないよう、くるぶしをぐるっとテープで巻いていきます。縦のテープが隠れるくらいまで巻きつけたら、今度は足首から足の甲へ向けて、ちょうど足首の中央で×印になるようにテープを巻いて完成です。

●捻挫中の靴下
足首の捻挫は、放っておくと治りが遅くなる可能性もあります。そんなときには、靴下に工夫を凝らしてみるのもひとつの手です。一部の薬局や病院には捻挫を想定した「サポーター付き靴下」があります。一般的な靴下よりも足首の固定力が高く、つけ外しも容易で、あまり足首を動かすことがないので負担が軽減されます。

捻挫の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
捻挫は関節の可動範囲の許容を超えるような動きを強制された際に起きる関節や靭帯の痛みや腫れなどの症状を指します。捻挫の治療に使用する薬は、捻挫をしてからの時期によって異なります。捻挫直後の関節や靭帯が炎症を起こして腫れている状態の時には患部を冷やして血の流れを抑えることが重要です。このため治療には鎮痛剤や抗炎症剤、冷感刺激成分の含まれた冷感シップやスプレーなどを使用します。このほかにも氷や氷水で冷やすなどの治療も有効です。関節や靭帯の炎症が収まってきた状態の時には患部の固まってしまった筋肉を柔らかくするために温めて血行を良くすることが必要になります。治療には鎮痛剤や抗炎症剤の他、温感刺激成分の含まれた温感湿布やクリーム、軟膏などを使用します。入浴や足浴によって患部を温めることも症状の改善につながります。捻挫の症状とその時期に合わせた治療薬や治療法を選ぶとよいでしょう。しかし捻挫の症状が重症の場合には靭帯が断裂していることもあるので注意が必要です。関節や靭帯の痛みや腫れの症状が酷い場合には靭帯が断裂している可能性があるので市販薬での治療だけでなく、病院に行き医師の診断を受けることをおすすめします。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

捻挫の相談

捻挫の体験談

  • 捻挫のおまけの苦しみ、意外な痒み

    Doctors Me 捻挫験談

    捻挫と言えば多いのはやはり足首だと思います。私ももちろん多いのは足首なんですが左手の親指を捻挫してしまいました。 どうして手の指なんて捻挫してしまったかというと、あまりに馬鹿げていて恥ずかしいくらいなのですが。肩こりがひどくて辛いという友人がいて、それなら肩をもんであげると肩をもみ始めました。その時少しお酒を飲んでいた事とその友人というのがとても体格がよく肩が大きい?厚い?そして何よりブロックで…続きをみる
  • 捻挫にはツボが効果的!早く治すための4つのポイント

    Doctors Me 捻挫験談

    屋内、屋外に限らず切り返しが多く、足首に負担のかかるスポーツでは、足関節のうち返しによる捻挫を良くします。大体、捻挫をする足は、利き足ではない方の足です。一つの原因は、利き足ではない足が運動動作の軸足となっており、体重がより多くかかるためです。また、利き足の方が靭帯が強く、捻挫しにくいという理由もあります。 私も、体育の時間のバスケットボール中に左方向へのフェイントから右方向に切り返そうとした際…続きをみる
  • 捻挫になったら何科?それとも整骨院?

    Doctors Me 捻挫験談

    捻挫は何科だと適切な治療ができるのか、何科の専門なのだろうと誰しも迷うと思います。私は昨年12月に子供と遊んでいて、右足首にひどい捻挫をしてしまい、履ける靴を選ばなればならないほど足が腫れあがりました。何科を受診するのか悩みましたが、以前に子供が捻挫をしたときに整形外科でレントゲンを撮って、湿布を渡されただけという経験をしていて、必ずしも整形外科でなくてもいいと思い、整骨院に行きました。 整骨院…続きをみる
  • 捻挫が完治したと勘違い

    Doctors Me 捻挫験談

    友達と一緒に車でスキーに行った時に、スキーのゲレンデでへんなこけ方をしてしまって、右足首がとても痛くなりました。 ゲレンデの近くのショップに連絡をしたら、救急ソリを呼んでくれて、それに乗せられて、ゲレンデの近くの病院に搬送されました。搬送された病院で、レントゲン等の検査をしてもらって、右足首が捻挫している事が分かりました。完治するまでは、2週間位かかると言われました。その病院で、捻挫をした時の状…続きをみる
  • 捻挫で漢方の効果を知り、健康マニアに

    Doctors Me 捻挫験談

    40歳の時、工場内で荷物を運ぶ軽作業スタッフとしてパート勤務中、梯子から身軽に飛び降り、上手く着地したつもりが不時着して右足を捻っていました。多少痛みはありましたが、我慢できない程の激痛はなかったため、そのまま仕事に従事しました。 帰宅して捻った右足首辺りを見ると、赤黒く変色し、捻挫していました。湿布を患部に貼って就寝しましたが、ズキズキと響くような痛みがあり、腫張している感覚が強くありました。…続きをみる
  • 捻挫の後遺症で手術になる前に

    Doctors Me 捻挫験談

    駅の階段を下りていて、足を滑らせ、思いっきり足を捻挫してしまいました。すぐには立ち上がれないぐらいの痛みで、近くの病院で検査してもらったところ、捻挫した際に無理な体重がかかったらしく、靭帯が伸びているという診断が下されました。普通の捻挫のつもりでいたのですが、靭帯が伸びるほどの捻挫の場合、そのまま放置するだけでは治らないとのことで、近くの大学病院を紹介されました。 足の靭帯が伸びてしまった場合、…続きをみる
  • 捻挫で腫れた時の対処法

    Doctors Me 捻挫験談

    スポーツをした事がある人で捻挫をした事がある人は多くいると思いますが、私は特に周囲の人より少しばかり多く捻挫をしてきました。私は昔からバスケットボールをしていますが、捻挫を頻繁にしており癖にもなってしまいました。 最もひどく腫れた時は足首の外側の踝付近にある靭帯を二本断裂する寸前までやってしまい、更に剥離骨折も兼ねてしまった時です。その時、足を捻った際はスポーツ中でもあり、アドレナリンでまだ痛み…続きをみる
  • 捻挫を「腫れてるくらい」と甘く見ると・・・

    Doctors Me 捻挫験談

    高校生の頃、初めて捻挫を経験した時の事です。その日の体育の授業はバスケットボールで、2チームに別れて試合をしました。 ゴールポスト付近で一人がシュートを打った後リバウンドを取ろうと、私と何人かが同時にジャンプし着地した次の瞬間、私の足首に激痛が走ったのです。記憶にあるのは、足を床に着いた時に誰かに踏まれ、踏まれたままで倒れ込んだという事でした。 足首がうめき声を上げるほど痛み、腫れてるのが目に見…続きをみる
  • 三つある捻挫の初期症状

    Doctors Me 捻挫験談

    捻挫とは足首をひねった時に起きる靭帯のけがのことを言います。捻挫には三つの段階に分てけの初期症状があります。 まず最も軽いのが軽くひねった場合で、この時は靭帯が伸び切っただけの状態です。なので初期症状はひねった部分が軽く腫れる、少し痛むが無理をすれば運動が出来ます。この場合には、患部を冷やして安静にしておくと病院に通院しなくても3日から一週間で治るのが特徴です。 二番目が靭帯の一部が避けている場…続きをみる
  • 食べ物で内側から治す捻挫

    Doctors Me 捻挫験談

    私は運悪く足を捻挫をしてしまい、思うように動けなくなりました。仕事も休むことになってしまったため、家での生活になってしまいました。そのため、食べ物を食べては寝、食べては寝る生活になってしまい、ほとんど動かない生活になってしまいました。 その結果、みるみるうちに太ってしまい、捻挫のために運動をしようにもなかなかできず、痩せようにも痩せれなくなってしまいました。足の捻挫のため、余計に足に負担もかかっ…続きをみる

捻挫に関するコラム