医師監修

咳ぜんそく・咳喘息とは

3週間以上、喘息のように気管支が敏感になることで咳が続く状態を咳喘息といいます。気管支喘息とは異なり、気管支の幅が狭まっているかどうか、聴診や検査ではっきりしないのが特徴ですが、気管支が敏感になっていることに対して、気管支拡張薬やステロイド吸入など気管支ぜんそくと同じ治療を行います。約30%の方が咳喘息から喘息を発症したという研究データもあります。

咳ぜんそく・咳喘息の症状

風邪が治ったあと、数週間咳だけが出続けたり、室内と外気の温度差に反応して咳が出たり、タバコの煙を吸っただけで咳が止まらなくなる、などというような症状が見受けられます。また、ハウスダストに反応して咳がでたりもします。

睡眠時に咳が出続けたり、明け方になると咳が出る症状もあります。

とにかく咳だけが出続ける症状が特徴で、喘息との違いは、喉が呼吸をするたびに喉がヒューヒュー、ゼイゼイといった喘鳴音を立てなかったり、呼吸機能は落ちないことです。
また、2ヶ月以内に風邪を引いていないのにもかかわらず、咳が出続ける場合も咳喘息の症状といえるでしょう。

アレルギー体質、アトピー体質だと発症する可能性が高く、特に女性は再発を繰り返す傾向があるようです。咳喘息は喘息の前触れとも考えられていますので、数週間原因不明の咳が続くようなら、呼吸器官系の専門医に相談し、適切な処置を受けてください。

咳ぜんそく・咳喘息の原因

咳喘息の原因は、風邪の影響を受けたり、ハウスダスト、タバコの煙、外気と室内の温度差など様々です。

主だった原因は、気管支の炎症にあると考えられています。今まで喘息にかかったことの無い人でも、風邪の影響で気管支が炎症を起こしてしまうと、咳喘息の原因に繋がるので注意が必要です。

また、インフルエンザ完治後も、気管支に炎症が残ってしまい、数日たってから空咳が出続けることもあります。とはいえ、主だった原因は未だに不明で、はっきりとこれだと断言できないのが現状があります。咳が出続けるのだから、咳止めを飲めばよいと考える方も多いですが、咳止めは咳の中枢に作用するだけであり、咳喘息の原因とも言える気管支の炎症を抑えたり、緩和させてくれる役割を果たしてはくれないので、根本的な治療とは言い切れません。

原因が複合している場合もあるので、生活の中でいくつか思い当たる原因があれば、生活習慣からはずしていくと良いでしょう。

咳ぜんそく・咳喘息の予防/治療法

一番の予防は、風邪をひいて気管支に炎症を起こさないことです。インフルエンザもこれに該当します。風邪の流行シーズンは、外出時はマスクを着用し人ごみは避け、帰宅と同時に手洗いうがいを忘れすに行いましょう。また喫煙が習慣になっているのであれば、本数を減らし気管支への負担を減らしていきましょう。さらに、飲酒も気管支に負担をかけるので、飲む量を減らす、日数を減らすなど工夫して飲みすぎに注意しましょう。

ハウスダストも原因の一つにあげられているので、マメに掃除をしたり、ほこりっぽい場所には足を運ばないように心がけることも大切です。

寒暖差から気管支を守るため、寒暖差の激しい場所に足を運ばなければならないときは、マフラーを首に巻いたり、ストールを巻いたり喉周辺の防寒対策を忘れずに行います。また、自己免疫力アップするため、バランスの取れた食事をとり、早寝早起き、ストレスをためない生活を心がけます。小さな積み重ねが咳ぜんそくへの予防法となります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

咳ぜんそく・咳喘息の相談

咳ぜんそく・咳喘息の体験談

  • なかなか治らない喘息との付き合い方。

    喘息・治らない

    喘息は治らない病気ですといわれた時は正直ショックでしたし、治らないなら放っておいてもいいのではと思ったりしたこともあります。治るということにこだわりすぎるあまりに、必要な薬を自分の判断で中断しては発作を繰り返していたのです。そして、発作を繰り返すたびに、どんどん発作が起きやすくなり、呼吸機能も低下するという悪循環に陥っていました。 ある時、お医者さんに言われたのは、喘息は治らないけどきちんと治療…続きをみる
  • 飲み物による私の喘息の改善法

    喘息・飲み物

    私は大人になって喘息を発症し、冬などにつらい思いをしてきました。両親や兄弟は症状が一切出なかったため遺伝の可能性はなく、それ以外の原因がないか知るために、本やインターネットサイトで調べてみることにしました。 私の症状は咳が続いてしまうもので、乾燥したり埃っぽいところに行くと発症することが多く、まずそれらの原因を取り除くことから初めて見ることにしました。今までも比較的頻繁に行っていた掃除の頻度を増…続きをみる
  • 私の喘息の治し方

    喘息・治し方

    私は、幼少時を高度成長時代の川崎で過ごしたため、幼少期は喘息を患っていました。しかし、小学校にまだ入るか入らないかの年齢のことですので、私自身の記憶にはあまり残っていません。というか、今は全く病気とは無縁の生活を送っているので、喘息の治し方は何かと聞かれても、ピンとこないものがあります。 しかし、これは私の喘息の治し方が正しかったことの証左とも言えるでしょう。そこで、何がよかったのかと考えてみま…続きをみる
  • 私の喘息緩和法

    喘息・緩和

    幼少期から喘息を患っていましたが、30代になってからその症状が一層悪くなり、痰が気道に絡み夜も寝辛い時が度々あるなど、緩和措置が必要な状況でした。 普段は吸入用のステロイド薬を服用しており、ひどい症状の時は気管支を拡張させる経口薬を服用していましたが、それらの薬を服用しなくなると症状が悪化してしまうため、継続的に服用することが必要になりました。 夜中に発作が見られたため、応急的な緩和措置として、…続きをみる
  • 焦らない!喘息の応急処置!

    喘息・応急処置

    自分の子供が喘息持ちで、0歳の時から少しでも体調を崩すとゼロゼロと息苦しそうに呼吸していました。なので軽い風邪でもすぐに病院へ行き吸入処置をしてもらっていました。今までに何度も夜間の小児救急へ連れて行くことがありました。 ですが、一度だけ夜間にとても怖い思いをしました。いつものようにゼロゼロとした呼吸をしていたので病院へ行く準備をしていたら、ガタン!と倒れた音がして子供が息苦しそうにもがいていま…続きをみる
  • 天気などによる喘息の発作

    喘息・天気

    私は幼いころから毎年喘息にかかっていました。運動して症状が出ることや、夏から秋にかけての季節の変わり目の天気や温度の変化の影響で毎年症状が出て、病院に通っていました。喘息は咳が止まらなくなりぜーぜー、ひゅーひゅーというような呼吸音がし、息苦しくなるというような症状が出ます。私は苦しいときはホットレモンを飲んで紛らわしました。暖かい飲み物を飲むと気持ちがほぐれるのでお勧めします。 私の場合は、天気…続きをみる
  • 喘息になったら何科へ?

    喘息・何科

    子供が中学3年生の時、喘息らしき症状に見舞われました。そこで大いに悩んだのが、いったい何科に行けば良いのかということ。調べたいのだけども子供は苦しがるし…、結局何科が適当なのかも分からないまま、小学校の頃までかかりつけだった小児科に行くことにしました。一通り診察と処方が終わって子供が落ち着いた後に、その小児科医に何科にかかるべきだったのかを尋ねてみました。すると、喘息についても中学生くらいまでは…続きをみる
  • 喘息のとき、お酒を飲んだら…

    喘息・お酒

    私は子供の頃からの喘息持ちですが、お酒が大好きで毎日のように晩酌をしていました。というのは子供の頃は結構発作がありましたが、大人になってからはそれほど発作が起こらなくなったので、お酒は大丈夫と高をくくっていました。そこで、ちょっと調子が悪いかなという時にお酒を飲んだら喘息の発作が止まらなくなったのです。息が出来ずに非常に辛い思いをしてからは、ちょっとでも体調が悪いかなと感じた時は絶対にアルコール…続きをみる
  • 喘息の時に気をつけている食べ物

    喘息・食べ物

    喘息の時に気をつけたい食べ物は、柑橘類です。 私の場合、甘いものを急に食べすぎると気管が狭くなり呼吸が苦しくなることも多かったです。それと同じで、炭酸飲料をたくさん飲み過ぎた時の夜などは、寝てから少しして喘息が出ることもたくさんありつらかったです。 あまり食べ物に対する制限はしていませんでしたが、季節の変わり目や夜寝る前などは、甘いものを控たり飲み物もお茶のみにしたりするなど いろいろと自分で工…続きをみる
  • 喘息は遺伝する?子ども・親が喘息だった体験談

    喘息・遺伝

    私は、生まれた時から体が小さくよく体調を崩すことが多かったようです。特に、痰が絡むような咳が長く続く症状が多く、心配した母親が小児科で見てもらったところ喘息と診断されたようです。特に、大きな発作を起こすようなものではなく、軽度のものでした。その後は、気管支ににいいとされる水泳を習い始めて、高校生になるくらいには薬がいらない生活になれました。 そんな症状と私の両親からの喘息の遺伝はないこともあっ…続きをみる

咳ぜんそく・咳喘息に関するコラム