医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

気管支炎きかんしえん

カテゴリ
呼吸器の病気
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

気管支炎とは

気管支炎とは、気管支に炎症が起こる病気の総称です。咳や痰などの症状がみられます。ウイルスや細菌への感染、アレルギー、喫煙、大気汚染などをきっかけに発症します。

よくみられるのは、ウイルス感染による「急性気管支炎」です。

原因が不明かつ、症状が1年のうち3カ月以上続く状態が2年以上にわたってある場合は「慢性気管支炎」と呼ばれます。

気管支炎の症状

急性気管支炎


急性気管支炎の主な症状は、咳や痰、発熱です。そのほかに、首や背中の痛みやこわばり
、食欲不振、全身の倦怠感、胸の不快感が出ることもあります。

急激に症状が悪化している、多呼吸になり苦しい、水分が摂れないなどの場合は、早急に受診することが大切です。

また、痰の色が緑や黄色など膿性に変化した場合は、細菌に二次感染している可能性があるため、受診しましょう。

慢性気管支炎


原因不明の咳と痰、息切れなどの症状が1年に3カ月以上続き、それが2年以上みられることを慢性気管支炎と言います。

気管支炎の原因

急性気管支炎


急性気管支炎の主な原因は、ウイルスや細菌への感染です。

●主な病原体


・ヒトメタニューモウイルス
・RSウイルス
・ライノウイルス
・コロナウイルス
・マイコプラズマ など

慢性気管支炎


慢性気管支炎は、急性気管支炎が慢性化したものではありません。タバコや大気汚染、アレルギーなどが関与していると考えられます。

●身体的要因
加齢、アレルギー、呼吸器系の既往はリスク因子になります。

●環境的要因
喫煙や受動喫煙、大気汚染、有毒ガスなどといった要因が関係しています。特に喫煙の影響は大きいと考えられています。

気管支炎の治療

薬物療法


主に症状を和らげる薬を使用します。咳を抑える鎮咳薬や、からんでいる痰を取り除く去痰薬などが用いられます。

また、膿性の痰があり、細菌感染している場合は、抗菌薬を使用することがあります。

禁煙


慢性気管支炎の方で、喫煙している場合は禁煙します。

気管支炎の予防

喉を乾燥させない


マスクの着用加湿器で、湿度を保つようにしましょう。
  

規則的な生活


体の抵抗力を落とさないために、日頃から規則的な生活を心がけましょう。

バランスのよい食事と十分な睡眠時間をとり、過度の飲酒と喫煙は控えることをおすすめします。

禁煙


特に慢性気管支炎の予防のために、禁煙をして、受動喫煙をしないように気を付けることが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください