不定愁訴ふていしゅうそ

カテゴリ
様々な症状
こころの病気
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

不定愁訴とは

不定愁訴とは、全身の様々な不調を強く訴えるものの、その客観的な病気などの原因が見つからない状態をいいます。一日のうちでもころころと訴える症状が変わる場合もあり、環境の変化やストレスなど、様々な要因で引き起こされると考えられています。「わがまま」などと思われ、周りの理解を得られないことが多い症状です。

症状

不定愁訴は、まず「なんとなく体調が悪い」という自覚症状を感じます。また以下のような多岐にわたる症状が出ます。
・倦怠感や動悸、皮膚のかゆみなどの全身症状
・耳鳴り、味覚の異常、などの感覚器の異常
・食欲不振、便秘、下痢
・肩こりや手足のしびれ、冷えなど
・ひん尿、血尿、月経不順
・息切れ、めまい、頭痛、不眠症

また、症状は一定したものでなく、場合によっては1日の中でも症状がめまぐるしく変わる場合もあります。
このような本人の不調に対する訴えは強いですが、検査などによる客観的な異常や病変はみられない状態が多いため、特定の診断がつかず、カウンセリングなどにより自律神経失調症と診断されることが多いです。また、うつ病の場合を発症した場合にも、不定愁訴の症状を訴えることがあります。

原因

不定愁訴の原因は、さまざまな症状を訴えるものの検査などで客観的な原因を特定できることはあまりありません。
原因も人それぞれで、環境の変化、疲労、ストレスの蓄積などさまざまな要因によって、引き起こされる症状と考えられます。患者本人は、本当にそれらのさまざまな症状に悩まされているにもかかわらず、「勝手で、わがままを言っているだけ」と周囲から思われがちで、適切な対応がなかなかとられない状態が続き、周囲の理解不足からさらに症状を悪化させているとも考えられます。

また、他の病気の初期症状のあらわれである場合もあります。不定愁訴の原因が、心療内科やカウンセリングで、ストレス因子であるとされると自律神経失調症と診断されます。先進国でも、ビタミン欠乏症やその他の必須栄養素の栄養失調を原因とする不定愁訴が、体力のない子供や高齢者に見られます。

予防・治療法

不定愁訴の原因はひとつではないため、その治療方法は人それぞれに違ってきます。また予防は、難しいと考えられます。
ひとつに不定愁訴は、周りの環境など精神的ストレスがその原因となっていることが多いので、その要因を取り除くことが予防、また治療になると考えられます。
また、身体的な痛みなどは、対症療法でそれを治療することにより、不定愁訴の治療につながることもあります。
症状によっては、睡眠薬や精神安定剤などの薬を処方します。信頼できる医療機関や医師に相談し、適切な治療を進めていくことで、症状がさらに悪化することを防ぎ、症状の改善につながります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください