消化不良しょうかふりょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

消化不良とは

消化不良をおこす原因には多くのものがあげられます。その中には食べ過ぎや脂肪分が多い食事内容、肉類などもあります。
またお腹いっぱい食べる習慣のある方や食べる時間が根本的に遅い方にもめだちます。さらに職場での飲み会などでも同様なことが言えます。食べ過ぎや飲みすぎを考え、胃痛を抑える胃薬を服用されますが胃薬の副作用の中には、逆に消化不良に関連してしまうものもあります。最近では、ファーストフードを好まれる方も少なくありません。そういった高カロリーで味の濃い食品などは、消化しにくいものの代表ともいえるでしょう。また消化不良は多くの疾患とも関連します。消化器系や肝機能の低下からくるものもあり、症状も多種多様です。、嘔吐や胸やけ、胃のもたれ、便秘なども報告されています。

症状

胃腸の働きが普通よりも弱くなり、胸やけや吐き気で苦しくなったり、食欲が無くなるなどのいろいろな症状が長い間ずっと続くのが消化不良の特徴です。消化不良を続けていると、それが原因で病気になってしまうこともあるようです。

消化不良が原因で起こる病気


逆流性食道炎
胃の中で食べ物を溶かす胃酸が口の方へ逆流してしまい、食道の粘膜が強い酸で炎症を起こしてしまう病気で、胸焼けを起したり、横になった時に胃酸が逆流したり、嘔吐を伴う事もあります。病院でお薬をもらって治療をすると共に、姿勢を良くしたり食事の摂り方を改める、運動をするといったことで改善していく病気です。

・びまん性食道痙攣
食べ物や飲み物を順々に胃へ送り込む働きをする食道の筋肉が、痙攣を起こして食べ物が胃に送れなくなり、同時に胸痛を起こす病気です。自律神経のバランスを崩している方や胃潰瘍や胆石を患っている方に起こりやすいようです。お薬を飲んで治療しますが、この病気の治療は簡単ではありません。

消化性潰瘍
胃や十二指腸が酸によって傷つき、お腹が急に痛くなり時には嘔吐や吐血を伴うことがある病気です。大体はみぞおち辺りから右側周辺が痛くなります。出血が酷い場合には手術を行って止血したり、輸血を行うこともあります。

・胆道痛
38度を超えるような発熱と右上腹部が痛くなります。とても痛くて身体をよじるほど痛むと言われています。時には嘔吐も伴うようです。通常は入院して手術を行い、胆嚢を摘出します。合併症を患う危険性もありますので注意が必要です。

過敏性腸症候群
症状の現れ方が大きく分けて4つあり、下痢と便秘が交互に現れるタイプ、ストレスを感じたら下痢になるタイプ、強い腹痛と排泄を起こすタイプとガスが発生するタイプに分かれます。この病気は身体の不調以外にもめまいや頭痛、動悸などを伴った自律神経失調症や睡眠障害、うつ病など精神的な症状が現れてくることも多い病気です。この病気はストレスが関係していることも多いので、その要因を除くことも大切になってきます。

消化不良による病気が起こる場所


原因

ジャンクフード
消化不良が起こると、腸内にかなりの有害物質がたまり吸収され、血液に混じり体に運ばれてしまいます。
それにより、有害物質は免疫系にダメージを起こしさまざまな体調不良を引き起こすと考えられています。
明確な原因は不明ですが、体調不良などとして扱われるケースも少なくありません。その判断が、悪化へとつながっていくのです。

消化不良の原因の多くは、アンバランスな食生活や不規則な生活習慣がもとになっています。毎日の食事が加熱調理されたものやファーストフードなどに偏っている場合、消化の働きを助ける生きた酵素が取り入れられないため、消化に負担がかかることになります。特に肉や魚、卵などの動物性のタンパク質は加熱されることが多く、脂肪分は消化に時間がかかります。加熱調理されたものばかりでなく、酵素を含む生野菜や果物をバランスよく摂取することが重要になります。また、一日の中の食事のリズムにも消化不良の原因が潜んでいます。

1)朝食
しっかりと朝食を食べることが推奨されることがありますが、起きたばかりで胃腸の活動が鈍い間に食べ過ぎてしまうと、消化がスムーズに行われないまま次の食事をしてしまうことになります。胃腸が充分休まり消化の準備が整うまでは、生の野菜や果物を中心に軽食にするなど、朝食をフルーツや温野菜などに変えるだけでデトックス効果が体をいい方向へ変換してくれて、血液もきれいになり、肌の保湿力も変わってきます。つまり、前日の食事や体調を考えて調整することが必要です。
2)昼食
外食などで基本的な食べ過ぎや酵素不足にならないように意識しましょう。
3)夕食
タイミングが重要です。仕事帰りなどで、遅い時間に食事をして充分な時間を空けずに就寝すると、睡眠中は胃腸の働きも停滞するため、消化が行われずに朝まで胃に食べ物が残ることになります。そのため、胃の中で胃酸が出続けて胃を傷めることになるだけでなく、消化されていない状態の胃に新しい食べ物を入れて、また消化不良になるという悪循環につながります。夕食は夜8時ごろまでが理想的ですが、仕事などで難しい場合でも、就寝の2、3時間前までに済ませることが重要です。
4)間食
甘いものやスナック菓子などを食べる習慣がある人も注意が必要です。特に、糖分が多いものや揚げ菓子などは消化に負担がかかり、毎日のように食事の合間に食べていると胃が休まる時間もなくなるため、消化不良の原因になります。
5)アルコールと喫煙
普段の食事以外で注意したい習慣はアルコールの摂取と喫煙です。アルコールそのものは適量で頻度を抑えれば大きく問題になりませんが、アルコールと一緒に食べる食事は揚げ物や香辛料など胃に負担がかかるものが多いため、結果として消化不良につながります。また、喫煙後はタバコの成分により血行が悪くなり、胃の毛細血管に流れる血液が減少します。そのため、胃の消化機能が低下してしまうために消化がスムーズに行われなくなるのです。


消化不良の主な原因


乱れた食生活
・コンビニや外食中心の食生活
・帰りが遅くなり深夜(夜10時以降)に食べ、その後睡眠時間が少なくなると思い食後すぐ寝てしまう
・一日の食事摂取量が多い
・動物性タンパク質が多く含まれる肉や魚・卵や牛乳の摂取量が多い
・甘いものをよく食べてしまう場合(和菓子、洋菓子、スナック類、菓子パン、甘い飲み物など)
・アルコールや喫煙をしている

日頃から、食べ過ぎている方は
また、明らかに胃がもたれている状態の時は、やはり食べない(断食)をする事がお勧めです。胃もたれがよくなったら、スープ等から摂るようにしましょう。

予防・治療法

気軽に実践できる予防法


予防策を上手に取り入れてより豊かな生活を送りましょう



  1. 暴飲暴食しない
    飲み会などでアルコールを飲みすぎたり、香辛料の多く入った刺激の強い食べ物や脂肪分を多く含んだ食品をたくさん食べると、胃酸の分泌が乱れて消化の働きが弱くなるので注意が必要です。また、食事を抜いたり、寝る前に食べたりすることは消化不良に直接繋がります。消化不良を予防して美味しく毎日の食事を楽しみたいですね。

  2. よく噛むこと
    あまり食べ物を噛まないで食べると、大きい状態のまま胃に移動されてしまうので、消化をするための時間が多くかかってしまい、消化不良になりやすいです。そのため、噛む回数を増やしてゆっくり食事を楽しむようにすることも大切です。急いで食べる習慣があると食べ物と一緒に空気も食べてしまい、胃腸の動きが悪くなることがあります。

  3. ストレスや疲れを溜めない
    ストレスによる疲れをためることで、自律神経のバランスが乱れると、胃腸の働きが弱くなって消化するチカラが落ちてしまいます。そのため、自分の好きな趣味をしたり、軽い運動をしたり(運動不足は胃の働きを鈍くさせます)、ペットと触れ合ったりすることで、その日のストレスを発散させてから眠るようにするといいです。現代はストレス社会と呼ばれますが、あまりストレスを溜めすぎないよう気を配ってください。

  4. 睡眠をとる
    免疫力を上げることも効果があり、毎日たっぷりの睡眠をとる習慣を身につけると消化不良を防げます。


また、内視鏡などで検査しても何の問題も見られないのに、胃もたれや胃のきりきりとした痛みや不快感などを感じる病気を「機能性ディスペプシア」といいます。
機能性ディスペプシアについて詳しく

※最近は腸内環境を整えるサプリメントが色々と販売されています。食事から栄養を摂るのが良いのですが、忙しい現代人にはサプリメントを賢く使って体調を整えることも選択肢の一つです。胃腸を痛め易い方にはサプリメントも有効な予防策となるでしょう。

●消化不良の改善に役立つ食事メニュー
胃の粘膜が荒れてしまい胃の消化不良が起きることがあります。胃の機能を正常化させるためには、胃に優しい食事をとることです。脂肪や食物繊維が少なく、消化に負担がかからないものがおすすめです。消化されやすいように柔らかめの食材を選び、食材を料理する際は、小さく切ることが大事です。食材は、肉や魚の場合は、脂肪の少ない鶏肉のささみや白身魚、野菜の場合は食物繊維の少ないじゃがいも、にんじん、青菜などがおすすめです。食べる際も、しっかり噛んで食べ物をやわらかくしてから飲みこんだり、冷たいものは口で温めてゆっくりと飲んだりしましょう。また、食事をすませたあとは、ゆっくりと休息をとるなどの心がけが必要です。

●消化不良の改善に大根
大根
食物は胃酸や消化酵素などによって消化されます。
・食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレスなど日常的な要因で起こる消化不良
・胃下垂などで、胃のぜん動運動が低下していることで起こる消化不良
などがあります。消化不良は慢性的な膨満感、胃痛、胸やけ、食欲不振、吐き気などさまざまな症状に表れます。市販薬もたくさん出ていますが、できれば薬に頼りたくない人は、大根を活食べましょう。大根はジアスターゼ、アミラーゼ、セテラーゼといった消化を促す酵素が豊富に含まれていて、デンプンやたんぱく質を分解する働きをします。この酵素は加熱すると失われてしまうので、大根おろしや千切りにした大根サラダなど、大根を生のままで食べてください。

●ストレスが原因の消化不良の対処法
ストレスが原因で自律神経が乱れてしまうと、胃腸の機能が低下して消化不良が起こります。また、ストレスにより体力が落ちている場合、免疫の働きも悪くなって、ウイルスや細菌に感染しやすくなります。ストレスが原因の消化不良への対処法として、食べすぎや飲みすぎを控えると効果的です。ストレスが多い日には、バターや肉などの脂肪分の多い食品を摂り過ぎないように注意しましょう。また、寝る直前の食事も胃腸に負担がかかるのでやめましょう。その日の疲れはその日のうちに取るという習慣を付け、短い時間でもお風呂やストレッチなどでリラックスできる時間を作る事も大切です。

●消化不良改善につながる運動
消化不良を予防するには、適度な食事や消化しやすい食事をすること、食後の休憩をとること、ストレスを溜めないように生活することが大切です。ウォーキングやストレッチは、ストレスの発散にもなり、血流がよくなること、体の柔軟性が増すことで健康にもつながります。予防しても消化不良を起こしたら胃腸を休め、薬を飲んだり医療機関で受診しましょう。

●消化不良に効くツボ
消化不良に効果的なツボは、
1.足の甲にあるツボ「衝陽(しょうよう)」。中指と薬指の間を足首のほうへ3cmの、へこんだところにあります。
2.足の内側にある「太白(たいはく)」。親指の内側からかかとのほうへ3cmほどの、へこんでいるところにあります。
どちらも指でかるく押すと効果がでますが、お灸で温めるのも効果的です。もぐさで出来ているお灸は心地よい暑さで、内側から温めることでツボを効果的に刺激します。鍼灸治療は東洋医学で、副作用のない治療としてWHO(世界保健機構)にも認定されています。

●つわりによる消化不良
妊婦
妊娠をすると胃もたれや胃痛、胸焼けを起こしてしまう事があります。この原因としてつわりによる消化不良があります。妊娠中は胃腸の働きが悪くなり、消化不良になりやすいものです。子宮の収縮に関係する黄体ホルモンが増加すると、胃腸の機能が弱まり、食べ物が胃の中に長時間とどまって、消化不良に繋がります。また、妊娠後期になり胃腸が圧迫されると、少し食べただけでも胸焼けや消化不良に繋がることもあります。この対処法としては、とにかく胃に優しくいものをとることです。水や暖かいミルクなどがいいでしょう。辛いもの、カフェイン、炭酸はあまりとらないようにしましょう。

●吐き気を伴う消化不良

吐き気を伴う消化不良を起こしている場合には、胃腸の病気が関係している場合があります。特に、症状が長引いている時には、胃潰瘍/十二指腸潰瘍(https://doctors-me.com/doctor/child/90)などの病気も考えられます。胃潰瘍は、胃酸によって胃の粘膜が消化されてしまい、胃痛や吐き気、胃のむかつきや胸やけ等の症状が出る場合もあります。吐き気をもたらす胃潰瘍は、ストレスによる自律神経の乱れが原因のことが多いので、ストレスを減らす生活をする必要があります。また、アルコールの摂取により胃に負担がかかり、吐き気の原因となるケースもあります。胃腸の調子が悪い時にはお酒を控えましょう。

●辛い胃痛を伴う消化不良
胃痛は飲み過ぎや食べ過ぎが原因ということがあります。「毎日3食、食べないといけない」という固定概念にとらわれず、おかゆや雑炊、うどんなど、食べやすく胃にやさしいものを少量食べ、足りない分はスポーツドリンクやゼリー飲料で補いながら、数日様子を見るようにしましょう。辛い物、炭酸飲料、ジャンクフード、お酒は胃を刺激する可能性があるため控えましょう。おう吐や下痢、血便が出る際には、速やかに医療機関で受診するようにしましょう。

●げっぷが臭う消化不良
げっぷが臭う場合、体が疲れてしまっていることがあるのでゆっくりと休み、ストレスを取り除くことが大切です。入浴時にはぬるめのお風呂に長く浸かって、寝る前の軽いストレッチをし、良質の睡眠を取りましょう。暴飲暴食、にんにく、唐辛子といった刺激のある食べ物を避け、鶏肉、白身魚、豆腐といった消化のいい食べ物を中心にするといいでしょう。薬はストレスが原因の場合は漢方処方の胃腸薬、食べ過ぎや飲み過ぎが思い当たる場合は、胃腸薬を服用するといいでしょう。長期間消化不良が続く場合は、内科、胃腸科、消化器科で受診して下さい。

●消化不良によっておならが臭う場合
腸内で発生したガスは水素、二酸化炭素、窒素が主な成分ですから本来は無臭です。臭いのもとになるのは、お肉などの動物性タンパク質、ニンニク等の食物、体内で分解されるとアセトアルデヒドになるアルコールが挙げられます。消化不良を起こしている状態では、上手く消化酵素が分泌されずに、食べたものが胃腸に長くとどまることで体内で発酵がすすみ、おならの臭いをより強くしてしまいます。消化不良に対処すれば、自然とおならの臭いにも対処できます。胃腸に負担がかかる脂っこい食事ではなく、白身魚などの消化の良いものやゴボウなどの繊維質の多い野菜中心の食生活を心がけ、十分に休養をとりましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「胃腸のお疲れ度」チェック

自分の胃腸に耳を傾けていますか?

胃腸は消化吸収に大切な器官です。それだけでなくある種のホルモンを出すことも知られています。また最近、腸が免疫の大切な機能を持っていることがわかってきました。疲れで胃腸の調子が狂うと消化吸収が悪くなるだけでなく、ホルモンバランスが狂ったり、免疫機能が悪くなったりして抵抗力が落ちます。

ぜひ胃腸が疲れているかどうかを知って、胃腸を休めたり、調子を整えたりするようにしましょう。これから胃腸が疲れているかどうかチェックする設問をあげます。ご自分の胃腸のお疲れ度を調べてみませんか?

1 /10

口内炎がよくできる。

健康チェック画像

「胃腸のお疲れ度」チェック

自分の胃腸に耳を傾けていますか?
健康チェックする