消化不良しょうかふりょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

消化不良とは

消化不良になると、嘔吐や胸やけ、胃もたれ、便秘、下痢などを起こします。主な原因には、暴飲暴食や脂肪分や塩分が多い食事、アルコールなどが挙げられます。

消化不良の症状が続くようであれば、胃炎・腸炎・胃潰瘍・機能性ディスペプシアなどの病気の可能性があるため受診しましょう。

消化不良の原因と対処法

食生活・生活習慣


消化不良の原因の多くは、アンバランスな食生活や不規則な生活習慣がもとになっています。

●夕食は就寝の2~3時間前までに
睡眠中は、胃腸の働きが停滞します。遅い時間に夕食を食べて、十分に時間を空けずに就寝してしまうと消化不良につながります。また、胃の中で胃酸が出続けてしまうため、胃酸の逆流により食道を傷めてしまいます。

夕食は、就寝の2~3時間前までに済ませることが大切です。

夕食が消化されていない状態の胃に新しい食べ物を入れると、また消化不良になるという悪循環につながります。明らかに胃がもたれているときは、胃腸に負担がかからないものを食べるようにしましょう。

●間食はヘルシーなものを
甘い物やスナック菓子などを間食に食べる習慣がある人は注意が必要です。特に、糖分が多いお菓子や脂質が多い揚げ菓子などは消化に負担がかかります。油の多いお菓子は控えて、ヨーグルトやゼリーや和菓子などを選ぶようにしましょう。

毎日のように間食をしていると胃が休まる時間がなくなり、消化不良の原因になります。間食をする場合は、お菓子選びや食べる量に気をつけましょう。

●飲酒と喫煙
食事以外で注意したい習慣は、飲酒と喫煙です。

アルコールそのものは、適量にとどめて頻度を抑えれば、大きな問題にはなりません。しかし、アルコールと一緒に食べる食事やおつまみは、揚げ物や香辛料など胃に負担がかかるものが多いため注意が必要です。

また、喫煙後はタバコの成分により、胃の毛細血管に流れる血液が減少して血行が悪くなります。その結果、胃の消化機能が低下してしまい消化不良につながります。

禁煙をして、アルコールは適量にするよう意識しましょう。

消化不良を起こす病気


日常的に消化不良を起こすようであれば、以下のような病気になっている可能性があります。症状が気になる場合は、内科や消化器内科を受診してください。

●逆流性食道炎
胃酸が逆流してしまい、食道の粘膜が強い酸で炎症を起こしてしまう病気です。

胸焼けを起こしたり、横になったときに胃酸が逆流したり、嘔吐を伴うこともあります。内服薬で治療をすると共に、食生活を改める、運動をするなどして改善していきます。

●消化性潰瘍
胃や十二指腸が胃酸によって傷つき、急な腹痛が起こります。時には、嘔吐や吐血を伴うことがある病気です。

主にみぞおち辺りからお腹の右側周辺が痛くなります。

●機能性ディスペプシア
内視鏡などで検査しても何の問題も見られないが、胃もたれや胃痛、不快感などが生じる病気を「機能性ディスペプシア」と呼びます。

精神的・肉体的ストレスが要因となる場合も多いため、過労や睡眠不足などには特に注意が必要です。内服薬による治療を行うこともあります。

消化不良の予防

暴飲暴食しない


アルコールや脂肪分の多い食品、香辛料が多く刺激の強い食べ物をたくさん食べると、胃酸の分泌が乱れて消化の働きが弱くなるので食べる量に気をつけましょう。

また、食事を抜いたり、就寝前に食べたりすることは、消化不良に繋がります。

よく噛む


噛む回数を増やして、ゆっくり食事を楽しむようにすることも大切です。

食べ物をあまり噛まないで食べると、大きい状態のまま胃に移動されてしまいます。その分消化をするための時間が多くかかってしまい、消化不良になりやすいです。

また、早食いの習慣があると、食べ物と一緒に空気も飲み込んでしまいます。その結果、胃腸の動きの悪化や腹部膨満になることがあるため、意識的にゆっくり食べるようにしましょう。

ストレスや疲れを溜めない


ストレスや疲れが溜まると、自律神経のバランスが乱れ、胃腸の働きが弱くなって消化する力が落ちてしまいます。

自分の好きなことをしたり、ストレッチなど軽い運動をしたり、短い時間でもお風呂に入ったりして、その日のストレスを発散させてから眠るようにするとよいでしょう。

消化不良の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
胃の症状には様々なものがあり、胃がきりきりと痛い・胃が重い・下痢・むかつきなどあります。胃の不調によって、その症状に適した薬があります。例えば、辛い物をよく食べる・ストレスをよく感じる・脂っこい食べ物を好む・ついつい食べ過ぎてしまう、などといった項目に当てはまる人の中で、胃の不調を感じる場合、消化不良が起きている可能性があります。食べ過ぎ・飲みすぎや辛い物などの刺激物を好む人の場合、胃酸の分泌が不調をきたし、消化酵素を分泌する膵臓の働きが弱まってしまう事で消化不良が起きます。またよく噛まないまま飲み込むと、消化に時間がかかり、胃腸に負担をかけることでも起こります。ストレスなどが原因の場合、自律神経のバランスが乱れ、胃腸の働きが弱まります。また疲れもたまっている場合は免疫力なども弱まるので、感染症にかかりやすく、風邪や食あたりなどにもかかりやすくなります。

主に、消化不良による胃腸の不調は、食後に吐き気や胃もたれを感じることが多いです。そういう場合には、消化薬や総合胃腸薬を服用するとよいでしょう。特に総合胃腸薬は、胃痛や消化不良・胃酸過多など、胃腸に関する様々な症状を抑える効果があります。多くの薬の場合、毎食後に服用すると、効果を発揮します。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「胃腸のお疲れ度」チェック

自分の胃腸に耳を傾けていますか?

胃腸は消化吸収に大切な器官です。それだけでなくある種のホルモンを出すことも知られています。また最近、腸が免疫の大切な機能を持っていることがわかってきました。疲れで胃腸の調子が狂うと消化吸収が悪くなるだけでなく、ホルモンバランスが狂ったり、免疫機能が悪くなったりして抵抗力が落ちます。

ぜひ胃腸が疲れているかどうかを知って、胃腸を休めたり、調子を整えたりするようにしましょう。これから胃腸が疲れているかどうかチェックする設問をあげます。ご自分の胃腸のお疲れ度を調べてみませんか?

1 /10

口内炎がよくできる。

健康チェック画像

「胃腸のお疲れ度」チェック

自分の胃腸に耳を傾けていますか?
健康チェックする