おねしょ/夜尿症やにょうしょう

カテゴリ
子どもの病気
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

おねしょ/夜尿症とは

おねしょ/夜尿症は夜寝ている間に尿を漏らしてしまう行為を指しますが、夜尿症とは5~6歳を過ぎても、毎日のように寝ている時に尿をもらす行為を指します。成長とともに、膀胱が大きくなることや、夜中にトイレで起きられるようになることで、減ってくることも多いのですが、中には薬が必要となる方もいます。

おねしょ/夜尿症の症状

おねしょの症状としては、夜寝ている間に尿をトイレ以外でしてしまうことになります。

人は成長とともに、トイレへ行く間隔が決まってきます。生まれてすぐの赤ちゃんは誰もが24時間いつでも便も尿もたれ流しの状態です。成長に伴い生活のリズムができてきます。そこで夜と昼の区別や一日に3食の食事パターンが分かってきます。また尿を出す出口のところの膀胱も発達してくることにより、夜に尿意を感じても、ある程度は意識的に我慢ができるようになります。しかし、これら排尿に関する成長が遅れたり、異常があると、それがおねしょとして現れたり、日中のおもらしとして出てきます。

おねしょ/夜尿症の原因

おねしょの原因としては、3種類があげられます。

1.多尿型
夜の尿の量が他の人よりも多いため、夜間に目が覚めなければおねしょとなります。
2.排尿機能障害型
尿の量は多くなくても、膀胱の容量が小さいか縮こまっているため夜におねしょとなります。また尿を我慢すると、夜や日中に関わらずおもらしすることになります。
3.混合型
これは、上記1と2がいろいろ程度に組み合わさったものになります。

いずれのタイプにおいても、下記のような要因が複合的に影響をしています

●夜の水分摂取が多いこと

●睡眠が深く、ちょっとした刺激では目が覚めにくいこと

●生活が不規則なため夜と昼の区別がつきにくこと

●寒い、緊張している時など、膀胱が縮こまることによるもの

●夜におねしょをすると怒られるという恐怖感やストレスや不安からくるもの

●過保護、自立が足りないことからくるもの

●おねしょをしても本人が気にせず治す気がない

などが多く言われています。


<<腎臓の働きからみる3つの原因>>

1) おしっこを作っている腎臓に必要とされる抗利尿ホルモンが足りていないと、うすいおしっこが多く作られてしまい、その結果、夜中にうすい尿が多く出てしまう夜尿症になります。
2) 子供の夜尿症の場合は、膀胱の働きも関係してきます。膀胱は腎臓で出来たおしっこをためておく場所なのですが、赤ちゃんのうちは膀胱におしっこをためておける量が少なく、成長するにつれてためておける量が増えてきます。
しかし、実年齢よりも膀胱の容量が少なく、おしっこをためておけずに夜中におもらしをしてしまうと言う事があります。
3) 心理的な要因として、ひどく怒られた時や環境の変化・学校での出来事などで、ストレスがあると、腎臓での抗利尿ホルモン作りに影響が出て、おねしょをしてしまう事があります。この時のおねしょは、腎臓の働きから起こる夜尿症のうすい尿とは違って、ぐっしょりと出ることがよくあります。

<<おねしょと睡眠のリズムとの関係性>>
これまでは眠りが深すぎると目が覚めなくておねしょをしてしまうといわれていましたが、今は眠りの深さなどはあまり関係ないのではないかと言われています。しかし、早寝早起きをするという点では睡眠リズムは大事だと言えます。早寝早起きすることで健康的になり、おねしょをしてしまうことから自立していく一歩になります。


<<おねしょの2つの主な原因>>

1) 今まで夜尿症の原因は「子どもの性格」「保護者の育て方」が原因だといわれてきました。しかし実際は、夕方以降の水分をたくさん取ることによって、夜間の尿量が多くなっていることが挙げられます。その尿量のコントロールをしているのが「抗利尿ホルモン」です。脳から分泌されるホルモンは、昼間は少なく、夜間多く出ます。夜尿症の子供に見られるのが、抗利尿ホルモンの出方が悪くなり、夜間だけ尿量が多くなってしまっておねしょに至る場合です。
2) 膀胱機能は子供の成長とともに発達していき、夜間の尿量は昼間の1.5倍~2.0倍貯められるようになります。4~5歳になると一晩トイレに行かなくても大丈夫な位に貯められるようになります。しかし、夜尿症の子供は、膀胱機能の発達が未熟で小さく、寝る前にトイレに行っても全部出せなくて、おねしょになります。

他にも突然の夜尿は、心理的ストレスが原因だといわれますし、夜間の尿意を感じないほど深く眠って、起きれない原因もあります。また、膀胱や腎臓が器質的な異常が原因で夜尿してしまう事もあますし、昼間もパンツが濡れてしまう「昼間遺尿症」というものもあります。このように、夜尿症は2つの主な原因のほかにも複数の原因がみられるため、その子供がどれにあたるのか、病院の先生に診てもらいながら対策をとっていきましょう。

おねしょ/夜尿症の予防・治療法

おねしょの予防としては、子供を起こさず、焦らず、叱らずの3原則が重要になるようです。夜に強制的に起こして排尿させることは一見良いようにも見えますが、睡眠リズムを乱したり、夜間の尿のホルモン分泌をおこしたりと、長期的には逆効果になりできれば避けたいところです。よって、お母さんは焦らず、感情的になって叱ったりするのではなく、接していくことが大事です。

【動画】子供のおねしょ改善のための3つのコツ


また不快感を感じたり、大きくなってきたら自分で後始末をさせるなど、治そうとする意欲を与えることも大事になります。必要な指導はしつつ、本人のストレスが強くなりすぎないように、気長につきあっていく必要があります。水分摂取は夕食のあとから、寝る前までの間は控えさせること、寝る前にはトイレに行く習慣をつけることは大切です。また排尿をぎりぎりまで我慢したり、排尿を途中で止める訓練で膀胱容量を大きくさせるという事もありますが、これはやりすぎると膀胱炎という病気になってしまうため、水分を寝る前には減らすというのが効果的です。

大人のおねしょ、夜尿症のタイプによっては、こうした注意だけでは予防が難しい場合もありますし、年齢が高くなると、宿泊行事や友達との関係で悩むようになることもあります。気になる場合には一度専門医にご相談されることをお勧めします。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください