神経痛しんけいつう

カテゴリ
脳の病気
神経の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

神経痛とは

神経痛は、末梢神経に痛みが生じる病気のことです。痛みに伴い、しびれやふるえなどの症状が現れることもあります。神経痛は、坐骨神経痛(足の痛み)や三叉神経痛(顔の痛み)など、神経とその支配域に対応して痛みが出ることが特徴です。原因は骨による圧迫やヘルペスウイルスなど原因がわかっているものもありますが、不明な場合もあります。軽いものでしたら内科での対応が可能ですが、難しければペインクリニックなど痛みを専門に扱うクリニックに受診されてもいいでしょう。

神経痛の症状

神経痛は神経の経路に沿って痛みが現れます。その原因は心因性のもの、ウイルス感染によるもの、外傷によるもの、何らかの病気によるもの、原因不明のものなど様々です。神経痛の症状は、痛みが現れる場所によって現れ方やメカニズムが異なります。首や肩、腕、手足、腰棟、顔、指などが神経痛の現れやすい部位とされています。神経痛の主な症状として、急激な痛みが現れます。しびれやふるえなどを伴う場合もあります。反復的に痛みが襲ってきたり、不規則な痛みを感じたり、長時間痛みが続いたりと痛みの種類も幅広く、個人差が大きいのも神経痛の特徴です。

■腰痛を引き起こす神経痛について
腰痛を引き起こす神経痛に坐骨神経痛があります。坐骨神経痛は病名ではなく症状を指す言葉で、坐骨神経が圧迫されたり、炎症を起こしたりして下半身に痛みやしびれが起こる症状を言います。腰痛だけではなくお尻から足先にまで痛みがでることもあり、多くの場合は慢性的に痛みが続きます。椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症が原因で起こる人もいますが、多くの場合は原因が特定できません。腰痛持ちの人に起こりやすく、腰痛時に一時的に鎮痛剤などで対処して根本的な治療をしないために、坐骨神経痛が発症します。坐骨神経痛の原因となる病気が判明した時は治療を行いますが、原因が特定できない場合は保存的療法が行われます。腰痛体操やストレッチを行う運動療法、鎮痛剤で痛みをおさえる薬物療法、超音波などで腰を温めて血行を良くする温熱療法、コルセットなどを使用する装具療法などを組み合わせて行います。

■坐骨神経痛とヘルニアの違いは?
「坐骨神経」は末梢神経の中でも最も長い神経で、腰椎からお尻の梨状筋の下を通り、太ももの裏側から膝の裏側、ふくらはぎを通り足に至ります。坐骨神経痛は病名ではなく、この下肢に伸びている長い「坐骨神経」が何らかの原因によって圧迫されることで出る痛みやしびれなど症状のことを言います。坐骨神経痛の原因には、腰部脊柱管狭窄症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患などがあり、腰椎椎間板ヘルニアも原因のひとつになります。腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎と腰椎の間でクッションの役割をしている椎間板が何らかの理由により潰れてしまい、椎間板の中にある「髄核」が押し出され、脊柱管を通る神経を圧迫し痛みやしびれなど坐骨神経痛の症状がでます。

■その痛み筋肉痛かと思いきや神経痛かも?
筋肉痛は運動量が急に増えた場合などに起こります。激しい運動をすることによる筋収縮で筋肉への酸素や栄養素が届かず老廃物が回収されないため起こる筋疲労と、ふだんは使わない筋肉を急に使うことで筋肉に負荷がかかり、筋組織が損傷され炎症を起こす筋損傷によるものがあります。神経痛は末梢神経が何らかの原因で圧迫され痛みが生じ、しびれを伴います。筋肉痛と神経痛は症状が似ている部分が多いですが、見分け方として、筋肉痛の場合は炎症を起こしている場所がピンポイントであることが多くみられ、安静時には痛みが少なくなります。一方、神経痛は、特に痛むという場所がはっきりせず、末梢神経のラインに沿って痛みやしびれの症状があり筋肉痛に比べて安静時でも痛みのある場合があります。

■頭が痛くなる神経痛の症状と対処法
神経痛の症状の中でも頭が痛くなるタイプの神経痛を後頭神経痛と呼びます。大後頭神経に痛みが走るというもので、急激に首の付け根から後頭部にかけてキリキリとした痛みが走ります。耳鳴りやめまいといった症状を発症する人や頭皮にしびれなどの違和感を感じるという人も少なくありません。症状が起こる原因としては枕のサイズがあっていない、前かがみの悪い姿勢を続けているなどの日常生活における生活習慣が原因となっている事が多くあります。日常生活以外では交通事故などによる外傷、血圧の圧迫、頸椎異常なども原因として考えられます。対処法として一般的に用いられているのが薬物療法や漢方薬の処方で症状や状態に応じて処方が行われます。

■雨の日に足が痛くなる神経痛
雨の日や悪天候な日に痛みを感じてしまう人がいます。この神経痛の原因としては気圧が関係しており、低気圧が近づく事によって痛みが走るとの事です。中にはこの痛みをはずっと続くもので、治らないものだと考える人もいます。その中で、ペインクリニックが注目されています。ペインクリニックは循環器外科や脳外科、整形外科、精神科などと併診察するのが特徴です。併診する事によって、痛みを治療しながら心身症や炎症などの全身に表れる症状も治療出来るのです。理学療法や心理療法、東洋医学療法などを交えて治療を行い、痛みの原因である神経を遮断するのが特徴ともなっています。随時検査内容を検討して、最善の治療法を探したり、選んだりも出来るのです。

原因のわかる症候性神経痛と原因不明の突発性神経痛に分けられ、症候性神経痛には痛む場所によって、腰・骨盤から足先までの神経におこる坐骨神経痛、顔面におこる三叉神経痛、背中や体の側面におこる肋間神経痛、ものを噛んだり飲み込んだりしたときに喉や耳に神経に異常がないにも関わらず痛みを感じる舌咽神経痛、帯状疱疹にかかった後症状が消えてからも痛みが長く持続するヘルペス後神経痛、痛む部位が移動することもある心因性疼痛などがあります。
・三叉神経痛:顔面に激痛が発作的に起こるもので、動脈硬化などが原因で血管が膨張し脳幹部を圧迫することにより発症すると考えられています。
・坐骨神経痛:腰・骨盤から足先までの神経に起こる。若い人の場合は椎間板ヘルニアなどによるもの、高齢者では老化が原因の変形性腰椎症や脊柱管狭窄症によるものが多くなっています。しかし、数は少ないものの脊髄障害や骨盤内腫瘍などが原因の可能性もあります。
・肋間神経痛:体の側面部分や背中に突然生じる激痛で、ストレスやビタミン不足、ヘルペスウイルスによるもの、椎間板ヘルニア、事故による圧迫骨折など関係する原因は多岐にわたります。
・心因性疼痛:神経に異常がないにも関わらず、心因性の理由により痛む
・舌咽神経痛:膨張した血管が神経を圧迫することにより起こると考えられていますが、脳腫瘍、脳動脈瘤、脳梗塞などの脳疾患が原因となっていることも考えられます。

このように神経痛の痛みの原因は様々なので専門医の診察を受けることが大切です。


ストレスからくる神経痛


私は産後、育児に疲れたり、ストレスが溜まってくると頭皮神経痛になるようになりました。もちろん疲れやストレスが緩和されれば、すぐによくなるのですが、ストレスが過度に溜まると頭皮がとても痛くなり硬くなってしまうような症状です。頭皮神経痛という言葉自体、最近まで知らなかったのですが、インターネットなどで調べていくうちに私の症状にぴったり当てはまるものでした。この症状が出た時は育児を主人に少しお願いし、お散歩をしたり、カフェなどに一人で行き、リラックス出来るようになるべく心がけています。ほんの数日でおさまるので、病院にかかるほどではないので心配はしていませんが、だんだんひどくなるようなら、病院に行こうと思います。子供はとても可愛くて、育児も楽しんでしているつもりでしたが、やはり、慣れない育児はかなり疲れを知らない間に感じてしまっているようです。こんなお母さんはとても多いように思います。
重症になる前に、周りに手伝ってもらえる環境でとても有難く感じています。


出典:DoctorsMe体験談


神経痛の原因

神経痛の原因は、さまざまな原因が考えられています。
おもに2つのパターンに分けられます。ひとつは病気やウイルスなど原因が明確な症候群性神経痛、もうひとつが原因が分からない、特定できない突発性神経痛です。

●症候群性神経痛
原因が明確なものは、病気やウイルスのほかに骨の変形や外傷、神経の周りの炎症などが原因とされています。何かしらの原因により病気や外傷、炎症の患部の末梢神経が傷つけられたり神経を圧迫することで痛みとして現れます。よくある神経痛の原因としてはヘルニアの患部や事故で傷ついた部分、事故の後遺症です。

●突発性神経痛
神経痛の原因不明の場合は、ストレスや栄養不足ということもあります。心因性のものであることも。ヒステリーやうつ病が起因している場合もあります。ほかにも、遺伝も原因として考えられます。


神経痛の原因がストレスだったとは!


時々、顔面を針で刺すような痛みが走る症状がありました。最初はたまに起こる程度だったので気にしていなかったのですが、次第に数日おきに症状が出るようになり、心配になって受診することにしました。診察結果は、なんど「神経痛」でした。詳しく検査してみましょうということで、後日CTを受けることになったのです。しかし、はっきりとした原因は解明されず、お医者さん曰く、「これはストレスが原因かもしれません」となったのです。
ストレスは、どうやら自律神経に影響を及ぼすらしいのです。ストレス下にさらされると、交感神経が活発になるんだそう。その結果、体が休むことができなくなり、血の流れが悪くなったり、老廃物が体内にたまるようになってしまうのだそうです。それらに精神的な苦痛が加わり、神経痛のような症状が出ることがあるようです。
それ以来、神経痛の治療を含め、リラックスした生活をするように心がけていると症状は緩和されていきました。


出典:DoctorsMe体験談


神経痛の治療法

神経痛になると、激痛が走るような痛みに悩まされることがあります。また、神経痛は原因が明確なものと、原因不明なものに分けられます。

《予防法》
予防法としては、正しい姿勢を心がけることが重要です。
神経痛の痛みが出る部位とされる首、肩、腕、手足、腰、胸などに負担がかからないように、姿勢を意識することも重要です。

また、体が疲れている時は無理をせず、休養を取ることも予防できる手段の一つとして有効です。栄養バランスの取れた食事や適度な運動、そして良質な睡眠をとり、体を十分に休ませることも予防の一つといえます。

《治療法》
神経痛の治療は、主に「薬物療法」が中心となっています。薬物療法では基本的に、アセトアミノフェンやNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)が用いられ、湿布が処方されることもあります。しかし、これらの薬で症状がよくならない場合は、神経障害性疼痛治療薬、オピオイド鎮痛薬、鎮痛補助薬(抗うつ薬・抗てんかん薬・抗不整脈薬・ビタミンB12など)といった薬が必要に応じて用いられます。また、温熱療法・電気療法・牽引・マッサージ・コルセットの装着などの「理学療法(リハビリテーション)」も治療の一環で行うことがあります。

薬物療法や理学療法で十分な効果が表れない場合は、「神経ブロック」が併用されることもあります。これは、麻酔注射を神経や神経の周りに注射することで、痛みが伝わる神経の回路を遮断したり、注射した部位の筋肉の緊張を緩めたり、血流を改善させる目的があります。他にも、痛みの原因を知ったり、痛みの感じ方やとらえ方を見つめ直したりすることで、心理的な面からアプローチする「認知行動療法」が痛みの改善に有効な場合もあります。それ以外の治療法として、レーザー治療やイオントフォレーシス、光治療などもあります。しかし、治療しても思うような効果が現れず、日常生活に支障をきたすほどの症状がある場合は、手術の適応となることがあります。


● 助間神経痛:左右のどちらかに起こる胸の痛みのことを指します。したがって、時間が経過するとある動きをすれば突発的に助骨が痛み出します。痛みの部位や程度には個人差があります。場合によっては助骨の痛みではなく、心臓や肺の痛みや背中が強く張るという症状にもなります。助骨神経痛は肺ガンに似ている症状になるときがあります。深呼吸をすると苦しくなることもあるので注意してください。

● 助間神経痛:治療法は体操をすることです。体操を毎日すると腰がどんどん軽くなっていくのを実感できます。そうすれば、助間神経痛の症状も和らぎます。

● 坐骨神経痛:簡単なストレッチでかなり良くなります。お尻の筋肉をほぐすこともとても重要なので、意識をしながらストレッチや体操をしましょう。このようなスタイルを取り入れると約1ヶ月半で坐骨神経痛が治るかもしれません。また簡単なストレッチとしては、テニスボールをグリグリすると効果が得られます。かなり有名な治療法ですが、何も道具を使わないので短期間で効果を得ることができます。このような治療法を用いると体が歪むこともありません。

■漢方による神経痛治療の効果
漢方は、急性的な痛みよりも慢性的な神経痛に効果があります。使用できる漢方薬は多くあるので、専門の漢方医に相談しながら自分に合った漢方を処方してもらいましょう。全身の栄養が足りない場合は体の免疫力を上げる効果のある漢方、体の水分バランスが崩れている場合、血分の不足やバランスが悪い場合など、症状に合わせて漢方を配分することができます。関節の痛みなどの神経痛には、薏苡仁湯や疎経活血湯と呼ばれる漢方が効果があるでしょう。筋肉経路で停滞している血のめぐりを良くする血行改善作用、また芍薬による神経の痛みを緩和する鎮痛作用などを期待することができます。漢方には神経痛治療に効果があるものもありますが、副作用がある漢方もあるので注意が必要です。

■神経痛に効く食事メニュー
神経痛を薬で緩和させたいと考える方が多くいますが、神経痛には原因が特定されている症候性神経痛と原因が特定されていない突発性神経痛があります。原因が特定されていれば、神経痛に効果的な治療を行うことができますが、原因が特定されていないと、痛みを緩和する対処療法を行うしかありません。体の各部で発症する神経痛は、どれも血管を圧迫して、血流が悪くなることで痛みを発生させるので、血行促進に良い食材を食事に取り入れると、原因の特定に限らず神経痛を防ぐことが期待できます。血行促進に良い食材には、緑黄色野菜・青魚・ナッツ類があります。これらの食材を鍋料理として利用して、キムチやショウガで味付けすると発汗作用も加わり、血行促進や神経痛の緩和が期待できます。

■温泉を利用して神経痛を緩和する
日本全国各地に沸いている温泉は、様々な効能があります。神経痛、皮膚疾患や切り傷、婦人病などに対して効能があります。定期的に温泉に浸かることによって、神経痛の緩和が期待できます。入りすぎるとのぼせや脱水症状になる可能性があるので、入浴する前にコップ一杯、入浴後にもコップ数杯の冷たすぎない温度の水や麦茶を飲むようにしましょう。暑い季節はスポーツドリンクもお勧めです。また温泉施設によっては、ラウンジや脱衣所内に温泉水を飲めるようにして提供している場合がありますので、それを飲むことによって、体内からの温泉の効果も期待できます。露天風呂は温度差が激しいので、心臓に問題がある場合やご高齢の方は十分に気を付けましょう。

■足のしびれなどを引き起す神経痛の対処法
お尻から足にかけて突然走る痺れ、それは座骨神経痛かもしれません。ストレッチで再発を防げるものから、医療機関に治療を委ねなければならないもの、最悪手術にまで至るものまであります。先ずはなぜ足のしびれが起こったのか、その原因を突き止めることが大切です。その中でも、症状がさほど深刻ではない場合の対処法としては、ストレッチを行うことです。足のしびれは筋肉の緊張からくることがあります。代表的な筋肉として、「ハムストリング」「内転筋」「腰方形筋」が挙げられます。これらの筋肉を効果的に伸ばすことで痺れも徐々にとれ、合わせて姿勢も良くなり座骨神経痛予防にも一役かっています。これらの筋肉のストレッチはすぐにでも実践できる上、効果的です。

■神経痛に効く頭のツボ
体の各部に存在する末梢神経が刺激されることによる神経痛は、体の各部に応じて様々あり、三叉神経や後頭神経が刺激されることで発生する頭部神経痛には、百会(ひゃくえ)や天柱(てんちゅう)が代表なツボとしてあげられます。百会は、万能なツボと言われ、どのタイプの頭痛も緩和すると言われています。両耳を繋いだ頭のてっぺんに位置する百会を、気持ち良いと思えるほどの力で2分程を1日に数回押すと、頭部の血流が良くなり頭部神経痛が緩和されます。首の後ろの頸椎の両側に位置する天柱は、3秒押して放すを繰り返していると、頭部への血流が良くなり、頭以外にも眼の疲れも緩和されます。神経痛に効く頭のツボは、他にも頷厭(がんえん)、風府(ふうふ)などがあります。

なお、神経痛の原因が不明の場合は、痛みを抑える治療に焦点があてられます。


神経痛が治った理由


最初の転職を20代半ばでしたときのことです。仕事のやりがいはあったのですが、とにかく打ち合わせや外出、クレーム対応の多い仕事で残業が恒常的にある職場でした。多いときには月60時間を越えたときもありました。その頃から肩や首、腰痛など神経痛に悩まされ、マッサージに通い始めたのもこの頃からです。
30代後半で年齢的にも最後のチャンスと思い、やりたい仕事に転職しましたが、職種変更したこともあり、残業は劇的に減りましたが上司がうつ病だったため私を含む部下はいつも上司の顔色を伺いストレスが溜まる職場でした。そのころ神経痛はさらに悪化し、マッサージ師の方にも驚かれるくらい筋肉が硬いといわれました。そこで形成外科にも受診しましたが原因が分からず、なぜなのだろうかと悩んでいました。臨床心理士にも相談するくらい心が疲れていたので、運よく次の仕事が決まったので迷わず退職しました。転職経験がストレスを回避する方法を学ぶきっかけを作ってくれたのでしょうか、現在は殆ど痛みはありません。


出典:DoctorsMe体験談





体験談から知る!神経痛の治し方!神経痛の治療は原因特定から!体験談をみよう!
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

神経痛の相談

神経痛の体験談

  • 神経痛に効く薬がある

    神経痛・薬

    胸のあたりが痛くなることがあったので、大きな病院で精密検査をしてもらいました。 骨に異常があるわけでもなく、肺や心臓にも異常はないので、肋間神経痛という症状だと医師から教えられました。痛みについては体の異常から来るのではなく、どちらかというと神経そのものの痛みなので、治療方法はなく、痛みが出てきたら耐えるか、痛み止めを服用するようにいわれました。一応薬を出してもらいたかったので、神経痛に効く痛み…続きをみる
  • 【漢方体験談】神経痛と漢方

    神経痛・漢方

    僕は日頃デスクワークをしているのですが、肩や腰がずっと痛くて、仕事に集中出来なくなってしまうので整体に通っていました。しかし、整体では腰や肩はあまり凝っていないと言われたので少し疑問に感じていました。病院に行くと、神経痛ではないかと診断を受けたのでかなりショックでした。 神経痛の治療は、痛み止め等を服用するしかないのでその時は痛み止めだけを貰って安静にしていましたが、デスクワークをすると再発して…続きをみる
  • 神経痛に効く温泉

    神経痛・温泉

    私は持病の神経痛を改善させるため、よく温泉に通っています。 神経痛が起こるようになったのはもう10年近く前です。当時はまだ30代だったのに、寒い季節になると腰を中心に間接の節々が痛み出すようになりました。気になって病院に行き様々な検査を受けたのですが、原因はよくわからなかったのです。毎年寒い時期に起こる痛みということで、神経痛と判断されました。日常生活に影響が出るほどの痛みでもないし、春や夏など…続きをみる
  • 肩の神経痛に悩む人の体験談

    神経痛・肩

    一日中パソコンを使う仕事をしていることもあり、長年に渡り肩の神経痛に悩まされていました。 もともと運動が嫌いなこともあってか、筋肉量が少ないことも原因なんだそうです。大したことはないだろうと放っておいたら、肩だけでなく、首や腕、さらに背中まで神経痛になりはじめたので、これはいけないと思い受診することにしました。まずは丁寧な問診の後、エックス線の撮影などの診察を受けました。 休息が何よりも大切とい…続きをみる
  • 私の神経痛を緩和させる方法

    神経痛・緩和

    私は成人してから神経痛が酷く、場合によってはしばらく動けなくなるほどの痛みが起きることもありました。そのため投薬により症状を緩和させていたのですが、日々の医療費もかさみ、なんとか改善できる方法はないものかとインターネットサイトで検索してみることにしました。 私と同じような悩みを抱えている方も多く、効果的な改善方法として定期的な運動や食生活などの生活習慣が効果的というふうに掲載されていました。更に…続きをみる
  • 治らない神経痛

    神経痛・治らない

    私は長年なかなか治らない神経痛に悩まされています。 痛みが始まったのは40も半ばを越えた頃でした。パートとして食品工場で働いていたのですが、ある日冷凍庫に入って重い食品を運搬したところ腰を痛めてしまいました。寒いところで急に重い物を持ったため、一時的な痛みだろうと思い一週間は気にしないで過ごしました。しかし時間が経っても痛みが和らぐことはなく、今度は膝の関節痛が始まったのです。これはおかしいと思…続きをみる
  • 神経痛に対する湿布の効果の体験談

    神経痛・湿布

    時々、背中や手脚が痛むことがありましたので、とても困っていました。仕事や家事に支障が出ますし、気軽に外出することができなくなったからです。 まずは痛みの原因を突き止めたいと思いましたので、口コミサイトで評判を調べてから、整形外科で診察を受けました。さまざまな検査を受けたあとに、整形外科医から神経痛と診断されて、とても驚きました。不安な気持ちでいっぱいになりましたが、処方する湿布をきちんと貼ること…続きをみる
  • 神経痛の治し方

    神経痛・治し方

    5年ほど神経痛に悩んだとき、整体で治し方を聞いたところ、「すぐに効く治し方はないので、体を温めたり少しずつ運動することが大事」と言われました。運動をすると言っても神経痛が痛いので、思うように体も動かず、それならばと冷えに気をつけることを徹底しました。私がまず実践したのは五本指の靴下です。シルク製の五本指の靴下を履き、その上に木綿の靴下を履きます。五本指の靴下を履いてみて、指の間から気づかないうち…続きをみる
  • 神経痛の治療は何科へ?

    神経痛・何科

    神経痛が発症した場合症状が現れた場所や症状によっても変わりますが、一般的に何科を受信したら良いのか迷う人も多いと思われます。 神経痛は肋間や坐骨、舌咽などに現れたりヘルペスの後や多発神経炎でまた精神的なものが原因でも発症します。病気で治療をおこなっている途中に発症した場合はそのままかかりつけの医師に相談できますが、突如痛みが現れた場合は内科や神経内科、整形外科を受診する人が多いと思われます。しか…続きをみる
  • 神経痛を緩和するビタミンの効果

    神経痛・ビタミン

    ここ2、3年ほどの間度々、足の関節、主に膝などが針で刺したようにズキズキと痛むことがありました。痛みは一日中続くわけではなく少し経つと自然に治まるためずっと特に気にしていなかったのですが、なんとなしに読んでいた週刊誌に載っていた「神経痛」という病気に症状が似ていたことから気になりだし、先日ネットで詳しく調べてみました。 どうやらこの神経痛という病気は様々な要因から発症するようで、明確な原因が分か…続きをみる

神経痛に関するコラム