寝違え

カテゴリ
様々な症状
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

寝違えとは

朝起きたら「首が動かない!」「肩が痛い!」「腕があがらない!」などの症状、誰でも一度は経験があると思います。寝違えや筋を違えた時、筋肉は炎症を起こしている状態にあります。首や背中などに不自然な力が加わり、軽い炎症を起こしてしている状態を寝違えと言います。

寝違えの症状

起きた時に首のこわばりがあり、いつも通りに起き上がれない。首を動かせる範囲が普段より狭くなり、動かそうとすると激痛が走る。横を向くと無意識に身体ごと動かしてしまう。上を向くと痛みが走り、向きづらい。腕や肩がだるく、しびれる。などの症状がみられます。

脇の内側を通る腋窩神経(えきかしんけい)が圧迫され、血行障害や炎症を起こしている状態で、疲労やストレスが過度に部分的にかかっていることが原因と言われています。
湿布など炎症を抑えるお薬やアイシングなどの対処療法や筋肉を弛緩させて軽いストレッチなどを行う根本治療、その他、痛みが治まるまで静かに安静を保つ、つぼを刺激する、など色々な方法があります。

マッサージなど刺激を与えすぎるとかえって炎症が悪化する場合もあるので、医師やプロのマッサージ師に相談して治療法を検討してください。

寝違えの原因

人が眠る時には寝返りをうって身体の負担にならない体勢を自然にとるのですが、何らかの原因で自然な体勢に戻らず長い時間身体に負担のかかる姿勢をとっていたことで、首や背中がダメージを受けて炎症を起こしてしまったと考えられます。

枕の高さの不一致やお布団の重さ、パジャマの身体へのまとわりつき具合い、大量のアルコール摂取などで泥酔状態で熟睡してしまったりと、様々なことが要因となって、寝違えを起こします。
また、ストレートネックなど、PCやスマートフォンに向かう時間が増えたことによる現代病とも言われていますが、日常の姿勢の悪さや運動不足、身体の柔軟度の低さ、睡眠の環境を整える意識の低さなども要因のひとつと言っても過言ではないです。
また、ストレスによっても睡眠の質が落ち、眠れない日、眠りすぎる日、睡眠剤や睡眠導入剤の使用などで、大切な寝返りをうたない状況を作りやすくなってしまう場合もあります。

寝違えの予防/治療法

良質な睡眠環境を整えましょう。
具体的な方法は、以下の七点です。
・枕やお布団など身体に合った寝具を選びましょう。
・眠る時の衣服はパジャマがおススメです。ジャージは縫い目があたったり、生地が汗をすいにくい場合などもあり相応しくありません。
・寝ながらのスマートフォンはやめましょう。そのまま眠ってしまうと寝がえりがうちづらくなったり、途中覚醒したり、睡眠の質が落ちます。
・身体を柔らかくしましょう。ストレッチや日々の運動など身体の柔軟性を養うことを意識しましょう。
・首の周りを冷やしすぎないようにしましょう。急激な冷えも寝違えの原因となります。
・心身リラックスして眠りましょう。心身のストレスは緊張状態を生み、こわばってしまいます。全身の筋肉を緩めて睡眠できるよう、リラックス状態を上手に作れるようにしましょう。
・アルコールにも気をつけましょう。泥酔した状態での睡眠は寝違えのもとです。
寝違えの症状が神経系の障害などの病気の場合もあります。
寝違えかな?と思ったら、自己判断せず
念のため専門機関へ相談に行きましょう。
椎間関節ブロックにより劇的に改善します。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

寝違えの相談

寝違えの体験談

  • 寝違え時は極力安静する事

    寝違え・安静

    寝違えを起こしてしまった場合には、身体に大きな痛みが発生する事が多いです。私も他の方と比べると寝相があまり良くないので、よく寝違えてしまう事があります。深刻な症状が発生してしまった場合には、これ以上酷くならないように布団の中で安静している事がとても多いです。 その理由としては体を横にする事が体にとって一番負担が発生しないからです。特に首などを痛める事が多いので、痛めた方が下にしてこれ以上刺激を与…続きをみる
  • 寝違えと診断されて痛み止めを服用した経験談

    寝違え・痛み止め

    ある朝、目覚めた途端に首と肩に激痛を感じました。痛みが激しいために、首を曲げることすらできません。このままでは家事をすることもできないので、整形外科で治療を受けることにしました。けれど、外出するために着替えようと思っても、首が痛くてたまらないので、とても苦労しました。 幸いにも家の近くにある整形外科で診察を受けることができましたが、医師から寝違えと診断されました。放置しておくと長引くので、痛み止…続きをみる
  • 寝違えで顎が痛い時は温湿布?冷湿布?

    寝違え・顎

    目覚めたら寝違えで顎が動かないということが先日あり、仕事に支障が出るくらいひどく大変辛い思いをしました。これほどひどい寝違いになった経験がなかったので、ほぐしていいものなのか、伸ばしていいものなのか、温湿布か、冷湿布か、迷ってしまいました。 また、寝違いではなく違う病気なのではとネットで症状を入れ検索をして色々と読みあさったり、職場の人にも相談し、ヘルニアになった経験のある人の話を聞き、寝違えで…続きをみる
  • 寝違えを悪化させないために

    寝違え・悪化

    寝違えて、首を動かせなくなりました。じっとしている分には痛くないので周囲の理解が得にくいですが、少しでも動かすと激痛が走るので、たいへんでした。でも、受診するほどのおおごとでもないだろう、そのうち治るだろうと思っていました。 ところが対処法を間違え、最初からずっと温めていたせいか悪化させてしまいました。本当はひたすら冷やさなければならなかったようです。寝違えも捻挫であるということは後になって知り…続きをみる
  • 寝違えて足を痛める

    寝違え・足

    寝相が悪いことによって昔から大変悩んでいます。朝起きる度に体のいたるとこが痛いことが多々あるからです。学生のときには体育をするのに支障をきたすことがありましたが、仕事を始めた今では仕事自体に大変影響を及ぼしてきています。 寝違えてしまって体を痛めることは自分にとってはマイナスなことしかなく、なかでも足を痛めてしまうことによって行動をするのが大変苦痛なことになります。痛い理由が寝違えてしまったこと…続きをみる
  • 寝違えたことが原因で肩甲骨に激痛を感じた経験について

    寝違え・肩甲骨

    目覚めて布団から起き上がった途端に、肩甲骨に激しい痛みを感じました。息ができないほどに苦しくて、しばらく体を動かすことができなかったほどです。痛みに対して不安を感じましたから、少しずつ体を動かしながら服を着替えて、接骨院へと向かいました。なぜなら、接骨院でも痛みを治療できると聞いたことがあるためです。 接骨院に事情を話したところ、ベッドに横たわって症状をチェックしてもらえました。その結果、寝違え…続きをみる

寝違えに関するコラム