寝違え

カテゴリ
様々な症状
運動器系の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

寝違えとは

寝違いとは、朝起きたときに首が動かない、肩が痛い、腕があがらないなどの症状が出ることを指します。

いつもとは違う寝相で首や背中などに不自然な力が加わることで、痛みやしびれが出ます。

寝違えの症状

寝違えると、起きた時に、首や肩、背中などに以下のような症状が見られます。

・こわばり
・しびれ
・痛み
・首を動かせる範囲が普段より狭くなる
・腕や肩のだるさ など

寝違えの原因

人は、睡眠中は寝返りをうつことで、負担にならない体勢を自然にとります。しかし、何らかの原因で長い時間体に負担のかかる姿勢をとってしまうと、首や肩、背中などの筋肉や関節に影響が及びます。

枕の高さの不一致や布団の重さ、パジャマの体へのまとわりつき具合い、泥酔状態での就寝など、さまざまなことが要因となって、寝違えを起こします。

また、日常の姿勢の悪さや運動不足、体の柔軟度の低さ、睡眠に対する意識の低さなども要因と言えます。

寝違えの治療

痛みが治まるまでは、痛いほうに首を傾けず、安静を保ちましょう。ストレッチやマッサージなどで刺激を与えすぎると、かえって炎症が悪化する場合もあります。

痛みがひどいときは、医師に相談してください。湿布など炎症を抑える薬や鎮痛薬などで対症療法を行います。

寝違えの予防

寝違えの予防には、以下のことを意識してみましょう。

寝具選び


枕や布団などの寝具は、自分の体に合ったものを選びましょう。また、就寝時はパジャマを着ることも大切です。ジャージやもこもことしたルームウェアは、縫い目があたったり、生地が汗を吸いにくかったりとふさわしくありません。

寝ながらのスマートフォン操作を控える


スマートフォンを持ったまま眠ってしまうと、寝がえりがうちづらくなったり、途中で覚醒したりと、睡眠の質が落ちます。

首の周りを冷やさない


急激な冷えによる筋肉のこわばりは、寝違えの原因となります。首が冷えないように室内温度を調整しましょう。

心身のリラックス状態を作る


心身のストレスは緊張状態を生み、体がこわばってしまいます。全身の筋肉を緩めて睡眠できるよう、リラックス状態を上手に作るようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください