腹痛ふくつう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

腹痛とは

腹痛とは、腹部の痛みのことです。原因はさまざまで、何らかの不調を知らせるシグナルとされています。
腹痛を始まりとして別の症状が現れることもあります。自然に治る軽症の場合から、すぐに治療が必要な場合まで、重症度はその時々によって異なります。

いつから、どの辺りが、何をしたときに、どのように痛いのかなど、詳しくメモしておくと受診する際に役立ちます。

緊急で受診が必要な場合

以下のような腹痛の場合は、緊急で受診が必要です。受診が困難な場合は、迷わず救急車を呼んでください。
・血の気が引いていくような感じがある
・意識がもうろうとしている
・冷や汗が出ている
・顔色が悪い
・吐血した
・血便が出た
・発熱した
・痛みで歩けないなど、生活に支障がある
・突然経験したことがないような激痛があった



病院を受診するまでの注意点


・飲食はしない
・横になる
・トイレに行く際は内鍵を閉めず、家族などに付き添ってもらう
※個室内で意識を失い、救護が困難になる場合があります。

痛みのタイプによって判別!
「危険な腹痛度」を今すぐチェック!

腹痛の原因

腹痛の原因はさまざまで、冷えや消化不良などの軽いものから、重大な病気がきっかけとなって腹痛が起こることもあります。

痛む部位から考えられる病気




























痛みの部位 考えられる病気
胸の下・みぞおち 急性胃炎・慢性胃炎・胃食道逆流症・特発性食道破裂・胃十二指腸潰瘍・胃がん・膵炎・膵がん・虫垂炎・心筋梗塞・狭心症など
おへそ辺り 急性膵炎・膵破裂・憩室炎・虫垂炎・腸閉塞など
下腹部 腸閉塞・膀胱炎・婦人科疾患(卵巣捻転)・S状結腸捻転など
お腹全体 腸閉塞・急性腸炎・腹部大動脈瘤破裂・腹膜炎など



その他腹痛を引き起こす病気


以下の病気などによって、腹痛が引き起こされている可能性もあります。


  1. 食中毒、食あたり
    身体の中に細菌やウイルス、毒のような有害性物質などを取り入れてしまうことによって起こります。

  2. 胃けいれん
    過度のストレスが原因と考えられています。内臓の中でも特に胃腸はストレスに過敏に反応するため、痛みが起こります。

  3. 過敏性腸症候群(IBS)
    腸に炎症がなくても、生活習慣が不規則になったりストレスをため込んだりすることによって、腸の正常な活動が阻害され、腹痛や下痢、便秘などの症状が現れます。排便で腹痛が治まるという特徴があります。

腹痛の対処法

市販薬で対処


緊急で受診する必要がなさそうな場合は、市販薬で対応することも可能です。

腹痛が起きる原因は、胃や腸の粘膜の炎症をはじめ、下痢や便秘、精神的・身体的なストレスなど多種多様です。

したがって、市販薬で対処する場合は、腹痛の原因や症状に合ったタイプを服用する必要があります。薬剤師に自分の症状を話して、相談しながら選ぶことをおすすめします。

数日間服用しても腹痛が改善しない場合は、医療機関を受診するようにしましょう。

食生活の改善


カフェインやアルコール、辛いもの、冷たいもの、揚げ物などの脂が多いものなど、刺激物は控えてみましょう。

暴飲暴食や極端な食事制限も、お腹の不調につながるため食生活を見直しましょう。

ストレスの解消


ストレスは、胃や腸など消化管の調子につながります。胃酸の過剰分泌や、腸がうまく働かず便秘や下痢を起こしてしまいます。

体を休めたり、運動したりしてストレスを溜めないことが大切です。

腹痛の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
腹痛を発症した場合、内服薬の選び方に注意する必要があります。なぜなら、腹痛の原因にはさまざまな理由が見受けられるためです。原因によって適する内服薬は異なりますから、慎重に見極めるべきです。腹痛の主な原因として、下痢や便秘、内臓の疾患が挙げられます。腹痛を発症したなら、原因に応じて対処することが大切です。

下痢や便秘が原因なら、自分で市販薬を購入して対応することが可能です。薬局やドラッグストアには薬剤師が在籍していますから、症状を伝えて最適な内服薬を紹介してもらうことができます。通信販売で購入することもできますが、内服薬の説明をよく読んでから注文すべきです。服用していて体調の変化を感じた時はただちに使用を中止しましょう。内服薬を持参して医師に相談すべきです。

内臓の疾患が原因で腹痛を発症する場合には、適切な医療機関で診察を受ける必要があります。内服薬を処方されたならば、使い方について、医師から詳しい説明を受けましょう。食前や食後など、定められたタイミングで内服薬を服用すべきです。飲み忘れや過剰な服用を防ぐために、数を確認しながら飲むことも重要です。家族にチェックしてもらう方法も適しています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「危険な腹痛」チェック

ストレス性? 下痢が続く?それって"危険な痛み"かもしれません…

腹痛は、食道、胃、小腸、大腸、虫垂、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、腎臓、尿管、膀胱、卵巣、子宮等の臓器に、何らかの異常が生じて起こるものです。各々の臓器によって症状に特徴があるため、症状を詳しく見れば程度まで区別することができます。

ただ、痛みの原因をはっきりさせたいときには、病院を受診して医師に相談し、お腹を触ってもらい、必要な検査をしないと正確なことはわかりません。「ちょっと気になる…」という方は、まずは簡単なセルフチェックから始めてみてはいかがでしょうか?

1 /15

腹痛は波があって断続的ですか?

健康チェック画像

「危険な腹痛」チェック

ストレス性? 下痢が続く?それって"危険な痛み"かもしれません…
健康チェックする