医師監修

鼻づまりとは

鼻づまりとは、鼻が詰まる症状のことです。
その原因としてはアレルギーや風邪、副鼻腔炎などによる場合や生まれつきの鼻骨のゆがみなどが考えられます。時には睡眠の妨げになったり、呼吸ができない感じがするほど苦しい思いをすることもあります。生まれつきの原因による場合は、口呼吸に慣れてしまって自覚がないこともあります。

野菜や良質のタンパク質をはじめとするバランスの良い食事や夜更かしをせずに、睡眠時間をたっぷり確保するといった規則的な生活などで改善されることがあります。免疫力が高まるように気を付けたり、漢方などで症状を緩和させます。

鼻づまりの症状


鼻づまりは、何らかの理由により鼻が詰まり呼吸がしづらくなる症状です。
風邪をこじらせたり、花粉症のシーズンになると日常的にみられる症状のひとつです。鼻は異物が鼻から侵入すると、その異物を外に追い出そうとします。異物を体内に取り込まないようにする生体防御反応として、鼻腔(鼻の中の空間)の粘膜が腫れることにより通気性が低下して、鼻呼吸が十分に行えなくなります。

●正常な鼻の機能
・匂いを嗅ぐ
・のどや肺などの呼吸器を吸い込んだ空気に含まれる異物から守る
・湿度や温度を適度に保つ
このような鼻の働きを妨げてしまうのが鼻づまりです。

また、鼻が詰まることにより以下のようなことが起こります。
・口呼吸になることで、のどが乾燥しさらに異物が直接のどに入る、口が乾燥する
・咳が出やすくなる
・匂いや味がよく分からなくなる
・息苦しいためよく眠れなくなる


■耳が痒くなってしまう鼻づまりについて
耳が痛い男性
鼻づまりと耳のかゆみが同時に起こる場合は、花粉症の可能性が高いです。鼻と耳はつながっているため、耳管部分に反応が出ることで耳がかゆいといった症状が出ることがあります。また、花粉症が原因の場合、鼻づまりによって鼓膜の圧力のバランスが崩れ、飛行機に乗っているときのような耳の違和感が生じます。これにより耳鳴りが生じたり、耳に圧迫感や異物感を感じたりすることがあるのです。鼻づまりが起こると同時にこれらの症状が表れる場合は、まずは花粉症を疑いましょう。耳がかゆくなると耳掃除をしたくなりますが、あまり耳掃除をしすぎると、かえって傷をつけてしまい炎症のもとになります。外耳が炎症を起こすと余計に痒くなり、また耳掃除をしてしまうという悪循環に陥りかねません。様子を見て、ひどくなりそうなら病院で診察を受けましょう。

■点鼻薬の使いすぎには注意が必要
点鼻薬
点鼻薬の中には交感神経に作用して鼻の粘膜にある血管を収縮させ、鼻の通りをよくし、鼻づまりを抑えるものがあります。鼻づまりは不快感を与えるので、ついつい使用回数を超えたり、また長期間で使用してしまうことがあります。しかし、この点鼻薬を長期間に渡り、使い続けると鼻の粘膜の血管が収縮しなくなり、かえって広がってしまいます。鼻の粘膜が腫れてきて、空気の通りが悪くなり鼻が詰まってしまうのです。また、鼻の症状を改善する内服薬の中には眠気を伴うものも多く、日常生活に支障をきたしてしまうことがあるので、即効性があり、ピンポイントで患部に作用する点鼻薬に頼ってしまうことがあります。ただし、このタイプの点鼻薬は一時的に鼻の症状を緩和するだけで、根本的に治す薬ではありません。もし、点鼻薬を使うのであれば、ステロイド剤やアレルギーの原因であるヒスタミンを抑える薬の入った点鼻薬を使用するようにしましょう。

鼻づまりの原因

鼻づまりの原因は大きく分けて3つあります。

●鼻腔の粘膜の腫れ
急性鼻炎アレルギー性鼻炎によって起こります。
鼻腔の中の粘膜にはたくさんの毛細血管が通っています。これがアレルゲンの存在や点鼻薬を常用することでこの毛細血管が拡張し、結果的に粘膜が腫れ上がります。この粘膜の腫れ上がりで鼻づまりを感じるようになるのです。鼻炎を起こしたときの鼻水はサラサラとしたものがほとんどです。そのため、鼻炎のときの鼻づまりは鼻水が原因ではありません。

●鼻の骨の構造によるもの
生まれつきや事故など、何らかの理由によって鼻の骨の構造によって、鼻づまりが起こることがあります。

具体的な鼻の構造は・・・
・左右の鼻腔の壁になっている鼻中隔がどちらかに曲がっている
・鼻腔の中の粘膜にポリープができて空気が通らない
・喉の奥にあるアデノイドという部分が腫れ、鼻から喉への通りが塞がれる

●副鼻腔炎によるもの
副鼻腔とは鼻や目の周りにあるいくつかの骨のくぼみのことです。
ここの粘膜がウイルス感染などで弱っているとき、細菌に感染すると副鼻腔炎を発症します。そうなると、この副鼻腔に粘性のある膿のような鼻水が溜まります。この鼻水が鼻腔内にも流れて溜まることが鼻づまりを起こす原因になります。
副鼻腔炎について詳しく見る

■冬の乾燥が原因となる鼻づまりについて
ヒーター
冬になると空気が乾燥しますよね。鼻の中は常に湿った状態で、鼻で吸った空気を湿度を保って体の中に取り込んでくれます。しかし、気温が下がり空気が乾燥すると、鼻の中も乾燥してしまい、かさかさした感じになります。そのため、鼻水が乾燥して固まり空気の通り道を塞いでしまうので、詰まってしまうのです。夜、寝ているときに苦しくて目が覚めてしまうことがあるのは、そのせいなのです。鼻が乾燥すると、ウイルスも増殖しやすくなり、風邪を引きやすくなるので、乾燥する時期になったら加湿器を使用して部屋の中の湿度を40パーセント以上に上げるようにしましょう。また、水分をこまめにとったり、マスクをするのも鼻の保湿になるので、鼻づまりの予防になります。

■片方だけの鼻詰まりは寝返りが原因?
睡眠をとる女性
片方だけの鼻詰まりは寝返りが大きく関係しています。詰まっている鼻のほうを上にして寝ることで鼻詰まりを解消することができることがあります。鼻詰まりは鼻の穴の奥で粘膜が腫れていることが原因になります。毛細血管が腫れていることにより、粘膜が腫れているのです。詰まっている鼻を上に向けて寝ることで、鼻水と一緒に血液が逆側の鼻の穴に流れるようになります。そのため、毛細血管が腫れることを防ぐことができるのです。この方法で改善しなければ、鼻の粘膜に水ぶくれができていたり鼻の穴のバランスが悪い(鼻中隔弯曲症の)可能性があります。耳鼻科などの専門機関を受診することで、原因を明らかにして適切な治療を受けることができます。

鼻づまりの予防/治療法


予防


鼻づまりを予防するには、さまざまな方法が挙げられます。また、それは鼻づまりの原因によって異なります。

●花粉症などのアレルギー性鼻炎
マスクを装着することで防げる可能性が高くなります。マスクの効果は直接的にアレルギー源を寄せ付けないようにします。

●気温差
冬などに暖かい家の中から外に出ると、気温差が原因で鼻水がでることがあります。マスクをつけて気温差から鼻を守ります。

●血行不良
外出の用事がなく家にいる場合は、ホットタオルなどで鼻を温めると血の流れがよくなり、鼻の通りが良くなります。

●ハウスダスト
室内ではハウスダストが空気中に蔓延している可能性があるので、掃除をしっかり行います。

●鼻づまり全般に効く対処法
1)鼻洗浄
鼻うがいとも呼ばれ、鼻づまり解消に効果的な方法です。やり方は直接鼻から専用洗浄剤や水を入れ、口から出します。慣れるまで難しいと感じるかもしれませんが、効果の高い方法ですので繰り返し試してみましょう。
2)息を止めて頭を上下する
まずは大きく息を吸い、息がなくなるまでゆっくりと息を吐きます。次に鼻をつまんで息を止め、息が必要になる最大のところまで頭を上から下にゆっくりと繰り返し動かします。これは何かを準備することなくできますから、試してみる価値はあるでしょう。
3)氷を口に含む
4)ミント味のガムやあめを食べる


これらの対策を行ったうえで栄養バランスをきちんと整えることが大切です。何をしても治らないという方は、病院に行ってみてもらいましょう。


治療法


医師
●病院で治療する
内服薬を使用する事によって治療を行うことができます。(鼻洗浄も病院からの指導で行われています。)
薬を使用する事によってアレルギーを死滅させ鼻水として体外に出すことができます。これにより症状が改善することができます。しかし、しばらく鼻水が止まらなくなってしまうために欠点でもあります。

●花粉症の場合
花粉症はアレルギー性鼻炎とされているために治療する事が難しいとされています。鼻づまりを治療するよりも、花粉症自体を治療する事によって改善していきましょう。
花粉症について詳しく見る

■花粉症の鼻づまりを解消する方法
花粉症が原因で鼻づまりが起こっている時には、鼻の粘膜からヒスタミンやロイコトリエンという化学物質が放出されて、鼻の血管を拡げたり粘膜でむくみを起こしています。そこで、鼻づまりの症状を抑えるためには抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬を内服することが効果的です。また、花粉症による鼻づまりを解消するためには、点鼻薬という鼻の中に直接噴霧する薬を使う方法もあり、点鼻薬の種類としては抗炎症作用を持つ鼻噴霧用ステロイド薬や、血管を収縮させて鼻づまりを改善する点鼻用α交感神経刺激薬などが使われています。花粉症の鼻づまりを解消するための薬は耳鼻科やアレルギー科などの病院で処方してもらえますが、毎年同じ時期に花粉症になることがわかっているなら、花粉が飛び始めるシーズンの前から病院で抗ヒスタミン薬やケミカルメディエーター遊離抑制薬、抗ロイコトリエン薬の飲み薬を処方してもらって早めに飲んでおくようにすると、本格的な花粉シーズン中の鼻づまりを軽減することが可能になります。

■耳の痛みを伴う鼻づまりの対処法
鼻づまりは鼻の粘膜が腫れた状態のときにおきる症状です。この状態だと耳と鼻の通り道の圧力が変わるので、耳に痛みを感じることがあります。また、鼻をすすると耳の中に鼻水が入っていまい、そこで病原菌が発生します。その結果、炎症により腫れてしまったり、熱が出たりして、耳に痛みが生じることになります。病原菌が発生して炎症を起こし、腫れや熱が出ているときは中耳炎になってしてしまう恐れがあるため、早めに耳鼻科を受診することが重要です。そして医療機関を受診するまでの耳の痛みに対する対処方法としては痛みのある患部を氷のうや冷却シートで冷やしたり、市販の痛み止めを服用しましょう。また、痛みが生じる姿勢を変えることで痛みが和らぐ場合があります。

■頭痛を伴う鼻づまりの治し方
頭痛がする女性
鼻づまりによって頭痛が起こるのは、鼻づまりのせいで酸素不足に陥る為です。アレルギー性鼻炎による頭痛を放置しているとストレスを感じたり症状を悪化させたりしてしまうので早めに対処する必要性があります。アレルギー性鼻炎に限らず、鼻に関連する病気の多くは鼻づまりで頭痛を引き起こすことが多くあります。鼻づまりを少しでも緩和させるには鼻をすすらない、鼻を温める、マスクを着用するなどの方法が挙げられます。鼻をすすってしまうと頭痛が起こりやすくなるので、なるべくすすらないようにするのが得策です。また、湿度が高くなると鼻の通りが良くなるのでお風呂に入ったり、蒸しタオルを鼻に当てたりするのも効果が期待出来ます。特に外出する時は鼻の湿度を一定に保つ為にマスクを着用するのも大切です。

■授乳中に鼻づまりのに効く漢方は飲んでも大丈夫なの?
授乳中の女性
授乳中に鼻づまりのための漢方を服用する場合は赤ちゃんへの影響を考えます。薬の成分が乳汁中に移行したとしても母親が吸収した成分の1%以下ということが分かっていますが、これが赤ちゃんにどのような影響を与えるか考えることが重要です。処方または市販されている漢方は授乳中でも服用できるものが多いですが、注意が必要なものもあります。下剤に用いられる大黄という生薬があり、この大黄の主成分であるアントラキノン誘導体は母乳中に移行して、乳児に下痢を起こす可能性があることが分かっています。そのため鼻詰まりのために服用する漢方に、この大黄という生薬が使用されていないかをチェックすることが必要です。漢方は安全だと自己判断せず、服用するときは必ず医師や薬剤師に相談することが大切です。

鼻づまりの薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
鼻がつまるとつらいですよね。呼吸が苦しいだけでなく、頭までがぼわんとなり、食べ物の味が感じられず不快な状態になります。

但し鼻づまりを解消したいがために、手当たり次第目の前にある鼻炎薬に手を出してしまいそうになったら、少し考えてみましょう。今のあなたを苦しめている鼻づまり。原因はなんでしょうか。花粉症?慢性鼻炎?風邪?原因が不明だと、薬が効かないだけでなく予期せぬ副作用に苦しむことにもなります。以前同じ症状に苦しみ、原因が明確で市販薬服用により症状が改善した場合は、まずその薬を選択して問題ありません。反対に、以前とは明らかに違う理由で市販薬に頼る場合は、薬局の薬剤師に相談することが正しい選択です。

実は症状改善への近道として、まず生活習慣も含めた「自分の今」を知ることが重要になります。鼻づまりが軽度であれば、殆どの人は普通の生活を続けることになります。従って、車や重機等を扱う職業の方であれば、眠気を催す薬の副作用は避けたいですし、長時間手が離せない工場勤務や接客業の方であれば、つらいときのみ使用する点鼻薬よりは長時間持続性の錠剤や顆粒を選択したいところです。未就学児であればシロップがベスト。これが「自分の今」知ったうえで薬を選択する、ということです。

症状が重い場合は耳鼻咽喉科を受診する必要がありますが、薬剤師は街中における薬のプロ。是非積極的に相談して自分にあった薬を選びましょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

鼻づまりの相談

鼻づまりの体験談

  • 鼻づまりで酸欠になり頭痛と眠気に襲われる

    鼻づまり・眠気

    鼻づまりが酷い時は鼻呼吸できず口呼吸ばかりになってしまいます。私の場合この状態が続くと頭全体に十分な酸素が行かず、軽い酸欠のような状態になってしまいます。私はアレルギー性鼻炎が酷いため、けっこう頻繁にこのような状態が起こります。 長距離マラソンをした時と同じような感覚で、頭がぼんやりしてきて軽い眠気が襲ってきます。さらにひどい時などは熱が出た時と同じぐらい激しい頭痛になる時もあります。 このよう…続きをみる
  • 両方の辛い鼻づまりの原因とは

    鼻づまり・両方

    鼻水がぐずぐずと出ることがあり、両方の鼻が同時に詰まってしまうことがありました。 このような鼻づまりが起きた時には、とにかく耐えるしかなく、口呼吸で口が乾燥してしまうという負の連鎖が起きている状態でした。この不快な鼻の症状は、夜寝る前に起こることが多く、朝方になると治っているということがほとんどでした、病院に行くほどの体の異常でもなかったので、ネットでこの症状に対する対処法を調べていくと、うな…続きをみる
  • 鼻づまりが原因のめまいについて

    鼻づまり・めまい

    毎年、2月の末あたりから、花粉症のせいで体が風邪の罹り始めのように、すごくかったるくなり、嫌な季節が来た事を実感してました。 今年の花粉は、杉の生育状態がいいというニュースを聞いていたので、事前に耳鼻科クリニックに行って予防薬を処方してもらおうと思っていたら、仕事が忙しくて中々行けずに、花粉症の時期に突入してました。 外出の時はマスクをして、市販の飲み薬と点鼻薬で対策を立ててましたが、鼻水で鼻づ…続きをみる
  • 鼻づまりがあったら耳鼻科に行って治療するのが大事

    鼻づまり・耳鼻科

    最近鼻水が絶え間なく出続けており、ティッシュが手放せない状態でした。 鼻をかみすぎたせいで鼻の下の皮膚が真っ赤に腫れて、鼻以外にも不快な症状がありました。この状態を放置すると、どんどん悪くなっていく一方だと思ったので、耳鼻科に行って鼻づまりを治してもらうことにしました。原因を調べてもらうと、花粉症もしくはアレルギーによる鼻炎だということがわかりました。アレルゲンを特定するためのアレルギー検査を…続きをみる
  • つらい鼻づまりに私はレーザー治療を選択しました

    鼻づまり・レーザー

    私は子供の頃から鼻づまりにずっと悩んでいました。常に口呼吸をしていたのですが、親からは口呼吸をするとみっともなく見えるから止めろと叱られていました。しかし、鼻では殆ど呼吸をする事が出来ないので、病院の先生に相談する事に決めました。 私の鼻の場合は、空気を取り込みづらい形状をしているみたいで、鼻づまりのレーザー治療を勧められました。レーザー治療と聞くと凄く痛いイメージがあったのですが、いざ治療を受…続きをみる
  • 歯痛で鼻づまりになってしまった

    鼻づまり・歯痛

    歯が痛くなってしまって虫歯だと思ってましたが歯痛と同時進行で鼻づまりの症状まで出てきてしまったので最初は風邪だと思っていましたが虫歯かもしれないのでとりあえず歯医者に行ってみる事にしました。歯医者に行ってみたら予想通り虫歯でしたが鼻づまりの症状もあると相談したら虫歯と鼻づまりは密室に関わってくると教えてくれました。上の歯の特に奥歯の方が虫歯になると鼻がつまる事もあり、それが原因で歯痛の症状も出て…続きをみる
  • 寝方が鼻づまりの原因に…?

    鼻づまり・寝方

    私の息子はよく鼻づまりになってしまい悩まされていました。部屋を掃除しても一時的な改善はするものの、またすぐに鼻が詰まってしまっていたのですが、その鼻づまりの原因が寝方にあったんです。 こどもだとよく布団の中にもぐったりして寝てしまったりしていますが、私の息子もよくもぐることが多かったのです。顔を出すように布団をかけなおしてもいつの間にかもぐって寝ていることが多かったのです。これが鼻づまりの原因に…続きをみる
  • 喉の痛みや鼻づまりを発症したら

    鼻づまり・喉の痛み

    夕食の準備をしていたら、ぞくぞくと悪寒がしたと思ったら、たちまち鼻づまりと喉の痛みを発症しましたので、とても困ったことになったと思いました。このような状態が続いたら、仕事に支障が出るからです。 そこで、すぐに医療機関を探して、夜間でも診察をしてくれるクリニックを探しました。幸いにも短時間で見つかりましたから、クリニックを訪れて診察を受けたところ、風邪と診断されましたから、早めに訪れて良かったと思…続きをみる
  • 鼻づまりのせいで、いびきが!

    鼻づまり・いびき

    夫のいびきがうるさいので、とても困っていました。別室で眠りたいくらいですが、ほかに空いている部屋がないために、ずっと辛抱していました。 どうにかして症状を緩和したいと思いましたから、いびきに関する口コミサイトを閲覧してみました。すると、鼻づまりによって症状を引き起こすことが分かりましたので、夫を耳鼻科に連れて行くことを決意しました。 耳鼻科で診察を受けたところ、夫の鼻づまりは花粉症が原因であるこ…続きをみる
  • 鼻づまりで眠れなくてツラい人に読んで欲しい体験談

    鼻づまり・眠れない

    私は幼少期から鼻炎に悩んでおり、一番つらいのは、夜眠れないことでした。 息苦しくなり、横を向いて寝ると片方の鼻だけ通り、もう片方は詰まったままなので、何度も寝返り打って、結局疲れていつの間にか寝てしまいます。 鼻が詰まっているせいで、口呼吸になってしまうので、次の日必ずといっていいほど喉が痛くなるんですよね。 耳鼻咽喉科に通う度、鼻づまりを治す薬と喉の痛みを取る薬が処方され、なんだか損した気分で…続きをみる

鼻づまりに関するコラム