鼻づまりはなづまり

カテゴリ
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

鼻づまりとは

鼻づまりとは、鼻がつまったように感じる症状のことです。原因は、アレルギーや風邪、副鼻腔炎、生まれつきの鼻骨のゆがみなどが挙げられます。

呼吸ができず苦しくなったり、睡眠の妨げになったりすることもあります。

鼻づまりの症状

鼻づまりは、何らかの理由により鼻がつまり、呼吸がしづらくなる症状です。

また、鼻がつまることにより以下の症状が起こります。

・口呼吸になることで、口やのどが乾燥する
・咳が出やすくなる
・匂いや味がよくわからなくなる
・よく眠れなくなる  など

鼻づまりの原因

鼻づまりの原因は、大きく分けて3つあります。

鼻腔の粘膜の腫れ


鼻腔の粘膜には、たくさんの毛細血管が通っています。この毛細血管は、アレルゲンによる炎症で拡張し、粘膜が腫れ上がります。その結果、鼻の通気性が低下して鼻づまりを感じます。

生まれつきや怪我などによる鼻の構造


鼻づまりを起こしやすい鼻の構造には、以下が挙げられます。
・左右の鼻腔の壁になっている鼻中隔がどちらかに曲がっている
・鼻腔の粘膜にポリープができている
・喉の奥にあるアデノイドという部分が腫れ、鼻から喉への通りが塞がれる

副鼻腔炎


副鼻腔とは、鼻や目の周りにあるいくつかの骨のくぼみのことです。 ここの粘膜が鼻やのどから入ってきた細菌に感染すると、粘性のある膿のような鼻水が副鼻腔に溜まります。この鼻水が鼻腔内に流れて溜まることが、鼻づまりを起こす原因になります。

鼻づまりの治療

鼻づまりによって日常生活に支障が出ている場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

鼻づまりの治療は、主に内服薬や点鼻薬を使用します。ネブライザーという、霧状になった薬を吸い込む治療を行う場合もあります。

鼻の骨や軟骨を治すことで改善が見込める場合は、手術が検討されます。

鼻づまりの予防

鼻づまりを予防するには、さまざまな方法が挙げられます。また、鼻づまりの原因によって対策は異なります。

アレルギー性鼻炎


マスクを装着することで防げる可能性が高くなります。マスクの効果は直接的にアレルギー源を寄せ付けないようにします。

気温差


冬などに暖かい家の中から外に出ると、気温差が原因で鼻水がでることがあります。マスクをして、気温差から鼻を守ります。

血行不良


外出の用事がなく家にいる場合は、ホットタオルなどで鼻を温めると血流がよくなり、鼻の通りも多少改善します。

ハウスダスト


室内は、ハウスダストが空気中に蔓延している可能性があります。掃除をしっかり行いましょう。

鼻づまりの薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
鼻がつまるとつらいですよね。呼吸が苦しいだけでなく、頭までがぼわんとなり、食べ物の味が感じられず不快な状態になります。

但し鼻づまりを解消したいがために、手当たり次第目の前にある鼻炎薬に手を出してしまいそうになったら、少し考えてみましょう。今のあなたを苦しめている鼻づまり。原因はなんでしょうか。花粉症?慢性鼻炎?風邪?原因が不明だと、薬が効かないだけでなく予期せぬ副作用に苦しむことにもなります。以前同じ症状に苦しみ、原因が明確で市販薬服用により症状が改善した場合は、まずその薬を選択して問題ありません。反対に、以前とは明らかに違う理由で市販薬に頼る場合は、薬局の薬剤師に相談することが正しい選択です。

実は症状改善への近道として、まず生活習慣も含めた「自分の今」を知ることが重要になります。鼻づまりが軽度であれば、殆どの人は普通の生活を続けることになります。従って、車や重機等を扱う職業の方であれば、眠気を催す薬の副作用は避けたいですし、長時間手が離せない工場勤務や接客業の方であれば、つらいときのみ使用する点鼻薬よりは長時間持続性の錠剤や顆粒を選択したいところです。未就学児であればシロップがベスト。これが「自分の今」知ったうえで薬を選択する、ということです。

症状が重い場合は耳鼻咽喉科を受診する必要がありますが、薬剤師は街中における薬のプロ。是非積極的に相談して自分にあった薬を選びましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください