鼻炎びえん

カテゴリ
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

鼻炎とは

鼻炎とは、鼻の粘膜に炎症が起きたものをいい、急性の場合と慢性の場合があります。原因は、感染症やアレルギーなどいろいろなものがあり、鼻炎のために匂いがわからなくなってしまうこともあります。

症状

鼻炎は鼻の粘膜が赤く腫れてしまう病気ですが、「アレルギー性のもの」「慢性のもの」があります。

●アレルギー性鼻炎の場合
風邪などのウイルス感染をしていないにも関わらず鼻水が止まらなくなる、鼻づまりの症状が表れます。
代表的なアレルギー性鼻炎としては「花粉症」があります。
花粉が鼻の粘膜と反応して花粉症になり、独特の症状を引き起こすことになるのです。
また、特徴としては発作性のくしゃみが伴うことも多く、このくしゃみがなかなか止まらなくなります。その症状が起こる仕組みとしては自律神経のバランスが深くかかわっている場合もあると言われていて、自律神経のバランスが崩れることによってこれらの症状が発生するのです。鼻のかみすぎで鼻の下が赤く腫れることもあります。

●慢性鼻炎の場合
鼻づまりに悩む女性
主な症状は鼻づまりです。
軽ければ左右どちらか片方がつまったり、交互につまったりしますが、ひどくなって肥厚型になると両方の鼻がつまってしまい鼻呼吸ができなくなります。それに伴って臭いがわからなくなるという症状も発生してきます。
さらに、鼻がつまることによって、口呼吸が増えるために口が渇くという症状が出てきたり、頭痛や、睡眠障害が起こる場合もあります。

原因

●アレルギー性鼻炎の場合

吸入性抗体と呼ばれる原因物質を吸入することによってアレルギー反応が起こることが原因です。
その原因物質の大半は室内のゴミやダニやペットの毛といったハウスダストです。
冬に窓を閉め切って暖房をするとこのハウスダストが飛び散りやすくなるため注意が必要です。
また、次に多いのが花粉が原因のものです。花粉にも種類があり、
どの花粉に反応するかで発症する時期が人によって変わってきます。
樹木系ではスギ、ヒノキ、カエデなどの花粉が原因となり、
イネ科のものだとオオアワガエリ、ホソムギ、トウモロコシなどの花粉が引き起こす場合があります。
また、カビやそば粉、小麦粉などでもアレルギー性の症状の原因となるといわれています

●2つのアレルギー性鼻炎
スギ花粉
アレルギー性鼻炎には2つのタイプがあります。花粉に対してアレルギー反応が起こらない人でも、ハウスダストによって鼻炎が起こることも十分考えられます
1.季節性アレルギー性鼻炎
スギやヒノキの花粉が原因となってアレルギー反応を起こす鼻炎(花粉症による鼻炎)です。春先に症状が起こる人が多いのが特徴です。季節性アレルギー性鼻炎の場合は、アレルゲンとなる花粉を吸い込まない工夫が必要です。
2.通年性アレルギー性鼻炎
季節を問わずほこりやダニといったハウスダストに対して過剰に反応する鼻炎です。通年性アレルギー性鼻炎は、室内の清掃や換気を心がけることで症状が緩和されます。

●慢性鼻炎の場合

原因の一つに細菌に感染したりウイルスに侵されたりしたことが原因で発症した急性鼻炎を何度も繰り返したり長引いているうちに慢性になってしまうというケースがあります。
また、鼻中隔湾曲症がある場合には、広くなっている鼻腔側の粘膜が腫れることが原因で慢性肥厚性鼻炎が発症するケースもあります。

予防/治療法


●抗生物質を使用した治療
アレルギーを引き起こす原因物質を抑える薬です。鼻炎だけでは無く、目のかゆみなど花粉症の全般の症状も改善することができるために非常に効果的な治療の一つでもあります。

●鼻洗浄
普通の治療では不十分である人向けに行われている治療であり、抗アレルギー薬と併用して行われることが多い治療です。鼻に管を通し鼻水を吸い取ると言った治療ですが、慣れるまでは非常に辛く痛い治療でもあります。しかし、非常に早く症状を緩和することができるために便利であり、再発防止にもなるために最も多くの人が行っている治療でもあります。

自分に合った治療をする事こそが、最も効果的な治療であり医師と相談して治療すると良いです
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください