医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

アレルギー性鼻炎あれるぎーせいびえん

カテゴリ
鼻の病気
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎とは、Ⅰ型アレルギー反応によって起こる鼻粘膜の炎症です。くしゃみや鼻水を伴い、粘膜が炎症を起こします。

一年を通して発症する通年性と、花粉症などに代表される季節性に分けられます。アレルギー性鼻炎と鼻アレルギーは時に同義で用いられる場合もあります。
一度かかってしまったら、アレルギーの原因となる「抗原(アレルゲン)」からの接触を避けることが、反応を抑えるために必要なことになります。症状の重さは日々の生活習慣によっても変わりますので、規則正しい生活やバランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

症状

「風邪を引いたわけでもないのに、くしゃみや鼻水、鼻づまりが止まらない」とか、「春先や季節の変わり目だけでなく、年中鼻の症状に悩まされている」などの症状に心当たりのある方は、「アレルギー性鼻炎」の可能性があります。アレルギー性鼻炎とは、鼻水や鼻づまり、くしゃみで知られる鼻の粘膜の炎症の名称です。また、くしゃみのし過ぎによる頭痛や倦怠感を誘発し、鼻や目のかゆみといった症状を引き起こすことも、この鼻炎の特徴のひとつです。近年、アレルギー性鼻炎を患う方が増加し、日本人に5人に1人はこの鼻炎を抱えていると言われるほどポピュラーな症状です。発症の原因はハウスダストや花粉の飛散量による影響、ストレスによる免疫力の低下などが挙げられ、重症度は個人の体質やアレルギーの原因により異なります。

アレルギー性鼻炎は「通年性アレルギー性鼻炎」と「季節性アレルギー性鼻炎」の2種類に大きく分けられています。

● 「通年性アレルギー性鼻炎」
ハウスダストやペットの羽毛や毛が原因で発症する慢性的な鼻炎です。部屋を閉め切ることが多い冬に比較的強い症状が現れ、さらに空気が乾燥すると喘息やアトピー性皮膚炎といった合併症を引き起こす恐れもあります。

● 「季節性アレルギー性鼻炎」
多くは花粉症と呼ばれるもので、一定の時期に限定して症状があらわれます。その発症時期は原因となる植物の開花時期と一致しており、鼻の症状以外にも目のかゆみや充血、湿疹、咳といった症状も引き起こされる可能性があります。

2つのアレルギー性鼻炎の発症時期は異なりますが、どちらも一度発症してしまうとアレルギーの原因となるアレルギー抗原(アレルゲン)との接触を絶つまで症状が消えることがありません。そして、鼻炎の症状が一番現れる時間帯は朝方や夜が多いと考えられています。その理由は、アレルギー性鼻炎には自律神経が関係しているためです。交感神経が活発になる日中とは異なり、朝や夕方には副交感神経が優位となって体がリラックスしてしまうため、鼻炎の症状が強まるのです。この他にも、ほこりや花粉などのアレルギー抗原(アレルゲン)が舞い上がることによっても症状が現れます。また、冬の空気の乾燥や暖房によって湿度が下がった場合、アレルギーの原因となる要素が空気中に拡散しやすいことから症状が引き起こされやすく、冬場になると発症や悪化が集中するため、よりアレルギー性鼻炎に悩まされる方も多くなります。

原因

アレルギー性鼻炎の原因はアレルギーを起こす抗原(アレルゲン)です。症状や原因となる抗原(アレルゲン)には個人差があります。
●代表的なアレルゲン
・ダニ
・ペットの毛によるハウスダスト
・カンジダなどのカビ類
・スギやヒノキを代表とする花粉

このような抗原(アレルゲン)が体内に入ると刺激物と判断されます。するとこの刺激物をくしゃみや鼻水をすることで体外に排出しようとします。

また、季節性アレルギー鼻炎の場合も複数の花粉に反応してしまい、一年を通してアレルギー性鼻炎に悩んでいる方もいます。生活の変化やさまざまな化学物質の流通などにより、アレルギー性鼻炎の原因も多様化しています。
季節性アレルギー鼻炎について詳しく見る

治療法

《予防》
アレルギー性鼻炎の予防は、まず自身のアレルギーの原因が何かを知る事が重要です。
検査などによって、どの物質に反応が出ているのかを把握し、その物質を除去したり、排除することで症状が緩和されます。
検査方法として代表的なものが血中IgE抗体検査です。
推測される抗原に対応するIgE抗体がどのくらい血中に含まれているかを測定することで、どの抗原に対して反応が強いかを確認します。

● 抗原の除去と回避
・ 通年性・・・室内に溜まったホコリやハウスダストのほか、室内の空気の乾燥によって引き起こされます。そのため、予防として室内の清掃を定期的に行い、天気の良い日には布団や衣類といったものを外に干してダニやホコリを無くすようにすることが効果的であると言えます。また、室内の空気の調整のために風通しを良くし、乾燥しやすい場合には加湿器を使うといったことも重要となります。
・ 季節性・・・ほとんどのものが花粉症と呼ばれます。予防としては、花粉の多い日は外出を控えて戸締りをしっかりとして花粉との接触を避ける工夫が効果的です。また、外出をするときは、メガネやマスクなどを着用すること、服装も花粉が付着しにくい素材でできた衣類を着ることも予防となります。そして、帰宅したときには洗顔や鼻をかむといったケアをすることも必要となります。
季節性アレルギー鼻炎について詳しく見る

● 生活上の注意と予防
環境や食事内容を改善することによって発症を予防することができます。
大半はハウスダスト(ゴミやダニ、ペットの毛など)や花粉(ブタクサやスギなど)が原因です。
・ ハウスダスト対策
部屋をこまめに掃除することが重要です。枕カバーやシーツもこまめに洗濯しましょう。床は畳やカーペットではなく、フローリングが理想的です。ペットを室内で飼育するのは避けましょう。ダニやカビの繁殖を防ぐため、室温は20℃~25℃、湿度は50%以下になるようにします。
・ 花粉対策
花粉の飛散が多い日にはドアや窓をきちんと締めて花粉の進入を防ぐことが重要です。外出はなるべく避けたほうがいいのですが、外出するときは帽子をかぶり、また専用のマスクや眼鏡をしましょう。上着は花粉がつきにくいツルツルした素材のものが適しています。帰宅時には家の中に入る前に服についた花粉をはらい、室内に持ち込まないようにします。そして顔と手をよく洗い、うがいをします。就寝時は空気清浄機を使用するといいでしょう。
・その他
鼻の粘膜が乾燥すると悪化しやすいので、特に空気が乾燥する冬場は加湿器を使用しましょう。自律神経の働きを改善するため、水泳や乾布摩擦も効果的です。


《治療法》

「 通年性アルレギー鼻炎」
くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主な症状です。このような症状は比較的穏やかで長く続くことが多く、適切な治療をしないで放置すると、くしゃみや鼻水、鼻づまりの症状がひどくなる場合があります。
「 季節的なアルレギー性鼻炎」
通年性アルレギー性鼻炎の症状外に目のかゆみ、涙目、のどのかゆみといった症状がでて、飛散する花粉の多い季節に強く現れます。

いずれも、生活に支障が出ないようにできるだけ安定させてることです。症状がひどい場合でも持続しないように、また、抗体が入ってきても反応しにくい様にすることです。何よりも原因となる物質を吸入しないようにすることが大切です。

● 薬物療法
1) 細胞から放出される物質を抑える遊離抑制薬
2) ヒスタミンの作用を抑える抗ヒスタミン薬
3) ロイコトリエンの作用を抑える抗ロイコトリエン薬
4) 副腎皮質ホルモン剤、鼻用ステロイド点鼻薬
5) 漢方薬などの使用

● 減感療法
この治療法は、抗原を皮下に繰り返し注射することでアルレギー反応を起こしにくくする治療法で、根治を目的とする治療法です。皮膚反応が起こらない極く薄い濃度の抗原液を少量皮下に注射し、徐々にその量を増やしていく方法で3~5年くらい続けると効果が表れてくるといわれています。

症状に合わせて耳鼻科で薬を処方してもらい、薬を服用することで症状の緩和や軽減をはかります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「アレルギー性鼻炎度」チェック

それって、普通の風邪? それとも、アレルギー性鼻炎?

くしゃみや鼻水が出たり、鼻が詰まったりするけれど、風邪なのか花粉症なのかわからない。しかも、一年を通して鼻の調子が悪い。そんなアレルギー症状を持つ方の数や割合は、年々増加しているようです。

あなたの鼻トラブルも、新たに発症したアレルギー性鼻炎が原因かもしれません。思い当たるところがある方は、早速アレルギー性鼻炎に関するセルフチェックをしてみましょう!

1 /15

鼻水はさらさらしている

健康チェック画像

「アレルギー性鼻炎度」チェック

それって、普通の風邪? それとも、アレルギー性鼻炎?
健康チェックする