アレルギー性鼻炎あれるぎーせいびえん

カテゴリ
鼻の病気
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎とは、アレルギー反応によって起こる鼻粘膜の炎症です。くしゃみや鼻水を伴い、粘膜が炎症を起こします。

一年を通して発症する通年性と、花粉症などに代表される季節性に分けられます。一度かかってしまった場合、薬物療法や抗原(アレルゲン)への接触を極力避けることが、反応を抑えるために必要です。症状の重さは、日々の生活習慣によっても変わります。規則正しい生活やバランスのよい食事を心がけるようにしましょう。

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎では、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状がでます。また、くしゃみのし過ぎによる頭痛や倦怠感を誘発し、鼻や目のかゆみを引き起こすこともあります。

アレルギー性鼻炎は、「通年性アレルギー性鼻炎」と「季節性アレルギー性鼻炎」の2種類に大きく分けられます。どちらも一度発症してしまうとアレルギーの原因となる抗原(アレルゲン)との接触を絶つまで症状は消えません。また、鼻炎の症状が強く現れる時間帯は、朝方や夜が多いです。

通年性アレルギー性鼻炎


通年性アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやペットの毛などが原因で発症する慢性的な鼻炎です。部屋を閉め切ることが多い冬に強い症状が現れ、さらに空気が乾燥すると喘息やアトピー性皮膚炎といった合併症を引き起こす恐れもあります。

季節性アレルギー性鼻炎


多くは花粉症と呼ばれるもので、一定の時期に限定して症状が現れます。その発症時期は原因となる植物の開花時期と一致しており、鼻の症状以外にも目のかゆみや充血、湿疹、咳といった症状も起こる可能性があります。

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因は、アレルギーを起こす抗原(アレルゲン)です。

代表的なアレルゲン


・ダニ
・ハウスダスト(ペットの毛など)
・カビ類
・花粉(スギやヒノキなど)

アレルギー性鼻炎の治療

薬物療法


アレルギー性鼻炎は、主に以下の薬を用いて症状の緩和や軽減をはかります。
・抗ヒスタミン薬
・遊離抑制薬
・抗ロイコトリエン薬
・副腎皮質ホルモン剤、ステロイド点鼻薬
・漢方薬 など

減感作療法


減感作療法とは、抗原を皮下に繰り返し注射することでアルレギー反応を起こしにくくする根治を目的とする治療法です。皮膚反応が起こらないほどの、薄い濃度の抗原液を少量皮下に注射し、徐々にその量を増やしていく方法です。3~5年くらい続けると効果が出てくるといわれています。

これらの治療法のほかにも、レーザーで鼻粘膜を焼く方法などがあります。どの治療法が自分に合うか、耳鼻咽喉科の医師に相談しましょう。

アレルギー性鼻炎の予防

抗原を知る


アレルギー性鼻炎の予防は、まず自身のアレルギーの原因が何かを知ることが重要です。
血液検査などで、どの物質に反応が出ているのかを把握します。

検査方法として代表的なものは、血中IgE抗体検査です。 推測される抗原に対応するIgE抗体がどのくらい血中に含まれているかを測定します。

抗原の除去と回避


アレルギー性鼻炎の症状は、除去したり、回避することで緩和されます。

・ 通年性アレルギー性鼻炎
通年性アレルギー性鼻炎は、室内に溜まったほこりやハウスダストのほか、空気の乾燥などによって引き起こされます。そのため、室内の清掃を定期的に行い、天気のよい日には布団や衣類を外に干して、ダニやホコリを少なくしましょう。

枕カバーやシーツもこまめに洗濯しましょう。床は畳やカーペットではなく、フローリングが理想的です。乾燥しやすい場合には、加湿器を使うことも重要です。

・ 季節性アレルギー性鼻炎
花粉の多い日は外出を控えて、戸締りをしっかりして花粉との接触を避けましょう。外出時は、メガネやマスクを着用し、花粉が付着しにくい素材でできた衣服を選ぶことも予防となります。

アレルギー性鼻炎の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
アレルギー性鼻炎では諸症状により薬を使い分けます。しかし、抗アレルギー薬には眠気を誘発する特徴を持った薬が存在し、通勤通学など自分のライフスタイルに合わせて薬を選択することも一つの方法です。まず薬の選択の前に、鼻詰まりや鼻水、くしゃみなどの症状が本当にアレルギー性鼻炎であるかを確認するため、抗原検査を病院で行います。検査の結果アレルギー性鼻炎である場合は、医師からの処方薬を服用するか、忙しいなどの理由で通院が難しい場合は市販薬の服用もできるので、自分に合った方を選んでください。市販薬の抗アレルギー剤を選ぶ場合には、鼻症状に対して早い効果を得たいケースは第一世代の抗ヒスタミン剤、つらい鼻づまりを改善したい場合は粘膜の充血を抑制する交感神経興奮薬配合の薬、鼻づまりを応急的に解消したい時は血管収縮剤配合の点鼻薬など、アレルギー性鼻炎の症状から判断し、どう症状を改善したいのかで選択すると自分に合った薬を探し易いです。また、第一世代の抗ヒスタミン剤は早い効果発現が特徴の薬ですが、人により眠くなると言う性質があります。眠気を避けたい場合には、一般的に眠気が発現し難い第2世代の抗ヒスタミン剤や漢方薬を選ぶのも一つの方法です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「アレルギー性鼻炎度」チェック

それって、普通の風邪? それとも、アレルギー性鼻炎?

くしゃみや鼻水が出たり、鼻が詰まったりするけれど、風邪なのか花粉症なのかわからない。しかも、一年を通して鼻の調子が悪い。そんなアレルギー症状を持つ方の数や割合は、年々増加しているようです。

あなたの鼻トラブルも、新たに発症したアレルギー性鼻炎が原因かもしれません。思い当たるところがある方は、早速アレルギー性鼻炎に関するセルフチェックをしてみましょう!

1 /15

鼻水はさらさらしている

健康チェック画像

「アレルギー性鼻炎度」チェック

それって、普通の風邪? それとも、アレルギー性鼻炎?
健康チェックする