医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

痔とは

痔とは肛門、肛門周辺の静脈が圧迫され、血流が滞ることによって起こる 病気の総称です。
症状が起こる場所が肛門周りのために「恥ずかしい」「病院に行きたくない」と思いがちですが、症状を我慢しすぎると悪化させてしまうこともあります。症状が現れる原因は生活習慣やストレスも関わってきます。我慢して悪化させる前に生活習慣の見直しをし、早めに対応をしたい病気です。

症状


3種類の痔


痔には大きく分けて3つ種類があり、それぞれで現れる症状が異なります。

・イボ痔:日本人に最も多い時の種類とされています。軽い出血から始まり、病状が進むとイボが肛門の外側に出来て、炎症を伴います。
・切れ痔:便秘が最大の原因となっており、固くなった便が肛門を通過する際に切れて生じます。排便時の出血で発症に気づく場合が多く、放置をすると潰瘍状になります。
・痔ろう:疲労やストレスによって肛門内の局所免疫が低下する事で発症します。下痢気味な方、排便時にいきむ事が多い方に起きやすいです。




  1. イボ痔
    肛門の組織が肥大してできるもので、多くの場合肛門のうっ血がその原因です。イボ痔は痔の中でも比較的なりやすく、長時間椅子に座っているだけでも発症リスクが高まります。イボ痔には肛門の内側にできる痔核と外側にできる外痔核があり、外にできる外痔核は肛門の周辺に柔らかな塊ができる痔で、排便時以外でも下着に擦れて痛むことがありますが、痔の中では比較的軽い症状であり、あまりに腫れて痛みが激しい場合を除き手術などを要しません。一方、中にできる痔核は患部が知覚神経のない直腸付近であるため、初期状態なら痛みがないのが特徴です。ただそれを放置、悪化させると徐々に大きくなり、排便時に外に飛び出すなどして裂けて多量の出血を引き起こすなど、重症化することもあります。
  2. 切れ痔
    肛門やその周辺の腸壁などが切れたり裂けたりしてできる痔です。幼児から高齢者まで発症の年齢を問わないのが特徴で、その原因は硬い便や太い便を出した際に肛門が裂けてしまうことにより起こることが多く、男性よりも便秘になりやすい女性に多い傾向があります。また、潰瘍性大腸炎のような慢性的に下痢の状態が続く病気の場合でも肛門が擦り切れて切れ痔になることがあります。症状は排便時の痛みや出血のほか、排便に使う筋肉のある箇所にできる痔であるため、排便時に力むことでも痛みが伴い、また切れ痔の周辺がポリープとなり肛門が狭くなることもあります。
  3. 痔ろう
    細菌が肛門腺に侵入することで化膿、炎症し、さらにそれを肛門周辺に排膿する管が作られることで痔ろうになります。発症すると肛門周辺が腫れて激しい痛みに襲われ、膿が常に出て下着を汚したり、発熱を伴うこともあります。放置しておくと痔ろう癌や敗血症を引き起こす恐れもある恐ろしい痔で、自然治癒も難しく、治療には手術以外に方法がないとされています。

原因

痔は、男女ともに多くの方の悩みとなっています。実際に、日本人の3分の1もの人が発症しているとも言われています。
痔になる可能性は年齢や性別を問わず、誰にでもあります。ですから、痔の原因やなりやすい人の特徴を知ることでなるべくリスクを避ける生活をすることが大事です。

こういう人がなりやすい!


●長時間座りっぱなしでいることが多い
長時間座ることは肛門周辺に体重がかかるためよりうっ血しやすい状態となるので、デスクワークなど座り仕事が多い方は危険が大きいです。
肛門に負担がかかると、炎症や充血を繰り返しうっ血になり、血が流れにくくなって部分的にいぼのように腫れてしまうことがあります。これがいぼ痔につながります。
症状が進むといぼが肛門の外まで出てきてしまい、出血と痛みを生じます。もともと肛門の外にできた場合は痛みがより強いです。

●便秘・下痢がち
排便時間が長い、或いはトイレにいる時間が長いこともリスクを高める一因です。10分、20分と便座に座っている姿勢はそれだけで肛門に負担をかける上、便を出そうと力むことでも肛門に強い圧力がかかります。また、便秘は便が硬くなっていたり腸内で固まり太くなっている場合が多く、硬い便や太い便を無理に出すことで切れ痔になることや、下痢になると肛門腺に細菌が侵入しやすくなるので化膿して痔ろうの原因となることもあるなど、便通の乱れも痔の原因です。便秘は大腸で普通の方より水分を多く吸収されているので便が硬くなります。硬い便は肛門を傷つけやすいので、肛門が切れたり避けたりして「切れ痔」につながります。排便時に痛みを伴うので便を我慢することが多くなり、悪循環を引き起こしやすいです。

基本的にいきんだり、腸への刺激が主な原因となるので、たとえばスポーツなどで力を一気に入れたり、アルコールなどの摂取のし過ぎや冷えで下痢気味だったりする場合も危険です。
さらに、ストレスがたまることによる排便習慣の悪化も痔の原因のひとつとされています。

●長時間立ち続けることが多い
痔は肛門のうっ血で起こることが多いです。人は2本の足で直立しますが、それがすでに肛門に負担をかけており、それゆえ誰にでも痔になる可能性があるのです。血流が悪くなると足がむくむことがありますが、それは肛門にも同じことが言え、血流の悪化でできる痔がイボ痔です。長時間立ち続けると腹部に圧力もかかるようになるため、より痔になりやすくなります。

●食生活の乱れとストレス
暴飲暴食は、胃腸に負担をかけ、便通の乱れや腸内環境の悪化を引き起こし、痔の危険を高めます。また、アルコールを摂り過ぎると血流量が増加する一方、下半身の静脈は心臓に血液を戻す力が弱いため、結果的に肛門周辺に血液が溜まったままになり、うっ血が酷くなってしまいます。そのほか、食物繊維が不足することで便が硬くなり便秘を引き起こすことや、香辛料の摂り過ぎで肛門の粘膜を刺激することも間接的に痔の原因となります。
また、ストレスを溜め込むことや体が冷えることは腸内環境を悪化させ、全身の血行も悪くするので痔の原因となりえます。

●妊娠中の人
妊娠中は、胎児の成長に合わせて子宮が大きくなるため、子宮で直腸周辺の血管が圧迫され、下半身の血液が心臓に戻りにくくなって肛門周囲の静脈にうっ血が起こり、こぶのようになって痔になります。特に赤ちゃんの頭も身体も大きくなる妊娠後期は、痔になりやすくなります。出産時のいきみによってできる場合もあります。妊娠中の痔には、2種類のタイプがあります。
1.イボ痔
肛門の外側に突出する外痔核、直腸の内側に出来る内痔核です。妊娠中は便秘になりやすく、トイレを促すような食事をすることが対策になります。
2.切れ痔
肛門の出口付近が切れる事が多く、出血と鋭い痛みで気づきます。切れ痔を防ぐという点では、排便のあと清浄綿でふくなどして清潔にすることです。

●痔にかくされた病気・間違えられやすい病気
大腸がん
最も痔と間違われやすい病気は大腸がんで、血便、便秘・下痢を繰り返すなどといった症状が特徴です。大腸がんは、直腸にできるものが約半数を占めます。大腸がんが増えたのは、欧米型の食生活などが増えてきたためだと考えられています。
大腸ポリープ
大腸の粘膜が腫瘍のように大きくなる病気です。長年放置していると大腸がんに悪化する可能性があります。
潰瘍性大腸炎
免疫の低下やストレスなどによって、大腸の粘膜にただれや炎症ができる病気で、比較的若年層に多い特徴があります。

予防/治療法

予防


痔は、おしりの肛門や肛門の周辺にいぼなどのでき物ができて痛みなどの不快感が起こる病気です。
原因としては、主に排便をする時にいきんだりすることで肛門に過剰な負担がかかってしまうことです。さらに、便秘や下痢などをくりかえすことによって、肛門周辺の皮膚に傷がついてしまうことによってもできたりします。治療せずに、放置しておくことで痔の症状はどんどん悪化していき、排便が困難になってしまうこともあります。排便困難がさらに痔を悪化させるという悪い流れになりかねません。

予防としては、まず下記の点を気を付けるようにしましょう。
・長時間座りっぱなしにならない
・生活習慣を改善し、便秘を改善する
・適度にストレスは発散する


治療法


まずは医療機関を受診して適切な治療を受けることが大変重要です。
治療方法としては、症状が軽度の場合は、軟膏剤を患部に塗りつける方法があります。患部に直接軟膏を塗ることによって、患部の炎症や、傷をカバーして症状の悪化を防ぐことができます。
さらに、症状が進行して、肛門周囲が肥厚し固くなってきてしまっている場合には、外科的な処置を行います。手術で肥厚してしまった患部を切り取り、正常な皮膚の再生を試みることによって、治療することができます。

痔は一度発症すると治るまでにとても時間がかかります。
日常生活を見直して痔の予防を心がけることが大切です。予防方法としては、便秘や下痢にならない様に、偏った食生活を改善することです。その次には、水分もしっかりとって、腸がスムーズに働く環境を整えることが重要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「痔になりやすい度」チェック

日本人の3人に1人が「痔」とも。あなたは大丈夫?

どこか恥ずかしいイメージのある「痔」。排便時に肛門に痛みがあったり、出血したりと悩ましい病気です。

痔には、「いぼ痔」「きれ痔」「痔ろう」の3種類があり、一説によると日本人の3人に1人が患っているとも言われています。また、症状を隠して悪化してしまったり、自覚がない場合もあります。

今回は、痔を予防するためにも、まずは簡単にセルフチェックしてみましょう。

1 /15

運動をする習慣はあまりない方である

健康チェック画像

「痔になりやすい度」チェック

日本人の3人に1人が「痔」とも。あなたは大丈夫?
健康チェックする