• このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

痔とは

痔とは、肛門や肛門周辺の静脈が圧迫され、血流が滞ることによって起こる病気の総称です。痔の原因には、生活習慣やストレスも関わってきます。我慢して悪化させる前に、生活習慣を見直しましょう。

痔の症状

痔の種類



痔には大きく分けて3つの種類があり、それぞれ現れる症状は異なります。


  1. いぼ痔(痔核)

    いぼ痔は、日本人に最も多い種類とされています。軽い出血から始まり、病状が進むといぼ痔が肛門の外側にできて、炎症を伴います。痔の中でも比較的なりやすく、長時間椅子に座っているだけでも発症リスクが高まります。

    いぼ痔には、肛門の内側にできる「内痔核」と外側にできる「外痔核」があります。外にできる外痔核は、肛門の周辺に柔らかな塊ができる痔です。排便時以外でも下着に擦れて痛むことがありますが、痔の中では比較的軽い症状であり、腫れて痛みが激しい場合などを除き手術は要しません。

    一方、中にできる内痔核は、患部が知覚神経のない直腸付近であるため、初期は痛みがないことが特徴です。ただし、放置すると徐々に大きくなり、排便時に外に飛び出して裂けて出血を引き起こすなど、重症化することもあります。

  2. 切れ痔

    切れ痔は、固くなった便を出す際に、肛門やその周辺の腸壁などが切れたり裂けたりしてできる痔です。排便時の出血で気づく場合が多く、放置をすると潰瘍になります。症状は、排便時の痛みや出血のほか、切れ痔の周辺がポリープとなり肛門が狭くなることもあります。

    発症の年齢は、幼児から高齢者までと幅広いです。硬い便や太い便を出した際に起こることが多く、男性よりも便秘になりやすい女性に多い傾向があります。また、潰瘍性大腸炎のような慢性的に下痢の状態が続く病気の場合も、肛門が擦り切れて切れ痔になることがあります。

  3. 痔ろう

    肛門腺が細菌感染することで化膿し、肛門周辺に排膿する管が作られることで痔ろうを発症します。疲労やストレスによって抵抗力が低下している方、下痢気味な方、排便時にいきむことが多い方に起きやすいです。

    発症すると肛門周辺が腫れて激しい痛みに襲われます。発熱を伴ったり、膿が常に出て下着を汚したりすることがあります。放置しておくと、痔ろうがんや敗血症を引き起こすリスクがあります。

痔の原因

痔の主な原因は、肛門への刺激です。肛門への刺激になることには、以下が挙げられます。

長時間座りっぱなしでいることが多い


長時間座りっぱなしだと、肛門周辺に体重がかかるため、うっ血しやすくなります。デスクワークなど座り仕事が多い方は、リスクが大きいです。炎症や充血を繰り返すと、部分的にいぼのように腫れてしまうことがあります。これがいぼ痔につながります。

長時間立ち続けることが多い


長時間立ちっぱなしでいると、血流が悪くなって足がむくむことがありますが、肛門にも同じことが言えます。長時間立ち続けると、肛門の血流が悪化して、より痔になりやすくなります。

便秘・下痢がち


便秘や下痢で排便時間が長くなると、痔のリスクが高まります。便座に座っている姿勢は、それだけで肛門に負担をかけるうえ、力むことで肛門に強い圧力がかかります。

便秘で便が硬くなっていたり、太くなっていたりすると、無理に出すことで切れ痔になります。また、下痢になると肛門腺に細菌が侵入しやすくなるため、痔ろうにつながります。

食生活の乱れ


暴飲暴食は、便通の乱れや腸内環境の悪化を引き起こし、痔のリスクを高めます。また、アルコールの摂り過ぎは下痢につながり、食物繊維の不足は便秘を引き起こします。香辛料の摂り過ぎは、肛門の粘膜を刺激するため、間接的に痔の原因となります。

また、ストレスは腸内環境や全身の血行を悪くするため、排便習慣の乱れにつながります。


妊娠


妊娠中は、胎児の成長に合わせて子宮が大きくなるため、直腸周辺の血管が圧迫されます。下半身の血液が心臓に戻りにくくなり、肛門周囲の静脈にうっ血が起こり、こぶのようになって痔になります。

特に赤ちゃんの体が大きくなる妊娠後期は、痔になりやすくなります。出産時のいきみによってできる場合もあります。

痔の治療

症状が軽度の場合は、保存的治療を行います。軟膏剤を患部に直接塗ることで、患部の炎症や傷の悪化を防ぎます。また、食生活の改善で排便習慣を整え、内服薬や座薬を使うことで改善していきます。

症状が重度の場合は、外科的な処置を行います。症状によって行う手術は異なります。

痔の予防

痔の予防としては、以下の点に気を付けるようにしましょう。
・長時間座りっぱなしにならない
・長時間立ちっぱなしにならない
・食生活を見直し、便秘・下痢を改善する
・排便時はいきまない など

痔の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
痔に効果のある薬といっても色々なタイプがあります。そのため、痔の症状や薬の特徴から適した薬を選ぶ必要があります。

痔の薬には、肛門の内部または肛門の外側にできた患部に使う「外用薬」と、飲むタイプの「内服薬」の2種類に分けられます。外用薬は、切れ痔やいぼ痔の痛みや炎症・かゆみ・炎症・出血などを抑える働きがあります。肛門の周辺にできている痔に対しては軟膏タイプの薬を使うとよいでしょう。1日に決められた回数、指先や綿棒に適量とり、直接患部に塗布します。肛門の内側に痔ができてしまった場合には、座薬タイプのものか注入タイプの薬を使います。座薬を使う時、まず中腰の姿勢になり、座薬の底をもって薬の先端部分を肛門に付け、ゆっくりと挿入していきます。座薬を離しても落ちなくなるまでしっかりと押し込みましょう。しっかりと入ったら立ち上がると自然に薬が中へと入っていきます。注入タイプの薬は1回で使い切るタイプの形状になっています。キャップを外し、スムーズに入れるために中の薬剤を少し押し出します。そして容器の先端を肛門にあてがい、ゆっくりと挿入していきます。ちょうどノズルの付け根まで全部入るまでが目安です。ノズルが入ったら、容器を押して中に入っている軟膏をすべて押し出します。内服薬の場合は、1日に決められた用量を守って決められた期間、服用します。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「痔になりやすい度」チェック

日本人の3人に1人が「痔」とも。あなたは大丈夫?

どこか恥ずかしいイメージのある「痔」。排便時に肛門に痛みがあったり、出血したりと悩ましい病気です。

痔には、「いぼ痔」「きれ痔」「痔ろう」の3種類があり、一説によると日本人の3人に1人が患っているとも言われています。また、症状を隠して悪化してしまったり、自覚がない場合もあります。

今回は、痔を予防するためにも、まずは簡単にセルフチェックしてみましょう。

1 /15

運動をする習慣はあまりない方である

健康チェック画像

「痔になりやすい度」チェック

日本人の3人に1人が「痔」とも。あなたは大丈夫?
健康チェックする