熱中症ねっちゅうしょう

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

熱中症とは

熱中症は屋内外で高温環境において、身体が適応できなくなり起きる症状です。
重症度に応じて�度から�度までに分類されます。
めまいや頭痛、失神、体温の異常な上昇や発汗量の変化(異常な発汗や発汗の停止の場合もあります)などが代表的な症状といえるでしょう。。深刻な症状の場合は命にも関わってしまいます。

熱中症の症状

熱中症とは高温多湿の環境によって起こる症状の総称です。
熱中症は真夏の日中の高温時だけでなく、熱帯夜や梅雨時の晴れ間で急に気温が高くなったときに起こりやすいです。状況によって症状は異なってきます。

主な症状


日差し
●熱失神
一時的な失神が起こります。めまいを感じ、顔面が青白くなります。

●熱けいれん
筋肉痛のような痛みが走り、けいれんします。また手足がつってしまったりします。

●熱疲労
全身に強い疲労感やだるさを感じ、悪心・嘔吐などの症状が現れます。集中力も欠けます。

●熱射病
声をかけても応答が鈍くなったり意識が無くなったりという意識障害が起こります。体温が非常に高くなります。


熱中症の症状と対処方法


熱中症の症状と対処方法の図

■寒気と鳥肌が立つ熱中症の正しい対処法
熱中症の症状が悪化すると体温は上昇しているのに寒気を感じたり、鳥肌が立つことがあります。なぜかというと、脳の機能がダメージを受けて体温を誤認してしまうからです。放置するとさらに状態は悪化するのですぐに対処しましょう。屋外にいる場合は、涼しい日陰やエアコンが稼働している室内に避難しましょう。そして、水があればすぐに摂取しましょう。理想的なのはナトリウムが含まれているスポーツドリンクや経口補水液を飲むことです。エアコンのない室内にいても、気温の上昇で熱中症になることがあります。室内で体に変調を感じた場合は、水分や塩分を摂取し、扇風機があれば稼働させて体温を下げましょう。熱中症になったときに塩分の摂取が必要なのは、汗を大量にかいたことによって、体内のナトリウムが減少するからです。塩分を取らないと最終的には昏睡状態に陥ってしまうおそれがあります。

熱けいれんについて詳しく見る


医師からのアドバイス


出ている症状が熱中症なのか疑わしき場合は、こちらをチェックしてみましょう!
夏の頭痛…これって熱中症で確定?


熱中症の原因

温度計を持つ手
人間の体は、身体内で熱を作り出す働きと身体外へ放熱する両方の働きをバランス良く行います。高温多湿などの影響でこのバランスが崩れると、熱中症が起きてしまいます。症状それぞれの原因は、症状によって異なります。

<<熱中症のメカニズムと症状>>
熱中症になる人が多い時期は、最も気温の高い7月から8月にかけての暑い時期や日差しが強くなる5月頃です。時間帯としては午後2時から5時にかけて起きやすいでしょう。日本では夏だけが暑いとは限りません。暦通りでない時期でも、気候の変化によって、気温が上昇することもあります。いつでも対処できるように、日頃から熱中症のメカニズムと症状と対処法について学んでおくとよいでしょう。
一般的にはお年寄りや乳幼児や病気の人など体力の弱い人がなりやすいといわれていますが、湿気の多い時期、蒸し暑くて風も吹かない場所に長時間にわたって過ごしていると起こる可能性もあります。
自分では熱中症になりにくい体質であると思っていても、急遽、症状があらわれることもあります。
また、カリウムとナトリウムの関係性ですが、水分を含んでいる細胞内液にはカリウムと少量の塩素が含まれていて、細胞外液にはナトリウムと塩素が含まれています。カリウムとナトリウムのバランスを崩すとカリウム不足となり、夏バテのような脱力感や無気力やだるさなどの症状が起きてしまいます。貧血を起こしてしまうのは鉄不足だけでなく、赤血球の合成を促す働きのある葉酸があまり摂取できていないことも考えられます。このように、熱中症となる要因が「身体的要因」となれば日常の生活習慣を見直すことも必要になります。

■赤ちゃんの熱中症の初期症状
夏場の赤ちゃん
赤ちゃんは直射日光に長時間当たっていたり、激しく体を動かしたりすることで、体内の水分や塩分が失われ、脱水症状に陥り、熱中症になってしまいます。赤ちゃんは体内に熱がこもりやすいのですが、理由として体温調節はうまくできないことが挙げられます。熱中症になりやすいため初期段階で気付き、対策してあげる必要があります。初期症状は顔の皮膚が赤みを帯びていて熱い、元気がなく機嫌が悪い、いつもより母乳やミルクや麦茶などを飲みたがると言った症状があります。水分補給をさせてたり、衣服や室温の調整、保冷剤で体を冷やしてあげるといった対策方法があります。また、顔色が悪くなったり、唇が乾いている、呼びかけても反応しないといった症状が出ると熱中症が悪化していて危険なので医療機関に受診しましょう。

■めまいがおきたらまずやること
日陰で休む女性
熱中症の初期症状であるめまいが起きた場合、まずはすぐ涼しい場所へ移動しましょう。身体の熱を逃がすことが最優先のため、風通しのよい場所やクーラーの効いた室内などで、衣服をゆるめ、身体を冷やします。濡れタオルを全身に当てたり、アイスパックを首や脇、太腿のつけねに当てたりすると効果的です。同時に水分補給をしますが、効率よく吸収させるためには、生理食塩水や経口補水液などが適しています。それから足を高くして寝かせ、手足から身体の中心に向かってゆっくりマッサージを行います。以上の手当で回復した場合、無理はせずに念のため病院で診察を受けましょう。吐き気、嘔吐などで水分補給が難しい場合は、迅速に病院へ運び、点滴をする必要があります。

熱中症にはさまざまな症状があります。

●熱失神
気温の上昇に伴い、皮膚血管が広がり血圧が低下します。それにより脳の血流が悪くなり起こります。

●熱けいれん
大量の汗をかいたのに、塩分を含んでいない水だけの補給で血液中のナトリウム濃度が急激に低下して、熱けいれんを引き起こします。

●熱疲労
水分補給が追いつかないほど大量に汗をかいて、水分と塩分が不足することが熱疲労の原因です。頭痛やめまいや倦怠感や吐き気といった症状が出ます。脳に血液が行き届いていない為y、一時的に熱失神を起こす場合もあります。足の位置を頭の高さより上げて休養するようにしましょう。吐き気や嘔吐がある場合は様子をみながら、塩分を含む水分をとるなどして応急処置をとりましょう。


●熱射病
高温多湿な環境下にいると、体温が急激に上がります。それが中枢機能に大きく影響を与えることによって熱射病を起こします。 


このように、熱中症にかかったかもしれないと疑うときは、自己判断だけで済ませずに適切な対応をとりましょう。
扇子であおぐ
・なるべく涼しい場所へ移動する
・身に付けているものは緩めて、体の熱を放出させる
・冷水でぬらしたタオルを当てたり、団扇や扇子で風を送ったりして体を冷やすようにする。
また普段から、熱中症の予防として、体温調節機能を低下させないように心がることも大切です。

■「熱中症」「日射病」の違いとは?
熱中症とは、高い気温・湿度のもとで身体が適応障害を起こし、それにより様々な症状がもたらされるものです。屋外だけでなく、室内でも発症する場合があります。症状としてはめまいや、頭痛や吐き気、大量発汗などです。症状が重くなると、熱失神や熱痙攣、熱疲労といった症状が発生します。また熱中症の1つである熱射病では、意識障害と体温上昇が起き、生命に関わる事態になりかねません。高温・多湿が原因である熱中症と異なり、日射病は直射日光による日焼けや熱によって生じます。日差しのもとで発汗がコントロールできず、身体がオーバーヒートするもので、顔が赤くなり荒い息遣いになります。さらにめまいや頭痛、吐き気を併発することがあり、重度の症状では生命へ危険が及ぶ可能性があります。

■下痢と熱中症の関係について
腹痛
熱中症の症状として下痢があります。人間は体温が上がり過ぎた時に汗をかくことによって体温調節を行っています。しかし、高温の環境に長い間いることで体が体温調節を行おうと大量に汗をかくのですが、汗と一緒に水分・ミネラル・塩分が大量に体外へ流れ出てしまうことで熱中症が起こります。熱中症が起こった時に水分のみを補充した場合、体の塩分やミネラルの濃度が著しく低くなる場合があります。塩分やミネラルの濃度が低くなると体が通常の濃度に戻そうとするために水分を体外に出そうとし、体外に水分を出そうとする働きが下痢の症状として現れるのです。ただ、熱中症を起こしたときに下痢も一緒に症状として現れた場合は、命にかかわる危険性があるので、直ちに病院にかかることをお勧めします。

■熱中症が原因で寝たきりになることも
熱中症は症状によって軽度から重度に分けられます。軽度では脳への血流が一時足りなくなることで立ちくらみの状態が起こります。また、発汗に伴うナトリウム不足でこむら返りや筋肉痛が起きることもあるでしょう。熱失神や熱痙攣と呼ぶこともあります。中等度は熱疲労ともいわれ、頭痛や吐き気、下痢、失神などの症状がいくつか重なって起こります。また、39度位までの熱が出ることがあり、皮膚は冷たくなるでしょう。この状態が悪化すると重度になり、熱射病とも呼ばれます。意識障害や痙攣、過呼吸などが中等度の症状と重なって起こり、体に触ると熱く感じるほど高体温になります。重度になると寝たきりになったり重い障害が残ったりし、最悪の場合は多臓器不全を伴って死亡に至ることもあるので注意が必要です。

熱けいれんについて詳しく見る


医師からのアドバイス


熱中症と熱射病。どんな違いがあるのかご存じですか?
熱中症と何が違うの?気をつけたい熱射病とは!?


熱中症の治療法

タオルとペットボトル

予防



<<熱中症の効果的な予防>>
水分補給
・こまめな水分と適度な塩分を補給すること
・睡眠環境を整えること
・日差しをさけること
・室内でも気温と湿度を測ること
・涼しい服装をすること
・無理をせずに体を暑さに慣らしていくこと
・暑いときは、冷却用のシートや氷枕などを使う
・水分や塩分の補給とこまめな休憩をとる
屋外での運動だけでなく、空調設備の整っていない屋内での作業も、暑さから身を守ることが予防になります。

<<熱中症にかかりやすい時期>>
てるてる坊主
熱中症は最高気温が30度を超える真夏に多発しますが、意外と知られていないのは梅雨時期や9月です。近年の異常気象により真夏日が多発している8月は、各医療機関や情報機関を通して熱中症対策を呼びかけています。そのため、一般の人でもこまめな水分補給などの正しい予防策を行う人が増えてきました。しかし、5月下旬から梅雨時期にかけてはまだ早いと思っている人が多いです。梅雨の晴れ間などに急に高温になったときは危険です。人間の体は「暑熱順化」といって、高温が続くことで体が次第に暑さに慣れてきます。この時期はまだ体が慣れておらず、上手に汗を出すことができない場合が多いのです。このような時は発症しやすいです。実際に近年の患者数データを見ると、8月の真夏日に次いで6月の梅雨時期に患者数が多いのです。涼しくなりかけている9月も同様に注意が必要です。涼しくなったことで油断して対策を怠ると、急な夏日などに患者数が増えます。このような時期は熱中症になっていても真夏ではないからと思って気づかない事が多いのです。少しでも体に異変を感じたら医療機関を受診することをお勧めします。

このように、高温だけが発症原因ではありません。湿度や体感温度が重要になってきます。湿度が高いと、発汗しても蒸発しにくいので体の温度を下げることができなくなるのです。風のない日、前日が雨で湿度が高い日などは注意が必要です。そのため屋外だけでなく、風通しが悪い体育館のような屋内も注意が必要です。熱中症が起こりやすい場所として、アスファルトや砂利の上が多いので、外回りの会社員や学校での体育の授業などはしっかりと対策を行う必要があります。また、都市部ではヒートアイランド現象により、天気予報よりも高い気温を観測することがあります。ビルやアスファルトからの照り返しが多そうな場所へ行く際には対策をしっかりと行っていきましょう。

つまり、熱中症の予防にはまずは、温度や湿度といった環境に気を付けることが大切です。スポーツをするときには熱中症にならないように時間と場所を選ぶようにしましょう。
  
●室内の場合
熱気や湿度が室内にこもらないように工夫をします。さらに室内にいても水分補給をこまめに行うようにしましょう。水分は経口補水液のような食塩と糖質を含んだものが一層効果的です。

●屋外の場合
熱中症予防のためには、直射日光を急に浴びないようにしましょう。少しずつ暑さに体を慣らすようにしたり、さらに、衣服や帽子の選び方にも工夫が必要です。通気性のよい服を着るようにし、体から熱を逃がすようにしましょう。具体が悪くなったら早めに対処することも予防につながります。

<<熱中症にかかりやすい年代>>
水分補給する高齢者
熱中症になりやすい世代として上げられるのが、まずは乳幼児と高齢者です。熱中症の起こる仕組みとして、大きく2つに分類できるのですがその中のひとつである「古典的熱中症」が上げられます。これは外部から入ってくる熱が主な原因であり、時期としては真夏日が何日も続く真夏に発症する方が増える傾向にあります。これは、心臓病や腎臓病を始めとする全身病に罹っている人の発症頻度が高くなる事から、高齢者の発症頻度が上がる要因となります。また、屋外の駐車場に停めた車の中で乳幼児が起こしたり、一人住まいの高齢者が起こすケースが多かったりと、いわゆる気温が高い日に発生する熱波に対する対策が取れない事も高齢者・乳幼児の古典的熱中症の発症率を上げている要因と言えます。次に多い世代が50代となります。これは古典的熱中症を発症する割合が高い事も要因のひとつとして上げられますが、一方でもう一つの分類に当たる「労作性熱中症」と呼ばれる熱中症の発症率が増加することも原因となります。労作性熱中症とは、体内で発生する熱が主な原因で発症する熱中症です。具体的には夏に行うスポーツや屋外での作業など高温の環境下で運動や作業時に多く起こる熱中症の事を言います。これは健康な人でも若い人でも掛かる事が特徴で、10代に熱中症を発症する割合が突然高くなる要因は、これに該当します。毎年、夏の運動会シーズンで練習中に多く発症する熱中症もこれに当たります。50代では働いている人の割合が高く、労働における作業が原因で熱中症に罹るケースが多い事で、熱中症の発症率が上がります。

上記のように、体温の調節が難しい乳幼児と疾病を抱えやすい高齢者、高温の状況下での活動が多い10代、高温の環境に加え身体機能が低下する50代が、熱中症にかかりやすい世代と言えます。自己管理はもちろん、自覚することが難しい乳幼児や高齢者においては、周囲が注意して環境を整えることが大切です。

<<注意すべき人>>
猛暑が続く季節は誰しもが熱中症に気を付けなければならないのですが、特に熱中症に注意するべき人は普段から汗をかきにくい人です。梅雨の季節にも熱中症に気を付けなければいけない理由のひとつとして、外気の湿度が高く皮膚の表面も湿度が上がるため、体が皮膚の渇きを感知しづらく、汗をかきづらくなるという原因があります。そうすると体温を下げる働きをする汗が機能せずに体温が上がってしまい熱中症になってしまうのです。この理由と同じく、普段から汗をかきづらい人というのは、体内の熱を体外へ放出することが苦手です。つまり体内に熱がこもってしまい、本来ならば汗が皮膚表面から熱を外へ逃がす働きをするのですが、その作用がうまく働かず体温が上昇してしまい、同じ状況下においても汗をよくかく人よりも熱中症にかかりやすいと言えます。
また運動中は大抵の人が水分補給に気を付けると思いますが、特に注意が必要な人は、室内で運動をする人です。例えばスポーツクラブなどの空調が完備された施設で激しい運動をする場合、外で同じ運動をするよりも汗をかきづらく、また喉の渇きや体温の上昇を感じるまでに時間がかかります。そのため、外で運動する人よりもよりいっそう自分自身の体調に気を付けながら、喉が乾かなくても水分を補給したり、適度に休憩をとるなどの配慮が必要になります。外で運動する人はその意識が高く、人によっては頭から水をかぶりながらマラソンをする人もいます。しかし室内ではそうはいきませんし、炎天下でないためそこまでの暑さや熱というものを感じにくいものです。普段から運動しなれているから大丈夫という過信が熱中症にかかってしまう恐れもあります。涼しい室内での運動の時こそ、熱中症対策に気を付けましょう。

<<予防に適する飲み物>>
牛乳
熱中症対策と言えば、熱中症に陥った時の対処法を考えがちですが、実は予防するために最適な飲み物があるのです。
「牛乳」 摂取するタイミングは特に決まっていませんが、軽く運動をした後が最も吸収が良いとされています。牛乳は体内の血液量を増やす役割を果たしますので、結果的に暑さに耐えられる身体を作ることになるのです。
「麦茶」 夏になると冷蔵庫に置いてあるのをよく見かけると思いますが、ミネラルが豊富で熱中症対策には最適です。ミネラルは人間の体内では作ることが出来ませんので、外から取りいれなくてはいけません。
「スポーツドリンク」 これも運動の後に飲むと、より効果的に摂取することができるでしょう。スポーツドリンクはナトリウム量が多く、人間の血液に含まれるナトリウム濃度と同じくらいですので、熱中症対策の飲み物としては効果的と言えます。
「お手製ドリンク」 水に、レモンの絞り汁と塩、そして砂糖を加えるだけで簡単に作ることが出来ます。汗と似たような成分を外から取りいれることによって、減少してしまいがちな水分と栄養分を摂ることができるのです。濃さは体調によって変えてみても良いでしょう。

<<効率的な水分補給方法>>
熱中症を予防したいなら、早めに水分補給を行う方法が効果的です。喉が渇いたと感じる前に水分を摂取することによって、熱中症の発症を防ぐことができます。そのために、外出時はもちろん、自宅にいる時も適切な水分を用意しておくことが重要です。ただし、緑茶やミネラルウォーターは水分のみの補給になるので注意が必要です。汗をかくと、水分と同時に塩分も失われます。そのまま放置していると、熱中症になりますから気をつけましょう。塩分の補給をするために、必要な成分が含まれているスポーツドリンクや経口補水液を摂取する方法があります。または、緑茶やミネラルウォーターを飲みながら、塩分が含まれている飴を舐めたり、梅干しを食べたりすることを心がけましょう。
尚、外出先で飲み物を購入する場合には、塩分が含まれているかどうかをチェックすることが大事です。ラベルに記されている表示をよく読んで、熱中症の予防に最適な飲み物を選ぶようにしましょう。塩分を補うことができる飴を持参すれば安心です。携帯用の小さな袋なら、バッグやポケットに入れても邪魔になりませんからおすすめです。水分補給と同時に、塩分も摂取することが熱中症の予防に繋がります。

治療法


点滴
万が一、熱中症が起きた場合にはすぐに応急処置をしなければなりません。初期段階できちんとした処置が出来れば大事に至りません。しかし時期を誤ってしまうと、途端に恐ろしい病気に早変わりしてしまうのです。熱中症のサインは見逃してはいけません。暑い時期や炎天下に晒されている時に、吐き気や頭痛などが起こった場合は、すぐに熱中症かもしれないと疑って下さい。
熱中症が疑われる場合は、速やかに医療機関に連絡・相談し、救急車が到着するまでは涼しい場所へ移動させて体を冷やし、体温を下げて待ちましょう。病院での治療は症状により異なりますが、熱や炎症を鎮め体を冷やす 「冷却療法」が行われます。脱水症状には点滴で治療を行います。

保冷剤で首を冷やす
1、涼しい場所に移動する ・・・ エアコンがきいた建物内でも良いですし、日を遮ってくれる木陰でも良いです。熱波により軽い失神を起こしているという可能性もありますので、足を頭より高くしたまま身体を横たえると良いでしょう(脳に血が回っていない状態なので足を高くします)。
2、水分を補給する ・・・ 熱中症の症状が出始めた際には、大量の汗をかく場合が多いので、スポーツドリンクや塩分の入った飲み物を摂取すると良いでしょう。血液濃度が薄まっている状態なので、水だけだと余計に血液が薄まってしまい、けいれんを起こしてしまう可能性があります。ただし、既に意識が朦朧としている場合などは誤嚥をしてしまう恐れがありますので、すぐに救急車を呼んだ方が良いでしょう。
3、着ている衣服をゆるめる ・・・ 救護室などがあれば全て脱がせた方が良いのですが、人目がある場所でしたら、襟元やベルト、そしてネクタイなどをゆるめるだけでも大分違ってきます。そうすることで、身体全体の血流と良くすると共に、衣服間の風通しを良くしてあげる効果もあります。
4、身体を冷やす ・・・ うちわであおぐ、タオルなどを濡らして顔や手足に当てると良いでしょう。コンビニなどで売っている保冷剤も効果的です。人間は、首、足の付け根、脇に大きな動脈が通っていますので、そこを冷やせば身体全体を冷やすことが出来ます。冷やす際には「首・足の付け根・脇」を重点的に冷やすと良いでしょう。

また、以下のような場合はすぐに医師に診てもらうようにしましょう。
・意識がはっきりしない
・水分を摂ることができない
・休んでもよくならない

診察中の医師
熱中症は最悪の場合、命に危険な状態になります。いち早い対応が必要となりますので、症状の回復が見られない場合や症状が重たい場合は医療機関を頼りましょう。

●熱中症の頭痛対策
・頭痛薬はなるべく避ける
頭痛が熱中症の症状として見られたら、頭痛薬に頼るのはなるべくやめましょう。熱中症の頭痛は、体温が上昇したために起こる頭部の血管の拡張が原因です。そのため頭痛薬を服用しても効果はほとんどありませし、薬の刺激によって吐き気や嘔吐などが起こり、逆に危険な状態になりかねません。
熱中症の頭痛の原因の一つに、体温の上昇によって自律神経が乱れるため、脳の水分が不足するというのがあります。この痛みは、頭痛薬で一時的に緩和することもありますが、熱中症自体を治してくれるわけではありません。そればかりか、一時的によくなったことで適切な処置が遅れ、重症化させてしまうとリスクもあります。
頭痛が自覚症状としてあらわれるのは、熱中症の症状が進んだサインなので、頭痛薬を飲むことはあくまでも一時しのぎです。水分とミネラル補給をしたり、体を冷やしたり、安静にするなど、熱中症の治療を適切に行うことが重要です。水だけでは体からなくなったミネラル分が補給できず、症状が悪化する場合もあるので注意しましょう。経口補給水がない場合は水に対して約0.2%程度の食塩を混ぜた食塩水でも代用できます。

・頭痛を治すには
頭痛に悩む女性
熱中症では、体内の水分が不足することで体内を循環する血液の量が少なくなります。その結果、頭部に流れる血液の量が少なくなるのも、頭痛が引き起こされる原因です。熱中症による頭痛を治すためには、まずは水分と塩分を補給する必要があります。熱中症が治るまでは時間がかかるため、水分は定期的にこまめに飲みましょう。さらにしばらくは、首の後ろ、腋の下、股関節など太い血管が通っている部分などを冷やしましょう。また、涼しい場所に移動して安静にすることが望ましいです。少し症状が良くなってもぶり返す恐れがあるため、完全に回復するまでは安静にしましょう。

・嘔吐も伴う場合の注意
熱中症で頭痛や嘔吐などの症状が発生している場合は「熱疲労」と呼ばれる段階に陥っています。まずは日陰や屋内など涼しい場所に移動し、しめつけ感のある衣服はゆるめて体を楽にしましょう。横になっているときは足を高く上げておくと回復が早まります。人が付き添って様子を見ていることが望ましいのですが、もし目を離すことがある場合は、横向きに寝られるように壁にもたれさせるなどの対処を行ってください。自分で動けないときに嘔吐すると窒息する場合もあります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

熱中症の相談

熱中症に関するコラム