頭痛ずつう

カテゴリ
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

頭痛とは

頭痛とは、頭部に痛みを生じている状態を指す言葉です。その中でも表面の外傷や皮膚炎などに由来しないものを言います。
「頭痛」には、かなり多くの症状や原因があります。そのためさまざまな病気によって発症する症状です。脳腫瘍やくも膜下出血など生命の危機に関わる重大な病気によるものだったり、肩こりや二日酔いなど生活習慣によって起こるもの、原因が特定できない頭痛など実にさまざまです。また、偏頭痛や吐き気を催す頭痛、気圧の変化によって起こる頭痛など、頭痛の症状は多岐にわたります。

なお「頭が痛い」という表現は「解決ができない」「心配だ」「悩ましい」という意味もあるため、言っている意味が本当に頭に痛みを抱えているのか比喩なのかは状況に合わせて判断する必要があります。

症状

頭痛は「一次性頭痛」と「二次性頭痛」に大別されます。


  1. 一次性頭痛
    原因が特定されないまま痛みが続く頭痛のこと。
    ・偏頭痛
    ・緊張型頭痛
    ・群発頭痛

  2. 二次性頭痛
    病気が原因で起こる頭痛のこと。
    ・高血圧
    ・脳出血
    ・脳梗塞
    ・くも膜下出血
    ・慢性硬膜下出血
    ・腱鞘炎など 




一次性頭痛の種類
























頭痛の種類 主な特徴
1.偏頭痛 拍動性の痛みが頭の片側を中心に起こる頭痛です。痛みが発症する前兆として閃輝暗点という前触れがあり、視界にきらきらと光るものが見える場合もあります。偏頭痛は痛みを頭部の片側に発生させる頭痛ですが、時には両側や後頭部にも痛みを感じさせることもあります。痛みは歩行や姿勢の変化といった小さな動きで強くなるため、一度、頭痛を引き起こすと起き上がれずに寝込んでしまう発症者も少なくありません。応急処置として、頭部を冷やし安静にすることが痛みの軽減に繋がりますが、日頃の生活習慣を心掛けることが予防に効果的です。

症状…脈を打つようにズキズキと強く痛む・片側に限らず両側に痛みが伴うケースもあります。また、発症中は光や音、匂いに敏感になるため吐き気や目眩、神経過敏といった状態を伴うケースも確認されています。
原因…ストレスや疲労が原因になることが多く、また、偏頭痛を引き起こす女性が男性の4倍にも上ることから女性ホルモンとの関係と影響も発症の理由として挙げられています。その他にも血管の急激な拡張によって起こる炎症も原因のひとつであり、入浴や飲酒といった行為で痛みが誘発されるケースも存在しています。
頻度…月2〜3回突然起こる
2.緊張型頭痛 長時間同じ姿勢でいることで血行が悪くなり、頭全体が締め付けられるような頭重感と頭部両側が痛む頭痛です。一時性頭痛の中で最も多くみられる頭痛です。痛みは長時間続きます。多くの場合、肩こりや首のこりを伴います。頭全体が締め付けられるように痛み、頭重感があり、後頭部から首筋にかけての頭の両側もズキズキと痛みます。

症状…後頭部から首筋にかけてギューッと圧迫されるような痛みをもち、時には目眩やふらつき、体のだるさといった異変も伴います。痛みの対処法は、首や肩のこりを解し柔軟性を高め、気分転換を行うことが効果的ですが、日常生活での様々なトラブルを避けることを予防として心掛けましょう。
原因…身体的ストレスと精神的ストレスが重なったことが原因と考えられています。そのため、長時間のデスクワークや運動不足、仕事間や人間関係でのトラブルによって筋肉が緊張し血流が悪くなった場合に症状があらわれるケースも少なくありません。筋肉の強張りにより体に老廃物が溜まりやすくなり、それが周囲の神経を刺激して頭痛に繋がってしまうのです。
頻度…ほぼ毎日持続的に起こる
3.群発頭痛 左右片側に激しい頭痛発作が起こる、別名「自殺頭痛」とも呼ばれる頭痛です。この頭痛の原因は目の後ろにある頸動脈の血管が拡張して炎症を引き起こしていることや、脳内の視床下部が活発になったことから痛みが発生していると考えられていますが、まだまだ謎の多い頭痛でもあります。また、偏頭痛とは異なり、頭痛が抱える男性が女性に比べて7倍も多いことも特徴のひとつです。個人での応急処置が難しい深刻な頭痛のため、1人で抱え込まずに医師と相談して、頭痛との付き合い方を見つけるようにしましょう。


症状…痛みは目の周りから後頭部にかけて広がり、目の奥にはキリで突き刺されるような痛みが起こります。また、痛みの他にも流涙や結膜充血、鼻水や鼻詰まり、発汗や縮瞳、散瞳といった症状があらわれます。
原因…目の後ろの内頸動脈に炎症が発生するため(炎症の原因は不明)
頻度…この頭痛は強烈な痛みがあらわれる群発期があり、頭痛が発生すると約1ヶ月から2ヶ月にかけて続き、毎日同じ時刻に頭痛が発生します。群発期が過ぎれば症状は治まりますが、半年から3年としばらくの時間が経過した頃に、再び痛みを引き起こします。その他にもアルコールをトリガーとして発症する場合があり、飲酒してから1時間後に痛みが誘発するケースも確認されています。



原因

頭を抱えるサラリーマン
頭痛の主な原因は、脳内の血管を流れる血流に関係していると考えられています。痛みを感じる部位は骨膜や血管、頭皮、脳神経などで、それを頭痛として感じます。血流や血圧をコントロールしている自律神経はストレスの影響を受けますが、ストレスなどで自律神経である交感神経が優位になると、血管は収縮して一気に血圧が高くなります。それだけでも血管に負担がかかりますが、その収縮した脳の血管が、その後急激に拡張し、心臓の拍動に合わせて周囲の神経や組織を過度に圧迫して頭痛が引き起こされます。

また、拡張した血管が、脳内の三叉神経を刺激すると、三叉神経から神経ペプチドという物質が放出されます。このペプチドがさらに血管を拡張させ、周囲の組織を圧迫し、痛みや炎症の原因となります。三叉神経は脳内で最も大きな感覚神経であり、脳を支配しているので、この三叉神経が損傷を起こすと大きな痛みを生じます。さらに、セロトニンの放出が過剰になった場合も血管が拡張し、同様の症状が生じます。

高齢者の初発頭痛は脳出血の可能性があります。持続的な頭痛は、進行中の髄膜炎や脳腫瘍である場合もあります。脳腫瘍の場合は、脳内の痛覚感受組織が圧迫されたことが原因で、頭痛を起こします。今までにない激しい頭痛の場合は、くも膜下出血や脳溢血など重篤な疾患の症状であることもあり、早めに受診することが必要でしょう。

予防/治療法

睡眠する女性

予防


頭痛の予防には「生活環境を見直すこと」が最初のアプローチです。
睡眠時間の確保で疲労を溜め込まない、忙しい方は仕事の合間にほんの10分ほど目を閉じているだけでも効果があります。そして休日普段より長く寝ることは避けましょう。睡眠時間のバランスを崩すことは体の負担になり、いっそう頭痛を強くします。

あるいは神経を落ち着かせる、血流を改善するなども重要です。

治療法


のびをする女性
原因は多肢に渡りますが、代表的な頭痛は3種類あります。頭痛の種類にあった適切な治療を施しましょう。

1.身体的ストレスや精神的ストレスによって引き起こされる緊張型頭痛
長時間のデスクワークや対人トラブルから血流が乱れ筋肉が緊張し、頭が締めつけられたような鈍い痛みをおこす頭痛です。悪化すると眩暈や肩こりを伴い、慢性化する恐れもあります。
<<解消法>>筋肉の緊張を体を動かすことでほぐします。軽いストレッチを取り入れるのもいいでしょう。また、ホットタオルで顔を温めたり、湯船に浸かって首筋から肩にかけてほぐすようにすると効果的です。

2.頭部の血管の広がりと炎症から引き起こされる片頭痛
ずきんずきんと血管が脈打つような強い痛みがあり、女性に多く見られるのが特徴です。この頭痛は発作的な頻度で発生し、その痛みから寝込んでしまうほど強烈です。したがって片頭痛を感じたら、無理をせず横になり安静にしましょう。
<<解消法>>血管を広げてしまうと炎症を悪化させるので血流を抑制する方法を取ります。こめかみを冷やしたり、指先で頭を押さえるなどして症状を和らげましょう。

3.内頚動脈の広がりにより炎症がおこり引き起こされる群発頭痛
この頭痛は発症数は稀ですが中でも男性に多く見られ、目が抉られるような激しい痛みをもち、一度痛みはじめるとひと月以上かけて毎日症状があらわれる恐ろしい頭痛です。発症には生活習慣や体内時計との関係があると考えられていますが、炎症が起こる原因は解明されていません。そのため頭痛を感じた場合は激しい痛みを伴うこともあるので、すぐに専門医へ受診しましょう。そして生活リズムを整えて予防を心がけましょう。

他にも突如として金づちで激しく頭部を殴られたような頭痛を感じた際は、くも膜下出血の恐れもあるので早急に医療機関を受診しましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください