立ちくらみ/起立性低血圧たちくらみ/きりつせいていけつあつしょう

カテゴリ
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

立ちくらみ/起立性低血圧とは

立ちくらみ/起立性低血圧とは、低血圧の一種です。寝たままの状態では低血圧は生じませんが、座位や立位になることで血圧の低下を引き起こし、眩暈、重症な場合には意識を消失することもあります。正常な状態であれば、自律神経の働きにより症状が出現する前に血圧の調整が行われますが、何らかの原因により、調整が効かなくなった場合に出現します。原因疾患の治療やゆっくりと起き上がる動作を行うこと、自律神経の乱れを防ぐことなどにより改善されることがあります。

立ちくらみ/起立性低血圧の症状

立ちくらみでは臥位から座位や立位、座位から立位など、身体を起こしてから3分以内に収縮期血圧が20mmHg以上、拡張期血圧が10mmHg以上低下します。このように血圧が急激に低下し、脳に流れる血液量が低下することで、眼前暗黒感、視野の狭窄、眩暈、顔面蒼白、ふらつき、あくびといった症状を引き起こします。これに加え、重症な場合には意識障害や意識消失も出現します。
そしてこれらの症状は、長時間臥床後であり、自律神経が働きにくい時間帯である午前中や、血液が消化器に集まっている食後に強く出る方が多くいます。
その他、眩暈による嘔気や、自律神経の失調による原因が大きい場合には食欲不振、腹痛、頭痛、倦怠感といった症状を併発する場合もあります。

立ちくらみ/起立性低血圧の原因

座位や立位になることで、重力により血液が身体の下方へ移動し血圧の下降が起きます。正常であれば、自律神経の働きにより末梢血管の収縮、大動脈弓や頸動脈小体に存在する圧受容体らの反射により心拍数の増加などが起き、速やかに血圧を元に戻すことが出来ます。

しかし、何らかの原因により自律神経系の働きが障害されると、血圧の調整機構が働かなくなり、立ちくらみ/起立性低血圧を起こしてしまいます。

この原因となるのが、まず疾患によるものです。自律神経障害をきたす糖尿病、パーキンソン病や多系統萎縮症といった神経性疾患、心不全や動脈硬化、副腎不全といった血液循環を障害する疾患が多いようです。

次に薬物によるものです。利尿剤、降圧剤、血管拡張剤などの薬剤を使用している場合にも、二次的に起立性低血圧を引き起こします。

その他、循環血液量が減少している脱水、長期の臥床者、自律神経の働きが低下している高齢者に生じることが多くあります。

立ちくらみ/起立性低血圧の治療法

立ちくらみの予防策は、まず急激な血圧低下を起こさないよう、臥床した状態から急激に座位や立位を取らず、ゆっくりとした動作で起き上がるよう心掛けることです。

次に自律神経が正常に働き、血圧の調整機構が働くよう身体を維持することです。自律神経のアンバランスを引き起こす原因が疾患や薬剤である場合には、原因疾患の治療や薬剤の調整を行う必要があります。

また脱水など循環血流量の少ない人は水分をしっかり摂り、アルコールは控えます。心不全や高血圧がない場合には、塩分を多めに摂取することで循環血流量が確保され、低血圧の改善を図ることも出来ます。

また、ストレスや不規則な生活、乱れた食生活でも自律神経が乱れるため、日常生活にも注意が必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください