打撲/打ち身だぼく/うちみ

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

打撲/打ち身とは

打撲とは、「打ち身」とも言われます。
転倒や何かにぶつかるなどで身体に外部から強い衝撃が加わることで起こる、皮下組織や筋肉などの軟部組織の損傷のうち傷口のないもののことです。日常生活で何かにぶつかったり、ぶつけたりすることでも起こります。皮下出血・腫れ・痛みなどの症状が現れますが、ほとんどの場合は、特別な治療を受けなくても自然に治ることが多いようです。。

打撲/打ち身の症状

自転車から倒れる男性
打撲は、身体に外部から強い衝撃が加わることで起こります。傷口がない身体の皮下組織や筋肉に生じる損傷のうち傷口のないもののことです。打撲による損傷部位は、血液に運搬された酸素等により修復されますが、その過程で血流量の増加によって損傷部の腫れや赤み、発熱といった炎症が発現します。

打撲で血管や神経が損傷した場合は、皮下組織に血腫が形成され、赤から青紫、茶色、黄色、緑色などの外見上の変化が現れます。組織の腫れが血管や神経を圧迫すると、痛みや痺れの症状もみられます。

※処置が悪い場合には・・・
組織内圧の上昇による血行障害で筋腱や神経が壊死するコンパートメント症候群に陥ります。特に四肢の場合は、関節が曲がらない、筋肉が突っ張るなどの機能障害を起こす外傷性骨化性筋炎を発症することがあるので注意が必要です。

<<打撲と骨折の見分け方>>
打撲の場合、腿や腕などの比較的肉の多い部分は痛みがあっても動かすことが可能で、関節の打撲では動かしたことで痛みが増すことはあまりないことが多いです。一方、骨折の場合は箇所がどこであれ痛みが強く、大きく可動域が制限されます。なお、「内出血が見られ、動かせるが痛みが酷い」というときは両方の可能性が考えられるのでひとまず骨折と判断し、処置するとよいでしょう。
また、患部の腫れにも違いがあります。打撲は打った箇所だけが腫れるのに対し、骨折はその周囲も腫れます。打撲の場合は腫れるのにある程度の時間を要します。痛みが走っても、しばらくの間さほど腫れないときは打撲、痛みが走ってみるみるうちに患部が腫れてきたら骨折であるというのが1つの目安です。ただ、僅かなヒビなど骨の損傷が軽微な場合や、膝の皿など周囲に筋肉の少ない部分の亀裂などは腫れないこともあるので、こうしたときには患部を冷やす、湿布を張るなどの処置をしながら数日様子を見るのも手段の1つとなります。日が経つにつれて治ってゆく打撲に対し、骨折していると日を追うごとに腫れや痛みが増すので、そこで判断が可能です。

コンパートメント症候群について詳しく見る


医師からのアドバイス


打撲してしまった場合は、自然治癒しかないとあきらめていませんか?正しいケア方法をチェックして、打撲を早く治しましょう!
冷やす? 温める? 打撲の正しい湿布ケア


打撲/打ち身の原因

打撲は転倒や衝突の際に、皮下の軟部組織が強いダメージを受けることにより発生します。

日常生活


柱や建具、家具などに頭部や体をぶつけるといった些細な出来事や、自転車運転中の転倒といった事故などで起こります。

スポーツによる打撲


サッカーをする少年たち
特にサッカーやラグビー、格闘技などのコンタクトスポーツでは発生率が高まり、機能障害につながることもあります。
また、足腰の衰えた高齢者はバランスを崩しやすいために転倒や転落のリスクが高く、骨折を伴うこともあります。重症の場合は寝たきりの原因にもなりますので、早期に適切な処置を行うことが重要です。


Doctors Me編集部から


気がつけば、打撲したようなあざがあって気になっている方。もしかすると病気かもしれません。どんな病気の可能性があるのか医師に聞いてみました!
ぶつけた覚えはないのに、痣(あざ)!? もしかして病気のサイン?


打撲/打ち身の予防/治療法

予防


準備運動をする少年たち
打撲を引き起こす衝突や転倒などの事故の予防には、筋肉の働きを高める運動が有効です。
寒さや疲労、運動不足等は血流を減少させ、筋肉の虚弱化を招きます。適度な運動や体操で全身をウォームアップすれば、血流を促し筋肉も強化されます。

・日頃からストレッチなどをして筋肉を柔らかい状態にしておくこと
・筋肉が固ければ、体全体の動きも固くなります。動きが固い状態だと転んでしまったりした時に打撲や打ち身をしやすくなってしまいます。それに、ストレッチなどをしていれば転んだとしても、受け身をとりやすくなるので打撲や打ち身まで至らずに済みます。

応急処置


痛みを感じる患部に当て木(シーネ)をして、包帯で固定することが大事です。指などの小さな関節には小さなサイズの当て木(シーネ)をしてください。当て木(シーネ)はインターネットで簡単に買うことができます。家庭や職場用に1つ買って用意しておくといいかもしれません。包帯は100円均一の店で売っているようなものでも構いません。おすすめは耳付き包帯です。こちらもインターネットで購入できます。しっかりした生地ですし、洗濯して何度も使うことができます。包帯を購入する際の注意点としては伸びない生地でできている綿の包帯を購入しましょう。伸縮するタイプの包帯は固定する力が弱いので必ず伸びないタイプの綿の包帯で固定してください。転倒や衝突後の適切な処置は、打撲の腫れによる重症化を予防する上で重要です。

【動画】打撲の応急処置:RICE処置

Rest(安静にする)
Ice(冷却する)
Compression(圧迫する)
Elevation(挙上、患部を心臓より高い位置に保つ)

打撲部位をすぐに氷や流水で冷やして包帯などで部位を圧迫します。
そして、患部を心臓より高い位置に上げて、血流が滞った状態のうっ血を防ぎ、安静にすることが第一の治療法です。安静、圧迫、挙上の処置をすることをRICE療法と呼ばれています。この処置を行うことによって組織の腫れ、むくみ、浮腫、内出血を抑えることができます。打撲、打ち身の程度によっては、消炎鎮痛薬や組織の腫れを抑制する消炎酵素薬が使用されます。血腫が大きく、神経障害、循環障害を起こしている場合や筋肉内などの軟部組織でおこる骨化を伴う炎症の骨化性筋炎を併発しそうな場合には、血腫をかき出す手術が行われることがあります。

※応急処置「RICE」をより詳しく
まず打撲が起こった際にしなくてはならないのは、ライス(RICE)と呼ばれる応急処置です。ライスのRは安静にする(Rest)、Iが冷却する(Ice)、Cが圧迫する(Compression)、そしてEが高く挙げる(Elevation)という意味です。
R:打撲した部位を動かないようにする
I:炎症を抑えるため15~20分を目安に、氷を入れた冷却パックやビニール袋で打撲部位を冷やす
C:腫れや内出血を防ぐために弾力包帯やテーピングで血流が低下しないように適度に圧迫しながら打撲部位を巻く
E:内出血を防ぎ痛みを抑えるため、椅子やクッションなどを利用し、打撲部位を心臓より高い位置に保つ
ライスはあくまで応急処置であるため、あとは医師の診察を受けるようにしましょう。

※打撲を感じた時の対処方法
・患部に軽く触れて状態を確認します。
・患部を軽く触れただけでも全身に痛みが走り、苦しんでいるようであれば、重症と判断します。
・その場合はすぐに病院へ向かってください。
・また、患部が腕、脚などの打撲で明らかに違和感のある曲がり方をしている場合は、骨折の疑いがあります。この場合もすぐに病院へ向かってください。
・打撲の患部に軽く触れて患者に問題がないようであれば、患部が熱を持っているかを確認します。熱を持っているようであれば、初期対応としてコールドスプレーで患部を冷やします。
・その後、腫れて来るようであれば、薬局などに売っているシップ薬などを貼り付けます。温シップと冷シップがありますので温シップと間違えないように注意してください。また、シップ薬は長時間貼り付けると光線過敏症というかぶれが発生することもありますので、3~4時間くらい貼り付けたら半日ほどシップ薬を剥がして肌を休ませ、その後、新しいシップ薬に張り替えることと、患部を日光に当てないことの2点を注意してください。
・光線過敏症はシップ薬の成分が日光を浴びることで発症しますので、サポーターや衣服でうまく調節します。患部を触れた時に特に熱も感じないようであれば軽症と判断出来ますが、タオルを濡らして軽く絞り患部に押し当てるなどして発熱と炎症を防ぐことが対処のポイントになります。

■足の小指を思い切り打撲してしまった時の対処法
小指をぶつけて痛みと腫れがあったら、打撲か骨折が考えられます。内出血があり、多少の痛みが残っても、指を曲げることができたら、打撲です。打撲をしたら、まず小指を氷水で冷やして下さい。その後、3~4日間は冷湿布を貼り、あまり動かさないように小指と薬指の間にガーゼなどのクッションになるものを挟み、小指と薬指を一緒にテーピングで巻いて固定してください。足を少し高く安静にしておくと、腫れが早く引きます。ただし、打撲と骨折は間違いやすいので、紫色に腫れ上がり痛みが強かったり、痛みは強くなくても判断に迷う場合は、必ず病院で診てもらって下さい。折れている事に気が付かず放置してしまうと、曲がった状態で骨がくっつき、生活に支障が出ることもありますので気をつけてください。

■目を打撲した場合の処置法
目を打撲した場合は、見えにくくないか、両目で見ても二重に見えないか確認しましょう。出血量が多くなると眼圧が高くなり、眼痛、頭痛、ひどいときは嘔吐もします。出血量が多くならないようにしましょう。処置は、激しい運動は避け、安静にするときは、枕の位置をいつもより高めに挙げることをオススメします。これは、血を目の方に流さないためなのでうつ伏せもしてはいけません。目を打撲した際は、眼球を収納している薄い骨の眼窩が骨折している恐れがあります。また、骨折した部位に眼窩内の軟部組織が入り込むと複視や眼球運動痛、悪心、嘔吐など放置すれば入り込んだ軟部組織が壊死して眼球運動障害を残します。そのため、緊急手術が必要です。

■肋骨を強打し打撲してしまった場合の対処法
肋骨を抑える男性
何かの際に肋骨を強く打ってしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。まずは自分で解決しようとはせず、必ず病院に行くようにしましょう。肋骨を強打してしまった場合に起こる疾患の一つに、「肋間筋損傷」というものがあります。肋骨の周りには、たくさんの筋肉が張り付いていて、呼吸をする際や運動をする際に肋骨と一緒に動いてくれます。肋間筋損傷というのは、これらの筋肉が損傷するということですので、呼吸をするだけでも激しい痛みが伴うでしょう。他にも、身体を捻る動作をしたり、少し寝返りを打っただけでも肋骨付近に鋭い痛みを感じる場合もあります。強打意外にも、急激に捻るような動作をした時に起こってしまうことが多いのです。

■子供が打撲してしまった際に気をつけるべき点と処置法
子供が頭部を打撲してしまった場合、一度落ち着いてから呼びかけに反応があるか意識確認をします。寝てしまった場合は呼吸が荒くないか、顔色は悪くないか確認しましょう。反応が鈍くぐったりしていたり、ひきつけを起こしたりしている時には救急車を呼びます。また、たんこぶや出血がないか見ます。強い打撲であるとたんこぶが大きくなり、脳内出血や骨折などの可能性もあるためすぐに受診します。受診までの間は、たんこぶを冷やしておきましょう。出血が多い場合なども処置や消毒が必要であるため受診します。子供の怪我は夕方から夜にかけて起こりやすいです。たんこぶや出血がないようなら一晩様子を見ましょう。体調に問題がないようであれば、一度の嘔吐は心配いりません。翌日、普段と変わりなく元気な様子であれば問題はないでしょう。

■頭をぶつけたときに注意すべき後遺症など
頭をぶつけた男性
頭を強くぶつけた時、脳震盪を起こす場合があります。頭痛や吐き気の症状が強くなければ一過性のもので、それほど心配することはありません。但し、1日から2日ぐらいは十分に注意することです。時間の経過により、ぶつけた個所に「こぶ」ができる場合があります。頭蓋骨の外での皮下出血ですので頭の中に影響しません。自然と出血も腫れも引いてきます。腫れがひどい場合は患部を冷やして安静にしていることです。しかし、数日後頭痛が激しくなり物忘れする、嘔吐を繰り返す、歩く時足がふらつく・ボーとなる、うまくしゃべれない、手足がしびれる・半身が麻痺するなどの症状が現われた時には、後遺症の疑いがあります。直ちに脳神経外科などに受診することです。

※診察時にどのような処置を受けるのか
診察では、その打撲の状態に応じた処置がされます。
表面上の傷の処置だけでなく、骨折が疑われる場合はレントゲン撮影をした上で、診断と治療をしていきます。
骨折がなく、打撲の診断のみであれば、打撲部位が保護されるような処置がされます。
骨折もしている場合は、骨折の治療に準じた処置がされるでしょう。
いずれも患部を保護、骨折の場合は固定する処置がされます。

打撲の段階別(急性期・慢性期/初期)の治療法


段階別の適切な湿布(温湿布・冷湿布・消炎鎮痛剤)の種類・選び方
サッカーをする少年たち
打撲をした時には、症状をやわらげ、また後々にひどくなったりしないように、まずは冷やすことが大切になります。
氷や、ビニール袋に入れた氷水、水道水からの流水などで、しっかりと冷やすようにしましょう。基本的には15分位冷やし、少し休憩、または冷やしてしびれたり、感覚がなくなったりした冷やすのをいったんやめるということを繰り返します。 ずっとそれらで冷やすのは難しいと思うので、落ち着いてきたら、冷湿布を使うのがいいです。
打撲が回復に向かう時期には、打撲したところを温めると新陳代謝がよくなって、打撲による内出血で生じた血腫を早く吸収できるといわれており、血腫ができるまでに2~4日かかるため、これくらいの時期から温湿布を使ってもいいです。
痛みが強い時は鎮痛剤の湿布を併用してもいいですが、痛みや腫れが強い時、基礎疾患がある時などは必ず医師の指示を仰ぐようにしましょう。

慢性期での「血行」が重視された治療法
打撲によってできた血腫などの吸収をうながすために、血行をよくするためには、お風呂に入ったり、温湿布をつかったりすることが効果的といわれています。

●温める/温熱治療
入浴する女性
温熱療法とは、血流を増加させることによって治癒を促す治療法です。血流をよくすることで、新陳代謝を上昇させ、酸素や栄養素を患部に届けるとともに老廃物の排出を促進します。
これによって、痛みが和らいだり、筋緊張がほぐれたりする効果も得られます。
また温熱療法は、受傷直後には行わないようにしましょう。受傷直後は冷やす・安静・圧迫・高い位置を保つことが基本となり、まずは急性炎症を抑えることが必要です。温熱療法はこのような処置のあと、2~3日経過して腫れや痛みが引いてきたあとに行います。

温熱療法の具体的な方法としては
・入浴によって温める
・温湿布
・ホッカイロやホットタオル   
などを患部に当てる等の方法があります。
入浴は熱すぎず、適度な温度で長く入るようにしましょう。半身浴なども効果的です。
温湿布は、患部に傷がある場合には傷口を悪化させてしまうことがありますから使用しないようにしてください。
またホッカイロは患部に直接あてると低温火傷のもとになるので衣服などの上からあてるようにしてください。
ホットタオルは40度前後くらいの気持ちいいと感じる温度が適しています。熱すぎても皮膚に負担となるので注意してください。またホットタオルは持続時間が短いので患部が温まるまで何度か取り換えてください。

●電気治療
電気治療
打撲している箇所は患部をマッサージできないので、電気治療で回復させることが多いです。電気治療では患部の炎症を抑えるために、筋肉の繊維に刺激を与えてゆっくりと炎症を緩和させます。早い段階で痛みを取り除くことができ、身体に負担が少ないので、痛み止めなどを服用するよりも安全です。また電気治療は身体の広範囲をカバーして治療することが可能なので、効率的です。打撲の症状がひどい場合には、アイシングと電気治療を組み合わせて治療をおこなうと、完治するまでの期間が短くなります。家庭用の電気治療器なら自宅でも治療が可能です。

●打撲の回復にいい食べ物
鶏肉ササミ
打撲の治療に使える食べものがいろいろあります。ノビルの球根は、打撲の痛み・はれに効果的です。里芋には解毒効果、冷却作用があり、患部にあてる事で打撲に効果を発揮します。また冷やした茄子も効果があって、患部に何度も張り替えてその部分を冷やすと、腫れがひいて痛みが和らぎます。おろした大根も塩を加えて患部に貼って湿布にすると楽になります。
食べて打撲の回復に生かす場合は、高タンパク質、高ビタミン、低カロリーの鶏肉のササミや白身魚が効果的です。豆腐や納豆を食べるのも、打撲箇所の回復力を高められます。レモンやイチゴなどのビタミンCも効果的です。

●すねを打撲した場合
足のすねの打撲は、日常生活で簡単に起こり得る現象です。まずは、冷湿布を貼って、包帯で圧迫しながら固定し、これを1週間ほど続けます。次に打撲した部分に、しこりのような物が出来ている際には、優しくマッサージをして除去しましょう。単純な打撲だけであれば、これらの処置を行うことにより1~2週間程度で完治します。ただ、筋肉もいっしょに痛めてしまっている場合については、2カ月ほどの期間を有するでしょう。歩いている際に激しい痛みを感じるようであれば、骨折の疑いもありますので、早めに病院でレントゲンを撮りましょう。

●内出血の色の変化
打撲で外部から強い力が加わり、皮膚組織の血管がダメージを受け、切れることにより皮下出血を起こし、青紫色に腫れます。この青紫色に腫れた部分は血の塊などが原因で、時間の経過と共に繊維状の組織となり吸収され、徐々に色も薄くなり、黄色くなって消えていきます。軽い打撲であれば、1〜2週間で色も消え、治ります。打撲部分の色が青紫色から黄色へと変化していくことで回復がわかります。

打撲/打ち身の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
打撲、打ち身は損傷部位や症状によって治療法を見極めることが大切です。

手や足などの軽い痛みや腫れであれば、まずは湿布などの外用薬で対処します。打撲直後は応急措置として、「RICE」を行います。「RICE」とは「安静(rest)にし、患部を冷却(ice)と圧迫(comoresstion)しながら、心臓より高く(Elevation)保つ」ことです。直後は患部が熱を持ち腫れてくるため、フェルビナク・インドメタシンといった抗炎症作用の成分が含まれた冷湿布で冷やします。アイシングや冷却スプレーを併用すると効果的です。2、3日すると内出血も収まり腫れも引いてくるため、次は温湿布で患部を温めます。患部を温めることで血行をよくし自然治癒力を高めることができます。このように軽い打撲の場合は、湿布を使い分けることで効果的に早期治癒に繋がります。また、痛みや腫れが強い場合は痛み止めの内服薬も効果的です。一般的には、アスピリンやイブプロフェンなどの抗炎症作用を持つ非ステロイド性消炎鎮痛剤と、解熱、鎮痛作用のあるアセトアミノフェンといった成分を含む薬を使います。そのほかに、痛み止めの注射や点滴といった即効性のある治療もありますが、症状に見合った治療を行うことが大切です。なお、頭部や腹部、胸などの打撲は骨折や重病に繋がる可能性もあるため、応急処置後しばらく様子を見て必ず医療機関を受診しましょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

打撲/打ち身の相談

打撲/打ち身の体験談

  • 打撲と診断されましたが、安静にすることで治りました

    打撲・診断

    高校に入って、中学からしていたバレーボールをする為に、バレーボール部に入部して、毎日、バレーボールの練習をしていました。 ある日、遠く離れた場所に着地しようとするボールを追って、スライディングしたところ、右肩から落ちたので、右肩を強く打撲して、右肩の関節が外れたみたいでした。 担当の先生に、近くの病院まで連れて行ってもらい、そこの外科の先生に、右肩脱臼だと診断され、右肩をはめてもらいました。 先…続きをみる
  • 肌に打撲の痕を発見したら念のためにレントゲン検査を受けよう

    打撲・レントゲン

    自転車で転倒して左手首の腫れが酷かったので医者に診察してもらいました。事故当時は気が動転していたせいか痛みもそれほどなかったのですが、1時間ほどすると全身を打撲していたらしく特に左腕の痛みは耐えがたいものがありました。 医師は診察するなりレントゲンが必要と判断しました。1時間以上普通に歩きまわれていたので骨折までしてることはないだろうと考えていました。レントゲンの結果は素人目にも骨折がはっきり写…続きをみる
  • 打撲の青アザはすぐに対応を。

    打撲・青アザ

    転んだ拍子に足をコンクリートにぶつけてしまい、打撲による青アザができてしまいました。とても痛かったのと、大きな青アザだったため、スカートや短パンをはくときに、とても目立ってしまいます。1週間後に友達の結婚式がありドレスを着る予定だったのですぐに治さなければと思い、打撲によってできた青アザに効果的な方法を調べ、やってみました。 ぶつけた場所を冷やし血液の流れを抑制することで炎症を抑え、痛みを和らげ…続きをみる
  • 右肘を打撲した時に効果があったこと

    打撲・右肘

    私は以前、右肘を打撲してしまったことがあります。遊んでいた時に、滑って転んで右肘を強打してしまったのです。それから痛いと感じることが多くなりました。ずっと痛いと感じていたので、病院へ行って調べてもらった所、骨にヒビが入っていると言われました。 物凄く痛いと感じていたので、何か以上があるのではと思っていましたが、病院の検査で判明したのです。打撲をした時にそのままにしておくのは良くありません。 私は…続きをみる
  • 打撲した状態で放っておくのは危険!正しい処置は?

    打撲・状態

    私が夜道を自転車で走っていた際、道に段差があるのを知らずにそのまま突っ込んでしまいました。すると私と自転車は180度回転し、アスファルトに強く腕を打ち付けてしまいました。 痛みがあったのですが、骨に異常はなさそうだったのと、夜だったということで病院には明日に行こうとそのまま家で寝てしまいました。早朝、腕の痛みで起きると、打ち付けた個所が大きく腫れているのに気づきました。赤黒く、タマゴ大に腫れてい…続きをみる
  • 整形外科に行くと打撲という診断を受けました

    打撲・整形外科

    日課にしている朝食前の散歩にで出かけましたが、雨が降り始め近道をしようと隣にあるドラッグストアーの駐車場を横切る為、入口のチェーンをまたぎました。 チェーンの高さは50センチ位であり、楽にまたげると思いましたが、転倒し左の顔面をコンクリート面に強打し、出血しました。倒れた瞬間に普通の打撲でないことに気づき、家で応急手当てを嫁にしてもらい、打撲の治療でお世話になっている知り合いの整形外科に飛び込…続きをみる
  • 打撲で神経が麻痺しちゃった

    打撲・神経

    小学生中学年の頃に体育の授業で肩にボールを受け、打ちどころが悪かったのか痛みが強くそのまま保健室で手当を受けました。2~3日経っても腫れが引かず痛みが続くようなら神経を損傷しているかもしれないので病院に行くようにとのこと。ですが打撲なんて日常茶飯事ですし、親も自分も大事とは思わず冷やして腫れと痛みが落ち着けば大丈夫だろうと考えていました。 やがて肩の腫れも引きその後は何もなく日々を過ごしていまし…続きをみる
  • 深刻な打撲を受けた交通事故の経験

    打撲・交通事故

    今から、2~3年前の話です。当時、看護学生だった私は、実習先へ自転車で向かっていました。最近では、自転車での交通事故が多発しています。実習は3週間続いており、最後の週の疲れもたまった朝のことです。実習先の病院の目の前で、前から急に飛び出してきた車を避けようと単独で交通事故を起こしてしまいました。左顔面から前に突っ込んでこけてしまいました。 病院の目の前ということもあり、すぐに治療室に運ばれて治療…続きをみる
  • 打撲や筋肉痛は病院に行った方が費用がお得

    打撲・筋肉

    小さな頃はあまり運動が得意でなかったのですが、大学生になった際に一念発起し、部活動として格闘技を始めました。その活動自体はとても楽しいものでしたがやはり格闘技には怪我がつきもので、私もそれには充分注意していたつもりだったのですが、ついに一年生の終り頃、酷い怪我をしてしまいました。 上級生の蹴りを受け損なって、酷い痛みに襲われた私は、すぐに病院へ行きました。 打撲でした。そしてお医者様には、筋肉の…続きをみる
  • 足に野球ボールが当たり、打撲だと思っていたら骨折だった

    打撲・骨折

    大学に入って間もない頃、自転車で転倒して左手首を骨折した経験があります。急なカーブを曲がりきれず単独で事故を起こしたので周りに被害はありませんでした。痛いというより驚いたという感情が先で、ついでよく分からないまま後から来た友人と笑ってその場は済みました。 転倒してから一時間ほど経過して、身体のあちこちを打撲していた痛みが自覚されるようになりました。特に左手首の腫れが酷く、冷やしてみたのですが一向…続きをみる

打撲/打ち身に関するコラム