医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

鼻水はなみず

カテゴリ
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

鼻水とは

鼻水とは、鼻腔内の鼻腺や杯細胞から分泌される粘液や、血管から染み出した液などが混ざったものです。

鼻呼吸をしたときに空気に湿気を与えたり、病原体が気道に侵入しないように、常に分泌されています。風邪をひいたときや、花粉などのアレルギー物質にさらされたときなどには、鼻水が大量に分泌されることがあります。

緊急で受診が必要な場合

以下のような場合は、緊急で受診が必要です。
・鼻を打ったあとに透明な鼻水が出続けている

鼻水の原因と対処法

鼻水の原因には、主に以下が挙げられます。

アレルギー性鼻炎


アレルギー性鼻炎の場合、サラサラと流れてくる鼻水のほかに、くしゃみも起こるという特徴があります。代表的なアレルゲンは、花粉やダニ、ハウスダストです。

花粉やハウスダストなどは、本来は体にとって害はありません。しかし、体が異物と見なして過剰に反応してしまうと、鼻の中からアレルゲンを流し出すために鼻水が出ます。

日常生活に支障が出るほどの場合は、耳鼻咽喉科やアレルギー科などを受診しましょう。抗ヒスタミン薬やステロイドが入った点鼻薬などで症状を和らげます。

症状が軽い場合は市販薬でも対応が可能ですが、選ぶ際は薬剤師に相談しましょう。

風邪


ウイルスに感染して風邪をひくと、最初は透明な鼻水が徐々に粘り気が出て、黄色や緑っぽくなります。

これは、免疫細胞である白血球やリンパ球が病原体と戦っている証拠です。鼻水はすすらずに、流れてきた鼻水はしっかり出しましょう。

鼻が詰まって呼吸が苦しい場合などは、症状を和らげる薬で対応します。市販の風邪薬を選ぶ際は、薬剤師に相談しましょう。

副鼻腔炎


粘り気のある鼻水がなかなか止まらない場合は、細菌感染による急性副鼻腔炎が考えられます。

黄色や緑っぽい膿のような鼻水とともに、独特の異臭を感じる場合もあります。副鼻腔に膿がたまることで、頭痛や顔面痛、痰のからんだ咳などの症状もみられます。

慢性副鼻腔炎の場合は、細菌感染以外にアレルギーや喘息などが関わっていることも多いです。また、悪化すると中耳炎などほかの病気にもつながります。

症状がつらいときや、なかなか治らない場合は、耳鼻咽喉科などを受診しましょう。

血管運動性鼻炎


気温差が激しくなる季節の変わり目などに鼻水が出る場合は、血管運動性鼻炎の可能性があります。

急に暑くなったり寒くなったりすると自律神経が適応できず、鼻水が出てきます。温度差が7度以上あると起こりやすい症状です。そのため、エアコンの設定温度を調節したり、服で体温調節したりして、温度差を少なくしてみてください。

また、ストレスが多いと自律神経が乱れやすくなり、鼻粘膜が過敏になってしまいます。ストレスを溜めないようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください