鼻水はなみず

カテゴリ
鼻の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

鼻水とは

鼻水とは鼻腔内の鼻腺や杯細胞から分泌される粘液や血管から染み出した液などが混ざったものです。鼻呼吸をしたときに空気に湿気を与えたり、病原体が気道に侵入しないように、常時分泌されています。花粉などのアレルギーや、風邪をひいたときには大量に分泌されることがあります。

症状

鼻水とは鼻から出てくる、または鼻の中で留まっている液体のことです。
時に流れでることもあれば乾燥してかさぶたのような状態になることもあります。通常は鼻から吸った空気を体内に取り込む際に適度に湿らせると同時に、菌をくっつけて取り込まないフィルターの役割を行っている大事な存在です。

鼻水はそのときの身体の状態によって症状も変わることもあるので、健康のバロメーターとしても用いられます。
何でもないときは鼻腔内の鼻線、杯細胞などから分泌されたり、血管から分泌される液体で混じりあい常に出ているのですが無意識に飲み込むことが多いため鼻からでる確率も少ないです。

しかし風邪や花粉症など体内に不必要で体外にだすと身体が反応したときは、大量に分泌されるのでしょっちゅう鼻をかむという行動にでます。

●「ねばねば」「サラサラ」鼻水の症状から病気がわかる
鼻水は病気によって症状が異なり、大まかに分類すると、黄色や緑色のねばねばタイプと透明のサラサラタイプに分かれます。

・ねばねばタイプ
細菌感染による急性副鼻腔炎が考えられ、膿のような鼻水とともに、独特の異臭を感じる場合もあります。副鼻腔炎には急性と慢性があり、慢性副鼻腔炎の場合にも急性と同じく鼻水を伴いますが、細菌感染だけではなくアレルギーや免疫が関わっていることも多いため、より複雑です。
・サラサラタイプ
代表的なものは、花粉やダニ、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎で、くしゃみも同時に起こることが多いという特徴があります。なお、風邪による鼻水の場合には、風邪のひきはじめにはサラサラした鼻水が出ますが、治りかけの頃にはねばねばした鼻水に変化します。

●黄色や緑っぽい鼻水
風邪などのときはウイルスや白血球の死骸を出す役割があり、色が透明ではなく黄色っぽかったり緑っぽいこともあります。また風邪でなくてもドロッとした黄色や緑がかった症状が続くときは蓄膿症などの疑いがあるので病院で見てもらってもいいかもしれません。
いつまでも粘り気のある鼻水が止まらない場合は、副鼻腔炎の可能性があります。副鼻腔炎は細菌感染等により、副鼻腔炎に膿がたまることが原因で、頭痛や顔面痛、痰のからんだ咳きなどの症状が見られます。

気にしなくてもいい鼻水の症状は、涙を流しているときにでる鼻水です。このときの鼻水は涙が鼻に流れ込んできたもので、これは目と鼻と口が繋がっているからです。

原因

鼻水がでる女性
風邪や花粉症などで鼻水に悩まされたことのある方はたくさんいると思います。中には鼻炎などで一年中悩まされる方もいると思います。鼻水の状態や色は身体の状態を表すサインでもあります。

●サラサラ透明な鼻水の原因
アレルギー性鼻炎風邪のひき始めの可能性があります。本来は身体に無害な花粉やハウスダストなどのアレルゲンに過剰に反応し、白血球のひとつである「リンパ球」の働きによって、鼻の中からアレルゲンを流しだすために大量の鼻水が出ます。大量の鼻水がでることで鼻の粘膜が炎症を起こし鼻づまりを引き起こします。また、アレルゲンによるものではなく、温度差による寒冷アレルギーでも鼻水がでます。これは急な温度差に体がついていけない場合に起こります。同様に風邪のひき始めは「リンパ球」の働きで、風邪の菌をサラサラした鼻水で鼻の中から流しだそうとします。風邪の初期状態は白血球の仲間の「顆粒球」が増殖し風邪の菌に抵抗しています。そして、抵抗後の残骸が「膿」になり、サラサラだった鼻水が粘り気のあるものに変化していくのです。粘り気のある鼻水は免疫細胞である白血球やリンパ球が風邪のウイルスと戦っている証拠です。粘り気が強く、色が濃いほど悪化している状態です。鼻水をすすったりせず、流れ出す鼻水はしっかり出しておきましょう。

●黄色や緑でドロドロ鼻水の原因
白血球が風邪を治すために菌と闘ってそのときに出た残骸と死んだ菌が原因で黄色になると言われています。黄色になるのは風邪を引いてしまった人に多いです。
そして緑色になる原因は黄色になるのとほとんど一緒ですが緑色の方が黄色に比べると症状が悪化していると言えます。副鼻腔炎の可能性もあるので症状がきついときや、なかなか治らない場合は耳鼻科の医師の診察を受けて治療することをお勧めします。

●その他の原因 ~血管運動性鼻炎~
温度差が激しくなる季節の変わり目に症状がでやすい「血管運動性鼻炎」。急に暑くなったり寒くなったりした時に自律神経が適応できず、鼻水が止まらなくなる場合があります。大体温度差が7~8度あると起こりやすい症状です。そのため、冷暖房の温度設定を調節したり、服で体温調節をしたりして、適度に温度差を少なくして生活することが、鼻水を止める対策になります。

●その他の原因 ~ストレス~
ストレスが多いと自律神経が乱れやすくなりますが、鼻の粘膜の奥には自律神経が通っているため、自律神経が原因で過敏になり、粘膜が刺激されて鼻水が止まらないのです。したがって、ストレスを溜めないよう、減らすように生活をすることが予防になります。しかし、ストレスは目に見えないこともあり、何がストレスになっているのか自分で自覚できない人も少なくありません。強いストレスではなくても、日々の生活の中で少しずつ蓄積されているストレスはありませんか?睡眠は十分に取れているか、長時間スマートフォンやパソコンを使用していないか、バランスよく食事がとれているか、仕事や家族間でのトラブルはないか、思い返してみましょう。いま一度、生活を見つめ直すことで改善される可能性があります。自立神経の乱れは、自律神経失調症やうつ病も引き起こすため、ストレスを溜めない生活は、様々な病気の予防にもなるため大切なことです。

●その他の原因 ~モーニングアタック~
起床した女性
起床時就寝時に突然鼻水が出たり鼻づまりで鼻呼吸ができなくなったりする経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。
これは風邪などの体調不良や偶然ではなく、多くの場合アレルギー症状による原因が高いと考えられます。理由は別名「モーニングアタック」。さまざまな花粉が飛ぶ2~5月の春先に多く出ます。ではなぜ日中に比べ起床や就寝時にこの症状が出やすいかというと、人間の自律神経が関係しています。自律神経は大きく分けて、起床時の交感神経、就寝時の副交感神経の2つに分けられます。この2つの神経が切り替わるタイミングは鼻の粘膜を過敏に反応させるため、起床時、就寝時に鼻水や鼻づまりを引き起こしやすくなると考えられます。ではこの症状を抑えるためにはどうすればよいかというと、まず自分の原因がアレルギーによるものか、別のものによるものかを知ることが大切です。アレルギーが原因の場合は、病院で薬を処方してもらい症状を抑えるなどの対策をとることもできますし、アレルギーでない場合は体温調節などのやり方で抑えることもできます。鼻の中が乾燥していると湿った空気を体内に取り入れようと鼻水が出ることもありますので、部屋の中を乾燥させすぎないようにすることも鼻水対策には効果的です。

予防/治療法


薬
鼻水が酷い場合には、治療しなければなりませんが効果的な治療方法としては市販の薬を使用した治療が効果的です。市販の薬は多く存在していますが、中でも鼻水をせき止めてくれるようなものがあり、症状が改善されます。しかし、花粉症などに対しては市販薬では効果が感じられないことがあります。

効果に期待できない場合には、病院で治療を行います。まずは、鼻に溜まっているものをすべて吸い出す事によって鼻全体から鼻水を無くした所で、治療を行っていきます。詰め物をして吸収していく方法や薬を塗る事によって促さない方法などさまざまです。

家でも治療が可能になるように、内服薬の処方を受け、薬を服用するだけで症状を緩和していくことができます。しかし、症状によっては効果が期待できない事もあるために、医師と相談しながら薬を服用すると効果的に使用できます。

●鼻水が続く時の対処法
鼻水は、鼻に入ってきた異物を体外に排出しようとする鼻粘膜の反応によって発生します。異物である埃やウイルスを吸い込んでしまった場合、鼻の中の粘膜が刺激され、その反応により鼻水が出ます。鼻水が続く場合、原因を取り除くことで対策が可能です。外から帰ったらうがい、手洗いを行い、アレルギーが原因の場合は、原因物質を寄せ付けないように注意します。風邪が原因の場合は、体力を回復させるために消化によい食事を取り、栄養を補給と十分な睡眠をとりましょう。花粉症や鼻炎の場合には、マスクをすることで鼻を乾燥から守り症状が緩和されます。また市販の薬を使う方法もあります。鼻水の原因が風邪の場合、風邪薬が有効です。アレルギー性鼻炎が鼻水の原因の場合は、鼻炎に効果のある内服薬や、鼻炎スプレーを使用しましょう。ただし、鼻水が一週間以上続く場合は、他の炎症に進行する可能性も出てきますので、早期に耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください