膀胱炎ぼうこうえん

カテゴリ
尿路の病気
感染症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

膀胱炎とは

膀胱炎とは膀胱が炎症をおこして、尿を溜めたり排出したりという活動に支障が出るものです。尿道から侵入した細菌の感染によるものが多くを占めます。そのため、尿道が短い女性のほうが外部から菌が侵入しやすく、かかりやすいといわれています。特に、ストレス、疲労、ダイエットなどによって抵抗力が落ちているとき、水分を十分に摂っておらず尿量が少ない時はかかりやすいといわれています。

膀胱炎の症状

主な症状は「何度もトイレに行きたくなる」「排尿時に痛みがある」「残尿感がある」「尿が白く濁る」「尿に血が混じったようになる」というのがあります。

初期段階では排尿の際に感じるつーんとしたしみるような痛みです。これは細菌によって炎症を起こし膀胱の内側が敏感になっている為に起こります。膀胱炎が軽い場合は自覚症状が軽く気が付きにくい人も中にはいるようです。

膀胱炎が悪化してくると残尿感がひどくなり、何度もトイレに行くようになり常に下腹部に痛みや違和感を感じるようになります。排尿の時の痛みも初期段階の時とは違い激痛を感じ残尿感も強く感じ1度トイレに入ると出られなくなる、という事もあります。さらに悪化すると腎盂腎炎なども合併する場合があります。この場合は高熱と腰痛を認めます。

膀胱炎の原因

原因は主には細菌感染です。細菌の感染は尿道口から膀胱に侵入してくることで起きます。

もともと膀胱には細菌に対する抵抗力がありますが、ストレスや疲労など体力が落ち抵抗力が弱くなったり定期的な排尿をせず排尿を長時間我慢した場合は細菌が増殖してしまい膀胱炎になります。原因菌にはブドウ球菌、大腸菌、セラチア菌、腸球菌などがありますが中でも大腸菌が原因菌であることが一番の割合を占めていると言われています。

また膀胱炎は圧倒的に男性より女性の方が発症しやすくそれには女性の身体的構造が関係しています。女性の尿道は男性と比べると短く、また膣や肛門とも近いため外部からの細菌が膀胱に入りやすいのです。性的活動の多い女性は膀胱炎になりやすいと教科書的にも書かれています。
その他、原因不明の間質性膀胱炎といったものもあります。

膀胱炎の予防/治療法

予防としては、まず菌を増やさないという事。
  
特に女性は尿道、膣、膀胱が近くにあり菌が入りやすいので、生理ナプキンやおりものシートは3時間おきになどこまめに取り換えるようにしたり、外陰部の清潔を常に保てるように心掛ける必要もあります。排泄後はお尻を前方から後方に向かって拭く習慣を付けた方が良いです。性行為前には自分も相手もシャワーを浴び、体や手指を清潔にし、行為後は排尿をするなどをして細菌を排出する習慣をお勧めします。 
 
また菌を増やさない様にするためにはトイレを我慢したりして膀胱に尿を溜めこむ事をぜず、尿意が無くても3から4時間おきにトイレに行くなどの習慣をつけ膀胱内の細菌を排出すること、また排尿をスムーズにするためにも水分をたっぷりとることが重要です。
間質性膀胱炎は原因がはっきりしていないので頻尿や残尿感があれば泌尿器科でみていただくようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください