蕁麻疹じんましん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

蕁麻疹とは

蕁麻疹とは、ミミズ腫れのようなふくらみや赤いブツブツ、むくみ、かゆみが突然生じる一過性の皮膚の病気です。皮膚だけではなく、気道や腸などにもむくみが出ることがあります。

多くの場合、数分から数時間後には消えます。しかし、その後何度も反復して発疹が生じることがあります。6週間以上続く場合は、慢性蕁麻疹と呼ばれます。

蕁麻疹の原因は、アレルギーや薬の副作用、温度差、日光などさまざまで、原因不明のこともよくあります。

緊急で受診が必要な場合

以下のような場合には、緊急で受診が必要です。
・呼吸が苦しい
・目の周りや顔がむくんできた
・急激に口や舌が腫れてきた など

蕁麻疹の症状

蕁麻疹は、皮膚に「膨疹」と呼ばれるミミズ腫れや虫刺されのようなふくらみや、むくみが生じます。かゆみや痛み、焼けるような熱さを感じます。

目に見える皮膚だけでなく、気道や腸などにも膨疹やむくみが現れることがあります。

基本的には、数分から数時間で消えますが、消えた後も何度も繰り返し出現することもあります。 湿疹とは異なり、蕁麻疹は水泡にならずにきれいに消えていくことが特徴です。

蕁麻疹の中でも、何度も現れたり消えたりを繰り返しながら6週間以上続くものは「慢性蕁麻疹」と言います。夕方から夜かけて蕁麻疹が出て、明け方には消えることが多いです。

強いかゆみで掻きむしってしまうと、掻き傷ができてしまうため注意が必要です。

蕁麻疹の原因

蕁麻疹の原因はさまざまで、特定できないことも多いです。

食べ物、植物、薬、細菌、ウイルス、発汗(入浴や運動時)などのほかに、圧迫、摩擦、温度、日光などの物理的刺激が原因となることもあります。

アレルギー体質や過度なストレスにさらされている場合、蕁麻疹の症状が出やすいと言われています。

そのほかにも、膠原病や血清病などの基礎疾患や遺伝が関わっていることもあります。

蕁麻疹の治療

原因となる物質や環境からの回避


蕁麻疹の治療としては、まず原因となる物質や環境をできるだけ避けることが大切です。

蕁麻疹の誘因となるものは、人によってさまざまです。血液検査などによって、何が原因で蕁麻疹が出ているのかを特定し、可能な限りその行為や状況を避けます。代表的な例では、急な温度変化やアルコール、薬を含めた化学物質などが挙げられます。

また、精神的ストレスも大きな悪化因子となるため、ストレスを解消する方法を考えることも改善の近道となる場合があります。

抗ヒスタミン薬


主に抗ヒスタミン薬による薬物療法を行います。多くの蕁麻疹の発生にかかわるヒスタミン受容体の働きを抑えることで、アレルギーや蕁麻疹の発生を抑えます。

抗ヒスタミン薬には、多くの種類があります。あまり効果が感じられない場合や、眠気が強く出るなどの場合は、違う種類の抗ヒスタミン薬に変更することも可能です。主治医の先生に相談しましょう。

蕁麻疹の予防

蕁麻疹の原因から離れる


蕁麻疹の原因がわかっている場合は、原因物質を極力避けるようにしましょう。

原因がわからない場合は、皮膚科などで血液検査をすると蕁麻疹の原因を特定できることがあります。

規則正しい生活を送る


ストレスや疲労は、蕁麻疹の原因になります。無理はせずに、規則正しい生活や栄養バランスの整った食事を日々心がけましょう。

蕁麻疹の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
蕁麻疹はアレルギー反応で起こる症状です。体内へのアレルギー物質の侵入や外部からの刺激によりアレルギー反応が起こると、人間の体はヒスタミンなどの化学物質を大量に放出します。この化学物質の大量放出により血管が膨張し皮膚に大量に血液が流れ込み、血管から血液中の水分が皮膚に浸み出るため、皮膚が赤く腫れた蕁麻疹を発生させます。蕁麻疹が発生するアレルギー反応の原因は人によって異なりますが、治療薬には基本的に抗ヒスタミン薬という飲み薬が用いられます。抗ヒスタミン薬は現在2種類存在しており、第1世代と第2世代に分類されます。第1世代抗ヒスタミン薬と第2世代抗ヒスタミン薬はそれぞれ効果の強さが異なります。

第1世代抗ヒスタミン薬は効果が強いのが特徴ですが、副作用が出やすいという欠点があります。蕁麻疹の治療用に販売されている医薬品では第1世代抗ヒスタミン薬が対象となっているものが多いです。第2世代抗ヒスタミン薬は第1世代抗ヒスタミン薬の特徴を改良したもので、第1世代抗ヒスタミン薬に比べ副作用や効き目が穏やかなのが特徴です。蕁麻疹の治療薬は第1世代と第2世代で効き目や副作用の強さが異なるため、自分の状況に合った薬を選ぶと良いでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください