蕁麻疹じんましん

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

蕁麻疹とは

蕁麻疹(じんましん)とは突然赤いブツブツやむくみを伴い、強いかゆみを感じる皮膚の病気です。最初はミミズ腫れのようなふくらみ(膨疹)が起こり、痒みや灼熱感を伴います。数分から数時間後で消えますが、その後何度も反復して発疹が生じるのが特徴です。ときに強いかゆみを感じ、掻きむしってしまうことで肌を傷つけてしまうこともあります。

目に見える皮膚だけでなく気道や腸などにも浮腫が現れることがあり、気道にできた場合は呼吸困難が起こって命を落とすおそれもあります。

じんましんはアレルギーによって引き起こされるものと、非アレルギー性のものがあることがわかっています。食べることで起こるものを食物性じんましん、抗生剤などの薬剤によって起こるものを薬剤性じんましんと呼びます。

症状

腕をかく女性

じんましんとは突然赤いブツブツやむくみを伴い、強い痒みを感じる皮膚の病気です。
蚊に刺されたような赤いふくらみ(膨疹と言います)ができて、かゆみや痛みなどを伴うことがあります。チクチクしたり焼けるような熱さを感じることも。

たいていは数分から数時間で消えてしまいますが、消えた後も何度も繰り返し出現することもあります。

皮膚の湿疹とよく混同されますが、湿疹は最初に出現する赤いブツブツが水泡になり、やがて破れ皮膚の表面がジュクジュクした状態になるのに対し、じんましんは水泡にならずにそのまま消えてしまう、という違いがあります。

目に見える皮膚だけでなく気道や腸などにも膨疹が現れることがあります。気道にじんましんができた場合、呼吸困難に陥ることで命の危険もあります。

じんましんの中でも何度も現れたり消えたりを繰り返しながら一ヶ月以上続くものを慢性じんましんといいます。夕方から夜かけて症状が出て、明け方には消えることが多いです。

原因

皮膚の血管から水分が漏れてむくみやかゆみを伴うふくらみができる蕁麻疹は、急性のものと慢性のものがあり、食べ物・薬・細菌などが原因となったり、圧迫・摩擦・温度・日光などの物理的刺激やストレスなどが原因となることもあります。
蕁麻疹(じんましん)の原因には大きくアレルギー性非アレルギー性の2種類があります。

●アレルギー性の原因
食べ物や植物、薬などが体に合わないことが原因となる蕁麻疹です。これはその物質を体が異物とみなすことが原因で、それによってヒスタミンという物質が大量に分泌、すると血管が拡張して血液中の水分が血管の外にしみ出してしまいます。そこにはかゆみに関係する神経などもあるため、かゆみを伴うことが多いです。
アレルギーについて詳しく見る

●非アレルギー性の原因
汗をかく男性
体へ侵入する異物に対する攻撃ではなく、服の擦れなどの摩擦、バックの持ち手などによる圧迫、暑さ、寒さなどの寒暖の変化などの物理的刺激、もしくは入浴や運動などの発汗が原因とされています。

●その他の原因
ストレスを抱えた女性
蕁麻疹(じんましん)はストレスでも発症します。原因がわからない場合もあります。
蕁麻疹(じんましん)は異物に対する過剰な攻撃の結果、膨疹として現れるものです。アレルギー体質やストレス体質の人は蕁麻疹(じんましん)の症状が出やすいと言われています。

予防/治療法


予防


●原因から離れる
蕁麻疹(じんましん)の原因がわかっている場合は、原因を避けるようにしましょう。
原因がわからない場合は、じんましんが起こる前に食べたもの、触れたものなど原因がないか思い返して原因を突き止めることも予防になります。血液検査で蕁麻疹(じんましん)の原因を特定する方法もあります。

●規則正しい生活を送る
ストレスや疲労はじんましんの原因になります。
規則正しい生活や栄養バランスの整った食事を日々心がけましょう。


≪治療法≫
医師
蕁麻疹の治療法としては主に原因となる物質や環境をできるだけ避ける、という方法と、アレルギー反応を抑えるための飲み薬(抗ヒスタミン薬)を飲むことによって全身の蕁麻疹をできにくくする、という方法の二通りがあり、併用して行われることも多くなっています。

まず、一つ目の原因となる物質や環境を避ける、ということに関しては、蕁麻疹の誘因となるものは患者さんによって様々ですので、何によって蕁麻疹ができているかを特定し、可能な限りその行為や状況を避けるということを行います。代表的な例では、急な温度変化や、アルコール、お薬を含めた化学物質などが挙げられます。また、精神的なストレスも大きな悪化要因となることがあるので、ストレスを解消する方法を考えることも改善の近道となる場合があります。

それから、二つ目の抗ヒスタミン剤による治療は、多くの蕁麻疹の発生にかかわるヒスタミンという物質が結合するヒスタミン受容体の働きを抑えることで、アレルギーや蕁麻疹の発生を抑えようとするものです。特に歴史の長いタイプの抗ヒスタミン剤では眠気が出ることがありますが、比較的安全性の高いお薬であり、よほど激しい症状を起こさない限りステロイドなどが使われることはあまりないようです。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください