かゆみ

カテゴリ
皮膚の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

かゆみとは

かゆみは、痛覚の一種だといわれていて痛みのかなり弱いものとされていたこともありますが、近年では相互に複雑に関係している別の神経系で伝達されているという説も出てきています。
かゆみがおこる病気には全身性のものと部分的なものに分類されます。発疹がでている場合とでない場合とでも分類されます。原因になる疾患には多くのものが報告されています。その中には、蕁麻疹やアトピー性皮膚炎などがあげられ特徴的です。最近ではあまり見られなくなった水庖性類天庖瘡などもあります。また、薬物性の副作用からおこる肝障害などでもおこるようです。さらに希なもののなかには寄生虫症などもあり注意が必要です。毎日の生活の中でのストレスに対する改善策も考えなければいけませんし、じゅうたんにいるダニが原因になっていることもありますので清潔を保つことも必要です。

かゆみの症状

かゆみの症状は、皮膚や眼球(結膜)、鼻の粘膜などに起こる、思わず引っ掻きたくなるような感覚のことです。むずむずとした感覚があり、症状が起こると引っ掻きたくて仕方がなくなります。
しかし、引っ掻くという行為は間違いではなく、外因的な原因の場合であれば、引っ掻いて皮膚などについた有害物質を落とすことができます。もとより脳は有害なものを感じると痛みとして排出させようとしますが、それほど有害ではないがこのまま付着していると有害になるものはかゆみという症状になるのです。皮脂などはこれにあたり、多くの場合お風呂などで体をこすって洗い流すことで解決することができますが、それ以外の内因的な原因の場合、ひっかいたりこすったりすることで解決することはできません。むしろ掻いている間は圧力がかかることによって、むずむずとした感覚がまぎれるものの、掻かなくなるとかゆみがひどくなる場合があります。これは体内に問題があるため、ひっかくことで原因となるものをはらい落とすことができないためですが、脳はその原因がどこにあるかまでは判別できないため、常に症状を生むのです。それに気づかず引っ掻くことで、爪などにより皮膚や粘膜が傷つけられ、皮膚がはがれることによって出血することもあります。

かゆみの原因

皮膚・目・耳や鼻のムズムズといったかゆみでも様々なタイプがあるが原因も多種多様です。
発疹のある疑われる疾患では接触性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎・蕁麻疹・疥癬・白癬・手湿疹・尖圭コンジローマ・肝障害・水疱瘡などが挙げられ局所的な発疹が多く接触性はカブレで通用しますが、虫・植物・化学物質など多く存在しアレルギー性とも区別されています。アレルギーは接触よりも摂食・吸引(呼吸)などによって引き起こされるケースが多く埃などに接触する事でも反応して痒くなります。白癬などカビなど真菌によって引き起こされるケースもあり予防として清潔を心掛け常在菌バランスを崩さない生活をする事も重要になります。
発疹がない疾患では結膜炎・皮膚掻痒症・外耳炎・外陰炎・慢性腎不全・アレルギー性鼻炎などがあり、中にははっきりとした限定的な部位ではなく全身的にかゆみを感じるような糖尿病や腎不全などではムズムズと乾燥肌を感じます。発疹がないケースでは倦怠感・乾燥感・黄疸や局所的な充血・鼻水・耳ダレ・オリモノ異常・悪臭・閉塞感なども発現します。
かゆみは痛覚の一つで、細菌などによる炎症や緊張などの心因性・環境誘発因子(埃など)によって起こります。

かゆみの予防/治療法

主に薬剤療法による治療が一般的で痒み止めとして抗ヒスタミンやステロイドなどの内服薬・塗布薬・点眼薬・点耳薬が処方されます。糖尿病や腎不全など免疫機能低下によって引き起こされるかゆみについては原疾患の治療が先決になり、根治できない疾患ではかゆみに対する対症療法になります。肝疾患による痒みにはお薬が専用の最近登場しています。
白癬や疥癬など真菌による皮膚疾患では抗真菌薬を内服、塗布して治療を行い、原因によって対応が違います。
アレルギー性では原因物質であるアレルゲンに接触しないように注意する事が最も有効な予防法ですが、接触した場合は皮膚疾患以外のアナフィラキシーショック(呼吸不全など)に注意します。入浴や季節性による乾燥が原因では保湿剤を塗布して予防に努め、アレルギー性でも保湿剤を常に塗布する予防法が効果が高いと評価されています。入浴の際にも石鹸を使ったり、タオルやナイロンタオルで擦らないように注意して刺激の少ない衣類(綿)に着替えるなどします。痒い事が刺激になり掻き壊す事がないように注意し、痒いと眠りも損なわれますので早期の対処(原因究明・治療)が重要な鍵となります。繰り返し痒くなるようであればアレルギーを疑い、血液検査(IgE抗体検査)を行う必要があります。

かゆみの薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
かゆみを止めてくれる薬の種類は豊富にあり、かゆみの箇所や原因が分かっていれば市販の薬でも対処できる場合があります。正しいものを選べば、かゆみも早く抑えられるでしょう。

軽度のかゆみであれば抗ヒスタミン薬やかゆみ止め配合と表記されているタイプを選ぶのが良いです。抗ヒスタミンの成分はかゆみを抑える働きをしてくれるのです。このタイプの薬であれば皮膚の弱い部分である顔にも使用できます。強いかゆみがある場合はステロイド薬と書かれているタイプの薬を選ぶ方が良いでしょう。ステロイド薬は炎症を抑えてくれます。また毛細血管を引き締める効果もあり、かゆみや赤くなった皮膚を和らげてくれるという効果も持っています。

かきむしった場合の傷は細菌が増えてしまいやすい状態にあります。炎症を起こしてしまえば悪化してしまうので、殺菌効果のある抗生物質や化膿を止める効能が入った軟膏を使用した方が患部への効果を発揮します。

かき傷やひび割れなどの症状がでている場合には薬がはがれにくく、刺激が少ない軟膏が適しています。クリームタイプのものは皮膚に浸透しやすいのが特徴ですので、乾燥した皮膚に合っているでしょう。ローションタイプは即効性に優れており、かゆみ止めに適しているが、刺激が強いことから傷やただれには向きません。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

かゆみの相談

かゆみの体験談

  • 掌蹠膿疱症の痒み止め

    痒み・止め

    掌蹠膿疱症は非常に強い痒みを伴う場合があります。 原因は膿疱ができた時や膿疱が赤いかさぶたになった時、炎症が起きている時、皮膚が剥がれる時、乾燥した時などです。 自分でできることとしては、炎症が起きているなら治療薬(抗炎症剤を含むもの)を塗ったり、患部を冷やしたりすること、そして、乾燥しているなら、皮膚に水分を十分に含ませて保湿することで解消されやすくなります。 しかしそれでもやはり痒くてたまら…続きをみる
  • 栄養不足で、体はかゆみを感じる!?

    かゆみ・栄養

    26歳の頃に仕事が忙しく、ストレスをとても感じる日々が続いていました。食生活も不規則になり、栄養バランスも崩れているのを実感していました。そんなある日、体全体にかゆみを感じるようになりました。仕事中でも気になり、集中できないようになり、不思議に思ったので皮膚科を受診しました。その原因として言われたのが、ストレス過多と、食生活の乱れでした。どちらも当てはまっていました。仕事を一度休職することにしま…続きをみる
  • かゆみを伴う乾燥肌でできたあざが消えません

    かゆみ・あざ

    わたしはからだ全体が乾燥肌で、年中肌にかゆみがあります。特に、冬の乾燥シーズンには、無意識にかきむしってしまうため、常に爪を短くしています。 なんども同じところをかいてしまうため、わたしの背中と脇腹のあたりには、爪で引っかいたようなあざができています。そのため、恥ずかしくて、友人と温泉に行くことができません。なんとか、あざだけでも消したいので、レーザー治療も考えています。 毎年、皮膚科の医院でか…続きをみる
  • かゆみに効果てきめんのツボ「合谷」

    かゆみ・ツボ

    以前、アトピー性皮膚炎によるかゆみが辛かった時に効果的だったツボが「合谷」です。 手の親指と人差し指の骨を甲のほうへ辿っていき、交わるあたりのくぼみに合谷があります。もう片方の手の親指と人差し指で挟むようにして強めに押し込むと、ツーンとするような心地良い痛みがあります。 そして、指で刺激を与えるのももちろん良いのですが、お灸を据えるのはさらに効果的でした。最近は家庭で簡単に使用できるものや煙の出…続きをみる
  • ただの指のかゆみと侮っていました

    指・かゆみ

    私は20代の頃花屋で働いていたのですが、その頃手の特に指にかゆみをおぼえるようになりました。水仕事の多い職種ですし、その影響からだとあまり気にもとめていませんでしたが、時が経つに連れ善くなるどころか症状は悪化していったのです。 まず、赤い発疹のようなものが手のひら側にも甲側にもできてきて、かゆくてかいていると水疱のようなものができていきました。それが潰れて、また広がっていく感じがして自然と治る気…続きをみる
  • 全身のかゆみに苦しめられた日々

    かゆみ・全身

    突然、夜中に全身のかゆみを感じて、あちこちを掻きむしってしまいました。虫がいたのだろうかと、布団の中を探してみましたが、何も見つかりませんでしたので、首をかしげました。全身に湿疹が見受けられ、強烈なかゆみに眠れそうにありませんでしたので、ひたすら我慢して、朝が来るのを待ちました。 翌日は、すぐに皮膚科で診察を受けましたが、アレルギー性皮膚炎と診断されました。全身に発症した湿疹は、アレルギー症状に…続きをみる

かゆみに関するコラム