のぼせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

のぼせとは

頭や顔に起こった異常な熱感をのぼせと呼びます。熱いお風呂に長時間入ったり、暑い日にずっと外にいたりすると、血管が長い間拡張した状態になり、脳の血液循環に異常をきたしてのぼせが現れます。

そのほかに、緊張状態が長く続いたときものぼせが現れますが、緊張をほぐすと回復します。

場合によっては、感染症や自律神経失調症、甲状腺機能の異常や高血圧などが隠れていることもあります。のぼせの症状が気になる場合は、受診しましょう。

のぼせの症状

のぼせの症状は、頭や顔が異常な熱さです。頭痛やめまいを伴うこともあります。

頭や顔や熱っぽくなる一方で、下半身や手足の先は冷えている場合もあります。

のぼせの原因と対処法

のぼせは、血管が広がりっぱなしになることで脳の血液循環に異常が出ることで起こります。

のぼせの原因は、大きく分けて日常生活で起こるものと、病気が関連しているものがあります。

日常生活によるのぼせ


●気温によるのぼせ
炎天下での作業や長時間の入浴などをすると、血管が拡張したままになります。のぼせが起こった場合は、頭部を始めとした体を冷たいタオルなどで冷やしましょう。そして、すぐに木陰や風通しのよい涼しい場所に移動して体を休ませることが重要です。

また、多くの場合水分不足による脱水症状を伴っています。経口補水液やスポーツドリンクなどを飲みましょう。

●ストレスによるのぼせ
緊張や精神的なストレスによって、のぼせはおこります。ストレスが重なると、慢性的な血管拡張状態になることもあります。

●ホルモン分泌の乱れによるのぼせ
特に女性は、ホルモンの乱れによって血管の拡張や収縮の調節がうまくいかなくなることが多々あります。ストレスの解消や生活習慣を改善するなどして、ホルモンバランスを整えましょう。

病気によって起こるのぼせ


ほてりが症状として現れる病気には、以下のようなものが挙げられます。

・感染症(風邪、インフルエンザなど)
・熱中症
・自律神経失調症
・甲状腺機能亢進症
・更年期障害
・高血圧症 など


ほかにも、遺伝や肥満、塩分の摂りすぎなどから「のぼせ」が引き起こされることがあります。

肥満は、放置することにより動脈硬化へと進み、心筋梗塞や脳卒中、腎障害などにもつながるため適正体重にしていきましょう。

思い当たる生活習慣がないにもかかわらず、のぼせが続く場合は、内科などに相談してみましょう。

のぼせの予防

夏場


のぼせの予防として、血圧の急激な変化をなるべく抑えて、体温調節をしっかりとすることが重要となります。夏の炎天下で作業するときは、こまめな水分補給や日陰や涼しい場所での十分な休息を取り入れてください。

帽子や日傘で、直接的な頭部の温度上昇を防ぐ工夫も効果的です。

入浴


入浴の際には、始めに人肌より少し温かい程度のお湯を体の下の方からゆっくりとかけ湯をしてください。体を少しずつ湯船の温度に慣れさせることが重要です。また、熱すぎる湯船に長時間入浴することは避けましょう。

冬に露天風呂に入る際は、お湯の温度と外の気温差が特に大きくなるため、気を付ける必要があります。お風呂の温度よりも冷たいタオルを頭の上に乗せておくとよいでしょう。

生活習慣の改善


のぼせの予防は日々の生活習慣から行うこともできます。適度な運動などでストレスを発散すると、自律神経のバランスを保つことができます。また、過度な塩分摂取を控えて高血圧を防ぐことは、のぼせの予防にもつながります。

のぼせの薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
「のぼせ」とは、顔や頭を中心に異常に熱をもつ状態を言い、この時、顔などの血管が拡張して血流が増えています。のぼせの原因は様々ですが、外界からの刺激により一時的にのぼせている場合と、病気や体調不良が原因でのぼせる場合とがあります。炎天下で活動したり風呂に長く浸かったり過度の緊張状態になったりすれば、一時的にのぼせます。深刻なのは病気による「のぼせ」で、ホルモンバランスの崩れから来る更年期障害、風邪やインフルエンザなどの感染症罹患、ストレスの蓄積などから来る自律神経失調症、甲状腺に異常のあるバセドウ病、などがあります。病気が原因でのぼせる場合、病気を治療しなければなりません。この場合は、医師の処方する薬を飲むことになります。

更年期障害による「のぼせ」に効能があるとする市販薬では、生薬を調合したものがあります。更年期障害の治療では、不足するホルモンを補充する療法が第一の選択肢になりますが、漢方薬による方法も選択肢の一つです。更年期障害の「のぼせ」に効く漢方薬の処方としては、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、女神散(にょしんさん)、温経湯(うんけいとう)、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)、など多種類があります。桂枝茯苓丸は、体力のある人向けで、女神散や温経湯や苓桂朮甘湯は、体力のやや弱った人向けです。漢方薬は体質に合わせて処方を選ぶ必要もあり、薬剤師との相談も欠かせません。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください