高血圧こうけつあつ

カテゴリ
様々な症状
循環器の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

高血圧とは

安静時に慢性的に血圧が高すぎる状態のことを高血圧と言います。
高血圧になると通常血圧の人より常に血管に負担がかかり、心疾患や脳卒中などが起こりやすくなります。

高血圧の症状


高血圧症の症状には下記のような不快な症状が多く出ます。
・頭痛
・目まい
・肩こり
・動悸
・息切れ
・耳鳴り


しかし、これらは高血圧特有の症状と言うわけではありません。さまざまな疾患において症状として現れるものになっています。
この点からも、高血圧は症状だけ見ると早期の発見が難しいと言われています。それは、多く出ると言われている症状のほとんどが、他の様々な疾患にも出やすい症状のためです。

《高血圧を放置しておくと怖い病気につながります。》

高血圧症を知る確実な症状もあります。
それは、血圧を定期的に計ることで定期的に血圧が高い状態が続くという症状こそが高血圧症の症状です。

≪具体的な数値≫
安静時の家庭での最高血圧が135mmHg以上、あるいは最小血圧が85mmHg以上
診察室での最高血圧が140mmHg以上、あるいは最小血圧が90mmHg以上

この血圧が高い状態が何度計っても続く場合は高血圧であるとされています。

●高血圧と発汗
現在高血圧と発汗が直接関係あるという事実はないようです。しかし、自分が高血圧であるかどうかが自覚症状では分かりにくいことが多いですが、肥満症糖尿病更年期障害になっていると、高血圧の兆候が出てきます。急に発汗が増えてきたと感じたらそのまま放置せず、なんらかの病気を疑い、病院に相談たり、血圧を測ったりしてみましょう。

●「原因不明の顔がほてり」に高血圧の疑い
高血圧の症状一つに「顔がほてるように暑くなる」というものがあります。高血圧になると、心臓から血液が大量に押し出され、一時的に頭に血がのぼった状態となり、顔や頭がほてった状態となります。気温が暑いとき、怒って頭がかっとなる場合の現象が、通常の状態でも起きるというわけです。病気ではないと判断しやすく気にかからない症状ですが、高血圧のあらわれなので注意が必要です。心配な場合は、専門の医師に相談しましょう。

●イライラの原因が高血圧かも?
日々の生活でイライラすることが多くなった現象がある人は、高血圧の可能性があります。イライラしたり怒ったりすると頭に血がのぼって顔が赤くなる状態になりますが、それは通常、精神的な要因によります。しかし、高血圧の場合、普段から血圧が高いので怒る要因がなくても、イライラしたり怒りやすくなるようになります。

●高血圧の人の頭痛は要注意
頭痛のときに血圧を測ると、高血圧である人は多いようです。高血圧の人に頭痛が起きるのは、脳内に何らかの異常や動脈硬化などの障害が生じている可能性を示しています。つまり、高血圧によって頭痛が引き起こされているのではなく、頭痛も高血圧も、他の病気の一部としてあらわれているのです。この頭痛と高血圧がセットになった場合は、高血圧性脳症脳出血脳梗塞などの重大な病気であるかもしれないという危険信号です。早めの対処が望まれます。

高血圧の原因

一般的に高血圧の原因には、遺伝や生活習慣が挙げられます。

●具体的に高血圧症に関係してくる生活習慣の例
・塩分の多い食生活
・カロリーの高い脂っこい物ばかりを好んで食べること
・睡眠不足や睡眠過多などの不規則な睡眠
・運動不足

こういった生活習慣を続けていると、次第に高血圧になっていってしまいます。

遺伝的な要因も大きく関係しています。
親や親戚に高血圧症の人がいる場合は、高血圧症の因子を持っているため、因子を持っていない人に比べてより気をつける必要があるでしょう。

遺伝的な要因がない人の場合も、悪い生活習慣を続けていくことが原因となって高血圧症になってしまうこともあるので注意が必要です。

高血圧の予防/治療法


≪予防≫
国内に約3000万人もの患者がおり、脳卒中心筋梗塞動脈硬化などの深刻な疾患の原因となってしまう場合が多い高血圧症ですが、予防することは可能です。

《高血圧の方の割合》


高血圧の予防として、食事や運動など普段の生活習慣を見直すことが大切です。

●具体的に高血圧症に関係してくる生活習慣の例
・栄養バランスの偏った食生活
・カロリーの高い脂っこい物ばかりを好んで食べること
・睡眠不足や睡眠過多などの不規則な睡眠
・運動不足

これらの生活習慣をしている覚えがあるようでしたら、生活を見直しましょう。
・偏った食生活を見直す
・塩分は血圧を上げる原因になるため摂り過ぎに気をつける必要があります。塩分をどの程度制限するかは個人差があるため医師に確認することが大切。肥満も塩分の摂り過ぎと同様に血圧を上げる原因になるため注意が必要です。
・糖分や油脂の摂り過ぎなどによるカロリーの過剰摂取は(肥満にもなりやすいため)控えましょう。
・満腹になるまで食べる食生活も肥満の原因になるため、一日3食、同じ時間に腹八分目で食事をすることを心がけましょう。よく噛み、ゆっくり食べることは満腹感を得られやすい食べ方であり、食べ過ぎを防ぐことにつながります。
・動物性脂肪の摂り過ぎは血液中のコレステロールを増やし血圧を上げる原因の一つであるため控える必要があります。逆に植物性脂肪や魚油などには減らす働きがあるため、適量に摂りましょう。
・毎日規則正しく生活するようにすること
・睡眠時間を一定にすること
・適度な運動の継続、運動不足の状態を解消すること
・アルコールを摂り過ぎないこと
・禁煙すること
・精神的なストレスも血圧を一時的に上げる原因になるため、ストレスを溜めにくくして、適宜気晴らしをすること

●具体的な食生活の見直すポイント
毎日摂りたい食べ物として、タンパク質を含む卵や大豆や牛乳や魚ですが、特にDHA,EPAの入った青魚は、血管壁を柔らかくする作用があり、血管壁を拡張して血液をスムーズに流れる助けをします。それにより血圧を下げる効果があります。納豆は、血栓を溶かして血液の粘度を下げる効果がありますので、毎日摂りたいです。ポリフェノールを含んだ野菜類は、なす、ブルーベリー、トマト、にんじん、イカやさけの皮などは活性酸素を抑制する抗酸化作用がありますので、細胞の老化を防ぎます。血管の老化にも効果的です。またカリウムを多く含んだ食べ物は、体の不要な水分や塩分を腎臓から排出させる作用があります。体に余分は塩分が残ると血圧が上昇し、高血圧を引き起こします。カリウムを多く含んだ食べ物として、りんご、バナナ、ほうれん草、アボガド、パセリがあります。そして、食事の中で大切なことは、減塩です。日本人の食事には、昔から多くの塩分を含んだ調味料があります。みそやしょうゆなどですが、これらを減塩のものにしたり、酢や柑橘類の果汁や塩ではなく自然のハーブやスパイスを取り入れて、味をつける工夫が効果的です。出汁を濃い目に摂ることも一つの工夫です。また加工食品には、保存のために大量の塩分を含んでいますので、これらの食べ物は控える必要があります。脂肪の多いものや飲酒も高血圧に繋がります。


気を付けるだけで十分に予防に繋がります。さらに、他の疾患の予防にも有効なことになります。ぜひ実践してみてください。
遺伝的な要因を持っている人の場合は、遺伝という観点から見ても高血圧症の予防自体が難しい場合があります。しかし、全く予防しないのと、予防するのとでは全然違ってきますので、気をつけてみると良いでしょう。
また、糖尿病や脂質異常症、喫煙などほかの動脈硬化を起こす原因を避けることも大切です。

●高血圧予防に効果的なバナナ
カリウムの摂取量が少ないと、高血圧につながりやすいとされています。高血圧の予防としては野菜や果物に沢山含まれるカリウムをとるのが良いです。野菜はドレッシングや塩などで味をつけて、高血圧に大敵な塩分過多になることがあります。バナナだとそのまま簡単に食べられます。

●高血圧予防の運動
高血圧予防には、以下を実践しましょう。
・塩分摂取を控えめにする
・ストレスをためない
・標準体型よりも太っている場合はダイエット
・適度な運動をする
運動の内容は通勤や通学の自転車でも問題ありません。高血圧予防に効果的なのはダッシュなどの瞬間的な運動ではなく、数十分体を動かして行う有酸素運動です。運動の強度は必ずしも激しくなくてもかまわず、数十分かけての自転車通勤であれば理想的だといえます。また、フィットネスクラブなど有料の施設に通ってトレーニングをするよりも続けやすいというメリットもありますね。


≪治療法≫
高血圧の治療は降圧薬によって血圧を下げて合併症や臓器障害を防ぐ方法と高血圧の原因となる生活習慣の改善です。高血圧の重症度に応じて組み合わせていき、治療計画が立てられ治療がすすめられます。
まずは生活習慣に気を付けてみましょう。そのうえでも血圧が高い状態が続くようであれば、怖い合併症を防ぐためにも、医療機関に受診して投薬による血圧の低下を目指しましょう。

●高血圧に有効な有酸素運動
中高年に多い高血圧は、適度な運動によって、心肺機能を向上させ、血圧を下げることも可能です。ただし、重量挙げなどの筋力トレーニングは、瞬間的に呼吸を止めて力をこめるため、かえって血圧が上昇してしまいます。このような無酸素運動ではなく、ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動が高血圧の人には適しています。ウォーキングでは肩の力を抜いて、腕を大きく前後に振ると効果的です。有酸素運動は血液の循環を良くし、高血圧だけでなく肥満や糖尿病の改善にもなります。毎日、もしくは2日に1回程度、30分以上の有酸素運動を続けることがベストです。そして万が一、運動中に具合が悪くなったら、すぐに医師の診察を受けてください。

●高血圧の筋トレは危険!
高血圧の症状が発覚した場合、筋力トレーニングなどの無酸素運動をすることは危険です。ジョギングなどの有酸素運動と違い、筋力トレーニングなどの無酸素運動は、瞬発力を使うトレーニング法です。一瞬のタイミングで力を込めてのベンチプレス、腕立て、腹筋などを行う際は、瞬発力を出すために息を止めて力を込めるので、血圧を上昇させ、血管に強い負荷をかけることになります。ジョギングなどの有酸素運動は常に呼吸をして体内に酸素を送りますが、無酸素運動はほとんど酸素を取り込みません。酸素不足だと心臓にも負荷がかかるので、血圧が上昇し、狭心症、心筋梗塞などの合併症まで引き起こしてしまいます。高血圧の人はジョギングなどの有酸素運動が適してますが、それでも激しい運動は血管に負荷を与えるので、自分のペースで軽い運動をすることがおすすめです。

●高血圧を改善するヨガ
高血圧にはいろいろな原因があります。遺伝、塩分・アルコールの過剰摂取などの食生活、肥満、運動不足などがあげられます。中でも、忙しい現代人を悩ますものとして特に注目されている原因がストレスです。ヨガには精神をリラックスさせ、自律神経を整え、ストレスを軽減させるという効果があることが様々な研究で分かってきました。高血圧の症状がある方は、心拍数を上げない軽めのヨガがおすすめです。ヨガの基本である腹式呼吸だけでも効果があるでしょう。ポーズを取っていく際にも、インストラクターに高血圧であることを伝え、指導を受けながら行うことが必要です。ホットヨガなどの体に負担のかかるもの、激しい動きや無理な体勢は避けましょう。

●ストレス解消にもヨガがおすすめ
高血圧にはさまざまな原因がありますが、特に注目されている原因に、過剰なストレスがあります。このストレス解消を取り除くとして注目されている運動がヨガです。ヨガには、リラックスを促し、自律神経を整えるという効果があることがわかっています。ゆっくりと呼吸をしながら、心を落ち着け、心身の心地良さに集中する時間はストレス解消にもつながります。ただし、高血圧の症状がある方にはおすすめできないポーズもあります。無理な体勢を取らず心拍数を上げないために、専門家の指導のもと、十分注意しながら行うことが必要でしょう。無理のないヨガであれば適度な運動となり、運動不足解消や肥満解消にもつながります。

●高齢者の運動について
高血圧に対して運動療法は一定の改善効果があると認められていますが、運動療法自体に特別な年齢制限はありません。したがって高齢者でも、以下について留意し、積極的に運動療法を行うことが推奨されています。
・運動を開始して息苦しさを感じる場合などは、無理をせずに徐々に慣らしていくことが必要です。
・動悸、胸の苦しさ、めまいなどの心肺症状や腰痛や関節痛などが出る場合は他の病気の可能性があるので、運動を中止し、医師に相談する必要があります。
・血圧値が180/110mmHg以上の重症高血圧症の場合や、心血管病、腎機能障害などの合併症のある高齢者は、医師と相談しながら運動量を決めるなどの対応が求められます。

●高血圧で運動が禁忌な人とは?
高血圧の治療で運動療法の対象となるのは、
・高血圧が軽症〜中等症以下
・心血管合併症がないこと
です。軽症高血圧では、年齢には関係なく運動療法の効果が高いことが知られています。薬を服用中の場合は、降圧剤の減量や中止まで効果がある人もいます。
一方、以下の人は、医師と十分相談しながら、、運動制限あるいは禁止等の判断を仰ぐ必要があります。
・血圧値で180/110mmHg以上の重症高血圧の人
・心不全、心室性不整脈、脳卒中などの心血管病を合併されている人
・腎不全などの腎機能障害がある人


<<薬を飲む際の注意>>

●高血圧の薬とグレープフルーツの危険な相性
高血圧の薬の中にはグレープフルーツとの相性が悪い薬剤があります。「カルシウム拮抗薬」と呼ばれる種類の薬の、一部がこれに該当します。グレープフルーツに含まれる物質が、薬剤が小腸から血液中に吸収される際の経路の一つである「代謝酵素」の作用を抑えることで、通常よりも降圧剤の効果が強く出て、低血圧をもたらすことがあります。グレープフルーツジュースによっても同様の作用が認められます。グレープフルーツを一度摂取すると、代謝酵素に対して不可逆的に作用するため、完全に効果が消失するまで3~4日の時間がかかります。

●降圧剤の副作用が肝臓に与える影響
飲み薬の多くは肝臓や腎臓で代謝され、体外に排出されます。ですから、どんな薬を飲む場合でも肝臓に影響を与えることは避けられません。とくに降圧剤には腎臓に直接作用して血圧を下げるものもあるので、腎臓への負担がより大きくなることが考えられます。高血圧の場合、血圧を上げようとするホルモンの働きをブロックするため、降圧剤で血圧を下げる必要がでてきます。しかし、血圧が下がることにより、腎臓への酸素や栄養素の運搬がうまくいかないために腎臓の機能が低下するという副作用をおこす可能性もあります。また、血圧を下げて循環する血液量が減ると、腎臓は栄養や酸素を運ぶために血圧を高くしようとする働きがあります。降圧剤の服用中には副作用が出ていないか、定期的にチェックするようにし、とくに咳、食欲不振、湿疹、だるさやむくみなどの症状がある場合には早めに医師に相談するようにしましょう。

●高血圧の薬は自己判断でやめないこと
高血圧の治療に用いられる薬剤にはさまざまなタイプがあります。生活習慣改善によっても血圧の改善が認められない場合、血圧の状態や既往歴などを考慮して薬物治療が開始されます。そもそも、高血圧の治療の目的は血圧の値を正常にコントロールし、合併症を未然に防ぐことにあります。例えば、心筋梗塞狭心症などの心臓病、脳梗塞脳出血くも膜下出血などの脳の病気、動脈硬化などがあり、これらの疾患は、場合によって命にも関わります。高血圧の薬は血圧を測らないと効果が実感しづらいですが、突然の休薬は命に関わる疾患の発症をもたらす場合があるので、決して自己判断ではやらないようにしましょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

高血圧の相談

高血圧の体験談

  • 高血圧の人は冬のお風呂に注意!

    高血圧・お風呂

    子供のころから入浴が好きで、特に熱いお湯に長時間浸かることが楽しみの一つでしたが、加齢によって体力が低下するとお風呂を利用するたびに疲労感が増幅するようになりました。また、食事の偏りやストレスなどによって高血圧の症状が出るようになってからは入浴の度に頭痛やめまいなどの症状に見舞われることがありました。 徹夜が続いて疲労が重なった際にリラックスする目的でお風呂に入りましたが、熱い湯につかっている内…続きをみる
  • お酢を飲み始めてから高血圧が緩和しました

    高血圧・お酢

    私は、中年になったころから体重の増加と高血圧に悩まされ、仕事や家事で忙しいこともあってなかなか改善しませんでした。 ある時、お酢を摂取することで高血圧が改善できてダイエットにもなるという記事を目にして、半信半疑で生活の中に取り入れてみました。具体的には、1日大さじ1杯のお酢を毎日飲み続けることと、料理の時に最後に少しだけお酢を入れることです。 始めたのが夏場だったこともあり、それほど苦もなく続け…続きをみる
  • 高血圧と診断されお酒を控えました

    高血圧・お酒

    私は20代前半の頃から少し血圧が高い状態でしたが、特に治療などは行わず放置を決めていました。 しかし40歳になってからというもの毎年健康診断を受けることが会社で義務付けられたので渋々受けてみると、かなり血圧が高いことが判明しました。それに脂質異常症なども加わったので所謂成人病の一歩手前だと医師から告げられました。健康体だと思っていたのでかなりショックに感じその日から健康な生活を始めようと決心し…続きをみる
  • 一時的ではなく計画的な高血圧の治療をすることが大切

    高血圧・一時的

    なぜ一時的でも高血圧になることが非常に怖いと多くの人が感じているのか自分が発症したことで分かりました。私は自分がこの病気になるまで詳しくどんな病気なのかあまり知らなかったこともあり、これからどんな症状が出るのか怖くなったので、高血圧に対する知識をいろいろなとこから調べてから治療をするようにしています。 しっかりどんな病気か知ることで、怖がることなくしっかり治療に専念することができました。また、け…続きをみる
  • いびきの原因は高血圧でした

    高血圧・いびき

    お酒が大好きで、夕食時のお酒を楽しみにしながら昼間働いていました。 お酒といびきとは関係が深く、大酒を頂きお布団に潜り込むと直ぐに大いびきで家族迷惑として厄介者扱いにされていました。ある時横に寝ている嫁から夜中に呼吸が一時的に止まっているので病院に行くよう勧められました。無呼吸症候群の専門医を探し予約を入れ、診察受けましたが私が症状を説明していると直ぐに一日の検査入院を勧められました。夜に入院…続きをみる
  • 高血圧を引き起こすイライラ

    高血圧・イライラ

    人間関係のストレスにさらされて、私は常にイライラしていました。今になって思えば、人格が変わっていたのかもしれません。攻撃的になって、暴言をはいたり、無理に我慢してつらくなって寝込んだり、さんざんでした。そのような日々が続けば、体にいいはずがありません。だんだんと動悸が激しく感じられるようになり、心療内科を受診しました。その時に測った血圧が、危険な領域にまでなっていたのです。 高血圧の原因は塩分だ…続きをみる
  • 高血圧で飲酒を控えると症状が良くなった

    高血圧・飲酒

    私は45歳の頃脳溢血で倒れた経験があり、その時に高血圧であると診断されていました。 血圧が高い状態をかなり長い間放置していたので腎機能もかなり低下しており、このまま高血圧を放置していると将来的に人工透析になってしまうと医師から忠告されました。人工透析になるのは嫌だったのでその日から真面目に血圧を下げる治療を始めることにしました。早急に血圧を下げなければならなかったので降圧剤を処方され、減塩を始…続きをみる
  • 高血圧になってから運動すると頭がフラフラ。安静が大事です。

    高血圧・安静

    私は現在50歳なのですが、更年期障害による影響なのか高血圧の症状が出るようになりました。上だけでも180と高めの数値が出て、医者からも薬をもらうようになりました。そんな私にも趣味があり、毎日朝に往復2キロほどのランニングをすることを大切にしていました。運動不足の解消と健康のために行っていたことですが、高血圧のこともあって妻からは注意をよくされています。 しかし、つい最近の話ですが、その日もいつも…続きをみる
  • 高血圧のせいで汗かきになった時にはダイエットをするべき

    高血圧・汗かき

    私は健康に関心が強いので普通の人よりも多少は健康に関する知識があるほうなので、なぜ汗かきになってしまったのかだいたい検討がついていたのですが、一応病院に行ってきました。その結果、高血圧の症状が出ていることが判明したんですが、私は多分高血圧になっているので汗かきになってしまっていると予想していたのでたいして驚くことはなかったです。 私は中高年層になってきたので、いろいろな病気になりやすくなっている…続きをみる
  • 不気味な高血圧と汗との関係

    高血圧・汗

    普段から汗の量が増えてて、ちょっとしたことでもダラダラと流れるほどの量でした。またそのことと関係しているとはまだ知らなかった頃に高血圧で、健康診断のときはいつも高めの数値が出ていました。 特に酷かった汗の量があんまり酷いので、なぜこんなに流れるのかを調べていると高血圧が関係しているとのことで、少し肥満気味の体型でもありそれも原因のひとつと知りました。また糖尿も関係しているようでした、それは大丈夫…続きをみる

高血圧に関するコラム