疲れ目つかれめ

カテゴリ
眼の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

疲れ目とは

疲れ目とは、目の周りの筋肉が疲労により起こる症状です。疲れ目によって頭痛や目のかすみ、物が二重に見える、ピントが合わない、目が重たい、目が痛む、充血する、目がショボショボするなどの症状が引き起こります。近くの物を長時間見ていると疲れ目になります。パソコンやスマートフォンなどを見続けることでまばたきが少なくなります。さらに長時間同じ姿勢で作業をおこなうので、一定の距離を長時間みている状態が続きます。そのため、目が疲れてしまいます。疲れ目を解消するために、長時間同じ姿勢で同じものを見ないようにしたり、ツボ押しを試したり、目を冷やしたり、サプリを飲んだりする人もいます。さまざまな疲れ目解消グッズがあるので、自分にあったものを使うようにしましょう。

疲れ目の症状

疲れ目の症状には以下のものがあります。
・頭痛
目のかすみ
・物が二重に見える
・ピントが合わない
・目が重たい
・目が痛む
充血する
・目がショボショボする  など

また、疲れ目によって全身に不快な症状が起こることがあります。
肩こり頭痛疲れやすい、身体がだるくなるなどの症状が引き起こされます。

文書作成や資料の作成など、パソコンを使用する事務系の仕事をすると、目の疲れが出てくることがあります。特に事務を中心とした仕事の場合、疲れ目はつきものです。特に近年ではスマートフォンの普及に伴い、インターネットの閲覧、オンラインゲーム、SNSなどパソコンでできることがそのままできるため、スマートフォンの画面を見続ける機会が増えてきています。その結果、目の疲れを訴える方が増えてきているのが現状です。また、炎天下の下で長時間の外仕事でも目の疲れが出てくることがあります。

疲れ目の原因

●目の筋肉が疲れている
激しくスポーツをしたときに身体も疲労するように、目の筋肉も激しく使うことで疲労してしまいます。それが疲れ目の原因となっているのです。

疲れ目の原因は眼球を支える筋肉に負担がかかることです。
その筋肉の一つの『毛様体筋』は伸び縮みすることで、ピント調節の役割をしています。しかし、パソコンやスマートフォンを見続けることは毛様体筋がずっと緊張した状態を続けることとなるため、毛様体筋は疲れてしまいます。これが、疲れ目です。目の疲れは筋肉痛と似たような症状なのです。

さらにコンタクトレンズやメガネが合っていないのでしたら、それが理由となって目を酷使することになり目の疲れの原因になってしまうのです。


●ブルーライト
目の疲れはブルーライトによる過剰な活性化が原因のひとつです。
パソコン、スマートフォンを使用するときにはブルーライトカットメガネの着用が大切です。夕方以降に目に入るブルーライトを少しでも抑えることで目の疲れが緩和されます。ブルーライト対策をすることで、結果的に睡眠の質の改善にもつながります。

●疲れ目とドライアイの関係
疲れ目で多くの人が訴えている症状がドライアイです。パソコンの画面などを見続けるような、見る対象と近い距離で目を酷使する作業を長時間続けると、まばたきの回数が減るので目の表面が乾き、ドライアイになってしまいます。同時に毛様体筋も疲労していることから、疲れ目になるのです。休憩して目を閉じたり、遠くを見るなどして、目を休めましょう。室内の乾燥も目が乾く原因となるので、湿度には注意が必要です。

●疲れ目で二重になる理由
疲れ目で瞼の皮膚が変形してしまい二重になる現象が起きることがあります。元々二重の人は三重になってしまい、その日のうちに戻る人もいれば、そのまま数日戻らない人もいます。目を酷使して疲労が溜まっている、大泣きをした翌日である、度重なる睡眠不足である場合などに起こります。これは、目の周りの血行を良くすることで元の瞼に戻るので、アイマスクで目を温めたりして目の周りの血行を促進しましょう。

●目が疲れると充血してしまう理由
長時間パソコンに向かう業務に取り組んでいるなど場合、目が疲れているにも関わらず睡眠を十分に取っていない場合など、十分な休息を目に与える事が難しい状況では、炎症の症状が目に表れます。目は人間の体と同じように疲れが溜まると酸素や栄養を必要とします。そのため、目が疲れると、酸素と栄養を運ぼうする作用が働き、目の血流量が増加して血管が膨らんでしまい、結果的に目の充血を引き起こします。つまり、充血した目にとって必要なものは、十分な休息と栄養素の摂取です。

疲れ目の予防/治療法

疲れ目予防


●長時間のパソコンやスマホの使用を控える
長時間画面を見ないで、できれば1時間おきくらいに気分転換がてらに休憩を入れるなど、定期的に休憩をいれるようにするとよいです。

しかし、仕事上できない人も多いでしょう。そこで一日中パソコンに向かっている仕事でも、なるべく疲れ目にならない予防法、そしてなってしまった時の治療法を紹介します。

●姿勢を気を付ける
パソコンを見る際は正しい姿勢は基本、そして画面を見上げる形ではなく見下ろす形にしましょう。これなら首や肩への負担が減りますし、目への緊張を最低限に減らせるからです。

●ブルーライト対策をする
目の疲れはブルーライトによる過剰な活性化が原因のひとつと考えられています。ブルーライトカットのフィルターやメガネなどが売られていますので、日々の生活に取り入れてみるのもいいでしょう。

●視力に合った矯正を行う
コンタクトレンズやメガネが合っていないのでしたら、それが理由となって目を酷使することになり目の疲れの原因になります。自分の視力に合わせたメガネやコンタクトレンズを使うようにしましょう。

●ドライアイを予防する
モニターの設置位置に気をつけると眼球の露出が減り、ドライアイになりにくくなります。軽く背筋を伸ばし、椅子に深く座ります。顔はモニターから40~50cm離れ、目線がモニターの中心からやや下向きになるようにします。部屋の乾燥もドライアイの原因となりますので、空調が直接あたらないようにしたり、加湿すると予防になります。こまめに休憩を取るようにしたり、目薬を活用するなど「目を休める」ことを意識するのが大切です。


疲れ目になってしまったら


●温パックや冷パックがおすすめ
長時間パソコンを見続けて目がショボショボしているときは温パックがおすすめです。目の血管が血行不良になっている可能性が高いので、温めてあげることで血行をよくして辛い症状を改善できます。
一方で、目が充血している時は炎症を起こしている可能性が高いので、冷パックがおすすめです。これで炎症を抑えることができます。
ショボショボして充血という場合、温パックと冷パックを交互にするのがいいでしょう。温めたり冷やしたりすることで不快な目の症状も軽減するはずです。

●サプリメントをとる
目の疲れ・眼精疲労にいいサプリメントはブルーベリーというのが定説ですが、ブルーベリー以上に目の疲れに効果的なのが「ビルベリー」のサプリメントです。ビルベリーとは、ブルーベリーの元で、食べられるように栽培したのがブリーベリーです。目の疲れに効果・効能がある成分である「アントシアニン」がビルベリーに含まれている量は、ブルーベリーの約3倍となっています。そしてビルベリーは、目の疲れをおさえるだけでなく、高血圧の防止、栄養の過剰摂取による肥満防止にも働きがあります。

●疲れ目に効く手のツボを押す
合谷(ごうこく):手の甲を上にして、親指と人差し指の付け根の間を指で押した際に痛みを感じた場所です。ここを左右両方指圧します。
養老(ようろう):手首の小指側にあるツボで、突出している骨のふちを指で押しながら探ります。探っていくと、割れ目があり、この中に養老があります。
そのほか、手のひらにもツボがあり、手のひら側の中指第1関節から指先の末端を持続的に圧迫刺激することでも効果を得られます。ツボを指圧する際には、心身をリラックスさせた状態で指圧するとより効いいでしょう。目を蒸しタオルなどで温めた後や、入浴中の湯船に浸かっている時間などにするとリラックス効果と疲れ目の改善の両方を得ることができます。

●蒸しタオルで保温
目に疲れを感じたときは、目を蒸しタオルなどで温めるのが効果的だと言われています。蒸しタオルで3分程温めることによって、目とその回りの筋肉の血流が改善され、疲れ目の回復へと繋がります。さらに、蒸しタオルの蒸気が目の保湿もしてくれるので、ドライアイにも効果があります。蒸しタオルの作り方は、水で濡らしたタオルを程よくしぼり、クルクルと丸め、電子レンジを使って温めます。この際、加熱しすぎると、火傷や火事の危険性があるので、気をつけましょう。蒸しタオルの温度は40度ぐらいまでがいいでしょう。

●市販のアイマスクを利用
目の疲れ対策にはアイマスクを使って保温するのが効果的です。蒸しタオルを目の上に乗せるだけで、目のまわりの血行を良くして目の疲れを解消できますし、市販では目の部分だけくり抜かれた保温アイマスクが売られているので、作業を続けながら目の周りを保温することもできます。どうしても目を酷使しなければならいない時におすすめです。

●ほかにも…
・ゆっくり目を休めましょう。

●頭痛や吐き気を伴う場合、5つの対処法
疲れ目が原因となって頭痛や吐き気などの症状が現れる場合、疲れ目に対処する必要があります。疲れ目は大きく5種類に分かれ、それぞれの対処法は異なります。
1.目の筋肉を酷使することで起きる調節性眼精疲労
姿勢を正し、部屋の明るさを適正なものとし、目を使う作業をする時は30分に3〜5回の休憩をとりましょう。
2.目の筋肉の異常により起きる筋性眼精疲労
眼科に相談しましょう。
3.左右の視力の違いにより起きる不均等性眼精疲労
左右の視力が等しくなるよう、眼鏡などで矯正しましょう。
4.疾患により起きる症候性眼精疲労
原因となる疾患を治しましょう。
5.精神的なものにより起きる神経性眼精疲労
精神科などのカウンセリングを受けましょう。

疲れ目の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
今疲れ目を感じている人は、とても多くなっています。目の疲れは、体の他の部位にも変調をきたす可能性があるので、疲れ目を感じたら早めに対策をしていくことが大切です。疲れ目はビタミンを摂取することで回復を期待できることがあります。主にビタミンB群を含む薬は、疲れ目に栄養を補給し、神経細胞の働きを活発化させ、筋肉の緊張を和らげる効果があります。これにより目の疲労を軽減し視力の低下を防ぐ作用があります。またビタミンCを多く含む薬は、毛細血管や皮膚、筋肉の細胞組織を丈夫にする働きがありますので、様々なウイルスに対する免疫機能を強化します。水晶体の透明度を保ち、ストレスを軽減し目をリフレッシュさせるので疲れ目に効果があります。さらにビタミンEは血液循環を正常に保つので目の周りの疲労感を取る為にしばしば用いられます。また生活のリズムの乱れやストレスによって自律神経が変調をきたし、疲れ目を感じるというという人は、目の調節機能を回復させる薬を用いることで症状が軽減される可能性があります。この場合は自律神経の失調を回復する薬が用いられます。また疲れ目の症状から、痛みを感じるような場合は、炎症や痛みの原因となる物質ができる量を減らす効果のある薬を用いることで鎮痛し、疲れ目を緩和することもあります。疲れ目の症状は千差万別ですので医師の診断を仰ぎ、自分の疲れ目の症状の原因を探ることで適切な薬を選択しましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「疲れ目」チェック

あなたの眼、お疲れではないですか?

パソコンやテレビなどで目を酷使する現代人の生活は、疲れ目を招きがちです。
疲れ目が慢性化すると、頭痛や肩こり、眼精疲労や視力低下などの問題を引き起こすこともあります。
あなたの「目の疲労度」をチェックしてみましょう。

1 /10

メガネやコンタクトレンズを長時間使用している。

健康チェック画像

「疲れ目」チェック

あなたの眼、お疲れではないですか?
健康チェックする