ドライアイの症状

ドライアイとは



ドライアイとは、涙の分泌量や質が低下することによって目が乾燥し、視力の異常や目の不快感などが生じる病気です。

現代社会ではパソコンやスマートフォンなどの使用、またコンタクトレンズ装着者の増加に伴い、ドライアイ患者は年々増加しています。

ドライアイに伴う症状


ドライアイは、目の乾燥のほかにさまざまな症状を引き起こします。

以下の症状の項目が5つ以上当てはまるようであれば、ドライアイの可能性があります。

目が疲れやすい
・目がぼんやりとかすんで見える
・目に不快感がある
・目のかゆみ
・目の充血
・目の痛み
・理由もなくたくさんの涙が出る
・光をまぶしく感じる
・白っぽい目やにが出る
・目がゴロゴロする
・目や瞼が重たいと感じる
・目がショボショボする

ドライアイの原因

ドライアイは、さまざまな原因によって引き起こされます。

目の使い過ぎ


パソコンやスマートフォンの長時間の使用や読書によるものがです。

長時間、じっと目を凝視してしまうと、目の瞬きが少なくなります。瞬きの回数が少なくなれば、涙が蒸発してしまい、目が乾きやすくなってしまいます。

コンタクトレンズ


ソフトコンタクトレンズの装着は、その特性から他のレンズよりも、表面から涙が蒸発しやすいため、目が乾きやすくなってしまいます。

乾燥した環境にいる


暖房や冷房などで室内が乾燥していると、目も乾きやすくなります。

特に、冬の室内は、暖房による過度な乾燥により、ドライアイを引き起こしやすくなるため注意が必要です。

普段の生活習慣


寝不足やストレスなどの生活習慣も、ドライアイの大敵です。目の周りの過度な化粧なども、ドライアイを悪化させることがあるため気をつけましょう。

シェーグレン症候群


シェーグレン症候群という自己免疫疾患の場合、強いドライアイが起こることが多いです。

スティーブンス・ジョンソン症候群


スティーブンス・ジョンソン症候群という皮膚や粘膜に病変をきたす難病の場合も、強いドライアイが出ます。

薬の副作用


抗コリン作用を持つ薬や一部の抗がん剤、抗ヒスタミン剤などの薬の副作用としてドライアイが起こる場合もあります。

在宅勤務で目を酷使。つらい疲れ目とドライアイ…どうすればいい?

ドライアイの治療


ドライアイの治療法には、主に点眼液と涙点閉鎖による治療があります。

点眼液


涙の性質に似た成分の点眼液を使います。

重症の場合は、眼科に受診して処方してもらいましょう。

涙点閉鎖


涙の出口である涙点をプラグで塞いで、目に涙をためる治療法です。

ドライアイの予防

瞬きを意識する


パソコンやスマートフォン、読書などを長時間行うと瞬きの回数が減ってしまい、涙が蒸発してドライアイを引き起こしてしまいます。

そのため、意識して目の瞬きを行ってみてください。

パソコンなどの作業中は、1時間に1回はしばらく目を閉じたり、遠くを見たりして目を休めましょう。

また、ディスプレイの光もドライアイを引き起こす要因となるため、できるだけモニター設定を暗くしておくことをおすすめします。

しっかり眠る


睡眠不足やストレスもドライアイの大敵です。

夜は早く寝て、目を休めるように心がけるとともにストレスもなるべくためないようにするとよいでしょう。

目の粘膜にアイラインは引かない


アイメイクの際、目の粘膜部分をアイラインなどで塗りつぶしてしまわないように注意してください。

角膜の保湿に必要な成分を分泌する場所が塞がれてしまうリスクがあります。

部屋の湿度を挙げる


ドライアイに室内の乾燥は大敵です。特に冬の室内は、暖房などで過度に乾燥しています。

加湿器をつけたり、濡れた洗濯物などを部屋に干すなどの工夫をしてみてください。

目を潤す


ドライアイに有効な涙の成分に近い目薬もたくさん開発されています。

ドラッグストアなどでご自身にあったものを購入するとよいでしょう。迷ったときは薬剤師に相談してみてください。

目がお疲れ?お疲れレベルをチェックしよう!