医療・健康領域の専門家によるヘルスケアメディア、QAサイト 【Doctors Me(ドクターズミー)】

軟便なんべん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

軟便とは

軟便とは、水分量が多く柔らかい便のことです。

通常のバナナ様の便は水分量が70%ほどですが、軟便では水分量が80%以上になります。水分量が90%を超えると便は液状になり、一般的に下痢と言われます。

軟便は、ストレスや食べ物、ウイルス、細菌などさまざまな影響で起こります。

軟便の原因と対処法

軟便には、主に以下のような原因が挙げられます。

暴飲暴食・ストレス


精神的ストレスや暴飲暴食が続くと、腸管のぜんどう運動が過剰に行われて、便の通過速度が速まってしまいます。

リラックスして精神的なストレス解消したり、暴飲暴食をしないようにするなど生活習慣の見直しが効果的です。脂肪の多い肉や香辛料などは、控えるようにしましょう。

食中毒・食物アレルギー


食中毒や食物アレルギーなどにより、腸粘膜の分泌液が過剰になることで軟便になります。

食べ物の消費期限に注意する、よく加熱する、アレルギー食品が含まれていないかきちんと確かめる、乳酸菌を摂取して腸内環境を整えるなど、意識しましょう。

サプリメントや人工甘味料の摂り過ぎ


サプリメントや人工甘味料の摂り過ぎ、下剤を使用などすると、腸管の浸透圧が上昇してしまいます。その結果、腸で十分に水分を吸収できなくなることによって軟便になります。

便の状態が安定するまでは、思い当たる食品の使用を一度中止しましょう。

乳糖不耐症


牛乳を飲むと軟便になるという人は、「乳糖不耐症」とういう体質の可能性があります。乳糖を分解する酵素が少ないために、牛乳をうまく消化できずに下痢や軟便となります。牛乳を避けるようにしましょう。

過敏性腸症候群


腹痛や残便感を伴ったり、便秘と軟便を繰り返す、排便後に不快感が和らぐなどの症状があれば、過敏性腸症候群の可能性があります。

内視鏡検査で腸自体の異常はみられないにもかかわらず、腹痛や便通の異常などの症状が持続する病気です。

仕事などでストレスがかからないようにして、自分に合う食生活を心がけましょう。適度な運動と規則正しい生活も大切です。

軟便の予防

食事内容を記録する


軟便を予防するためには、まず自分は何が原因で軟便になりやすいかを探るところから始めます。

1日の生活リズムとともに、食事内容を書き出してみましょう。食事内容は記録することで、自分がいつ何をどれくらい食べたり飲んだりしているかがわかりやすくなります。

飲んでいるサプリメントや薬があれば、「お腹がゆるくなります」などの注意書きがないかを確認します。

自分の生活習慣や食生活の傾向を把握したあとは、軟便の原因と考えられる事柄を取り除いていきましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください