軟便なんべん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

軟便とは

水分量が多い便(うんち)のことです。
通常のバナナ様の便は水分量が約70%ですが、軟便では水分量が約80%になります。水分量が90%を超えると便は液状になり、一般的に下痢と言われます。水分は主に大腸で吸収されるので、大腸において水分吸収が不十分な時に起こります。
軟便は、体調が悪かったり、食べ物により大腸の働きが悪くなることで起こる症状です。食べ物としては、脂肪分を多く含むものを食べるとよく起こります。脂肪はもともと消化吸収されにくい成分で、消化吸収されるためには肝臓から分泌される胆汁が必要です。脂肪を過剰に摂取すると肝臓に負担がかかって胆汁の分泌が落ちてしまい、脂肪の消化吸収が不十分となるため、このような症状がでると考えられてます。

症状


軟便とは、柔らかい便のことです。下痢の場合は、水分が多すぎて固まりにはなりませんが、軟便は固まり状になっています。しかし、通常の便に比べると、水分が多く、どろりとした感じで、そのため排便時のキレが悪く、すっきりとしない感覚になります。従って、排便がまだ終わっていないような感じとなり、再びトイレに駆け込むというようなことにもなります。
その原因として考えられるのは、まず水分の取りすぎです。特に、寒い季節や、運動不足の時には、発汗による水分の流出が抑えられるため、水分がそのまま体内に残り、柔らかい便となってしまいます。
次に考えられるのは、ご飯や麺類など炭水化物の多量摂取と、食物繊維を含む野菜の摂取不足です。あるいは、腸内の善玉菌不足による腸内環境の悪化ということも考えられます。これに対しては、野菜やヨーグルト、納豆などを摂取することにより、食事内容を改善することが望まれます。
最後に、腸の機能が弱まっている可能性もあります。遺伝的なものや、薬の副作用によるもの、加齢によるもの、あるいは運動不足などにより、腸の水分吸収能力が衰えている可能性がありますので、医者にご相談をされるのがよいと言えるでしょう。

原因

正常な状態の腸では、腸の「ぜんどう運動」により腸の内容物を肛門の方へ運びます。その際、内容物中の水分が腸から体内に吸収されて、適度な水分を含んだ便になります。健康な人の便は水分量は70%から80%程度ですが、食べ過ぎや飲み過ぎ、刺激物や冷たい物の摂り過ぎなどにより、腸の蠕動運動が過剰になった時に、消化物の腸内の通過が必要以上に速まり、腸が水分を十分に吸収する暇がなく、排泄時に軟便となってしまいます。また、 腸内環境が悪化している時は、有害物質が増えるため、水分の多い軟便が排泄されやすくなります。
原因には様々なものがありますが、症状の出る2~3日前までさかのぼることで特定できる場合があります。 

軟便の主な原因



・生ものや賞味期限切れの食品を食べた事による「食あたり」
・水分の取り過ぎやお酒の飲み過ぎ、硬度の高い水の摂取などによる「水あたり」
・牛乳を飲むと軟便になるという人は、「糖類不耐症」とういう体質の可能性あり。糖類不耐症の人は、糖類を分解する酵素が少ないために、牛乳中の糖類をうまく分解できず下痢や軟便となる。 
・抗生物質などの薬による副作用
・冷房のかけ過ぎによる冷えなどが原因
・環境の変化や、試験や会議などの大切なイベントの前、対人関係など、精神的ストレスが原因。

※ 特に、慢性的に便がゆるい状態が続く場合には、不規則な生活習慣や、日常のストレスが原因となっているケースが考えられます。

●軟便の要因の分類
軟便の主な要因は運動亢進性、分泌性、浸透圧性の3つに分けることができます。
1.運動亢進性
ストレスを抱えた女性
腸管のぜんどう運動が高まることにより便の通過速度が速まるもので、精神的ストレスや暴飲暴食、消化不良などが主な原因となります。運動亢進性の軟便を防ぐには、精神的なストレスを溜めないほか、脂物や刺激物を避けるなど食事の改善が効果的です。
2.分泌性
生牡蠣
食あたりや食物アレルギーなどにより、腸粘膜の分泌液が過剰になることで起こります。食べ物の消費期限に注意するほか、乳酸菌等を摂取し、腸内環境を整えるのもいい方法です。
3.浸透圧性
サプリメント
サプリメントや人工甘味料の摂り過ぎなどにより腸管の浸透圧が上昇、腸が十分に水分を吸収できなくなることにより引き起こされます。予防するには、人工甘味料等の過剰摂取に注意します。

●軟便の状態によって考えられる原因
軟便といってもいくつかの種類があり、便の色や匂いなどで原因や症状が違います。日々の便の状態と比較する事が大事です。
・色は変わらず、液状やペースト状の場合:冷えやストレス、食あたり、消化不良など
・便に血が混じっている場合:大腸の炎症、潰瘍による疾患、赤痢、O-157などの感染による食中毒、痔による出血など
・便が赤くタール便の場合:胃潰瘍、胃炎、十二指腸潰瘍、胃がんの可能性
・粘液便の場合(下痢によって腸粘膜が痛み、粘液がまじる):食あたり、消化不良、冷えなど
・便が白い場合:コレラ、乳幼児の場合はロタウイルスの可能性など

腹痛と残便感を伴う軟便の原因



軟便には様々な疾患が影響していますが、度々起こる軟便で腹痛や残便感を伴う場合、過敏性腸症候群の可能性があります。腸自体には異常がみられないにも関わらず、腹痛などの腹部での症状や、便通の異常が持続する病気です。

●主な原因と改善方法

・ストレスによって自律神経が乱れることで、腸の消化機能が低下します。
・脂質を過剰に摂取したり、バランスの悪い食事によって腸内のビフィズス菌が減少したりすることも、腸機能に悪影響を及ぼします。

<<改善方法>> 

・食生活を改善し、食物繊維やビフィズス菌を多く含む食品を食べること
・規則正しい生活を送ること
・適度な運動をすること

もし症状が改善しない場合は、別の疾患が原因になっている可能性があるため、医師の診断を受けてみましょう。

予防/治療法


軟便の原因となる事柄はいくつかあります。予防、治療をするためには、まずは自分の場合は何が原因となっているかを探るところから始めます。
思い当たることを紙に書いてみたり、1日の生活リズムとともに食事内容を書き出してみます。特に、食事内容は書く事で、自分が何をどれくらい食べたり飲んだりしているかがわかりやすくなります。摂取しているサプリや薬などがあれば、「お腹がゆるくなります」などの注意書きがないか確認します。
自分の生活を整理して把握したあとは、軟便の原因となりそうな事柄を取り除いていきます。食事内容や生活習慣などを見直したあとも改善せず、軟便の状態が長く続くのであれば、医師に相談するようにしましょう。

軟便の改善方法



・暴飲暴食をしない
・刺激のあるものは避ける
・消化の良い物を食べる
・コーヒーなどのカフェインを含むもの、冷たいものやアルコールは避け、なるべく常温のものを少しずつ摂取する
・冷房の効き過ぎなどに注意し、お腹や腰を冷やさないようにする
・お風呂に入るときはお腹をしっかりと温めるようにする
・腸に負担の掛からないような食事を心がける
・乳酸菌やビフィズス菌を積極的に摂取する

※人間の腸内には、数百種類600兆個以上の細菌が生息しており、それらのバランスが保たれることで、腸の健康も維持できます。しかし、食事内容・薬の服用・ストレス・年齢など、様々な要因から腸内に悪玉菌が増えた場合、菌が作り出す有害物質によって軟便を引き起こす可能性があります。この菌の繁殖を防ぎ、おなかの調子を整える働きをする菌が、ビフィズス菌やアシドフィルス菌などの乳酸菌です。
ヨーグルトやサプリなど乳酸菌やビフィズス菌が含まれるものを日常的に摂取すれば、腸内の善玉菌が増えることで腸内環境が整えられ、軟便を防ぐ助けとなります。


軟便の時に注意する食べ物・適した食べ物



・脂肪の多い肉や牛乳は控えた方が良いでしょう。
・下痢の症状が重い場合にはスポーツドリンクや重湯などにとどめ、回復とともにスープや三分粥・五分粥としていきます。
・副食は便の状態が悪化しないか十分に注意しながら、徐々に取り入れます。
・肉は鶏のささみや豚のヒレ肉など、脂身の少ない肉をひき肉のような細かい状態にするのがベストです。
・魚は白身魚など脂身の少ないもの、卵は半熟や茶わん蒸しなど、やわらかい状態で食べるのが理想的です。
・野菜はしっかりと煮炊きしてやわらかくし、イモ類は裏ごしするとさらにおなかへの負担を減らすことができます。
・果物も控えた方が無難ですが、バナナやすりおろしたリンゴ程度であれば問題ありません。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください