口内炎こうないえん

カテゴリ
口・あごの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

口内炎とは

口内炎とは、口腔内の粘膜に起こる炎症状態を総称したものを言います。
いくつか種類があり、その中でも最もよく見られるのが「アフタ性口内炎」だと言われています。老若男女問わず発症し、小さな炎症ではありますが、痛みを伴うので気になってしまいます。原因は不明な場合が多いのですが、体調が悪い時や疲れがたまっている時に発症することが多いとされています。

口内炎の症状

唇に口内炎
口内炎にはいろいろな種類がありますが、どの口内炎にも共通するのは「痛み」です。痛みはジワジワと続きますが、なにかの拍子で舌などが触れると、びっくりするほど痛みます。たった数mmから大きくても1cm程度の炎症なのですが、痛みのあまり、物を上手に食べることができなくなったり、ときには頭痛が起こることさえあります。口内炎は、歯以外の口腔内のすべての部分に発生します。一番よく見つかるのは、頬の内側や舌の部分ですが、歯茎にできる場合もあります。

口内炎の代表的なものは次のとおりです。

●アフタ性口内炎
最も多く見られる口内炎です。全体が白っぽく、縁が赤い(あるいは楕円形の)炎症です。口腔の粘膜にできた傷に細菌が侵入したり、粘膜そのものが弱ったり、ストレスなどで免疫力が低下した場合に生じます。食事などの際などにうっかり口の内側を噛んでしまうと、よく発生します。ときには同じところを2回続けて噛んでしまい、2個のアフタ性口内炎に同時に悩ませられる羽目になったりします。はじめは口内炎自体が小さいので「少し痛いかな?」程度のものですが、だんだんと大きくなってくると何かが少し触れただけで不快な痛みが走るようになります。それよりひどくなると、口内炎ができている部分に何も触れなくても鈍痛を感じることがあります。(アフタ性口内炎を詳しく見る)

●アレルギー性口内炎
広い範囲に痛みを伴う炎症が複数個できてしまったり、一部がただれてしまったようになることがあります。

●カタル性口内炎
口腔内の粘膜に、小さな赤い発疹や紅斑、浮腫などが生じる口内炎もあります。はっきりと境界のわかるアフタ性と異なって、ただ赤いだけで、境界ははっきりしません。で、しばしば発生します。口の中のただれから発生した口内炎と考えられ、虫歯や義歯の不具合の刺激・歯槽膿漏などが原因となることがあります。味を感じにくくなったり、食欲がなくなってしまうこともあります。

●ウイルスやカンジダ性口内炎
ウイルスで代表的なのはヘルペスウイルスに由来する口内炎です。また、口の中に常在するカビの一種のカンジダが、唾液の減少、免疫が低下した老人や子供、ステロイドを服用している人などに発生します。口腔粘膜だけでなく、喉や食道にもできることもあります。

●舌がんと口内炎の違い
舌を出す女の子
口腔がんのひとつである舌がんは、ただの口内炎と思い込んで発見が遅れる場合があります。口内炎は良性の腫瘍でびらんの一種でもありますが、舌がんは悪性腫瘍であり、少しでも早くに治療を行うことが重要です。口内炎は痛みを伴うものも多く、通常は遅くとも2週間ほどで消えますが、舌がんの腫瘍は痛みがなくいつまで経っても消えない場合が多いです。また、口内炎よりも固くて白っぽいしこりであることも特徴です。舌がんだと舌や顎が動かしにくかったり、噛み辛かったり、しびれを感じたりする場合、また首のリンパが腫れるケースも見られます。舌がんは目で見て自分で発見できるので、早期発見も可能です。口内炎と見間違えて放置し、進行させないように気をつけましょう。


Doctors Me編集部から


口内炎になると痛みで話すのも辛かったり、食事も食べ辛くて、しんどいですよね・・・。早く治す方法はないものかと悩んではいませんか?ぜひチェックしてみましょう!
痛くてツラい口内炎、痛みを和らげる方法を医師が伝授!


口内炎の原因


「口内炎」を繰り返し経験した!という人は多いでしょう。痛みだけで特に命にかかわるようなことは少ないですが、程度により食事に支障をきたすこともあるので「二度と発症したくない」と思っていても、いつの間にかまた発生していることが多いです。そんな口内炎は、どういった原因で発生するのでしょうか?

口内炎の原因は、実は一つではありません。まず「ビタミン不足」が挙げられます。次に「ストレス」や「過労」などの生活や仕事に関わる原因。そして「睡眠不足」です。睡眠不足は時間だけの問題ではなく、睡眠の質が低いことも原因として考えられます。その他にも「ウイルスに感染している」「免疫に異常が生じている」と言ったことも、口内炎を発生させる原因となっています。しかし、これだけ種類が分かれていながらも、それによって発生した口内炎には「原因別の特徴」というものが見られない為、口内炎を確認するだけでは、その原因まで特定することは極めて難しいです。

・ビタミン不足
ビタミン
食生活を改善してビタミンの豊富な食材を積極的に取り入れたり、サプリメントを摂ることも有効

・ウイルス感染
ウイルス
ウイルスが免疫によって駆除されるまでの数日間、口内炎が治癒するまで待つ

・過労や睡眠不足
深夜残業
生活態度を見直し、ビタミン摂取で症状が緩和することもある

・ストレス
イライラ
原因を特定して生活からストレスを完全に取り除くことが難しいので、口内炎が治っても再び同じ場所に発生することも多い

このようなことから、原因は人によって様々です。しかし、意味もなく口内炎が発生するようなことはありませんので、冷静に自分の置かれている状況を再確認し、原因を推測して取り除くようにしましょう。一つ一つ可能性を潰していけば、最終的には原因を特定して取り除くことが出来るでしょう。

≪口内炎ができるまでの流れ≫
口内炎ができるまでの流れ
口内炎の種類によって、その原因は異なります。それは口内炎という病気が口腔内の粘膜に起こる炎症状態を総称したものであるからです。

●アフタ性口内炎
最も多く見られる口内炎です。原因は不明だと言われていますが、もともとの体質であったり、口内炎のできてしまった時の体調、抵抗力、睡眠不足や疲労、ストレスが原因の1つではないかとも言われています。(アフタ性口内炎を詳しく見る)

●アレルギー性口内炎
特定の食物や化学物質、鎮痛剤、抗生物質などのアレルギー物質がアレルギー反応を起こすこととなっています。

●カタル性口内炎
歯が痛い
はっきりした境目が見えにくく、ただれたような感じになります。虫歯や歯槽膿漏、入れ歯が合わなかったりすることで起こることがあります。子供の指しゃぶりのような物理的な刺激でも起こります。

●カンジダ性口内炎
口腔内に存在するカビ(真菌)の一種であるカンジダに感染することです。免疫の低下した人に起こりやすく、白い斑点のような口内炎が見られます。

●妊娠中の口内炎
妊婦
妊娠中に口内炎ができやすいのは、つわりやホルモンバランスが関係しています。つわりで吐き気が起こり、歯をきちんと磨けないと細菌が繁殖します。また妊娠初期は急激にホルモンのバランスが変化し、唾液の分泌が減ったり免疫力が低下するので、口内炎ができやすくなります。つわりで十分な栄養を摂取できずビタミンが不足することも関係します。口内炎がなかなか治らない場合は、妊娠中に内服できる薬や漢方薬もあります。ただし、妊娠中は自己判断で市販の口内炎の薬を服用せず、必ず産婦人科医に相談しましょう。

●その他
歯周病や口の中の怪我、胃腸障害、ホルモンのバランスが崩れても生じます。

このように、口内炎の原因はそれぞれ全く違います。まずは症状や原因を観察して、その後対処方法を選ぶようにしましょう。


医師からのアドバイス


しょっちゅう口内炎になりやすいから、体質のせいかも・・・なんて悩んでいませんか?その原因は生活習慣にあるかもしれません。口内炎になりやすい15の生活習慣をチェックしてみましょう!
いつも口内炎…その原因は生活習慣に?口内炎になりやすい15の生活習慣をチェック


口内炎の予防/治療法

緑黄色野菜
口内炎を予防、治療するためには、日々の体調管理をしっかりとすることが重要となってきます。

≪予防法≫
・ストレスや疲労を過度に蓄積させないように睡眠や休息をしっかりと取り入れること。
・食事においてもビタミンの豊富な緑黄色野菜などを摂取するようにして栄養のバランスを保つことが効果的
・口腔内の粘膜を刺激したり傷つけたりしないように注意することも必要。主な方法としては、スープ類などの熱い飲み物はゆっくり飲み火傷をしないようにしたり、魚を食べるときは骨を取り除いてから食べるようにする、など。
・口腔内を清潔に保つことも口内炎の予防や治療に繋がる。
・食後には歯磨きを丁寧に行うようにし、定期的に歯医者で歯科検診を受けて問題などがあった場合はすぐに治療をしてもらう。
・入れ歯などをしている人は入れ歯が自分に合っているかの確認や、定期的にブラッシングをするといったメンテナンスをしっかりと行い、ウイルスや細菌に感染しないように予防する。


これらのことに注意して口腔ケアなどをしっかりと行うことが、口内炎の予防に効果的です。それでも口内炎ができてしまった場合は、いつもよりも十分な睡眠時間をとり、バランスの良い栄養を摂取するなど身体を休ませるようにしなくてはなりません。その他にも、口内炎が発生した場所に軟膏などの塗り薬を使用するなどの方法もあります。しかし、ウイルス感染や細菌による口内炎の場合は個人で治療するのが難しく、場合によっては原因ウイルスの特定をして抗生物質の投与などによって治療をすることも必要となる場合があります。また、他の病気による二次症状によって口内炎が発生することもあるので、あまりにも治りが遅いと思ったり、異常を感じるようなことがあれば早めに専門機関の受診をして、治療に臨むことが大切となります。

≪はちみつで口内炎が治るか≫
はちみつ
口内炎に対する民間療法の一つとして、「はちみつを塗る」というやり方があります。

はちみつには、ある程度の殺菌力があるといわれており、その殺菌力によって口の中の雑菌が繁殖するのをできるだけ抑え、口の中を清潔に保つことができるのではないか、という考え方が、この民間療法の出どころになっているのではないかと思われます。しかし、はちみつはあくまで食品として作られたものであり、市販のはちみつにどの程度の殺菌力があるかは、製造法や種類により、また口の中の条件により差があるものと思われます。
いずれにしても、お薬として開発された口内炎の治療薬ほどの効果は期待できない、と考えるのが賢明でしょう。

このはちみつを使った口内炎の治療法は日本だけでなく、世界的にも行われているようで、いくつかその効果に関する論文なども発表されているようですが、効果があったというもの、なかったというもの、結論は割れており、医学的なコンセンサスは得られていないようです。

ただ、はちみつは味もおいしく、栄養もあるものですので、口内炎の治療目的というだけでなく、栄養補給の目的も兼ねて、口内炎の際の食事に取り入れてみるのはよいことではないかと思います。

●口内炎に効果的な食べ物
サバ
・ビタミンB2
ビタミンB2の不足は、疲労や抵抗力の低下とともに、口内炎の主な原因の一つとしてあげられています。ビタミンB2を多く含む食品としてまず挙げられるのは、牛や豚、鳥などのレバーです。また、魚にもビタミンB2は含まれており、特にウナギ、カレイ、サバなどに含有量が多くなっています。さらに牛乳や鶏卵でもビタミンB2を摂取することができます。植物性の食品では、納豆などの大豆製品です。口内炎の際は、これらの素材を効率良く組み合わせて食べると、ビタミンB2の摂取を増やすことができます。

・亜鉛
特に日頃から口内炎になりやすい人は、亜鉛が足りていないことが考えられます。口内炎はタンパク質の合成を活性化することによって改善されますが、それには亜鉛が必要です。亜鉛の1日の推奨量は、成人女性で8mg、成人男性10mgです。亜鉛は牡蠣やうなぎ、牛肉のもも肉などに多く含まれ、サプリメントでも手軽に摂取できます。

●口内炎に効くサプリメント
サプリメント
口内炎に効果のあるサプリメントとして有名なのが葉酸です。葉酸は口内炎によって傷ついた面膜や組織を再生させる効果があり、口内炎の痛みを素早く緩和させてくれます。葉酸はビタミンの吸収を高める作用もあり、タンパク質の合成を助けるので、口内炎の予防にも高い効果があります。葉酸は食事などでも摂取することはできますが、サプリメントで補給すると効率的に身体に吸収されるので、口内炎が頻繁に発生してしまう方は、日常的にサプリメントの葉酸を摂取すると良いでしょう。

●口内炎に効く飲み物
トマトジュース
口内炎ができやすい要因として、ビタミンB群やビタミンC、ミネラルの不足があげられます。トマトジュースにはビタミンB2やルチン、抗酸化力があるリコピンが含まれていて口内炎に有効です。麦茶にも抗酸化作用あり口内炎の改善や予防には効果的です。また、天然のはちみつにはビタミンやミネラル、アミノ酸などが含まれ、殺菌・消炎作用があるのではちみつ入りのドリンクを飲むことも口内炎の改善が期待されます。また、緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があり炎症を起こす細菌やウイルスを殺菌する効果が期待できます。

口内炎の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
歯茎や舌に出来る口内炎。触ると痛いため、食事の時などは本当に困ります。ただ口内炎といっても症状やできる場所は様々なため、それに合った薬を服用しないと逆に悪化してしまいます。口内炎の種類と、それに合った薬をご紹介します。

最も一般的な口内炎である、アフタ性口内炎はストレスなどが原因ででき、数ミリの白い腫瘍で、周りが赤く腫れた状態になります。市販されているステロイド剤入りの軟膏や、シールタイプの貼り付ける薬、またスプレータイプで腫瘍をおおう薬を使用します。

歯の矯正器具があたるなどしてできるカタル性口内炎は、あたっている器具を調整しますが、口内炎はステロイド剤入りの軟膏を塗ります。

虫歯や合わない入れ歯が原因でできる腫瘍性口内炎は、口の中の粘膜の表面に腫瘍ができます。そしてその周りが赤くなり白い膜ができます。深い部分まで口内炎ができるため、軟膏だけでは治らないことも多く、その場合は抗生物質を使用します。このほかカンジダ菌による口内炎の場合も入れ歯が原因でできることが多く、うがい薬などで口内を洗い、抗真菌薬を服用して治療します。ただし見た目だけでは判断できない場合も多いので、傷みが長引く場合は歯医者で治療を受ける必要があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「口内炎」チェック

口内炎ができやすい方は要チェック!

口内炎ができると、食事の際はしみるし、箇所によっては話すだけで痛くてつらいですよね。口内炎は、頬の内側や歯ぐきや、その周辺の粘膜に起こる炎症のことを指します。体調が悪いときなどにできますが、はっきりとした原因がわからないものが多いです。

頻繁にできる人は、体質的な要因以外に普段の生活習慣に問題がある場合もあります。口内炎になりやすいのか、セルフチェックしてみましょう。

口内炎について

1 /15

最近、疲れやすい

口内炎の相談

口内炎の体験談

  • アルコールは唾液の分泌を抑えます。

    男性 31歳/口内炎・アルコール

    口内炎になる原因としてビタミン不足以外にも挙げられているのが唾液の不足です。ビールなどのお酒を飲むと体内にはアルコールがどんどん蓄積していくことになります。このアルコールについては体内で分解されていくのですが、この分解の際に大量の水が消費されることになります。このようにしてアルコール分解時にたくさんの水が消費されることにより体内の水分が不足するようになり結果として唾液の分泌量も減少します。唾液は…続きをみる
  • 抗生物質を飲んで口内炎が悪化しました。

    男性 31歳/口内炎・悪化

    自分が26歳だった時に大変忙しいプロジェクトチームに配属されたことがありました。そのチームに所属していた半年間は月に1日しか休みがないほどのハードスケジュールで毎日仕事をこなしていました。自分では精神的な面では非常に充実していると感じていましたが、体の方は悲鳴を上げていたようで、それまでも口内炎ができやすい体質だったのがさらに悪化してしまいました。1つの口内炎が治った後はすぐ次の口内炎ができると…続きをみる
  • 口内炎ができやすい私の話

    口内炎・できやすい

    私は幼少時から口内炎ができやすい体質です。 大人になった今では、昔ほどではありませんがそれでも半年に一度はできているような気がします。 できる場所は様々で、よくできる場所は頬の内側ですが、時には歯茎や舌、喉の奥にまでできることもしばしばです。 その歯茎や舌にできた時は、本当に痛くて食事もままならないことが多々あります。 口内炎ができる原因として、ビタミン不足をよく耳にします。 確かに思い返すと…続きをみる
  • 口内炎に対するレーザー効果は。ある?ない?

    口内炎・レーザー

    子どもの頃から、なぜか口内炎ができやすく、特に、風邪気味の時や疲れがたまっている時は直ぐにできてしまいます。 これまで、口内炎に直接張るタイプのパッチや、軟膏などを数種類試したのですが、上手く患部に留まってくれないので、最近はすっかり使用しなくなってしまいました。母から、ビタミンBを摂ると良いのではないかと言われ、よく目にするサプリメントを飲んでみたのですが、即効性は無いように感じました。どちら…続きをみる
  • 潰したらいけない白い悪魔(口内炎)

    口内炎・白い

    学生のころ疲れがたまっていて免疫力が落ちてしまったせいか口の中に口内炎ができてしまいました。それも1箇所ではなく、口の中全体に隙間がないほど口内炎で埋め尽くされてしまい口の中が白い状態になりました。 最初は数箇所だったのですが、そのままにしていたら広がってしまい食事をするのも辛い状態でした。食事だけならまだ良かったのですが、口を動かすだけでも痛みが伴い、水を飲むだけでも口の中が沁みて水分もまとも…続きをみる
  • 口内炎ははちみつが効きます

    口内炎・はちみつ

    子どもの頃から生活のリズムが乱れたり、ストレスを感じたりすると口内炎ができることが多く悩みでした。口内炎ができると飲み物を飲んだ時や食べ物を食べた際に痛みを感じたり、できた場所によっては喋りにくくなってしまうこともありました。 そんな時にはちみつを塗ると効果があると聞いたので、ためすことにしました。口内はいつも清潔にするように心がけて、寝る前などにできた場所に塗ってみました。 すると自然に治…続きをみる
  • 病院へ行って口内炎を治そう!

    口内炎・病院

    私は高校生の頃から口内炎ができやすい体質でした。社会人になり、慣れない仕事の日々で以前にも増してできてしまう機会が増えていきました。しかしその頃はできることに慣れてしまっていたので、特別なケアもせず、ただただ自然に消滅してくれるのを待つのみでした。 しかし、4年前に妊娠・出産を経験した際、毎日不安な気持ちで生活を送っていたせいか、ご飯を食べる度に酷い痛みが出てしまう程の口内炎ができてしまったので…続きをみる
  • かゆい口内炎に困っていた友人

    Doctors Me 口内炎体験談

    疲れたなと思ったときや、しんどいなと思ったときには、口内炎がいつの間にかできているということがありました。親しらずが生えていて、しばらく抜かなかったので、その部分が当たっている場所が腫れるといったこともあったのです。 薬は市販のものを使用していましたが、口内なのでどうしても取れてしまったりして、効き目はイマイチといったことも多かったです。日にち薬でしばらく放っておくしかないようなことも聞いたこと…続きをみる
  • 口内炎は何科にかかればいい?

    Doctors Me 口内炎体験談

    一度口内炎ができてしまうと、歯並びが悪くて歯が当たっているのでなかなか治りませんでした。また、話をしたり、何か食べたりすると傷に擦れて激痛がはしり、食欲もなくなるほどでした。 口内炎は何科に行ったらいいのかもわかりませんでしたし、何科がいいのか調べることもしませんでしたので、今までひたすら我慢するという生活でした。しかし、何科に行けば良いか友人に相談したところ、歯科で治療してもらえるということを…続きをみる
  • 口内炎で検査が必要な場合

    Doctors Me 口内炎体験談

    口内炎とは口の中・その周辺の粘膜に炎症をおこし、歯ぐき・舌・粘膜といった部位に発症します。口内炎は細菌やウイルスにより感染することもありますが、ほとんどがアフタ性口内炎であり、その口内炎は1週間程度で炎症がおさまります。 ストレス・ビタミン不足・免疫力の低下・風邪・刺激によりできやすく、これらは軟膏剤の塗布により治療を行っていきます。 検査はまずは視診で行います。口内炎の大きさ・発症部位の確認を…続きをみる

口内炎に関するコラム

健康チェック画像

「口内炎」チェック

口内炎ができやすい方は要チェック!
健康チェックする