貧血ひんけつ

カテゴリ
様々な症状
女性の病気と妊娠・出産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

貧血とは

貧血とは、血液中にある赤血球を構成する血色素(ヘモグロビン)の量が、基準値より下回った状態のことを指します。貧血には、鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、巨赤芽球性貧血、再生不良性貧血などの種類があります。

女性は貧血になりやすいと言われています。これは月経や妊娠などにより体内の鉄分を失う機会が多いためです。

しかし、人間ドックなどで鉄欠乏性貧血を指摘された場合は「女性だから月経によるもの」と決めつけないようにしましょう。子宮筋腫などの病気によって月経過多を引き起こしている可能性があります。早めに内科や婦人科を受診することが重要です。

貧血はありがちな病気と軽くみられがちですが、放置せずに早めの受診をおすすめします。

貧血の症状

貧血による主な症状


・頭痛
・疲れやすい
・倦怠感
・耳鳴り
・めまい
・動悸
・息切れ
・顔色が悪い
・傾眠
・爪が割れやすい
・口角炎になりやすい
・集中できない など

貧血の種類によっては、この他に特徴的な症状が出ることがあります。

たとえば、溶血性貧血の場合は黄疸、巨赤芽球性貧血の場合は舌のピリピリ感や食欲不振、吐き気などの症状が出ることがあります。再生不良性貧血の場合は、歯肉からの出血や鼻血、手足にあざができやすいなどの特徴があります。

貧血の原因

貧血の原因は多岐にわたり、かつ、いまだ解明しきれていない部分もあります。

・鉄などの栄養不足
・葉酸、ビタミンB12不足による赤血球合成DNA不能
・月経過多
・がんや痔などによる出血過多
・妊娠、母乳への鉄移行
・思春期に見られる成長のための血液増加
・胃切除などによるビタミン吸収不足
・骨髄の機能不全 など

貧血の治療

貧血の治療法は、原因によって異なります。主な貧血の治療には以下が挙げられます。

鉄欠乏性貧血:鉄剤の服用、子宮筋腫など鉄欠乏性貧血を引き起こす原因検索

巨赤芽球性貧血:ビタミンB12の服用や筋肉内注射、葉酸の服用など

再生不良性貧血:免疫抑制療法、骨髄移植など

貧血の予防

貧血の予防としては、まずバランスのよい食事を心がけることが大事です。主に必要な栄養素は、鉄分、タンパク質、葉酸、ビタミンB12です。

●鉄分
レバー、大豆、ほうれん草などに多く含まれます。

●タンパク質
吸収されやすい非ヘム鉄を取り入れるために、タンパク質も必要です。良質なタンパク質は、牛肉や豚肉、鶏肉、レバー類、牛、かつおやいわしなどの魚からも摂取できます。

●葉酸
葉酸は、血や細胞を作る際に必要な栄養素です。キャベツ、枝豆、アスパラ、ピーマンなどの野菜類に含まれています。

●ビタミンB12
ビタミンB12は、赤血球を作る際に必要な栄養素です。牛、鶏レバー、しじみ、アサリなどの貝類に多く含まれます。意識的にこれらの食材を取り入れることで貧血予防につながります。

貧血の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
貧血の種類は一種類ではなく原因別に分かれますが、一般的な貧血であれば鉄欠乏性貧血であり、鉄分の補給で回復するものです。貧血症状の原因は様々で、薬を用いるに当っては、原因を取り除いたり原因に働き掛けるものを選ぶ必要があります。貧血は、血液中の赤血球に何らかの異常があるわけで、単純なものなら出血による赤血球の不足が原因となるもので、この場合は、鉄分を含むサプリメントを摂取するだけで効果が現われます。これ以外の原因となると、医師による診断が必要で、原因に応じた薬が処方されます。注意を要する貧血の原因としては、造血細胞の減少や機能低下による血液造成不足、造血細胞の異常による異常赤血球の造成、毒素などによる溶血(赤血球破壊)、等々が考えられ、深刻な病状となっている場合もあります。貧血の自覚症状があり出血が原因と思われる場合、まずは鉄分補給のサプリメントを2ヶ月以上試してみることが簡単に対処できる方法となります。しかし、原因が深刻な場合、鉄分の補給だけで解決できるものではなく、医師の診断による本格的な治療に専念するものとなります。この場合、素人による判断は禁物で、安易に自分で薬の服用計画を立てられるものではありません。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

健康チェック

健康チェック画像

「貧血」チェック

その不調、もしかしたら貧血かも…!

血液は全身に酸素や栄養素を運ぶ大切な役割を果たしています。

そのため、貧血になると、組織が栄養不足になっていろいろな症状として現れ、体のあちこちに不調を感じることになります。

早く原因を知って症状を改善していくために、まずはチェック項目を確認してみましょう!

1 /10

朝食を抜くことが多い。

健康チェック画像

「貧血」チェック

その不調、もしかしたら貧血かも…!
健康チェックする