便秘

カテゴリ
腸の病気
様々な症状
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

便秘とは

便秘とは、排便回数や量が少ないなど、腸内に便がとどまることを指します。便秘は、不快感だけではなく、イライラや不眠、頭痛、肩こり、肌荒れなど別の症状を引き起こす原因にもなります。

便秘の症状

便秘の症状


排便習慣や便の性状は個人差が大きく、その時々の食事や睡眠、運動の状態を反映します。

そのため、どこからが便秘という明確な線引きはありません。一般的には以下の症状が便秘と呼ばれています。


・排便が週に3回未満
・4回に1回以上は、残便感や閉塞感がある
・4回に1回以上は、強くいきまないと出ない
・4回に1回以上は、硬い便が出る 
・排便の回数が減少
・排便が困難
・硬い便が出る
・毎日排便があっても残便感がある状態

便秘に伴うさまざまな症状


●腹痛
便秘だと必ず腹痛が起こるというわけではありません。しかし、けいれん性便秘や器質性便秘の場合は腹痛を伴うことがあります。

●おなかの張り
腸の中に便やガスが溜まり過ぎることで腸の圧が上がり、お腹の張りとして自覚します。

●口臭
長期間にわたって便が溜まってしまうと、腸の中で便が発酵し、腐敗することがあります。

溜まった便から発生した有害物質は、腸から血液中に溶け出し、息に交じることで口臭が現れます。

●食欲不振
お腹の張りや痛みなどで、食べる気が起こらなくなることがあります。

●吐き気
大腸の中に便が多く溜まると消化管の圧が上がり、吐き気が起こるのではないかと考えられています。

また、便を出そうとする自律神経(副交感神経)が働きすぎることで、吐き気を招く可能性もあります。

便秘の原因

機能性便秘


消化管の機能低下が原因で便秘になるものです。
結腸通過時間遅延型、結腸通過時間正常型、便排泄障害型の3つに分類されます。

●結腸通過時間遅延型便秘
運動不足、食物繊維不足、過度なダイエットなどが原因で、腸の動かしてくれる筋肉がゆるみ、ぜん動運動が弱くなります。長時間にわたって便が腸内に停滞するため、便は硬くなり、便秘を引き起こします。

●結腸通過時間正常型便秘
精神的ストレスや、過敏性腸症候群で、ぜん動運動が不安定になり、便をうまく運ぶことができなくなります。

コロコロとした便になることが特徴です。残便感があり、下痢や便秘を繰り返すこともあります。

●便排泄障害便秘
浣腸の使い過ぎなどで排便の反射がおこりにくくなり、排便しにくくなる病態です。

器質性便秘


腸に器質的な原因があることで、物理的に通過障害を起こしている状態です。

大腸がん、直腸がん、腸閉塞、子宮筋腫などの病気が挙げられます。

症候性便秘


糖尿病やパーキンソン病、膠原病など、神経の動きが低下する病気は、腸の動きが正常ではなくなり、便秘を引き起こします。

医原性便秘


「医原性」とは、「医療行為が原因となって起こる」という意味です。

原因となる医療行為には、消化器・泌尿器・婦人科系の手術などが挙げられます。術後、腸が一時的に麻痺したようになり、ガスや便が出にくくなることがあります。

●薬剤性便秘
抗うつ剤や医療用麻薬など、薬の副作用で便秘が起こることがあります。

便秘の対処法

運動


体を動かすことによって、腸のぜん動運動を促すことができます。運動不足の人は、ストレッチやウォーキングなどから始めてみましょう。

水分補給


水分をしっかり補給して、便を軟らかくします。

食物繊維の摂取


食物繊維で便を軟化、膨化させることで排便が起こりやすくなります。ゴボウやきのこ類、セロリ、こんにゃくなど、食物繊維の多い食材をしっかり食べましょう。

ただし、機能性便秘の結腸通過時間遅延型では、食物繊維の摂取により停滞している便の容積が増大し、症状が悪化する可能性があるため、注意が必要です。

善玉菌を増やす


ヨーグルトやオリゴ糖、味噌など、腸内の善玉菌を増やす役割のある食品を取り入れてみましょう。

ストレスの解消


精神的に強いストレスがかかると、自律神経が乱れ便秘になるとともに、吐き気が現れることもあります。

まず自分にとって何がストレスになっているかを分析し、対策をすることが大切です。 可能であれば、自分なりに環境調整をしてみてください。

市販の便秘薬を使う


市販の便秘薬を選ぶ際は、まず薬剤師に相談しましょう。便秘の原因や、慢性か急性かなどによって、使う薬は異なります。

受診する


大腸がんなどによる器質性便秘の場合があります。腹痛、便が細い、排便時に下血を伴うなどの便秘がなかなか改善しない場合は、内科や消化器内科などを受診しましょう。便秘を専門的に診る便秘外来がある病院もあります。

便秘には、病気が隠れていることもあります。自己診断に頼らず、専門的な診察を受けることをおすすめします。

便秘の予防

水分補給


水分が摂れていると、食物繊維が水分を吸収して便のカサが増えます。腸のぜん動運動も活発になるため、排便しやすくなります。こまめに水分補給をして、便秘を予防しましょう。

特に、朝の水分補給が大切です。朝に水や白湯を飲むと、消化器官が一気に活動し始め、排便を促します。

ストレスの解消


自律神経のバランスを整えることで、腸の動きはスムーズになります。

運動や音楽鑑賞、お風呂など、自分が癒やされるものでストレスを解消しましょう。

しっかりと睡眠をとる


睡眠は副交感神経を活発にし、排便のための腸の動きを助けます。自律神経と腸は切ってもきれない関係のため、睡眠は十分にとりましょう。

便秘/便秘症の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
便秘症の薬には大きく分けて二つあります。一つは、便を軟らかくしたり、便のかさを増やす「機械性下剤」と呼ばれる物です。このタイプの薬は、成分として酸化マグネシウムなどの「塩化金属」と呼ばれる金属の化合物や、植物性の食物繊維が使われています。これらの成分は、便に水分を集めて柔らかくしたり、あるいは便のかさを増して腸に刺激を与え、お通じを促します。

もう一つは、腸を直接刺激して運動させ、お通じを促す「刺激性下剤」とよばれるものです。このタイプは、センナという植物を乾燥させた生薬や、あるいはその有効成分であるセンノシドが配合され、有効成分が直接腸を刺激することによってお通じを促すという仕組みになっています。いわゆる浣腸も、この刺激性下剤に区分されます。

二つを比較すると、機械性下剤はどちらかというと自然に近いお通じが得られ、刺激性下剤は機械性下剤よりも強く効く傾向があります。そのため、日常のお通じを良くしたいという場合には機械性下剤が、より頑固な便秘には刺激性下剤が向いていると言え、その中でも浣腸は即効性があります。

実際に店頭に売られている薬では、機械性下剤と刺激性下剤どちらかに特化した物以外にも、二つの系統の成分を配合することにより、相乗効果を得たり、効き目を調節していたりする物もあります。自然に近い物か、より強い物が必要か、店員さんや薬剤師さんとも相談の上選ぶと良いでしょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください