便秘

カテゴリ
腸の病気
様々な症状
子どもの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

便秘とは

排便が困難であったり、排便回数が少ないなど、腸内に便がとどまることで不快感が生じる状態が便秘です。そのため2・3日に1回しか排便がなくても苦痛がなくすっきりした爽快感がある場合は便秘とは言いません。便秘である場合、慢性的に排便の回数が少ないことによって、他の症状も伴います。たとえば、便秘の不快感によるイライラ感や不眠を始め、頭痛や肩こり、肌荒れなどを起こす原因ともなります。

便秘の症状

どこから便秘と呼ぶの?


どのような状態になった時点で便秘であると言えるのでしょうか?
排便習慣や便の性状は個人差が大きく、また食事や睡眠・運動の状態を反映して変化しやすいので、どこからが便秘という明確な線引きはありませんが、一般的には

・3日以上排便がない

・毎日排便があっても残便感、閉塞感、排便困難(強くいきまないと出ない状態)、腹部の張りがある場合

・排便間隔が規則的でない場合

・4回に1回以上が硬い便である場合 


など、こういった症状や状態にあると便秘と言われます。

お腹を押さえる女性

便秘の時、腸内はどうなっているの?


では便秘になってしまった時、腸内はどんな状態になっているのでしょうか?
それを理解するには、食べ物がどうやって消化されるかを理解することが重要です。
食べ物は、口から食道、胃、小腸、大腸を通って栄養分を体に吸収し、最後に食物の残りかすが排出されます。大腸では、主にドロドロの食物の水分を吸収して便を作る働きをします。「ぜん動運動」といってギュッと強く縮んだり、緩んだりして動く運動を繰り返し食物をスムーズに送り出していきます。これら一連の流れが上手く機能しなくなると、便秘ということになります。

便秘の原因

次に便秘になってしまう原因です。
便秘には様々な原因があり、それらを分類すると機能性便秘3種類と器質性便秘の計4種類に分けられます。

1,機能性便秘


ストレスを抱える女性
①弛緩性便秘
運動不足や、食物繊維不足、水分不足、過度なダイエットなどが原因で起こります。腸の緊張がゆるみ、腸のぜん動運動が不足するために、長時間にわたり便が腸内に停滞し、硬くなるという仕組みです。
特徴としては女性や高齢者に多いことが挙げられます。

②けいれん性便秘
精神的ストレスや、過敏性腸症候群などが原因で腸管が緊張し、ぜん動運動が強くなりすぎて、便がうまく運ばれずコロコロとした便になります。
残便感や、下痢と便秘を繰り返すこともあります。

③直腸性便秘
直腸に便が停滞している状態が該当し、直腸に便があっても排便の反射が起こらない事が原因で便秘になってしまう状態のことです。特徴としては高齢者や寝たきりの方に多いことが挙げられます。また、排便を我慢してしまう人にも多く発症します。


2.器質性便秘


大腸がんなど、腸に器質的な原因があることによって、腸が通過障害を起こしている状態で発症する便秘ことです。
嘔吐や激しい腹痛、血便などがあれば、すぐに受診してください。下剤を使用すると、腸が損傷する(孔があく可能性がある)可能性があるので使用しないでください。


3.医原性便秘


医者
「医原性」とは、「医療行為が原因となって起こる」という意味です。
便秘の原因として、消化器・泌尿器・婦人科系の手術の後、腸が一時的に麻痺したようになり、ガスや便が出にくくなることがあります。
これは医原性便秘の一つと言えます。盲腸(虫垂炎)の術後に「おならが出たら食事を摂っていい」という場面をテレビや小説で見たことがある方もおられるかもしれませんが、これは手術の後に、胃腸の動きが落ちることがあるため、ガスが出て腸が動いていることを確認するために行われている習慣です(現在は必ずしも排ガスを確認してから食事摂取を開始するわけではありません)。

また、痔や外陰部の手術後に、排便しようとすると強い痛みがあるため、いきむことができなかったり、無意識に排便をこらえようとして、便秘になってしまう場合もあります。また、医原性便秘には、他に薬によるものがあり、薬剤性便秘と呼ばれます。薬の中には腸の動きを麻痺させる副作用のあるものがあります。
・交感神経の働きを強め、副交感神経の働きを弱めるような作用のある、咳止めや抗コリン薬と呼ばれる薬
・精神科の薬(抗鬱剤、向精神薬)
・抗がん剤
・血圧降下剤、特にカルシウム拮抗薬と呼ばれる種類
・抗てんかん剤
・麻薬

などが代表的です。


便秘の解消法・予防法


一週間の便秘を座薬でなんとか解消した


子供の頃に座薬を入れて高熱を下げたという経験は何度かありましたが、大人になって入れる羽目になるとは思いませんでした。しかも便秘を治すために浣腸することになるのも想像をしたことすらありませんでした。しかしそれは先日現実になりました。
便秘もひどくなると深刻で、さすがに一週間になると強制的に排出した方がいいという判断に傾くのが普通でしょう。それまで、様々な市販薬等を飲んでいましたし、水も大量に摂取したり努力を重ねてきましたが、ついに一週間経ってしまったのです。
そのため、意を決して座薬を入れることにしました。要するに浣腸です。浣腸の効果は絶大で、あっというまに便意を催し排出することができました。はやり直接腸にアプローチする刺激は相当なものなんだと感じました。座薬の力まで借りてようやく便秘を解消することはできましたが、こんなことが再度起こらないようになぜこうなったのかの原因分析をしっかりやっておきたいと思います。


出典:DoctorsMe体験談





便秘解消に役立つ水分の取り方


便秘の原因として水分不足が挙げられますが、人間の体は水分が摂れていると食物繊維が水分を吸収して大きくふくれ、便のカサが大きくなり、腸のぜん動運動が活発になり、排便がしやすくなります。1日の理想の水分の摂取量は、1.5~2リットルです。一気に飲むのではなく、一日かけて飲むのが良く、食事に汁物を添えるのも水分補給になります。また、朝水を飲むと消化器官が一気に活動をし始めて腸のぜん動運動を促すので、特に朝の水分補給は大切です。その際、冷たい水ではなくコップ1杯くらいの白湯を飲むと、体の内側から温まり消化器官がさらに活発に動きます。喉が渇いていなくてもこまめに水分補給をすることが便秘の解消につながります。しかし、冷たい飲み物は内臓を冷やし、腸の働きが低下します。緑茶やコーヒーなども利尿作用によって水分補給にはならないので、注意が必要です。
水を飲む女性


便秘解消に効果的な体操



今回紹介する体操は、寝る前の5分程度、便意が無くても出来るだけ毎日続ける事が大切です。
1.まず両膝を立てて寝ます。
2.お腹に両手をあて、そのままお臍を見る様に肩を上げ腹筋が緊張しているのを感じたらその姿勢を10秒程度保ちます。呼吸は出来るだけ自然なままです。
3.これを7~10回行います。
4.次に膝を立てて寝たまま両手を広げて着き、息を吐きながら腰を上げ、そのままの姿勢を15秒程度保ちます。呼吸は自然なままです。
5.腰を下ろし、立てた両膝を真横に倒しその姿勢を15秒程度保ちます。
6.自然な呼吸で交互に7~10回行います。

ストレッチの仕方イラスト

これらの体操は腰を痛めにくく、簡単に出来ます。負荷や回数を調節しながら毎日続ける事が大切です。



生活習慣見直しによる便秘解消法


生活習慣の簡単な見直しで、毎日の調子が良くなる期待もあります。

1.早起きをしてゆっくり朝食を摂ること。胃から大腸に刺激が伝わり排便へ導いてくれます。
2.乳製品・発酵食品・オリーブオイル等は腸の調子を整えてくれるので、起床後に積極的に摂取することをお勧めします。
3.食物繊維をきちんと摂ります。繊維質は水分を含むことで便を膨らませスムースな排便につながります。
4.水分を摂ること。ダイエットと言って飲み物を全く摂取したがらない方もいますが、水を飲んだほうが汗として排出されたり、腸の動きに刺激を与えてくれるのです。
5.姿勢を見直してみること。背筋が曲がっていませんか?猫背は、腸の動きを閉じ込めてしまうので、背筋を伸ばして腸を広げるように心がけましょう。
6.腸の長い日本人には和式便器が望ましいのです。最近はほとんど見かけなくなってしまったので、そんなときは洋式便器で足を置く場所に雑誌や踏み台を置いてみましょう。膝が持ち上がるくらいの高さになるのがベストです。
7.適度な運動をしましょう。運動は腸の運動も活発にするので有効です。便意を催したら我慢せずに排便をしないと、知覚神経を衰えさせてしまいます。
8.ストレスを溜め込まないことも大事です。

このように日常生活の心がけ次第で便秘を回避できる可能性が高まります。


水溶性植物繊維の食べ物を摂取する


わかめ
便秘を解消する方法のひとつとして、食物繊維が豊富にふくまれた食べ物を積極的に摂取する方法もあげられます。
まず食物繊維は「水溶性」と「不溶性」の2種類があり、これらは摂取したあとの体内での役割が異なります。このうち便秘解消が期待できるのが水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維は、大腸で分解されて発酵されると善玉菌を増やす効果があることで有名です。この効果により腸内環境が改善され、便秘解消が期待されます。善玉菌を増やす効果は不溶性食物繊維にもありますが、水溶性食物繊維のほうが効果が高い傾向があります。水溶性食物繊維を含む食べ物として、ワカメや昆布などの海藻類がおすすめです。また、ミカンやリンゴなどの果物、サツマイモや里芋などのいも類にも多くふくまれています。海藻類やいも類は、火を通したり干したりしても問題ありません。



便秘解消に取り組んで半年!気になる結果は?


便秘を解消するために半年の時間が掛かってしまいましたが、半年を迎えたときには以前のようにお通じが良くなりました。便秘が発生した時のイライラが無くなり、暴飲暴食、特に過食の方も無くなり体重も3kgですがダイエットにも成功しています。
便秘を解消する手段は「便秘薬」も役立ちますが、やはり「食事」「運動」を中心に取り組んだ方が良いと感じます。確かに便秘薬を使用すれば一時的ですが便秘を解消することができ、あたかも「これさえあれば便秘なんて怖くない!」と言う錯覚に陥ります。しかし使いすぎると、便秘薬なしではお通じが良くならなくなり結果として本当の便秘解消とはいきません。
もし「便秘でここ最近お通じがよくない…」と感じましたら薬に頼る前に日々の生活を見直すようにしましょう。特に食事・運動は必須です。「バランスの取れた食事をしているか?」「1週間の運動量はどのぐらいか?」等を考え便秘対策を考えるようにしましょう。


出典:DoctorsMe体験談





便秘の時、何科の病院へ行く?


医師
便秘で病院に行く際は、初診であれば、まずは内科系列の診療科に行くといいでしょう。便秘は、外傷によってもたらされるものとは考えにくいので、内科系で大丈夫です。かかりつけの内科医がある方であれば、今までの自分の病歴等を知っているかかりつけ医が、おすすめです。その次に便秘の専門的な科としては、大腸肛門科や、便秘外来などがあります。大腸肛門科では、便秘には大きく分けて結腸型の便秘と直腸型の便秘があるので、そのどちらが原因となっているかを診察して検査、治療が受けられます。便秘には大きな病気も隠れていることもありますので、自己診断に頼らず、専門的な診察を受けることをおすすめします。

・治療法のひとつ、摘便について
便秘に対して行われる処置の一つに摘便(てきべん)があります。肛門に直接指を入れて、直腸にある便を取り出す手段で、直腸まで便が下りてきている場合は即効性があり大変有効ですが、処置が恥ずかしいと思われる方もおられるでしょう。
しかし特にお年寄りや子供の場合、摘便をしないとどうしても出ないという方もおられます。少しでも恥ずかしさやためらいを少なくするために、摘便の実際の手順を詳しくご説明します。

1.医師から摘便が必要であると説明を受けます。
2.処置室で服と下着をずらし、ベッドに横になります。
 このとき、不意に人が入って来ないように、ドアやカーテンをしっかり閉めるよう、
 医療スタッフは注意しています。
3.右または左を下にして、横向きに寝て、
 お尻を突き出すように背中を丸め、膝を曲げます。
 便が服を汚さないよう、タオルやシートで服を保護することもあります。
4.医療スタッフは、使い捨ての手袋を装着し、
 指先に麻酔作用のある潤滑ゼリーをつけます。
5.ゼリーのついた指を肛門に入れ、届く範囲にある便を掻き出します。
 力を入れてしまうと肛門が閉じ、痛みが出ますので、口でハーッと深呼吸をします。
6.指の届く範囲の便が取りきれたら終了です。指による刺激で腸が刺激され、
 直腸より奥にあった便が押し出されてくることもあります。



病院で便秘を手作業で解消してもらった


朝起きると、お腹がすごく痛いんです。何か思い当たる理由はあると親に聞かれて、わからないと私が言うとそれなら病院へいきましょうとなりました。
母の車で病院へ行きました。医者に診てもらうと、医者にも原因がよくわからないようでした。レントゲンも撮ってもらうと、お腹の中に便がたまっています。これは便秘だなと医者が言うと、母は笑いだしました。理由が簡単で緊張の糸がほぐれたのでしょう。
医者から下剤ほど強くない便秘に効果のある薬をもらい家に帰りました。
薬は食後30分以内に飲みましょうと書いてあります。その通りに飲み様子を見ましたが便が出る気配はありません。次の日にも飲みましたが便は中々出ませんでした。お腹の痛みは変わらないままです。
3日目も薬を飲んでも出ないため、母に病院へ連れて行ってもらいました。医者が診ると、これはかきだしましょう。手袋をはめて、私のお尻をほじくり始めました。かなり痛くて私は悲鳴を出して泣き叫びました。20分ほどするとお腹の張りが強くなりおまるに大量に出始めました。恥ずかしい思い出です。


出典:DoctorsMe体験談



便秘によって痛みを伴う場合

便秘による腹痛の場所はどのあたり?


便秘をきっかけに腹痛が起ることがあります。その要因としては大腸での通過がうまくいっていないことが挙げられます。

大腸のどこの部分が一番詰まりやすいかというと、お腹の左側が多いと言われています。おへそに右手の中指の付け根を時計の「3時」の方向に当てた時の指先の位置から「4時~5時」のラインに下がっていくルートに便が詰まることで腹痛が起きやすくなります。その場所は、大腸から直腸へと移行する際の「S状結腸」といって、腸がS字型にカーブしているので便が通過しにくく、痛みを感じやすい所となっています。下痢が始まった時、便が出る直前に痛みを伴いやすい場所もこの部分です。

次に痛みを感じやすいのは、おへそから向かって「2時」と「10時」の方向です。大腸はおへそを囲うようにして「コ」の字方に位置しており、右のおへそ下からこの「10時」と「2時」の場所を曲がり角にして直腸へと繋がっているため、蠕動運動がスムーズに進んでいないと、この曲がり角の部分に便が詰まり、痛みの原因となることがあります。

便秘が起きている場所

下腹部に痛みがある場合は便秘が原因かも



一般的に男性よりも女性に多く報告される症状として、便秘が原因で下腹部が痛くなるというものがあります。

これは左下腹部に直腸と大腸がつながる連結部分があり、そこにガスや便がひっかかり溜まってしまうという構造です。
腸の構造上、右側の下腹部もまた左側下腹部に次いで痛くなりやすい部分だと言えます。慢性的な便秘の場合、急に走ったり激しい運動をすると腸が圧迫されて下腹部が押しつけられるように痛くなることもあります。
左側下腹部が痛む場合に盲腸や尿管結石、子宮内膜症などの女性特有の病気そして大腸がんの可能性も考えてしまうこともありますが、まずは便秘を疑ってみることです。慢性的な便秘でなくても、3日以上排便がない場合には下腹部痛が起こることがあります。
左下腹部の痛み原因イラスト

便秘と下痢を繰り返すのは病気のサインかも?



毎日行くトイレで排便するとき、便秘気味であったり、下痢が続いていたりなど不調が続くと、自然と気になるものです。便の不調が続いている場合、病気を患っている可能性があります。一時的に排便を我慢し便秘になってしまったり、抗生物質を飲んだことによる一過性のものは問題ありませんが、急に今までと違った排便状態になった場合には、特に注意が必要です。さらに、繰り返し起こってしまっている方は、病気が進行している可能性があります。放っておくと取り返しのつかない、大腸がんや腸閉塞、悪性リンパ腫などを患ってしまう場合があります。大事に至らないようにするためには、気になる症状があればすぐにでも病院で検査を受けることが重要です。

原因イラスト

番外編:便の種類で体調をチェック

便の色や性状は、自分の腸の健康状態を知る一つのパラメータとなります。
色調の変化によって以下の状況が考えられます。

・便が白い
皮膚や目が黄色の場合には、胆汁が腸内に分泌されていない可能性あり → 肝臓・胆嚢・膵臓などの疾患
白色の下痢便の場合、とくの5歳未満ではロタウイルス感染が考えられます。

・便が黒い
肛門より遠い腸管からの出血の可能性 → 胃・食道・十二指腸からの出血
可能性のある病気としては、胃・十二指腸潰瘍、胃ポリープ、胃がん・十二指腸がん

・便が緑色
胆汁が腸管で酸化して緑色に変化する→ 大腸・小腸の感染症など
緑色の水下痢 → 暴飲暴食などによる小腸・大腸の炎症、サルモネラ菌の食中毒
緑色の泥状便 → 皮膚や眼球結膜での黄疸

・便が赤色
肛門に近い消化管での出血の可能性があり → 大腸・肛門
ウンチそのものが赤色 → 大腸炎・大腸ポリープ・大腸がん
ウンチに血が付着している → 痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)

・便が茶色
とくには問題はないことが多いです。

《可能性のある病気》
過敏性腸症候群・慢性便秘という自律神経失調
便の色が黒色・白色・赤色であれば、早めに医師の診察を受けることをおすすめします。下痢や他の症状がみられる場合にも、受診が必要であります。

便秘/便秘症の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
便秘症の薬には大きく分けて二つあります。一つは、便を軟らかくしたり、便のかさを増やす「機械性下剤」と呼ばれる物です。このタイプの薬は、成分として酸化マグネシウムなどの「塩化金属」と呼ばれる金属の化合物や、植物性の食物繊維が使われています。これらの成分は、便に水分を集めて柔らかくしたり、あるいは便のかさを増して腸に刺激を与え、お通じを促します。

もう一つは、腸を直接刺激して運動させ、お通じを促す「刺激性下剤」とよばれるものです。このタイプは、センナという植物を乾燥させた生薬や、あるいはその有効成分であるセンノシドが配合され、有効成分が直接腸を刺激することによってお通じを促すという仕組みになっています。いわゆる浣腸も、この刺激性下剤に区分されます。

二つを比較すると、機械性下剤はどちらかというと自然に近いお通じが得られ、刺激性下剤は機械性下剤よりも強く効く傾向があります。そのため、日常のお通じを良くしたいという場合には機械性下剤が、より頑固な便秘には刺激性下剤が向いていると言え、その中でも浣腸は即効性があります。

実際に店頭に売られている薬では、機械性下剤と刺激性下剤どちらかに特化した物以外にも、二つの系統の成分を配合することにより、相乗効果を得たり、効き目を調節していたりする物もあります。自然に近い物か、より強い物が必要か、店員さんや薬剤師さんとも相談の上選ぶと良いでしょう。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

便秘の相談

便秘の体験談

  • 胃痛と便秘に悩まされる 〜医師が解説〜

    胃痛・便秘

    便が出にくくなるとお腹が痛くなることがありますが、数日の便秘は腸のみならず胃痛を引き起こすことがありました。 毎日きちんと排便されていれば日常生活は普通に送れますが、便が正常に出なくなったり固い状態になってくると頭痛になったり、倦怠感が生じるようになってきたことがあります。毎日規則正しく排便するには、繊維質の物を多く取ったり、水を多めに飲むことで便が出やすくなります。 薬を飲む場合は腹痛を起…続きをみる
  • 便秘による吐き気【医師解説】

    便秘・吐き気

    私は、元々慢性的な便秘症で3日や4日は便が出ないことが当たり前で、1週間便が出ないと便秘薬を服用し無理にでも便を出すことがここ10年以上続いています。便が出ないと腹部が張ってきて食欲も出ません。 ある日、夕食の後にビールを飲んでいると、急に気持ち悪くなり、吐き気がしてきて、次第に腹痛に変わってきました。腹の痛みは時間の経過と共に酷くなり、同時に吐き気も酷くなり、我慢できないくらいにまで痛みが増…続きをみる
  • 便秘になったら看護計画をしっかりたてる

    便秘・看護計画

    高齢者の父親がこのところ病気がちになり、入院を繰り返していたのですが、運動不足と栄養不足からか、便秘になることが多くなりました。 高齢者はただでさえ便通が悪いことで知られているのに、このままの状態にしてしまうと、体調を悪化させてしまうのではないかと不安でした。 しかし看護師に便通が悪いことを伝えると、治療の中に下剤と整腸剤の投与を盛り込む看護計画をたててくれることとなり、その日から毎日便秘に対す…続きをみる
  • 便秘がひどいので病院でお尻に指を入れて便を取ってもらった

    便秘 病院

    私が子供の頃、親に連れられて病院へ行ったことがあります。一週間くらい便が出なかったんです。おならは出ていたらしいのですが、便秘にしてはひどいので、不安になったのも今ではわかる気がします。 病院の小児科で便秘治療に何をしたかというと、医療用の手袋を着けた看護婦さんが私のお尻に指をつっこんで、お尻から直接便をかき出したと聞きました。一度ではあまり出なかったため何度も行ったようです。医者のほうもこれほ…続きをみる
  • 便秘でイライラが止まらない!私が便秘を解消した方法

    男性 27歳/便秘・イライラ

    社会人として働き始め、1年目は覚える事がたくさんあり毎日が目まぐるしい日々でした。激動の1年目を終えて2年目を迎えたある日。私の体に異常が発生しました。それは「便秘」です。その異変に気づいたのは24歳になって数日経ったある日でした。トイレに入りいつものように大きい方を出していた時「あれ?」と感じました。いつもであればすっきりするほどお通じが良いはずが、急に量も少なくなり、尚且つ出し終わった後なの…続きをみる
  • 一週間の便秘を座薬でなんとか解消した

    便秘・座薬

    子供の頃に座薬を入れて高熱を下げたという経験は何度かありましたが、大人になって入れる羽目になるとは思いませんでした。しかも便秘を治すために浣腸することになるのも想像をしたことすらありませんでした。しかしそれは先日現実になりました。 便秘もひどくなると深刻で、さすがに一週間になると強制的に排出した方がいいという判断に傾くのが普通でしょう。それまで、様々な市販薬等を飲んでいましたし、水も大量に摂取し…続きをみる
  • 便秘でお尻がかゆくなる!?

    便秘・かゆい

    ずっと快便だったのに、つい先月頃から便秘になりました。今まで便秘とは無縁で、CMで流れる便秘改善薬も、他人事で気にも留めていなかったので驚きました。きっかけはおそらく、生活リズムが変わったことだと思います。 それまで私は、仕事では営業職をしており、仕事柄足を使って移動したり動いている時間のほうが多かったように感じます。しかし、去年の暮れに結婚をすることになり、仕事と家事の両立が厳しく寿退職するこ…続きをみる
  • ツボを押して便秘解消

    便秘・ツボ

    便秘になると体調にも影響があります。出来るならば、便秘薬に頼らないで排便を促したいと思いますが、その一つとしてツボを刺激する方法があります。 便秘に効くツボは、手、足、おなかなどにありますが、まず手のツボは合谷と呼ばれる親指と人差し指の付け根の骨が交わる部分にあります。そこを反対側の親指でもむようにして押さえます。もう一カ所は手首の関節部分の小指の方のくぼんだ部分で、そこを親指で力を入れて押し…続きをみる
  • 便秘は何科を受診すれば良いのか

    便秘・何科

    毎日決まって排便できれば心身ともに健康でいられるものです。ところが、なかなかこのように健康な方っていないですよね。誰もが産まれてから一度は便秘を経験しているのではないでしょうか。 便秘と言っても程度は人それぞれですが、酷い人になると1週間は出なくて当たり前、さらに酷い人は通常では考えにくいですが、1カ月近くまともに排便がないって話も聞いたことがあります。いったい便はどこに行ってしまったのかと不思…続きをみる
  • 便秘の簡単な検査方法

    便秘・検査

    まだ私が中学生の頃の話ですが、ほんの微熱程度が下がらない時がありました。 はじめは軽い風邪だと思い家で休んでいたのですが、熱は上がらないまでもなかなか下がりません。 心配した母親に連れられて病院で見てもらうことになりました。とりあえず検査をしてみましょうと言われ血液検査や尿検査をしてみたけれど特に炎症を起こしているわけでもなく、お医者さんも首をかしげるばかり。 試しにお腹を触診してもらうと急に先…続きをみる

便秘に関するコラム