医師監修

胃もたれとは

胃もたれとは、胃の中に食べ物が長時間残っているように感じる症状のことです。
消化の悪い物を食べたり、胃の働きが低下したり、胃の運動をコントロールしている自律神経のバランスが乱れる事で、胃もたれを起こします。
以前は、神経性胃炎や慢性胃炎と言われていたもので、原因がよく分からないものと診断されていました。

胃もたれが起こることで、吐き気を催したり、胃が気持ち悪いと感じたりします。
お酒の飲みすぎや甘いものの食べ過ぎ、ストレスなどによっても起こります。ゲップがたくさんおこることもあります。

胃もたれの症状

胃の働きや運動機能の低下と、食べ物が消化できず胃の中で残ってしまうことで起きます。胃の不快な症状、胃が重く感じたりむかついたり鈍痛がしたりと不快感が続きます。朝、起きた直後や食事後、食後3時間位など、胃が重くなる症状が出てしまったら、胃もたれを起こしていると考えられます。

これは、食べた物が、十二指腸へなかなか排出されず、胃の中に留まっている事が原因と考えられています。胃がむかつくなどの不快感があり、しばらくすると食べ物の消化が始まり、落ち着く人もいますが、慢性的に胃もたれを起こしている方は、ゲップを伴います。胃が飽満状態になり、胃の中の食べ物で胃に負担が掛かっているからです。

健康な胃の場合は、食後2,3時間で食べ物が消化されますが、加齢や年齢と共に、胃も弱くなっていきます。胃の働きが低下する事で、消化が追い付かず症状が出ると考えられています。


<<胃もたれと共に起こる吐き気・下痢>>

吐き気や嘔吐、下痢が同時に発生する場合には、ノロウイルスやアデノウイルスなど様々なウイルスや、大腸菌など細菌などに感染しまったことによる胃腸炎を起こしている可能性があります。
これらのウイルス、細菌や毒素を排出するために、体は嘔吐や下痢によって対抗しているための症状ともいえます。
また、感染でなくても、飲みすぎや食べ過ぎなどで、胃もたれと同時に吐き気や下痢が起こることもあります。この場合は、症状はすぐおさまるのが特徴で、暴飲暴食をしないようにすることで改善していきます。
胃もたれと同時に吐き気や下痢が起こった場合は、まずは無理をして食べたりしないようにすることが大切です。脱水を防ぐため、水分はしっかりとる必要があります。一気に飲むと、嘔吐や下痢が誘発されてしまうこともありますので、5分おきなど、こまめに少しずつ水分をとるようにしましょう。嘔吐や下痢が激しい時は、塩分を含む経口補水液や、スポーツドリンク、お茶などに塩分を少し加えたものなどをとるようにしましょう。症状が落ち着いてくれば、消化によいものを少しずつ食べるようにするといいですね。
嘔吐がとまらなかったり、症状が強い時には、受診するようにしましょう。


<<胃もたれと共に起こる頭痛・腹痛>>

・頭痛、腹痛が同時に発生する原因や考えうる病気
様々な病気が原因で頭痛と腹痛が起こることがありますが、頻度が最も多いのは、ウイルスなどの感染によるものです。インフルエンザウイルスに感染すると、頭痛、悪寒、発熱、関節痛とともに、腹痛や下痢、嘔気や嘔吐が起こることもあります。
また、ノロウイルスやアデノウイルスなどのウイルスや、細菌の感染による胃腸炎でも、腹痛や下痢は起こりますが、感染による頭痛が起こったり、下痢などによって脱水に陥ると、それが原因となって頭痛を感じることもあります。
心理的なストレスや、過敏性腸症で頭痛、腹痛が起こることもあります。

・胃もたれと同時に頭痛や腹痛が発生した際の対処法
胃もたれと同時に頭痛や腹痛が発生した場合、感染の可能性もあるため、しっかりと水分をとることが大切です。無理をして食べたりすると、それが刺激となって症状が悪化することもあるため、辛い時は食事を控え、少しずつこまめに水分をとることが大切です。塩分が含まれた、経口補水液や、スポーツドリンク、お茶などに塩分を足したものが望ましいです。
症状が落ち着いてきたら、消化のいいものを少しずつ食べるようにしましょう。


<<ゲップの悩み>>

ゲップとは口から空気を吸い込んでしまったり、胃腸にガスが溜まりそれを吐き出す際に起こる自然現象です。ゲップが出にくくてつらい状態になる原因はさまざまですが、中でも1番多い原因は胃もたれだといわれています。胃もたれの場合、胃薬を飲むことで改善が期待できますが、慢性的に起こる場合は、アルコールを摂取量を減らす、積極的に野菜を食べることなどで改善が期待できます。ただし野菜は食べ過ぎると、食物繊維でガスが溜まりゲップ過多にまるので気をつけましょう。
また、食べ過ぎが原因で消化機能が低下していると、ゲップやおならも出やすくなってしまいます。対処法は、まず低下した消化機能を元に戻すため、食事量を減らして胃を休めたり、消化の良い食べ物を中心に食べることが必要です。

胃もたれの原因

胃もたれの主な原因は食べ過ぎ・飲みすぎなどの食生活、運動不足や加齢、ストレスなどにあります。食べ物は口から摂取すると食道を通って胃に送り込まれます。胃と十二指腸の間には弁がついていて消化できていない食べ物が十二指腸に流れることを防いでいます。そのため、胃での消化時間が長くなると胃に負担がかかり、胃もたれが起きるのです。
運動不足や加齢は食べ物を胃から十二指腸へ排出する機能が弱まる原因となります。ストレスは胃や十二指腸の動きをコントロールする自律神経の動きを乱します。胃に負担をかけないためにはまず暴飲暴食をしないこと、しっかりと噛んで食べること、消化に時間がかかる脂っこいものを取りすぎないことなどが重要です。寝ている間は消化器官の働きが弱くなるので就寝前に食べ過ぎないでください。適度に運動をして疲れやストレスを溜めないように心がけましょう。


1)食生活
脂っこい食べ物だったり、刺激の強い食べ物、早食いや暴飲暴食、バターやマーガリンが多く使われているケーキやクッキーにも注意が必要です。消化に時間がかかり、胃に負担をかけることで胃もたれを引き起こします。また、香辛料などの刺激物も取りすぎると不快感を感じやすくなりますので気を付けましょう。食事の改善方法として消化の良いものや食物繊維の豊富な野菜など体と相談しながら食事をとる、腹八分目の量をお薦めします。

2)胃の働きの低下
胃は食べた物をぜん動運動で動かして、十二指腸に送り出します。体質的にぜん動運動の弱い方や、加齢による胃の機能の低下で胃もたれを起こします。適度な運動は胃の働きを促進します。生活の中にひと工夫した運動を取り入れてみましょう。
冷え性の方は血行が悪いので、胃腸などの内蔵にも支障をきたすことがしばしばあります。胃腸が冷えてエネルギーがないため、便秘や下痢、胃もたれ、胃痛などに悩まされている方も多く、悪くすると潰瘍性大腸炎や胃がんにまで高じることがあります。冷え性で胃腸が弱い方は、暖かい季節になるとむしろ調子が悪くなることがあるでしょう。これは消化吸収力が停滞しているにもかかわらず、冷たい食べ物を摂取する機会が増えたり、食べ過ぎたりすることが原因と考えられます。
西洋医学では冷え性は病気と見なされず、病院へ行ってもビタミン剤を処方されるだけでしょう。一方、東洋医学では冷え性も病気のひとつと捉えているため、漢方薬が処方されます。代表的な漢方薬は当帰四逆加呉茱萸生姜湯で、血行を良くし体を温め、加えて水分の循環を良くするなどの効果がある生薬が配合されています。


3)ストレス
胃は交感神経と副交感神経がバランスよく働くことによって正常な運動をし食べ物を消化します。ストレスがかかるとこのバランスが崩れ、胃の細い血管が傷ついたり、胃潰瘍ができやすくなったりします。また、機能が低下し粘膜を守る粘液の分泌が少なくなり、ぜん動運動が弱くなって胃もたれを引き起こします。さらに食べ物を消化したり、次の器官である十二指腸に送り出す働き(ぜんどう運動)も弱まります。ですから、ストレスの原因を取り除ける解決方法を見つけることが大切です。心の負担を軽くする為にも休日に散歩したり、趣味に没頭してみたりして、学校や仕事のことを考えず楽しく過ごす工夫を見つけましょう。但し、「ストレス解消」のために暴飲暴食を行ったり、煙草を吸うことは注意が必要です。こういった行動はさらに胃に負担をかけ、ますます機能低下を引き起こす「悪循環の原因」となります。

4)アルコール
アルコールは、胃の働きに影響を与えます。食前に少量飲むお酒は胃酸の分泌を促します。しかし、大量のお酒を飲むと胃が刺激されてしまい、胃粘膜が荒れて胃の運動機能が損なわれます。特に胃が空っぽの状態で大量のお酒を飲むと、胃粘膜のダメージが大きいので控えたほうが良いでしょう。

5)煙草
・成分による血流の悪化
一般的なタバコの成分には、血液の流れを悪くさせる成分が含まれているため、喫煙後の体内では胃の粘膜にはりめぐらされている毛細血管に流れる血液量が減り、酸素欠乏症になります。その結果、胃の機能が低下するとともに、胃粘膜の抵抗力が下がり、食べ物の消化がスムーズに行われなくなってしまいます。
・胃粘膜内のプロスタグランジンの減少
喫煙によって減少するプロスタグランジンは、胃の防御因子の働きをしており、これが減少することで攻撃因子と防御因子のバランスが崩れてしまいます。その結果、攻撃因子である胃酸の過剰な働きで粘膜の損傷が起こるなど、さらなる機能低下につながります。
・自律神経の乱れ
喫煙により自律神経の働きが乱れると、胃と胃につながっている十二指腸の間にある筋肉(幽門括約筋)の収縮と弛緩のバランスも乱れてしまいます。そのため、十二指腸液と胆のうから十二指腸に排出されている胆汁が胃に逆流してしまい、それらの消化液が胃の粘膜を傷つけてしまうのです。

6)加齢
・胃酸や胃粘液の分泌量の減少
胃酸や胃粘液の分泌量は減っていくため、胃を守る機能が低下していきます。アルコールや香辛料などの刺激物の取りすぎも、胃粘膜にダメージを与えることがあるため、注意が必要です。
・ぜん動運動の低下
胃は食べ物をぜん動運動で動かして、十二指腸に送り出します。加齢により胃のぜん動運動が衰えると、食べ物を十二指腸に送り出す力が弱くなるため、胃もたれを起こしやすくなります。
・ストレスによる自律神経の乱れ
自律神経には、交感神経と副交感神経があります。胃の働きはこの自律神経による支配を受けています。歳を重ねると、ストレスや寝不足、環境の変化に対応しにくくなっていきます。若いころには気にならなかったストレスで、自律神経のバランスが乱れることがあります。交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、胃の働きも悪くなり、その結果、胃酸や胃粘液の分泌が減ったり、胃のぜん動運動が弱まることで、胃もたれを起こしやすくなるのです。また、ストレスによる暴飲暴食や喫煙量が増えてしまうことも、胃もたれを悪化させる原因となります。

7)有害細菌の活動
ヘリコバクター・ピロリ菌などは、感染した場合は胃酸による分解を跳ね返し、アンモニアなどの有害物質を胃の中で生成します。この有害物質が胃壁等へ作用し胃炎や潰瘍などを発症させます。有害物質が胃に与える影響の不快感として「胃もたれ」の体感症状を出す事も判明しました。胃酸での溶解に耐性が強く、放置すれば増殖により胃内の悪影響が拡大してしまう為、治療には医師の検査と共に除菌治療による対処が必要です。抗生物質と胃酸低減の薬剤を1週間服用し、症状の軽減が有るかを検査により分析します。除菌成功の判定が出るまでこの対応を続けていきます。市販薬を飲み続けても一向に症状が回復しない胃もたれの場合は、細菌による感染症の可能性も疑い、医師の検査による原因の正確な究明を行いましょう。

8)女性ホルモンの乱れ
生理や妊娠などで起こる女性ホルモン分泌の乱れで胃の消化作用が弱まり、胃もたれを起こすことがあります。女性特有の胃もたれの場合の症状を改善するには、市販の薬などは使用せず、消化の良い物を一日に複数回、徐々に食べる食事が効果的です。


また、日本人はもともと胃もたれがしやすい人種と言われています。

欧米人は胃液がスムーズに流れる【牛角胃】という胃の形に対し、日本人は食物や、胃液が長く溜まりやすい【鉤状胃】【瀑状胃】の方が多いと言われています。


<<食材の選び方・食事のとり方>>
胃に負担のかからない食材と調理法を知り、食事のとり方を意識することで改善が可能です。

●食材・調理法
胃の機能を低下させやすい食生活の代表的なものは、脂肪分の多い食事です。同じ肉類でも、脂身を避けてササミやヒレなど脂の少ない部位を選ぶことで消化がスムーズになります。調理法でも揚げ物は避け、茹でる・蒸すなど油を使わない調理法が適しています。脂肪分以外でも、イカやタコなどの魚介類とゴボウやキノコ類などの不溶性の食物繊維が多い野菜は、煮込んでも柔らかくなりにくいため消化に時間がかかります。かぼちゃやトマトなど加熱することで柔らかくなる野菜をバランスよくとると、胃への負担を軽くすることができます。

●食事のとり方
毎日の食事のリズムを一定にし、胃が休まる時間をつくることが重要です。可能な限り、食後30分から1時間程度食休みをとりましょう。特に、就寝前に胃に入れた食べ物は消化されずに胃にとどまり、胃酸が出続けて胃が荒れてしまうため、就寝前2、3時間程度は極力食事を控えるようにしましょう。胃もたれが気になる人は、まずは腹八分目を意識し、ゆっくりとよく噛んで食べることから心がけましょう。

胃もたれの治療法

胃もたれの予防法は3点です。

1)ストレスを溜めない

2)食生活に気を付ける

3)ライフスタイルを見直す事

胃は、とてもデリケートな臓器です。ストレスが溜まると、自律神経の乱れが生じますので、ストレスを溜めない事が大切です。
思い当たる原因がある場合は、まずは改善を心がけ、なるべく毎日リラックスして過ごす様に心がけた方がいいでしょう。
睡眠不足や不規則な生活が原因で、ストレスを溜めやすい環境を作ってしまっている事もありますので、ライフスタイルの改善を見直す事も重要です。
胃に負担の掛かりにくい食事を心がけ、腹八分目を目安に食事を取る事も大切です。
消化の悪い物は良く噛んで、大量のアルコールや煙草を避け、刺激物の取りすぎに注意しましょう。

また、内視鏡などで検査しても何の問題も見られないのに、胃もたれや胃のきりきりとした痛みや不快感などを感じる病気を「機能性ディスペプシア」といいます。
機能性ディスペプシアについて詳しく

●胃もたれ解消法ツボ編
胃もたれを解消するためのツボは五つあります。

1.内関(ないかん):手首のシワから指三本分肘側の、縦二本の骨の筋の中央に位置
2.足三里(あしさんり):膝のお皿から指四本分下の外側のくぼみに位置
3.陽陵泉(ようりょうせん):膝下の外側にあるに突出した腓骨頭より少し前のくぼみに位置(足三里の近く)
4.胃兪(いゆ):ウエストの最も細いところから指二本分上にあり、背骨から指二本分外側に位置
5.中脘(ちゅういん)です。これは、へそとみぞおちの真ん中で、腹部の中心線上に位置
指で押した際、気持ち良さを感じるなど体に効くような感じがあれば、そこがツボの正確な位置となります。


●食べ物による胃もたれ解消法
1.梅干し
梅干しを見ただけで消化酵素である唾液が多く出てくるのは、梅干しの酸味が消化器官を刺激するためです。梅干しを食べると消化の手助けをし、食欲を増進させます。梅干しは、多くの病気予防につながるさまざまな効能があるといわれています。梅、しそ、塩のみで3年以上漬けたものが特に良く、塩辛さも落ち着いているので食べやすいでしょう。お湯や番茶で割って飲むと胃も温まり一石二鳥です。健康食品店などで販売している梅肉のエキスは、青梅の果肉のおろし汁を煮詰めて作ったもので、塩分を含まず、梅の有効成分が凝縮されています。酸味も少ないので、酸っぱいのが苦手な方にいいかもしれません。これも番茶で割ると飲みやすい上にコクがあるのでおすすめです。

2.食事
胃もたれがひどい時には、胃に負担をかけないおかゆで乗り越えましょう。おかゆには全がゆ、5分かゆ、3分がゆなどいろいろあります。お家で作るレシピとしては、水分を多く含んだご飯くらいのものでもいいでしょう。おかゆに梅干しやノリの佃煮などを少量添え、大豆食品や、柔らかく煮込んだ野菜などの食物繊維も一緒に食べたいものです。肉は脂肪を多く含んでいると消化に時間がかかり胃の負担となりますので、脂肪の少ない部位、鶏のささみなどがよいでしょう。ゆっくりと噛んで食べることも大切です。

3.飲み物
・炭酸水
炭酸はゲップが出て、胃もたれには逆効果というイメージがありますが、炭酸水を摂取すると胃の働きが活性化され、胃液の分泌が促進されます。脂っこいものや量の多い食事をとる前には、炭酸水を飲んで胃を活性化させるのがおすすめです。胃もたれをしてから飲んでも効果的ですが、発泡性の強い炭酸水は胃を刺激し過ぎるので、飲み過ぎには注意です。
・豆乳
豆乳にふくまれているタンパク質が悪化した胃粘膜を正常に戻します。胃もたれの場合、胃が弱っている状態なので冷たい状態ではなく、温めた豆乳が良いです。
・りんごジュース
りんごにはペクチンという食物繊維が含まれていますが、胃腸の回復に役立つ働きをします。
・ココア
ココアに含まれたカカオFFAという成分はピロリ菌を殺菌する作用があります。ミルクを入れてホットココアにすると飲みやすいです。

胃もたれの薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスなどで胃もたれ・胃痛・胸焼けがある方は、胃酸が過剰に出てしまい、その胃酸が胃を荒らしている場合がほとんどです。そのようなときは胃酸の分泌を抑えるH2ブロッカーという薬が効果的です。H2ブロッカーでも十分効果がありますが、もし効果が不十分だと感じた場合、胃の粘膜を保護する薬であるセトラキサートやスクラルファートを加えて服用することも可能です。妊婦や授乳婦さんには、健胃薬である安中散が含まれている胃腸薬や、その安中散に加えて制酸剤や消化剤を配合した胃腸薬がおすすめです。

食べ過ぎで胃もたれの方には、消化酵素配合の薬が効果的です。炭水化物を分解するアミラーゼ系、タンパク質を分解するプロテアーゼ系、脂肪を分解するリパーゼ系が消化されずに残ってしまった食べ物の消化の補助をしてくれます。

飲み過ぎや脂肪を取りすぎたときの胃もたれには、胆汁の分泌を促進したり、肝臓を保護したりするウルソデオキシコール酸とかクルクミンを使った薬も効果的です。

使い方ですが、飲み薬ですので、飲み方や使用回数などを守ってください。服用して悪化した場合や三日間服用しても症状が改善しない場合は、ただちに使用をやめて、医師の方にご相談ください。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

胃もたれの相談

胃もたれの体験談

  • 胃もたれと吐き気

    胃もたれ・吐き気

    私はもともと胃腸が強い方ではありません。しかし人よりも食べる量が多く、揚げ物なども大好きなのでたびたび胃もたれや吐き気に襲われます。食べる量を控えればいいのですが、いつもおいしいものを我慢するよりは多少胃に負担がかかっても食べる方を選んでしまいます。 胃の調子が悪い時はとにかく早めに胃薬を飲みます。そして食べ終わった後はなんともなくても、後から吐き気がくることもよくあるので食べ過ぎたかなと思う…続きをみる
  • 私の胃もたれに効いた漢方の薬

    胃もたれ・薬

    飲み会などが続くシーズンに胃もたれなどを感じることが多くあります。 若いころは全く意識することがありませんでしたが最近では胃腸の不調を感じる機会も増えてきました。 出来る範囲での対策として自分が行っている対策は暴飲暴食をしないように気をつける、寝る直前に食べない、辛いものや熱いものなど刺激物を避けることなどを実行しています。それでも胃もたれの症状が出る場合には胃薬を飲むようにしています。ドラッグ…続きをみる
  • 胃もたれが運動で治った!

    胃もたれ・運動

    私は体を動かすことが好きではなく、休日はずっと家で本を読んで過ごし、寝転んでばかりいました。 数か月前、食事をした後に胃もたれするようになりました。その時は原因が分からず、放置していました。しかし、しばしばおなかの調子が悪くなったので、私はインターネットで胃がもたれる原因を調べることにしました。するとあまりお腹の空いていないときに、食事をするのは健康に良くないという記事を発見しました。確かに私は…続きをみる
  • 夕食の量や食べる時間は胃もたれに関係あるのか

    胃もたれ・夕食

    私の実家では、一日の内で一番豪華な食事は夕食と決まっていました。大人になって一人暮らしを始め、自分で料理を作るようになってからも、その傾向はありました。 ある日、胃もたれすることが続いたのですが、特に思い当たることはありませんでした。原因を知りたいと思い、近くの図書館で健康に関する本を借りてきて読むことにしました。すると、一日の内で一番豪華な食事をするなら昼食にすべきという記述を見つけました。寝…続きをみる
  • 胃もたれはストレスが原因でした。

    胃もたれ・ストレス

    食べ過ぎてしまったときには、そのすぐに胃もたれになったり次の日になるということが多くあります。お腹が減っていても減っていなくても食べ過ぎてはよくないということはわかっているのですが、ついつい食べ過ぎてしまうこともあります。特に脂っこいものやお酒が大好きですのでこの症状についてはかなりのストレスとなっています。仕事にも最悪響いてしまいますので、どうにかして対策をとりたい問題となっています。市販の胃…続きをみる
  • 胃もたれでお腹が苦しいとき

    胃もたれ・お腹

    「胃もたれ」は胃の中に入った食べ物が長時間留まることでお腹に不快感を覚えるものです。健康な通常状態においては自律神経に制御されて、胃は入ってきた食べ物を胃液と混ぜて十二指腸に送り出します。胃の不快感がおきるのは、胃の運動機能が低下してる場合と、胃の粘膜が傷ついている場合があります。 私の経験した胃もたれのケースは、仕事の忙しさとストレスから十二指腸に近い部分の胃粘膜が炎症を起こしたと診断されまし…続きをみる
  • 胃もたれは昼食まで食事を我慢することで解消しました

    胃もたれ・昼食

    私は食欲にムラがあるので、朝食をあまり食べないときは昼食時にとてもお腹がすいてしまいついつい食べ過ぎてしまうことがあります。主に炭水化物や油を多くとってしまうので、食後にはかならず胃もたれを感じます。 視覚的に食べ物を求めてしまうので、どうしても多く取りすぎてしまうこと、またボリュームのあるメニューを選びがちになることが理由になっていると思います。 食後の不快感や気持ちの悪さから、午後の仕事にも…続きをみる
  • 胃もたれの状態が長引いて...

    胃もたれ・状態

    昔からあまり胃が丈夫な方ではなく、脂っこいものや辛いものなど刺激物を食べ過ぎてしまった時などはよく胃もたれの症状をおこしていました。結婚・出産後は仕事や慣れない育児のストレスがかかり、慢性的な胃炎の状態になり、胃痛や胃もたれ・吐き気・食欲不振などに悩まされました。念のため胃カメラ検査をしましたが、やはりストレスなどからくる胃炎だろうという診断でした。薬を処方してもらい服用すると症状は軽くなるので…続きをみる
  • 胃もたれやツワリの時に嬉しい!簡単ドリンク

    胃もたれ・ツワリ

    胃もたれの時、食べ物のにおいを嗅いだだけで気持ち悪くなったりしますよね。妊婦さんなら誰もが経験する、ツワリの時も同じような症状がみられます。辛いですよね。でもそんな時でも水分補給は大切ですし、水分補給によって少し和らぐ場合もあります。 客室乗務員時代、昨日飲みすぎて胃もたれしてるんだよ~とか、ツワリなんです、、とか仰りながらお化粧室に駆け込む方を何人も見てきました。そんな時、お化粧室から出てきた…続きをみる
  • コーヒーによる胃もたれ

    胃もたれ・コーヒー

    コーヒーって、適度に飲む分には体にいい飲み物ですよね。 眠気が取れたり、リラックス効果もあり、ほっと一息つきたいときにはやはりコーヒーを飲むのがいいですね。でも過度に飲みすぎると体に良くないのは当たり前でしょうか。わたしは昔、本当に飲むのが好きで、ブラックで一日に5,6杯飲んでいたときがあったんです。そのとき、なぜだか胃がむかむかすることが多く、よく胃もたれを起こしていました。ネットで調べたとこ…続きをみる

胃もたれに関するコラム