咳(せき)せき

カテゴリ
様々な症状
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

咳(せき)とは

せきとは、肺や軌道から空気を排出させるために起きる収縮運動です。気管、喉頭、呼吸筋の反射的な動きであり、一般的には咳と呼ばれています。風邪やウイルスなどが原因で起こる事もありますが、ほこりやタンなどによって引き起こる事も多いです。その為、咳が出るからといって、病気と判断する事も難しくなります。長く続くようであれば、病院へ行きましょう。

咳(せき)の症状

咳は肺や気管などの呼吸器を、煙やウイルスなどの異物から守る為に、反射的に行う生体防御反応です。

喉頭や気管には異物に反応する咳受容体があります。
そこに刺激を与えると脳にある咳中枢に伝達がいき、横隔膜などの呼吸筋に指令が送られ、咳が起こるという流れです。

咳(せき)の原因

咳は、ほこりなどが絡まって起きるものから、風邪などのウイルスによるもの、さらには重い病気が原因のものまで様々です。

病気が原因の咳には以下3種類があります。

・急性のせき
・遷延性のせき
・慢性のせき

それぞれ原因となる病気や、せきが続く期間が違います。

●急性のせき
咳が続く場合、咳が始まってから3週間以内なら呼吸器感染症を原因とする急性咳嗽が考えられます。インフルエンザ急性気管支炎などは3週間未満で納まると言われています。それ以外には、風邪・急性肺炎・気管支喘息などの呼吸器疾患や、うっ血性心不全、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの病気が考えられます。このうち、感冒様症状がある場合や徐々に症状が軽くなる場合、周囲に同様な症状を持つ人がいる場合、性状の変化する膿性痰を伴う場合は、感染性の咳である可能性があります。感染性の咳が疑われた場合、必要に応じて検査を受けることが大切です。咳の症状の強さがピークを越えている場合は、鎮咳薬などを用いた対処療法で様子を見ます。この時、市販されている医薬品を使うのも有効です。様々な種類の鎮咳薬があるので、自分自身の症状にあった医薬品を服用してみるのも1つの手段です。しかし、マイコプラズマや肺炎クラミジア、百日咳などが原因の時は、抗菌薬治療が必要になる場合もあります。次に、咳の強さがピークを越えていない場合、肺炎や結核などの感染を疑って、胸部X戦検査や血液検査を行うことが勧められます。検査の結果、もし肺に影響がないならば、ピークを越えている場合と同様に対処療法を行います。しかし、肺炎や結核、感染症以外の肺の病気があった場合、原因に応じて抗生物質の投与などの治療を行います。

インフルエンザについて詳しく
急性気管支炎について詳しく


●遷延性のせき 慢性のせき
「遷延性のせき」は3週間以上、「慢性のせき」は8週間以上続くと言われています。いずれも病院での診察と症状を抑えるための薬が必要です。市販の薬を飲み続けても納まる事はありませんので、病院へ行きましょう。
また、この状態はインフルエンザや急性気管支炎のような感染症による原因よりも咳喘息ぜんそくのような非感染症が原因の事が多くなります。長期間の咳が続く場合には、咳の種類がかわいたようなから咳なのか痰を伴うような湿った咳なのかによっても検査方法や治療方法も変わります。

・3週間以上のかわいた咳を起こしている場合
胸部レントゲンとCT検査や肺機能検査と血液検査などを行います。診断結果で喘息やCOPDなどの場合には、吸入ステロイド剤や気管支拡張薬などを処方して治療をしますし、アレルギーが原因であれば抗アレルギー剤を処方します。胃や食道の逆流が原因の場合には、胃酸を抑える薬で対処し、高血圧の薬による咳の場合には薬の種類を変更する事で対応します。

・湿った咳が続いている場合
胸部レントゲンとCT検査を行い、痰の検査や肺機能検査も行います。長期の喫煙がある場合にはCOPDや喘息を疑いますが、喫煙があるのであれば禁煙と吸入ステロイド剤と気管支拡張剤で治療をしますし、気管支拡張症や副鼻腔気管支症候群の場合には去痰薬や抗菌薬の処方で治療します。慢性鼻炎の場合にはステロイドでの治療か外科的に手術で対応します。

・これらに該当せずに8週間以上の湿った咳が続く場合
肺結核や肺がんなどの重篤な疾患も考えられるので、呼吸器内科などの専門医の診断が必要になります。


遷延性、慢性のせきの場合、次のような病気が考えられます。
1)咳喘息・・・34%
2)喘息・・・24%
3)COPD・・・12%
4)アトピー咳嗽・・・7%
5)後鼻漏・・・6%
6)感染後咳嗽・・・5%
7)かぜ症候群・・・4%
8)GERD・・・3%
9)百日咳・・・2%
10)慢性副鼻腔炎・・・1%
11)その他・・・2%


<<咳喘息>>
喘息咳の特徴は、気管支喘息の特徴的な呼吸音や呼吸困難がなく、空咳だけが長期間続きます。喘息が起こるには、喘息のきっかけとなる原因があります。空気中のハウスダストや花粉、たばこの煙、感染症、気温と気圧の変化が、気道にある炎症細胞を刺激することによって、気道で炎症反応が起こります。慢性的な気道炎症が気道を狭くしてしまい、気道が刺激に過敏になってしまうことで、わずかな刺激によって気道狭窄が起こるようになります。喘息咳は、慢性的な気道炎症によって気道が狭くなり、喘息の症状が出るようになる一歩手前の状態です。

<<喘息>>
喘息
喘息は症状の頻度と程度によって4段階に分けられます。ステップ1と2に分類される喘息は症状が軽く、発症頻度も週に1回程度と少ないため薬剤投与は必要ありません。しかし、ステップ3や4になると、頻繁に咳が起こり、症状も日常生活が制限されるほど重いため、毎日の薬剤の投与が必要となります。また、喘息の主因としてアレルギーと気管支の疾患が挙げられます。アレルギー性の喘息では、ハウスダストやカビがアレルゲンとなります。そのため、アレルゲンを生活環境から取り除くことが効果的な対処法といえます。また、気管支の疾患の治療に効果的な方法として吸入療法があります。吸入療法は霧状の薬剤を直接患部に投与するので、全身性の副作用が少なく、小児にも処方することができるという利点があります。

<>

COPDは、タバコなどの有害物質を吸い込むことで肺に炎症を起こす病気です。肺の中に空気を送り込む気管支が長い間有害物質にさらされると炎症を起こし、咳や痰が続くようになります。さらに、気管支の先にある肺胞にまで炎症が及ぶと呼吸が浅くなり、酸素を取り込みにくくなって、最終的には呼吸困難を起こし、死に至ることもある病気です。初めは症状が軽微なため見過ごしやすく、風邪などをきっかけに一気に悪化します。階段を上ったときなど軽い運動をしたときに呼吸が苦しくなるという症状がある場合は、COPDの疑いがあります。肺は一度傷つくと回復することはないので、早期発見により症状緩和や進行の抑制を図ることが大切です。

<<アトピー咳嗽>>
咳嗽とは、「咳」の医学用語で、咽頭・気管などの粘膜にほこりやウイルスなどが付着した際に、異物を排除するために反射的に出るものです。ですから、長続きしないものは深刻に考える必要はないのですが、数日間続く場合には医師の診断を受けた方がよいでしょう。喘鳴(ヒューヒュー、ゼイゼイと鳴る音)を伴わない咳が、主に夜から朝にかけて3週間以上続く場合は、「アトピー性咳嗽」の可能性があります。よく似た病気に「咳喘息」(悪化すると典型的な喘息になる)がありますが、咳喘息が気管支拡張剤が有効な治療薬であるのに対し、アトピー性咳嗽は気管支拡張剤によって症状は改善しません。アレルギー性ですので、吸入ステロイド剤と抗ヒスタミン剤とが治療薬として有効です。半数以上の人が再発しますが、喘息にはなりませんので、同じ治療を行えば症状が治まります。

<<後鼻漏>>

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、慢性鼻炎などの鼻の病気に罹ると鼻の粘膜に炎症が生じ、鼻水が大量に分泌されます。通常、分泌された鼻水のほとんどは鼻の穴から排出されます。しかし、鼻と喉がつながっているため、分泌された鼻水が喉に流れ込むことがあります。これが後鼻漏です。
後鼻漏の主な症状は、口の中に鼻水が溜まることです。喉に違和感がある、痰が絡む、咳込む、口臭がするといった症状が現れることもあります。寝ているときも口中に鼻水が溜まるため息苦しくなって目が覚め、睡眠不足になるケースも多く見られます。治療は原因となっている病気を治療することですが、炎症が長引き、鼻の粘膜に変性が生じている場合は粘膜注射療法が有効と考えられています。

<<感染後咳嗽>>

感染後咳嗽とは、ウイルスや細菌などに感染後、咳が3週間以上続き8週間以内までのことを指します。厳密には8週間以上長く咳が続く状態を慢性咳嗽と呼びますが、どちらも病後に咳が長く続く状態という意味で使われることもあります。胸部X線に異常は見られません。感染後咳嗽は最終的には自然に治りますが、咳止めや気管支拡張剤などが処方されることもあります。元々の感染症の原因には、呼吸器ウイルスや肺炎マイコプラズマ、百日咳菌などが挙げられます。喉を潤すための水分補給を心がけること、温かい飲み物や首まわりを外から温めることで、感染後咳嗽を和らげることができるでしょう。

<<かぜ症候群>>
かぜ症候群は、ウイルスや細菌が原因となり、急性鼻炎、急性扁桃炎、急性咽頭炎などが発生する状態の総称です。急性鼻炎の症状は鼻腔の粘膜に炎症が生じ、急激な経過をとるものを指します。急性扁桃炎は、その名のとおり扁桃に急性の炎症が起こる病気です。急性咽頭炎も同じく急性の炎症が起こることを指します。いずれも原因はウイルスや細菌に感染したことによるものです。せきは生体防御反応ですから、これらの症状がでないように身体が抵抗しているのです。中には、風邪が喉に出やすい人がいますが、そのような人は体調が回復してもせきだけが残りやすいのです。

<>

GERDとは「逆流性食道炎」(Gastro-Esophageal Reflux Disease)のことです。これは、食道内へ胃酸が逆流することによって引き起こされる不快な症状や、食道粘膜への障害を引き起こす病気です。症状としては胸やけが最も多く、さらには胃酸の逆流の自覚などがあります。この「胃酸の逆流」は、下部食道括約部の弛緩現象が原因と考えられています。治療方法としては、睡眠時には上半身を高く保つ、胃酸の分泌を押さえる薬を投与する、脂肪を多く含む食品を控える、禁煙などの生活習慣を改善するなどがあります。

<<百日咳>>
百日咳とは菌が気道の粘膜部分や気管支に感染することで発症する病気で、激しい発作のような咳が止まらなくなるという特徴があります。以前は乳幼児や子供に多いと言われていましたが、最近では大人の発症率も上がってきています。大人がかかる場合は重症化することは稀で、風邪が悪化しただけだと思い込み病院を受診しない方もいることから、百日咳に感染したことに気づかない人も多いのです。ただ、百日咳の感染力は強く、咳やくしゃみなどの飛沫感染により拡大していきますが、子供が発祥すると重症化する可能性が高いため用心しなければなりません。子供は最悪の場合、合併症により死亡することもありますので、咳が続いた場合は早めに病院を受診することが重要です。

<<慢性副鼻腔炎>>
鼻をかむ女性
慢性副鼻腔炎は、一般に急性副鼻腔炎が治らずに慢性化したものを言います。慢性化する理由は、鼻と副鼻腔をつないでいる小さな穴が、細菌感染によって粘膜が腫れて閉じてしまったことになります。そのため、閉じられてしまった状態で副鼻腔に膿がたまって、鼻腔に排泄されにくくなってしまうのです。鼻水が絶えず出てきたり、よく鼻をかんだりするという症状があります。他にも、口で呼吸をしているやいびきをかくなどの影響もあります。治療としては、耳鼻科で定期的に鼻と副鼻腔にたまっている鼻水を取ってもらうことになります。常に清潔に保つことが重要です。

咳喘息について詳しく
喘息について詳しく
COPDについて詳しく
百日咳について詳しく

咳(せき)の予防/治療法

咳の予防



まめにうがいをしウイルスを停滞させないようにする事です。

●気道粘膜を綺麗な状態に、尚且つ潤わせておきましょう

気道粘膜が乾燥していると、ウイルスを外へ出す事も難しくなりますので、うがいで洗浄し、常に潤っている状況にしましょう。

●外出する際や人が多い所ではマスクを着用しましょう

ウイルスが体内に入ってこないようにしましょう。マスクを着用する事によって口の感想を防ぐことも出来ます。
その為、乾燥している季節やほこりが舞いやすい掃除や洗濯物を干す際にも着用する事をお勧めします。

●空気が乾燥しやすい季節には、加湿器で調整しましょう

細目に水分補給を行い、喉が渇いた状態にならないように気を付けましょう。お酒や辛い物など食べ物や飲み物がのどの渇きや刺激となり、咳を引き起こす事もありますので、喉が敏感になっている時には避けて下さい。

咳を緩和させる方法


咳が出るときにはまず100種類以上のウイルスや細菌によって引き起こされる風邪(かぜ症候群)が疑われます。しかしその他にも咳を伴う病気は数多くあり、中には深刻な病気の初期の症状で咳が出ていることもあるため、長引く咳をそのまま放置してしまうと重篤な事態に陥ってしまう場合もあります。気になる咳が出るときには医療機関を受診しましょう。自宅でできるケアとしては次のものが挙げられます。

● からだを内側から温めて、咳と喉の痛みをやわらげる方法

喉を温めることは咳の緩和に有効ですので、温かい飲み物をとるように心がけましょう。咳と喉の痛みに良い食材には、生姜やレンコン、紅茶、レモン、杏仁などがあります。

・生姜をすりおろしてお湯を注ぎはちみつやお砂糖を加えた生姜茶やそこにレンコンを足した生姜レンコン茶は咳の緩和に効果的です。
・大豆、中でも黒豆の煮汁には咳の出る気管支炎や喘息にも改善効果があり、利尿作用があるため発熱時には熱を下げるはたらきもします。
・紅茶の赤い色素はテアフラビンというにポリフェノールの一種であるカテキンが発酵してできたもので、強い抗酸化力をもつため喉を殺菌し風邪などからからだを守ります。紅茶に先ほど挙げた生姜を加えたり、レモンを入れてレモンティーにして飲んでも咳の緩和に役立つでしょう。レモンには広く知られている通りビタミンCが含まれているだけでなく殺菌効果もあるので、喉のケアに取り入れたい食材のひとつです。
・杏仁はビワの種から作られる漢方の一種であり、この杏仁も含めいくつかの漢方薬は咳に効果があると親しまれています。

● からだを外側から温めることも咳と喉の痛みには有効です

ガーゼやタオルなどを首の周りに巻き、喉を守るようにします。こうすることで首回りの温度が保たれるだけではなく、冬の空気が乾燥しているときにも喉を乾燥から守ることになります。乾燥から喉を守り湿度を上げることも咳の緩和のためには大事点であり、外出時にはマスクをすることが細菌などを吸いこんでしまうことを避けるためにも効果的といえるでしょう。

これらのように、自宅でできるケアは数多くあり咳と喉の痛みをやわらげることができます。温かい飲み物や首回りを温めることの他に、咳をやわらげる薬品を使用することもあるでしょう。咳をともなう症状の病気は多岐にわたるため、薬品については医師の判断をあおぐことにしましょう。

検査・治療法




<<3週間以上咳が出る場合の検査と治療法>>
3週間以上咳が出る場合は、主に胸部X線写真やCT、呼吸機能検査が行われます。痰を伴わない咳の場合は、血液検査が行われることがあります。痰を伴う場合は、痰の検査や気管支内視鏡検査を行うことがあります。

● 咳喘息を含めた喘息だった場合
気管支の炎症を抑える吸入ステロイドや気管支拡張薬が治療に用いられます。

● 慢性閉塞性肺疾患の場合
気管支拡張薬や吸入ステロイドが用いられます。痰が出る場合は去痰薬が用いられることがあります。喫煙者がかかりやすい病気であるため、喫煙している場合は禁煙も必要です。

● アトピーやアレルギー性鼻炎が原因の場合
抗アレルギー薬や吸入ステロイド、点鼻薬が用いられます。

● 胃食道逆流症が原因の場合
胃酸を抑える薬(制酸剤)で治療します。

● 血圧を下げる薬(降圧薬)の副作用が原因で起きている場合
咳の副作用が出にくい薬に変更します。

● 気管支拡張症の場合
抗菌薬や去痰薬、排痰促進薬が用いられます。

● 副鼻腔気管支症候群の場合
症状が軽ければ去痰薬で治療しますが、症状が進行している場合は、抗菌薬が用いられます。

● 慢性鼻炎の場合
抗アレルギー薬やステロイドの点鼻薬が用いられます。症状が進行している場合は、手術が行われます。

<<8週間以上痰を伴う咳が続いている場合>>
結核や肺がんなどの重篤な病気の可能性があるので、すぐに呼吸器内科を受診するようにしてください。

咳の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
咳には、乾いた咳が出て、たんが出ずに、喉の痛みがあるものと、ほとんど喉の痛みがなく、たんが絡んだような湿ったしつこい咳が出るものと2タイプがあります。咳のタイプによって、向く薬がありますので、自分で選ぶ際には気をつけるといいでしょう。

まず、乾いた咳の場合は、痛みがあることから、気道が炎症を起こしていることが考えられます。炎症が脳の延髄部分にある咳中枢を刺激して咳が出ることから、抗炎症作用があり、中枢神経の働きを抑えて、穏やかにする喉の薬を選ぶといいでしょう。

湿った咳の場合は、たんが出ることで気道に溜まっているので、出そうとして咳が出たり、たんが溜まり過ぎて気道が狭くなり、呼吸がしづらくなって咳が止まらなくなったりすることがあります。粘り気の強いたんの粘りを取り、外に出しやすくする去たん剤や、気道を広げて呼吸をしやすくする気管支拡張剤が向いている場合があります。

一般的に風邪にかかった時は、かかり始めに乾いた咳や喉の痛みに悩まされ、治りかけになってくると湿った咳とたんで苦しい思いをするように、症状が移行する方が多いでしょう。症状に合わせて薬を選ぶようにすると治まりやすくなる可能性が高くなります。2週間程度服用しても症状が回復しない場合は、肺炎や喘息などにかかっている恐れがありますので、早く医師の診察を受ける必要があります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

咳(せき)の相談

咳(せき)の体験談

  • 咳のしすぎで腹筋が痛い 〜 医師が解説 〜

    咳・腹筋

    咳をするとおもいっきり腹に痛みが走ることがあります。まず反射的にコショウなど体内への異物を防ぐためにするものと、免疫的な機能で細菌や花粉などの異物を防ぐためにするものがあることを覚えておきましょう。 いずれも内臓への侵入を防ぐために腹筋を動かし空気を押し出すので、そのたびに腹筋がよく使われます。あまりにも連続で咳をすると腹筋が酷使され、筋肉痛が出てくるのはそのためです。筋肉痛は主に血行が悪化し…続きをみる
  • 咳で血の味がする 〜 医師が解説 〜

    咳・血の味

    風邪を引くといつも長引いて1ヶ月以上激しい咳が続くケースもありましたが、アレルギー体質だからといつも諦めていました。 いつも通り、風邪を引いて咳が長引いているなと思っていたらなんだか血の味を感じるようになって食欲も湧かず、たまたま痰に血が混じっているのをみて急いで受診しました。 問診で血の味がすると申告すると肺の病気を疑われ、レントゲンなどを受けました。肺ガンかもしれないと覚悟したほどです。…続きをみる
  • 咳による胸の痛み 〜 医師が解説 〜

    咳・胸の痛み

    ひどい風邪を引くと、咳が出てきてとまらないことがあります。咳をする癖ができてしまうようで、気管支が狭くなったりして空気の出入りが悪くなって、悪循環になるのでしょうか。 咳が続くと、下手したら寝ている間もゴホゴホと出ます。軽いものならいいのですが、ひどいばあいだとその都度からだが起き上がるくらいの勢いで出ます。空気が激しく出入りするため、のども痛くなり、声も出なくなるし、肋骨というか胸のあたりが…続きをみる
  • 乾いた咳が続くのは風邪? 〜 医師が解説 〜

    咳・続く

    咳が続く時は、風邪をひいたかなと考えるのが普通かもしれませんが、私は先日、風邪でもないのに咳が止まらないという事態になり焦ったことがありました。 とりあえず風邪薬を飲んでみたのですが、眠くなるばかりで一向に収まらず、しょうがないので病院に行きました。一通り診察を受けて伝えられた診断は、風邪ではありませんでした。 何も悪いところは見つからないということだったのです。おそらく精神的なものでしょう…続きをみる
  • 咳を早く治す方法 〜 医師が解説 〜

    咳・早く治す

    私が風邪をひくときは必ずと言っていいほど、喉からきます。喉がイガイガし始めたと思ったら、2日後には喉の痛みがひどくなってきているのです。 ここで喉を痛みを放置していると、次第に咳がでるようになってきます。ゴホゴホしだすと自己流の治し方ではなかなか治らなく、ひどくなる一方なので、咳が出始めたと感じたらすぐに病院に行って薬を処方してもらいます。 今まで試した中で、これが一番早く治す方法です。ここ…続きをみる
  • ストレスによる咳 〜 医師が解説 〜

    咳・ストレス

    私が咳に悩まされ始めたのは30代を過ぎたころからでした。もともと子供のとき喘息もちだったのですが、大人になった頃にはすっかり治っていた為安心していました。それが最近になって急に咳がでるようになってきたのです。 最初は風邪かなと思っていたのですが、風邪薬を飲んでも中々治りません。鼻水は出ず、熱もなく、痰も絡まず、ただ咳だけが出るので困っていました。普通の風邪なら今まで市販の風邪薬を飲んで治してい…続きをみる
  • 突然の咳はカビアレルギーが原因かも。

    咳・アレルギー

    妊娠中から、寝入りばななどに突然咳き込むようになりました。コンコンと発作のような感じで声を出すのが難しい時もありました。日中は平気なのですが、布団を敷くと症状がでました。 産後は掃除をしたり、日ごろ使っていなかった箪笥を開けたときなどにも咳き込むようになりました。最初はほこりのせいかと思っていたのですが、原因はどうやら「カビ」にあったようです。そのとき住んでいた部屋は湿気が多くて、布団を敷いてい…続きをみる
  • 夜に咳が止まらない、または酷くなるのは喘息の可能性

    咳・止まらない・夜

    私はもともと気管支が弱く、呼吸器が強くなるときいていた水泳に幼少期は両親が通わせてくれていました。そのおかげか、19歳までは特に呼吸器系の大病をすることもなかったのですが、ある日を境に夜になると咳が止まらないという症状が出始めました。 最初は風邪をこじらせてしまったのだろうと、市販薬で抑えていましたが、日に日に悪化する一方で、必ずと言っていいほど咳が酷くなり止まらないのは夜から朝方に掛けてでした…続きをみる
  • 風邪が治った後でも長続きする咳

    咳・風邪

    最初に異変を感じるのは喉です。喉がイガイガしていて、飲食物を飲み込むと若干の痛みを生じます。なんのケアもしないでそのままにしていると数日後にはゴホゴホと咳を出し始めます。そこからはもうなし崩し的に高熱が出始め、体の節々が痛くなり、吐き気、悪寒、頭痛などいわゆる風邪の状態に陥ります。 そこからはもう横になって、安静にしたり、薬を服用したりします。そうすることで2,3日ぐらいには体調はほぼほぼ良くな…続きをみる
  • 咳で眠れない 〜 医師が解説 〜

    咳・寝れない

    私は風邪を引いたりアレルギー症状が出るとき、咳が止まらなくなることがよくあります。 子供の頃に喘息を患っていましたが大人になってほとんど症状がでなくなったと思っていましたが、どうやら気管支が弱いことには変わりないことが分かりました。 風邪を引いているときは夜寝れないほど咳き込むことも多くあり、仰向けになっているのが辛いときは座ったまましばらく休むこともあります。すこし喉が楽になってきて症状が…続きをみる

咳(せき)に関するコラム