胸焼けむねやけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胸焼けとは

胸やけは胸が焼けるような感じや痛みを感じたり、違和感を感じる症状のことです。
胃から何かが付きあがってくるような違和感を感じることもあります。胃酸が食道へ逆流したときに起こるものです。 逆流性食道炎(胃食道逆流症)の症状としても知られています。
多くの場合は、食べ過ぎやアルコールなどの摂りすぎが原因です。
それに加えて、胃に刺激を与える食べ物や消化に時間がかかる食べ物の摂取も原因の一つです。
老化現象や肥満、妊娠中の腹圧の上昇などによっても起こりやすい症状です。過度のストレスによって起こる胃酸過多によっても胸焼けを感じることがあります。
ただの胸やけと思って放置していると、心臓病や睡眠障害、ぜんそく、がんなどを見逃す場合があるため、長引く場合や気になるときは医師に相談しましょう。胃カメラなどでの検査が行われます。

胸焼けの症状

胸焼けの症状は、胃がムカムカして気持ち悪い状態のことと思われがちですが、本当は胃酸が出過ぎてしまい、食道と胃を結ぶ筋肉が弛緩して食べたものが逆流してしまうような状態であることをいいます。 症状としては、みぞおちから胸までの間で焼けつくような不快感や、胸のあたりが熱く焼けるような感じがしたり、胸のあたりが針で刺されたようなチクチクした痛みを感じることがあります。
胃酸の逆流によって起こり、それに伴って口の中にこみあげてくる呑酸やのどの痛み、胃もたれ、耳の痛み、空咳なども特徴的です。 胃酸が食道へと逆流するような逆流性食道炎の症状のひとつです。

胸焼けの薬として胃薬を服用すると良くなると思われがちですが、胃薬の服用は胸焼けには逆効果です。胃薬は胃酸の分泌が少ない時に服用し胃酸の分泌を促すのですが、先ほど述べたように胸焼けは胃酸過多の症状です。胃酸過多にもかかわらず胃薬を服用してしまうとますます胃酸の分泌を促し、逆効果になってしまうのです。胸焼けは起こした後の治療法というよりは胸焼けを起こす前に防ぐことが大切です。胸焼けの原因は食事面が大きく関係しています。胸焼けを起こしやすい食べ物には、炭水化物や甘いケーキ、アルコール、香辛料などが挙げられます。今挙げた製品の食べ過ぎには十分注意した上で、よく噛むこと、腹八分目に抑えることも胸焼け防止に重要なポイントとなります。そして、食べ過ぎたり飲み過ぎたりした翌日は冷たい飲み物は控えて、常温のスポーツドリンクなどを摂るようにすることも大事なポイントとなります。


胃酸過多が原因で胸焼けに


通常、食事をすると胃酸の分泌とともに胃壁が壊れないような物質も分泌されます。
胃壁は粘膜に覆われているので、胃が溶けることはありません。胃酸と胃を溶かさないようにする物質は絶妙なバランスを保っているのですが、何らかの理由によってこのバランスが壊れてしまい、胃酸過多になります。胃酸が多く分泌され、それが逆流してしまうことで胸焼けが起こります。
現在、逆流性食道炎胃食道逆流症の場合は、食生活の改善が必要となってきます。食べ過ぎないこと、飲みすぎないこと、脂っこいものを避けること、食後すぐに横にならないなどが大切です。

症状がなかなか治らない場合は内視鏡・胃カメラでの検査も必要となります。

朝の胸焼け


朝、目覚めると胸焼けの症状が出る場合には、日常生活の改善を行うことが大切です。特に、食生活を見直す必要があります。寝る前に過食をしたり、夜遅くに食事をしてから就寝すると、胸焼けを発症しやすくなります。夕食の分量を控え、深夜に食事をする習慣があれば改めましょう。また、脂肪分が多い食事も胸焼けの原因となりますから、食事の内容にも配慮が必要です。日常生活を見直しても胸焼けが治まらない時は、適切な医療機関で、検査と治療を受けましょう。

空腹時の胸焼け


胸焼けは消化の悪い食事をした時など、食後に起こるのが一般的ですが、これは消化をより促進するために普段以上に胃酸が分泌され、食道方向へと逆流することが原因です。このため、空腹時に胸焼けを感じる場合は、普段から胃酸過多になっている可能性があります。胃酸過多を引き起こす原因の一つに、加齢があります。食道の下部に位置する下部食道括約筋は、食べ物が逆流しないよう常に収縮していますが、加齢とともにこの筋肉が衰えるため胃酸が逆流しやすくなります。このほか、ヘリコバクター・ピロリ菌もまた、空腹時の胸焼けの原因の一つとなります。胃に達したピロリ菌は胃粘膜を傷つけ、常に炎症状態となる慢性胃炎を発症、空腹時の胸焼けを引き起こします。ピロリ菌を原因とする胃炎は、胃潰瘍へと進行することがあり、注意が必要です。

胸焼けと胃もたれの違い


・「胸焼け」とは、胸の中心がチリチリと焼けつくような感覚、胸が締めつけられるような痛み等の症状のことです。この不快な症状は食道で起きています。何らかの理由で、胃酸が出過ぎてしまったり、お腹を圧迫されたことによって、食道と胃とのつなぎ目の逆流を防いでいる筋肉がゆるんでしまい、食道に胃の内容物が逆流してしまうのです。胸焼けの応急処置は、常温の水や牛乳で食道を洗い流すことです。
・「胃もたれ」とは、胃が重たく感じるむかつき・鈍痛のような胃の不快な症状のことです。これは、胃酸の出る量が少なくなったり、胃の運動機能の低下等で食べたものが消化できず、いつまでも胃の中に停滞してしまうことが原因で起こります。胃もたれが起きた場合は、粘膜を再生させるために、胃を休ませてあげましょう。

息苦しいほど胸焼けする場合


息苦しいほどの胸焼けを発症しているならば、原因を明らかにすることが重要です。食べ過ぎ、ストレスなど、日常生活の過ごし方が原因になる場合もあるので、改善を心がけましょう。ストレスを上手に解消することが大事ですから、音楽鑑賞や半身浴など、リラックスできる方法を選びましょう。また、胃腸に負担をかける食事は控えましょう。脂肪分が多いメニューや、アルコールなど刺激が強い飲み物、深夜の食事も避けましょう。なお、薬物治療によって、胸焼けの症状をやわらげることも可能ですので、内科や消化器科がある医療機関で検査を受け、胸焼けの症状に合う薬の処方を受けましょう。

背中の痛み・げっぷを伴う胸焼け


背中に痛みがあり、げっぷが出て胸やけがするといった症状は、逆流性食道炎になる可能性があります。食道に炎症が起こっていると、人によっては背中に痛みを感じることがあります。背中の痛みは他にも疑うべき病気はありますが、背中に痛みがあることに加え、胸やけ、げっぷなどの症状があれば、逆流性食道炎の疑いがあります。逆流性食道炎は、他にも咳や声枯れなど多くの症状を引き起こします。疑われる場合は、胃腸科で検査を受け、症状が悪化する前に適切な治療を受けましょう。


医師からのアドバイス


その胸焼け、もしかするとピロリ菌の仕業かもしれません。ピロリ菌について知っていますか?
胃の不快感はピロリ菌が原因だった!? ヨーグルトが効果的って本当なの?


胸焼けの原因

胸焼けは、胃酸の逆流によって胸が焼けるような感覚になることをいいます。
胸焼けになる代表的な原因を挙げます。

暴飲暴食


多く食べることによって胃酸過多になってしまい胸焼けが起こります。
ストレスを感じるとこってりした食事を好む傾向がありますが、脂っぽい食事が胸焼けの原因になることがあります。食後2-3時間後の場合は、胃酸分泌低下など胃そのものの機能低下を示唆しています。食後3-4時間後に胸焼けが起こる場合には、胃機能低下やストレスが原因と考えられています。
二日酔いも代表的な原因です。アルコールの小さい分子が胃を刺激しすぎて胃酸が過剰に出てしまうために起こってしまうのです。特に強いお酒を飲むとなかなかアルコールが抜けないため起こりやすくなります。

ダイエット


ダイエットのやり過ぎでも、同様に粘膜、胃酸などのバランスが壊れて発生することがあります。食事をしていないのに胃酸が出てしまう状態になってしまい、結果的に胃酸過多になり逆流が起こるというわけです。

妊娠


つわりが落ち着いた後も、臨月になると再び胸焼けを起こしやすくなります。胎児の成長や胎盤・羊水の増量によって子宮が膨らみ胃腸が圧迫されることが原因です。胃が押し上げられることで胃の活動が鈍く消化不良を起こしたり、空腹時や食後に胃のムカムカ感を感じたり、匂いや特定の食べ物で吐き気を催したりと症状は様々です。臨月の胸焼けを解消するためには、できるだけ揚げ物や香辛料などは避け、うどんやおかゆなど消化の良いものを食べましょう。また、野菜は生のままではなく、煮たり蒸したりすることで消化しやすく胃の負担が軽減されます。甘味や酸味は欲しいときには、ヨーグルトやバナナなどもいいでしょう。また空腹になると胃酸が強まり胸焼けを引き起こしやすくなるため、少しずつ食べて空腹になるのを避けましょう。

便秘


便秘が長期間続くことによって、胸焼けが起きる場合があります。便秘を原因とする胸焼けの主な対処法は、食生活の見直しです。高脂肪・高タンパクな食べ物(油物・肉など)を摂取すると胃酸が多く分泌されることになり、症状や便秘の悪化を招いてしまいます。そのため、油物や肉類中心のメニューは避け、野菜を中心とした和食のメニューに切りかえましょう。食物繊維を積極的に摂取していくことで、胸焼けはもちろん便秘の解消に繋がります。ヨーグルトを食べたり、乳酸菌のサプリメントを摂取するという方法もあります。食事の他の対処法として、また、お腹を圧迫しないゆったりした洋服や下着を身につけるといいでしょう。

ストレス


胸やけを引き起こす疾患として「逆流性食道炎」があります。症状としては胸やけのほかに、呑酸、口内炎、咳や喘息、のどの違和感などです。正常であれば、食道と胃の境目には括約筋があり、通常は逆流しないようにできています。しかし、逆流しない仕組みが弱まったり、胃酸が出すぎると逆流が起こります。主な原因としては、加齢、食事の内容、肥満、姿勢、ストレスがあります。特にストレスにより、食道の過敏性を異常に高めてしまうことが症状を起こりやすくします。逆流性食道炎を放置し、重症化させてしまうと、食道がんの発症率も高まります。暴飲暴食、食後すぐに横になること、お腹の圧を高める前かがみの姿勢などを避けることで、軽度の症状なら改善されますし、予防にもつながります。

二日酔い


前日に飲みすぎてしまった際に起こってしまうのが、二日酔いです。二日酔いの主な症状には吐き気、胸焼けと言ったものがあり、人によってはお酒を飲んだ翌日、1日中続くかたもいます。日本人は欧米人と比べると二日酔いの原因となるアセトアルデヒドと言う物質を分解する酵素が少ない為、二日酔いになりやすい傾向があります。結果、二日酔いの胸焼けを抑える為には、お酒を飲む前にアセトアルデヒドの分解を助ける錠剤や飲料を飲むのが効果的です。なお、胸焼けの症状が激しい場合には胃腸薬の服用も効果的です。

その他の原因


肥満も原因になります。肥満によって内臓が圧迫されて胃の機能が低下し消化不良になることによって発症するのです。

妊娠初期はホルモンバランスが崩れがちになるため内臓の機能が低下してしまうことが原因となる場合もあります。

胸焼けの予防/治療法

予防


胸焼けのせいで1日中ストレスを感じたまま過ごしてしまうことがないように、予防としてできることをしておきましょう。

●食べ物に気を付ける
まず、誰にでも気軽にできるのが、食品に気を付けることです。揚げ物などの脂っこい食品や、グレープフルーツのような柑橘類などの酸が比較的多い食品や、チョコレートケーキなどの糖分が多い食品はなるべく控えるといいです。

また、アルコール、カフェインの入ったコーヒー、激辛のラーメンなどに使われる香辛料など胃への刺激が他の食品より強いものもセーブすべきです。

炭酸ガスが多く含まれるビールや炭酸ジュースは胃が膨れてしまうので、摂りすぎに注意が必要です。また、時間が無い時に早く食べることも胸焼けの原因になってしまうので、できるだけ食事はゆっくりした方がいいです。

●生活習慣に気を付ける
食べたあとに眠くなってすぐにベッドに横になると、胃酸が逆に流れてしまうので、食後すぐに寝ることは避けるべきです。夜に小腹が減ったりする時に、カロリーが高い消化の悪いものを食べるのも控えた方がいいです。なぜならば、夜は日中に比べて胃の働きが弱くなってしまうからです。また、運動を怠ったりして肥満になった人も胸やけになりやすいので、生活習慣に気を付ける必要があります。

胸焼けになってしまったら


・ 牛乳や水などの飲み物を飲むことで症状は和らぎます。水分により食道に付着した胃酸を洗い流すからです。しかし、むやみに飲もうとすると吐き気などを催すこともありますので体調に合わせるようにしましょう。
・ 水分が取れない場所にいる場合は、唾液で治す方法があります。夕食などで食べたいものを考え続けることで唾液が出たり、歯と歯茎の間を舌を使って舐めると自然と唾液が出てきます。分泌された唾液を飲み込むことで胃液が洗い流され、胃液が高まらないようにすることで胸焼けを予防できます。
・ 日常的な生活習慣で改善するには、上半身を高くして寝ることで胃酸や食べたものの逆流を防ぐことが出来ます。高い枕を使ったり、高さが調整できるベッドを使ったりして上半身を高くする方法も有効です。
・ 食べ物については、消化に良い食べ物を摂ることで、胃や腸の働きが良くなり、血行も良くなります。
・ 普段の日常生活で気をつけることは、規則正しい生活をして、たばこやお酒の飲み過ぎをしないように体に刺激をあまり与えないようにすることです。カフェインや辛いものを摂り過ぎないなど、胃に刺激の少ない食べ物を摂るようにします。チーズやヨーグルトなどの乳製品を積極的に摂るようにすると、胃の粘膜を守ってくれ、気持ちも落ち着きます。炭酸などの飲み物は胃が膨れてしまうので控える必要がありますが、神経の興奮を抑えてくれる紅茶などの飲み物は効果があります。音楽などリラックスしてくれる静かなひとときを過ごすことも心身ともに自然と元気になってきます。
・ 薬を飲んで治す場合は、胸焼けの原因や重症度にもよりますが、胃酸が食道へ上がってくるのを防ぐような効能のある薬がベストです。服用の注意事項を守り、必要があれば医師に診てもらうことも大切です。食べ物も飲み物も胃に刺激を与えるようなものは避けることが回復につながります。あまり薬に頼らずに自分で治すのが一番ですが、病気をきっかけに生活習慣の見直しをして、体に優しいことをするにはどうしたら良いかを考えて実行しましょう。家族などの協力を得て寝やすい環境にしたり、落ち着いて食事が取れる環境にしたりすることも効果的だと考えられます。
・妊娠中の胸焼け改善方法
妊娠中に胃の不快感で吐くとお腹に力が入り早産を引き起こすこともありますし、赤ちゃんへの栄養面でも心配です。胃に負担をかけずに食事をとる方法などを試しましょう。それでも治らない場合は速やかに主治医に相談し、薬を処方してもらいましょう。
1.少しの量を小分けにして食べる
一度に食べて胃に負担をかけないようにお腹がすいた時にほんの少しずつ食べていきます。一食分の量を確認しにくいので体重管理が必要な場合は気を付けないと、食べ過ぎにつながります。
2.食後はすぐ横にならない
妊娠中はどうしても横になりたい時が増えますが、食後はしばらく我慢しましょう。胃酸が逆流して胃の不快感や胃痛を引き起こす原因になります。

胸焼けの薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
胸焼けをおこしている時に使う薬の選び方はその時の胸焼けの原因や重症度にもよりますが軽度の場合にはH2ブロッカーという強い胃酸を抑える役割の薬を選択するのが基本的な選択になります。H2ブロッカーが配合されている薬にはファモチジン、ラニチジン、ニザチジン、ロキサチジン、シメチジンなどがありこの薬を服用することで強い胃酸を抑えてげっぷなどで胃酸が食道などへ上がってくるのを防いでくれています。

服用に関しての主な注意点は市販薬の場合には1日に2回までとなっているものが多く対象年齢も15歳以上というものが殆どで小児が飲めるタイプはロキサチジンで医療用のものとなります。

H2ブロッカーの服用時にはこのタイプの薬だけで効果は期待できますが、胃の粘膜の保護を目的とした薬を飲むことで更に万全のスタイルになると言えます。

一方で症状がかなり軽度であったり、薬そのものが苦手な方、あるいは妊婦さんや授乳中の方には安中散含有の胃腸薬や制酸剤や消化剤を配合した胃腸薬が漢方系の薬なのでH2ブロッカーに比べると効き目が緩やかで時間もかかりますが服用でききる薬になります。胸焼けの症状や重度、服用時の状態によってこのような選択ができます。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

胸焼けの相談

胸焼けの体験談

  • 妊娠初期の胸焼けが辛かったです

    胸焼け・妊娠初期

    子供が1歳9カ月の女の子と、2人目を妊娠中の主婦です。 1人目の妊娠中、全くつわりがなかったのですが、今回の2人目の妊娠においては、初めてつわりを経験しました。妊娠初期の2ヶ月~3ヶ月の頃、ひどい胸焼けの症状に悩まされました。朝目が覚めた時にはすでに気持ちが悪く、少し食事をとると一度落ち着くのですが、夕方再び気持ちが悪くなり、ひどい時は横になっていないと我慢できないほどでした。上の子が小さく、ま…続きをみる
  • 胸焼けしたらお茶に潰した梅干しを入れて飲みます

    胸焼け・梅干

    胃酸の分泌などによって、胃に刺激を与えることで起こる胸焼けは、だれでも体験したことのある症状ではないでしょうか。私も実際、食べ過ぎやストレスでよくなっています。薬で抑えることはできますが、一過性に過ぎずやはりなにかほかにいい方法はないかと思い、母親に聞いてみると・・・なんと、胸焼けには梅干しがいいそうです。 確かに、今思えば子供のころ胃が痛かったり食欲がないときはよく食べさせられていました。 そ…続きをみる
  • 胸焼けを起こしてしまう意外な飲み物・・・それは『お茶』!!

    胸焼け・お茶

    私は以前、酷い胸焼けや胃痛、喉の上の方まで酸っぱい水が上がってくるような症状に悩まされていました。 特に脂っこい食べ物や甘いお菓子、香辛料の効いた刺激物などを食べてしまうと、翌日、丸一日寝込んでしまうほど胃が重く痛くなってしまいました。 お茶やコーヒーなどを飲むと、更に激しい痛みを伴いました。 心配になり、胃腸科を受診したところ、恐らく食道から胃にかけて炎症(逆流性食道炎)を起こしているのでは…続きをみる
  • 胃痛、胸焼けの症状が酷く、初めて胃カメラの検査を実施

    胸焼け・胃カメラ

    1ヶ月ほど前から、胃痛や胸焼けの症状があり、徐々に食欲も落ちていきました。 胃潰瘍や慢性胃炎なのではないかと思い、胃腸科を受診したところ、胃薬を処方して頂き、暫く様子をみることになりました。 しかし、症状は改善するどころか、益々悪化していった為、内視鏡検査(胃カメラ)を実施することになりました。 胃カメラの検査をするのは初めてで不安でしたが、鼻からカメラを挿入することで苦痛もなく、5分程度で検査…続きをみる
  • 胸焼けからげっぷがたくさん出るようになった

    胸焼け・げっぷ

    私は少し前まで食事をした後などににげっぷが出て、同時に胸焼けがすることがありました。その時はただの生理現象だと思って軽く見ていて、特に何も対策はしませんでしたが、ある日どんどん胸焼けがひどくなっていることに気づき、普段よくいっている内科で診察をしてもらうことにしました。 診断結果は逆流性食道炎でしたが、しばらくは信じられませんでした。げっぷがよく出るというだけだと思っていたからでしたが、先生の話…続きをみる
  • 胸焼けは放置しないほうが良いですよ

    胸焼け・放置

    仕事を忙しくこなしていた30代前半の頃、朝起きると胸焼けを感じるようになりました。最初の頃はなんとなくそんな気がする程度だったので、特に気にせず放置していました。しばらくすると、食欲はあるのに気分が悪かったり胃が痛くなったりしてきて、水分を摂るだけでもそういった症状に悩まされるようになりました。 さすがにこのままでは仕事に影響すると思い病院へ行くと、逆流性食道炎と言われました。不規則な生活のリズ…続きをみる
  • 私が実践してみた胸焼けを早く治す方法

    胸焼け・早く治す

    私が実践してみた胸焼けを早く治す方法の中でも効果の高かったものは、生活習慣に関連するものでした。これはそれぞれの症状や胸焼けの原因によっても異なりますが、私の場合は姿勢という点を重視して不快感を軽減する対策を実行した結果、想像していたよりも早く治すことができたのです。 この胸の不快感の改善方法は、暴飲暴食などを避ける事が重要になるだけではなく、胃酸の逆流を防ぐ為の姿勢が重要なポイントで、日常生活…続きをみる
  • わたしの胸焼けの治し方

    胸焼け・治し方

    私は油に弱いのか、霜降り肉や揚げ物等油を使った物をつい食べ過ぎてしまった時に必ず胸焼けになります。夕食時だと気持ち悪すぎて一晩ほとんど寝られなくなります。胃と胸がつかえて吐き気があるのに吐けない状態になり、薬を飲んだりするのですがあまり効かず体を横にするとさらに気分が悪くなるのでソファに座ったまま一晩過ごすこともあります。 長年の経験から編み出した一番の治し方は半日から一日絶食することです。水分…続きをみる
  • 私の胸焼けの解消法と避けるコツ

    胸焼け・解消法

    私は生まれつき胃腸が弱く、ストレスが溜まっているときや、脂っこい食べ物を食べ過ぎたときなどは、すぐに胸焼けを起こしていました。 胸焼けの解消法は、いくつか試してみましたが、一番効果があった解消法は、上半身を高くして眠ることです。私は、就寝するときに一番症状が酷くなることが多く、なかなか寝付けないことも多かったため、強制的に胃液の逆流を防ごうと思い、上半身の下に大きめの柔らかいクッションを敷いただ…続きをみる
  • 私の胸焼けの原因

    胸焼け・原因

    現在46歳の専業主婦で、身長体重共に子供の頃から少なく、食も細いです。 好き嫌いはなく焼肉、ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼きも大好きです。それなのにたまにはゴージャスに霜降り肉ですると必ず胸焼けがおきます。若い頃から霜降りだとすぐ胸焼けが始まるので食べたくても量が食べられません。ステーキだと3分の1枚、しゃぶしゃぶ、すき焼きだと一枚で胸が焼けたよな感じになります。赤身肉だとまだ大丈夫ですが赤身な…続きをみる

胸焼けに関するコラム