胸焼けむねやけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胸焼けとは

胸やけは胸が焼けるような感じや痛みを感じたり、違和感を感じる症状のことです。
胃から何かが付きあがってくるような違和感を感じることもあります。胃酸が食道へ逆流したときに起こるものです。 逆流性食道炎(胃食道逆流症)の症状としても知られています。
多くの場合は、食べ過ぎやアルコールなどの摂りすぎが原因です。
それに加えて、胃に刺激を与える食べ物や消化に時間がかかる食べ物の摂取も原因の一つです。
老化現象や肥満、妊娠中の腹圧の上昇などによっても起こりやすい症状です。過度のストレスによって起こる胃酸過多によっても胸焼けを感じることがあります。
ただの胸やけと思って放置していると、心臓病や睡眠障害、ぜんそく、がんなどを見逃す場合があるため、長引く場合や気になるときは医師に相談しましょう。胃カメラなどでの検査が行われます。

症状

胸焼けの症状は、胃がムカムカして気持ち悪い状態のことと思われがちですが、本当は胃酸が出過ぎてしまい、食道と胃を結ぶ筋肉が弛緩して食べたものが逆流してしまうような状態であることをいいます。 症状としては、みぞおちから胸までの間で焼けつくような不快感や、胸のあたりが熱く焼けるような感じがしたり、胸のあたりが針で刺されたようなチクチクした痛みを感じることがあります。
胃酸の逆流によって起こり、それに伴って口の中にこみあげてくる呑酸やのどの痛み、胃もたれ、耳の痛み、空咳なども特徴的です。 胃酸が食道へと逆流するような逆流性食道炎の症状のひとつです。

胸焼けの薬として胃薬を服用すると良くなると思われがちですが、胃薬の服用は胸焼けには逆効果です。胃薬は胃酸の分泌が少ない時に服用し胃酸の分泌を促すのですが、先ほど述べたように胸焼けは胃酸過多の症状です。胃酸過多にもかかわらず胃薬を服用してしまうとますます胃酸の分泌を促し、逆効果になってしまうのです。胸焼けは起こした後の治療法というよりは胸焼けを起こす前に防ぐことが大切です。胸焼けの原因は食事面が大きく関係しています。胸焼けを起こしやすい食べ物には、炭水化物や甘いケーキ、アルコール、香辛料などが挙げられます。今挙げた製品の食べ過ぎには十分注意した上で、よく噛むこと、腹八分目に抑えることも胸焼け防止に重要なポイントとなります。そして、食べ過ぎたり飲み過ぎたりした翌日は冷たい飲み物は控えて、常温のスポーツドリンクなどを摂るようにすることも大事なポイントとなります。

原因

胸焼けは、胃酸の逆流によって胸が焼けるような感覚になることをいいます。
胸焼けになる代表的な原因を挙げます。

暴飲暴食


多く食べることによって胃酸過多になってしまい胸焼けが起こります。
ストレスを感じるとこってりした食事を好む傾向がありますが、脂っぽい食事が胸焼けの原因になることがあります。食後2-3時間後の場合は、胃酸分泌低下など胃そのものの機能低下を示唆しています。食後3-4時間後に胸焼けが起こる場合には、胃機能低下やストレスが原因と考えられています。
二日酔いも代表的な原因です。アルコールの小さい分子が胃を刺激しすぎて胃酸が過剰に出てしまうために起こってしまうのです。特に強いお酒を飲むとなかなかアルコールが抜けないため起こりやすくなります。

ダイエット


ダイエットのやり過ぎでも、同様に粘膜、胃酸などのバランスが壊れて発生することがあります。食事をしていないのに胃酸が出てしまう状態になってしまい、結果的に胃酸過多になり逆流が起こるというわけです。

妊娠


つわりが落ち着いた後も、臨月になると再び胸焼けを起こしやすくなります。胎児の成長や胎盤・羊水の増量によって子宮が膨らみ胃腸が圧迫されることが原因です。胃が押し上げられることで胃の活動が鈍く消化不良を起こしたり、空腹時や食後に胃のムカムカ感を感じたり、匂いや特定の食べ物で吐き気を催したりと症状は様々です。臨月の胸焼けを解消するためには、できるだけ揚げ物や香辛料などは避け、うどんやおかゆなど消化の良いものを食べましょう。また、野菜は生のままではなく、煮たり蒸したりすることで消化しやすく胃の負担が軽減されます。甘味や酸味は欲しいときには、ヨーグルトやバナナなどもいいでしょう。また空腹になると胃酸が強まり胸焼けを引き起こしやすくなるため、少しずつ食べて空腹になるのを避けましょう。

便秘


便秘が長期間続くことによって、胸焼けが起きる場合があります。便秘を原因とする胸焼けの主な対処法は、食生活の見直しです。高脂肪・高タンパクな食べ物(油物・肉など)を摂取すると胃酸が多く分泌されることになり、症状や便秘の悪化を招いてしまいます。そのため、油物や肉類中心のメニューは避け、野菜を中心とした和食のメニューに切りかえましょう。食物繊維を積極的に摂取していくことで、胸焼けはもちろん便秘の解消に繋がります。ヨーグルトを食べたり、乳酸菌のサプリメントを摂取するという方法もあります。食事の他の対処法として、また、お腹を圧迫しないゆったりした洋服や下着を身につけるといいでしょう。

ストレス


胸やけを引き起こす疾患として「逆流性食道炎」があります。症状としては胸やけのほかに、呑酸、口内炎、咳や喘息、のどの違和感などです。正常であれば、食道と胃の境目には括約筋があり、通常は逆流しないようにできています。しかし、逆流しない仕組みが弱まったり、胃酸が出すぎると逆流が起こります。主な原因としては、加齢、食事の内容、肥満、姿勢、ストレスがあります。特にストレスにより、食道の過敏性を異常に高めてしまうことが症状を起こりやすくします。逆流性食道炎を放置し、重症化させてしまうと、食道がんの発症率も高まります。暴飲暴食、食後すぐに横になること、お腹の圧を高める前かがみの姿勢などを避けることで、軽度の症状なら改善されますし、予防にもつながります。

二日酔い


前日に飲みすぎてしまった際に起こってしまうのが、二日酔いです。二日酔いの主な症状には吐き気、胸焼けと言ったものがあり、人によってはお酒を飲んだ翌日、1日中続くかたもいます。日本人は欧米人と比べると二日酔いの原因となるアセトアルデヒドと言う物質を分解する酵素が少ない為、二日酔いになりやすい傾向があります。結果、二日酔いの胸焼けを抑える為には、お酒を飲む前にアセトアルデヒドの分解を助ける錠剤や飲料を飲むのが効果的です。なお、胸焼けの症状が激しい場合には胃腸薬の服用も効果的です。

その他の原因


肥満も原因になります。肥満によって内臓が圧迫されて胃の機能が低下し消化不良になることによって発症するのです。

妊娠初期はホルモンバランスが崩れがちになるため内臓の機能が低下してしまうことが原因となる場合もあります。

予防

予防


胸焼けのせいで1日中ストレスを感じたまま過ごしてしまうことがないように、予防としてできることをしておきましょう。

●食べ物に気を付ける
まず、誰にでも気軽にできるのが、食品に気を付けることです。揚げ物などの脂っこい食品や、グレープフルーツのような柑橘類などの酸が比較的多い食品や、チョコレートケーキなどの糖分が多い食品はなるべく控えるといいです。

また、アルコール、カフェインの入ったコーヒー、激辛のラーメンなどに使われる香辛料など胃への刺激が他の食品より強いものもセーブすべきです。

炭酸ガスが多く含まれるビールや炭酸ジュースは胃が膨れてしまうので、摂りすぎに注意が必要です。また、時間が無い時に早く食べることも胸焼けの原因になってしまうので、できるだけ食事はゆっくりした方がいいです。

●生活習慣に気を付ける
食べたあとに眠くなってすぐにベッドに横になると、胃酸が逆に流れてしまうので、食後すぐに寝ることは避けるべきです。夜に小腹が減ったりする時に、カロリーが高い消化の悪いものを食べるのも控えた方がいいです。なぜならば、夜は日中に比べて胃の働きが弱くなってしまうからです。また、運動を怠ったりして肥満になった人も胸やけになりやすいので、生活習慣に気を付ける必要があります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください