二日酔いふつかよい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

二日酔いとは

二日酔いとは、飲酒の翌日に頭痛や吐き気などの不快な症状が起こることを指します。

体内に入ったアルコールは、肝臓でアセトアルデヒドという物質に分解され、そこからまた酢酸へと変わり、最終的に水と二酸化炭素になって体の外へと排出されます。

しかし、過度な飲酒や、もともとアルコールの分解酵素を持っていないことにより、このシステムが回りきらず、二日酔いが起こります。

二日酔いの症状

主な二日酔いの症状には、以下が挙げられます。
・頭痛
・吐き気
・嘔吐
・胃のむかつき
・体は冷えていても、ほてりを感じる
・喉が渇く
・倦怠感
・疲労感 など


お酒が残っている間は、ひどい泥酔状態であれば記憶がなくなったり、ろれつが回らない、うまく歩けずよろけてしまうといった状態も見られます。

二日酔いの原因

二日酔いの原因は、お酒の飲みすぎです。アルコールの代謝酵素がない、もしくは少ない人は、少しの飲酒量でも二日酔いになってしまうため注意が必要です。


アルコールを摂取すると肝臓の働きによってアセトアルデヒドに分解され、最終的に水と二酸化炭素となり体外に排出されます。

しかし、代謝しきれない量のアルコールを摂取してしまうと、このシステムは麻痺します。体内に分解しきれなかったアセトアルデヒドが残ってしまうのです。この結果、頭痛や吐き気など、二日酔いの症状が起こってしまいます。

また、過度な飲酒を繰り返すと肝臓の働きが弱ってしまい、普段どおりの機能を果たせなくなります。大量のアルコールは肝臓に大きなダメージを与えてしまうため、休肝日を設けましょう。

二日酔いの対処法

二日酔いのときは、以下のことに気をつけてゆっくり休みましょう。

水分補給


二日酔いのときは、水分補給が大切です。水や経口補水液などをしっかりと飲むことで、アルコールも分解されやすくなり、脱水症状も防げます。

また、アルコールの代謝では、ビタミンも消費されます。ビタミンの補給も兼ねて、フルーツジュースを飲むのもよいでしょう。トマト、オレンジ、グレープフルーツ、アセロラ、レモンなどが適しています。また、グレープフルーツには、アルコール分解を手助けするフルクトースという果糖が含まれています。

市販薬の使用


二日酔いで、胃の不快感がある場合は、我慢せずに胃腸薬を飲みましょう。頭痛がひどいときは、頭痛薬を服用するのもよいですが、胃に負担がかかる可能性があります。市販薬を選ぶ際は、薬剤師に相談してください。

二日酔いの予防

二日酔いの予防としては、お酒を飲む量を加減することが最も大切です。

その他の予防として、肝機能を高める働きをする成分を摂取するようにしましょう。例えば、タウリンオルニチンなどが挙げられます。タウリンはタコやイカなどの魚介類に、オルニチンはシジミに多く含まれており、普段から取り入れやすいです。食事から摂取する以外にも、サプリメントを飲むのも方法もひとつです。

飲酒後は脱水を防ぐために、寝る前にコップ1杯でよいので水分をとるようにしましょう。

繰り返しになりますが、お酒は飲みすぎないことが大事です。特にお酒を飲んで顔が赤くなる人は、食道がんなどのリスクが高いことがわかっているため、気をつけましょう。

【セルフチェック】飲みすぎなだけ?まさかアルコール依存症?

二日酔いの薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
二日酔いになってしまった、しかし用事や仕事を休めない。そんなときに助けてくれるのが、二日酔いに効く薬です。まず、コンビニなどでも手に入りやすいウコン入りのドリンクは、生薬の力で肝臓を元気にしてくれます。二日酔いがそれほどでもない場合にはこれで充分です。ただ、ひどい場合にはもう一工夫が欲しいところです。

ドラッグストアで売られている薬には、L-システインという成分を含んだ物があります。これはしみやそばかすの薬として売られていますが、それ以外に二日酔いの元になる成分を分解する手助けをする働きもあります。一緒にビタミンも配合されている物が多く、お酒で崩れてしまった栄養バランスの調整にもなります。

もっとひどい場合には、積極的に肝臓を守るような薬もおすすめです。肝水解物という成分は疲れた肝臓に効率良く栄養を与えますし、漢方薬の熊胆(ゆうたん)や、その有効成分のウルソデオキシコール酸は、肝臓の細胞が破壊されることを防いでくれます。どちらも、辛い二日酔いと闘う肝臓を手助けしてくれます。

最後に、二日酔いの時は喉がからからに渇いているはずです。経口補水液で効率良く水分や電解質をを補給し、体にたまった老廃物を素早く排出することも、体を楽にする手助けになります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください